スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
では、戦っているか
念仏信者は、今生きているこの世界を、
夢も希望もない穢土と解釈する。
法華信者は、今生きているこの世界を、
夢と希望にあふれた寂光土と解釈する。
修行とは「娑婆即寂光土」だと感じられるように
するために、自分自身を磨くことだ。


この世界で本気で生きていれば、
苦しいことやつらいことがあるのは当たり前であり、
それを自分自身の糧としてどう位置づけていくかが
智慧であり、人として生きる意味にもつながる。
苦しいことやつらいことを克服することによって
成長があるのだと思う。僕は成長を肯定する。


幸運が天から降ってきたり、今いる場所以外のどこかに
苦しみのない素敵な場所があるわけではない。
今いる場所で、今そこにある問題と格闘するしかない。
逃げても逃げても、自分が変化しない限り、
その問題はいつまでも追いかけてくる。


宗教の役割は、生きる上でなにを大前提とするか、を定めることだ。
「この世は醜い」を大前提とするか、
「この世は美しい」を大前提とするか、
それによって、今生きる人間の姿勢が変わってくる。
ものごとは全て相を持っているから、この世についても、
醜いと立てても美しいと立てても同じものとも言えるのは確かだ。


これは人間というものの大前提とも関わってくる。
「人間というものを意地悪なものだ」と立てるか、
「人間というものを親切なものだ」と立てるか。
何度裏切られてたとしても、
「人間というものは親切なものだ」
と立てるべきだと思う。
それが忍辱の鎧を着るということだろうし、
不軽菩薩の精神とも言えるだろう。
それは恥ずかしいことではない。
強くなければ続けられないことである。
あきらめることの方が恥ずかしいのだ。


宗教は人間のためにある。
今を生きる人間のためにある。
僕は死者のためにあるとは思わない。
「この世界は美しい」と立てて、
その実現のために戦い続けること。
「どうせ醜い世界なのだから」などと言ったりはしない。
決してあきらめない。
それが広宣流布という言葉の意味だ。


僕は念仏を否定しているのではなく、念仏的生き方を否定する。
これは本来、日蓮も同じだったはずだ。
理屈なんて、どんな時代だって後付けだ(現代だってそうだ)。
文章なんて思惑のために書くに決まっているだろう。
真意は文底を探ることでしかつかめない。


現在に生きる念仏信者が、果たして戦っているか。
この世界を醜いと立てて安心し、逃げていないか。
主体的に戦っているのならば肯定しよう。逃げているなら邪宗だ。
自分をとりまく環境に対する恨みが前面に出ていれば、
それは破折してあげるべきものだと僕は思っている。


「こんな環境ではまともに出来ない」というメンタリティこそ、
念仏信者の特徴であり、弱い心であり、
創価学会の文脈で言えば、魔である。
自他に存在するそんな魔を切っていくことが折伏であり、
善を生み悪を滅することになる。
「心こそ大切なれ」は真実だと僕は信じる。


絶対的幸福境涯は、自分が、自分の心が、
強くなることでしか、実現することは無い。
誰かが与えてくれるものでもないし、
どこかに行けばあるものでもない。


それがわかっていさえすれば、
題目を唱えていようと、念仏を唱えていようと、
座っていようと、無宗教を信じていようと、
ぶっちゃけなんだってかまわないと、僕は思っている。
スポンサーサイト
【2007/06/23 10:08 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
「民」一人ひとりがリーダーの覚悟を持つ時代
ワタミの社長はなかなか立派だなと思うんだわ。
少なくとも、愚痴の人ではないと思う。
この記事は最近俺が考えてることと、結構近い。
歩さんなんかは面白いと思うんじゃないかな?


http://bizplus.nikkei.co.jp/colm/nbonline.cfm?i=2007062200021cs&p=1


なにを「官」にやらせ、なにを「民」がやるのか。
今まで「官」だったものをどうやって「民」に移行するか。
それを具体的に考え、実行していこうという意識を、
俺たち一人ひとりが持っていなきゃならんのだと思うわ。


まあ、本気でそれを変えたいと思っているのならば、
いろんな意味で、やっぱ偉くならなきゃダメだね。
個人レベルで、力を持つこと、磨くこと、をしないとあかん。
力を持とう、偉くなろうと思わないなら、
文句言ってるだけの人であって、
つまりは変えたいなんて思ってないんだよ。


日本人一人ひとり全員が経営者のメンタリティを持たなきゃならん。
それが自由と責任をあわせもつ個人主義だと思うんだな。
今の日本の社会は、一人ひとりにこれを要求するから、
従来の賃金労働者的なメンタリティを是として生きていると、
そのギャップによって愚痴っぽくなり、社会を恨み、
精神を病むのではないか。


僕は経営者のメンタリティと言ったけど、
それはつまりリーダーのメンタリティと言ってもいい。
「誰々がこうしろって言ったから」なんていう言い訳をしないこと。
自らが考え自らが選び自らがその結果の責任を取ること。
またその覚悟を持つこと。


まあ、タフじゃないとやってけないと思うよ。
だから「タフになろうぜ!」と呼びかけるしかないでしょう。
それが慈悲ってもんだと思う。
脱落者を出さないために「頑張れ」「負けるな」と
言い続けるしかないんだと思うんだがね。
【2007/06/22 18:30 】 | 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
福本の離党について
なんというか、人に魔が入る瞬間、
また、反逆者が生まれる瞬間に、
今、リアルタイムでこれを経験出来て
「ああなるほどこういう気持ちなのか」と、
納得しているところです。過去に、竹入がそうなったときも、
矢野がそうなったときも、そのときの支持者は
こんな気持ちだったのでしょう。


馬鹿にされた気持ちです。
自分勝手さに怒りを感じます。


また今、この因があるので、
彼は今までの反逆者と同じ構図で、
無様に滅びていく果となるのでしょう。
これからの彼は過去の反逆者の例に漏れずきっと、
あることないこともっともらしくマスコミに吹聴し、
自己の保身をはかるものと予想します。
アンチはそれを引用して学会員を責めるでしょう。
またそして、そのもっともらしい言に耳を傾け、
疑いをもって退転していく輩も出るでしょう。
そんな想定は立ちますが、残念なことです。


彼にとっては今が「まことのとき」だったろうに…。
正義感のかけらもない、公の精神もない。
民衆の一人として、彼のことは、
最大限の汚い言葉で責め抜きたい。
敵となったならば、遠慮は要らない。


しかし、これで東大卒なんだから、どうしようもないよな。
公明党から3期目に向けた公認がなかったからといって、
全体主義だとかアンチヒューマニズムだとか言うなんて、
小学生並みのメンタリティだと思うが。
だって、もし今回も公明党から公認があったとしたら
文句言わないんでしょ? アホか。
こいつ社会人経験ないんじゃねーの?


高学歴の者も政治家も「なんのため」を忘れるとこうなるな。
まさに権力の魔性というのはこういうことか。
【2007/06/16 07:38 】 | 未分類 | コメント(64) | トラックバック(1) | page top↑
学会なんて関係ない
仏法者の精神を持っているかどうかというのは、
生きていて悩みにぶつかったとき、その悩みを
肯定的に捉えることが出来るかどうかだと思う。
謗法というのは、悩みをただ否定的に捉え、
不幸に沈んでしまうことを言う。


その価値は誰が決めるわけでもなく、
自分自身が意味づけをすることとなる。
だから「幸も不幸も自分のせい」となる。
絶対に誰か自分以外のせいではない。


仏法者は、どんなことに遭遇しても
自分を鍛えてくれる訓練だと解釈し、
すべての悩みを乗り越えようと立ち向かう。


アンチから負け犬の臭いが漂ってくるのは、
自分の悩みに立ち向かうことなく、ただただ
「創価学会のせい」にしているからだろう。


自分の不幸は「創価学会のせい」ではない。
学会とは関係なく自分自身のせいだ。
それをわかった上で、創価学会から離れ、
独立するのならそれはそれで立派な姿勢だと、僕は思う。
そんな人はただの恨みがましいアンチではない
立派な非学会員だと思うし、尊敬できるだろう。
【2007/06/07 19:51 】 | 未分類 | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
「怒るな」は邪宗
なんでもかんでも「怒るな」という教えが嫌いです。
というか間違っていると思う。
本気で相手を思い、変わって欲しいと思うから怒るんだ。
そうでないから、優しく諭すだけで平気でいられるんだと思う。
また、そのマインドの奥底には、
自分が傷つきたくないという保身がある。


僕は日本を良くしたいと思うし、
美しい日本であってほしいと思うのだけれど、
日本の民衆に欠けてるのは、実はこの
互いに傷つけあっても大丈夫という、精神的タフさじゃないか。
子供の頃から精神的タフさを鍛えてこなかったから、
大人になって社会に出たときストレスが溜まる。
子供の頃から、叱られ慣れてない、理不尽さに慣れてない。


大人の社会というのは理不尽なものだ。
それを嘆いてもしかたがない。
たくさんの人間が同じ所に暮らす以上葛藤はあるのは当然だ。
もしこれを変えようとするのなら、欲望を廃した世界を作るしかない。
当然それには僕は反対する。人間らしくないからだ。


子供の頃に、理不尽さへの免疫をつけてこなかったから、
社会に出て理不尽なことに出会うと、精神を病む。
ニートも引きこもりも、なにが悪いかと言えば、
その親が身体を使って叱ってこなかったことだ。
感情を露わにしたような、人間と人間の
ぶつかり合いを教えてこなかったからだ。


そしてそれは、めぐりめぐって
社会の寛容さを教えることにも繋がる。
喧嘩しても罵りあっても、意志があれば許し合うことができる。
朝怒っていた親父が、夕飯には笑顔で食卓を囲む。


社会の寛容さを信じることが出来ないから、
「喧嘩になったらどうしよう」などと怯え、
アクティブに行動することが出来なくなる。
積極的に行動すれば、人は優しいものだ。


夫婦喧嘩もないようなヤワな家庭で、
いい子いい子と育てられ、
そのまま厳しい社会に出れば、
ショックがあるに決まってる。


特に自分の子供に対してならば、日々、
小さいことにも叱りとばすくらいの気概が、愛だと思う。
小さいことにこそ、本質が凝縮されており、
子供にも分かりやすい教育が出来る。


ほっとけばわかるなんて
無慈悲の極みだと思う。冷たい。
社会に出てからその子は地獄を見る。
ほっとけば、ずーっと寝坊し、ずーっと遅刻をし続ける。
現代では先生が厳しく罰を与えるとも思えない。
懲りるわけがない。
子供ってそういうものだと思うぞ。


親にガミガミ言われたり、ひっぱたかれたり、
強制されたりしなければ、今の僕はない。
そうやって愛を持って育ててくれた親に
僕は感謝しているけどな。
【2007/06/02 10:25 】 | 未分類 | コメント(16) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。