スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
学会はセーフティネットなんだけどな
このへんをヒントに思ったことなんだけど。
http://blog.tatsuru.com/2008/10/15_1715.php



実は創価学会というのは、
家族を持たない者のための
精神的なセーフティネットなんだよね。


現代の日本においては、
家族の絆が希薄となり、
個人主義が蔓延してしまっている。
そのため疎外感を感じ、孤独に陥り、
残酷な事件を起こしてしまったり、
自らの命を絶ったりしてしまう人が
生まれてきてしまっているのだろう。


そんな人にとって必要なのは、
その人を無条件で肯定してくれるような
存在ではないかと思うんだよ。
その人を決して無視せず、
認め、評価し、対話する。
そんな人間対人間の暖かい家族ではないか。
創価学会というのは、
そういう者にとって家族となりうる組織である。
本当に孤独になって絶望している者こそ、
創価学会のありがたみがわかる。
それは仏教の精神とも違っていない。


実はアンチというのは、そういう学会に
頼らなくても済む恵まれた幸せ者なのだ。
アンチというのは、実は強者なんですよ。
実は暖かい家庭に育ち、
不自由無く過ごしてきたのだろう。
そんな人間には、学会は必要ないし、
ただの気持ち悪い異物にしか映らない。
そしてその思いから、創価学会を攻撃する。


彼らはいつだって上から目線だよ。
恵まれている立場から、
恵まれていない立場の学会員を
見下し、蔑み、下品だと馬鹿にする。


どん底まで落ち込んで、
学会が最後の希望だった者、
いっぱい居ます。
そんな人にとって、創価学会は、
自分を愛してくれた大切な存在だ。


そんな人の気持ちも、
きれいな服を着、知性的に、
すました顔をして、
土足で踏みつけるのがアンチです。


ひでえなーって俺は思うんですよ。
スポンサーサイト
【2008/10/15 19:28 】 | 未分類 | コメント(10) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。