スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
折伏ってなにかというと
現代においてわかりやすく解釈するなら、
「折伏」っていうのは「強い自己主張」のことのことなんだろうな。
何者をも恐れず「俺はこう思う」と言い切ること。
これが物事を前に押し進める原動力に成りうる。


方向感が見えない現代においては、
「我々の進む道はコレだ!」と強く言い切り、
先頭に立って切り開いていく人こそリーダーの器と言えるのだろう。


また、誰もが思っているのに、
迫害を恐れて誰も口に出せないようなことを、
勇気を持って言い切ること。
「王様は裸だ!」と言い切ること。
その姿勢を日蓮から学べればOKだろうな。
スポンサーサイト
【2006/01/28 21:02 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<希望の反対語 | ホーム | 文章のクセでわかる思考停止度合い>>
コメント
--そうそう--
摂受も折伏なんだよね。

最後は「買ってください」って言わねば、それは殿様商売ってもんだ。

折伏でも摂受でも広布でも普及でも啓蒙でも開拓でも拡販でもなんでもいいけどサ、自分の思いきちんと伝えることからはじめよう。それが自立の入り口であり一番の自己研鑽であると思うな。

「自分のためだ」とハラをくくったほうがいいと思う。

なんにしてもひとりではできない、必ず相手がいるってところがポイントだから、そこから先は相手のことをよく考え知らなきゃならないと思う。


果たして相手とは?自分のためだと言った自分とは?ってこと考えるいいチャンス。

と、いちおー禅っぽく最後はまとめてみました。。。
by:歩 | URL | #NJs7.fVo【2006/02/03 19:55】 [ 編集] | page top↑
--自他不二ですねぇ--
>「自分のためだ」とハラをくくったほうがいいと思う。


そこで「人のため」とか思ってると「のに」が出るんですよね。
「のに」が出るヤツが一番傲慢だと思います。
人はみんな、やりたいことをやりたいようにやってるはず。
それに気づかないから、愚痴愚痴言ってるんだよなー。


「自分」を考えていくと、「どこまでが「自分」よ?」ってなっちゃうけど、
難しいことを考えなくとも、とりあえず「考える我」くらいで、
間に合うんじゃないかな、と思うっす。
by:gizmo | URL | #-【2006/02/04 09:47】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。