スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
「池田先生機関説」と言ってもいい
「池田先生からパンと牛乳が届いています」
「池田先生から押印和紙をいただきました」
内部ではこんな風に「池田先生」という言葉が使われるけれども、
実際に、池田大作氏本人がプレゼントしてるわけではないと思われる。
「池田先生からお手紙をいただきました」というのもそう。
第一だか第二だかの庶務室の仕事だろう。


学会員一人ひとり、「池田先生」像が違うから断定出来ないけれど、
人によっては、池田大作氏本人が、
「おい、あそこの会合に、パンと牛乳差し入れてやれや」
ってな感じで、直接指示している図を思い浮かべてるのかもしれない。
人によっては、池田大作氏本人はなにもしてないだろうと思いつつも、
別にどうだってかまわないと思ってるかもしれない。
学会の組織のどこかが予算を取って購入し、
会合の参加者に配布して「池田先生から」と言ってるだけと
思っているのかもしれない。
学会員一人ひとり、どう思っていようと自由だ。
ことさらに「本人からじゃないじゃないか!」と言うのは、
野暮というものなのだろう。


僕は創価学会に「池田先生」という機関があるのだと思う。


本部職員は池田大作氏に仕事を任されているとも言えるので、
拡大解釈すれば池田大作氏と不二と言えるかもしれない。
だったら、その本部職員が判断しての、差し入れやプレゼントは、
すべて「池田先生から」ということになる。


というか、創価学会という組織自体が、池田大作という人間であり、
池田大作という人間が、創価学会という組織自体なのだろう。
「池田先生のために」と「創価学会のために」というのは同義だ。


「池田先生が勲章をいただきました」というのも、
「創価学会が勲章をいただきました」というのと同義だろう。
「池田先生の著作」というのは、実際に誰が書いていようと、
池田大作名義で出版される以上、「池田先生の著作」だろう。


僕が最近思うのは「自分のため」に頑張るよりも、
「人のため」に頑張るほうが、簡単だということだ。
そして、「○○のため」の○○に入るのは、
人格を持った自然人の方がモチベーションは高まるようだ。


「創価学会のため」というと、ちょっとイメージ沸かないけれど、
「池田先生のため」というと、人格としてのイメージが沸く。
同じことを言っているんだけれども、働きかける力が違う。
喜怒哀楽のある一人の人間のためになら、
結構ツライことも我慢できてしまうものだ。
「池田先生」という方便なのだろう。


自分の守るもの、守りたいものを、
発見することすら難しい時代だ。
「母のために」「父のために」ということは、なかなか言えない。
「妻のため」というのも、ちょっとはばかられる。
自分が「なんのため」に生きているのか見失いやすいんだと思う。
そんな中で「池田先生のため」ということをポンと出されれば、
やる気が出る人もいるのかも知れない。
実際に活動家はいっぱい居るし。
それならそれでいい。


結局、なんだっていいんです、
やる気を出すために「先生のため」を使おうが、
「同志のため」を使おうが、「自分のため」を使おうが、
「広宣流布のため」を使おうが、「創価学会のため」を使おうが。
やる気を出して、積極的に行動することが出来れば、全部一緒です。
やる気を出して積極的に行動出来れば、それでいいんじゃないですか。


人の心の支えになってるものを、
ことさらに「それは違う」と言って回ることはないでしょう。
空気読むのが日本人なんだし。
「池田先生のために広布に邁進してまいりましょう!!!」
って言って、熱くなってるのもいいんじゃないんですか。
そういう風にやるのも自由だし。


学会活動が生きる支えになっていれば、それは否定出来ないよ。
宗教なんていうのは、そうやって使えばいいんです。
「池田教」って言われたって、別にいいんじゃないですかね。
「池田先生の言葉はぜったーい」って思ってる人も多いわけだし。
それならそれでかまわないんですよ。
百人いれば百人の「池田先生」像があるんだから。
スポンサーサイト
【2006/02/21 08:50 】 | 未分類 | コメント(5) | トラックバック(0) | page top↑
<<暴力性とファンタジー世界についての思いつき | ホーム | 元気で周囲を巻き込んでいこう>>
コメント
--なんだっていいんやけど--
なんだっていいんやけど。やる気をだすため何使おうがいいんやけど。いったいどこでやる気出してんのんって思うてまう。やる気って、気合いだけのもの?一番肝心な仕事でもっとやる気出せや~!(ああ、僕の周りのSGだけ?)
by:三九郎 | URL | #-【2006/02/21 12:28】 [ 編集] | page top↑
--ほっ、ほしい・・・--
そんな素敵な庶務室、うちの職場にもほしい。
腰が軽い庶務室がなんてあまり見聞きしない。
羨ましいかぎり。
まさに宝。
by:ぽむぽむ | URL | #-【2006/02/21 19:28】 [ 編集] | page top↑
--まさしく今日、--
会合でジュースもらいましたっ^^;。
あ、頂きました。。。
私は単純にうれしいっすね。

「池田先生になんか置いていきなさいっ」とか
言われないもんね。
by:photochika | URL | #-【2006/02/21 23:18】 [ 編集] | page top↑
--gizmoさんへ--
ご無沙汰しております。

この記事の大部分に同意です。

「懐の深さ」ですね(^_^)
by:ヤマト | URL | #fb7xNeB2【2006/02/21 23:30】 [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | | #【2006/02/24 00:59】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。