スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
大人ではなかった日蓮
大人であることが果たして価値であるか。
周囲の目をうかがい、空気を読むことで、
真実の正義を貫き通すことができるのか。
それに「NO」と言ったのが日蓮だと思う。


日蓮は、徹底的に勉強をした。
コンプレックスからかもしれないが、
血のにじむような努力をしたと思う。
出自は、ただの漁師の息子である。
「漁師の分際で」と何度も言われたことだろう。
だけれども決して自説を曲げずに戦った。


僕らが学ぶべきは、この戦う心意気である。


アンチはよく日蓮は偏っているなどと、
四箇格言を引っ張り出して非難するけど、
特徴をとらえて一言で言い切る
わかりやすい手法を採っただけだ。
「抵抗勢力」と決めつけたやりかたと似てる。
あんなもんはどうだっていいのだ。
本質は別のところにある。
四箇格言は戯れだと思う。
当時の各宗を指して、思いっきり皮肉ったのが、
四箇格言ではないか。ただの道具だ。


空気を読んでおとなしくしているより、
空気なんか読まずに、主張した方がいい。
自らが理想とする社会を建設するためには、
現実に立ち向かい、戦い続けるしかない。


念仏信者のように、
鬱々と世を嘆くだけでは、
この世界は変わらないのだ。


主張して戦えば、必ず逆風が吹く。
それに負けてはいけない。
「空気読めないヤツ」というレッテルを貼られ、
外からも内からも攻撃され弾が飛んでくる。
日蓮が優れているのは、その攻撃にも屈しなかったことだ。
実際に、伊豆に流され、佐渡に流されしている。
今の世の中を嘆くだけの人に、この覚悟はあるか?
ないなら日蓮を批判する資格はないし、
口先だけの惰弱な詐欺師であろう。
「戦う」というのはこの覚悟が必要なのだ。


まず一歩目からはじめてみないか?
「おとなしい」とは「大人しい」と書く。
まずは大人でいることをやめろ。
空気を読まずに、打ち返せ。
保身に走ることなく、不正義には声を上げよ。
そうやって戦わないと、なんにも変わらないのは事実。


日蓮を人本尊とする、とはそういう意味である。
スポンサーサイト
【2009/02/15 08:21 】 | 未分類 | コメント(12) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。