スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
本当に僕が憎むもの
たぶん「べき」という語尾が、
この世の中で一番憎むものだ。
「べき」の裏には、「自分は正しい」という
おごりがあるように感じるんだ。
主体的に、自分が考えて、自分の言葉で、
自分が責任をとるつもりで話をする場合、
語尾に「べき」はつくことはそんなに多くないように思う。


もちろん文章表現能力の未熟さからくるものもあるだろう。
だけど、安易に「べき」を使う者は、
正解を安易に導き出そうとしているような印象がある。


学会員は「創価学会は正しい」と言い、
アンチは「『創価学会は正しくない』が正しい」と言う。
どちらにしても「べき」という語尾で語った場合、
同じ穴の狢のように思える。


アンチは、学会問題に悩む者を救うという大義名分を掲げているが、
学会員は、社会の問題に悩む者を救うという大義名分を掲げている。
大義名分を掲げておれば安心で、
「なんのため」かが書いている本人にも
わからなくなっているにもかかわらず、
「べき」という安易な語尾を使うと、
なんとなく体裁が整ってしまったりするのもある。


これは、学会員であってもアンチであっても、
同じように当てはまる。
所属する陣営がおかしいのではなく、
個人がおかしいという問題だ。


「べき」が文章を作る上で禁じ手というわけではないのだが、
「べき」って語尾から、無責任で、思考停止的な臭いを感じるのだ。
しかも、自分の主張以外は許さないという雰囲気がある。
大上段から「べき」と言われると、
それ以外の意見を持っているものは、遠慮し萎縮する。
そのくせ「強制はしていない」「提案しただけだ」などと言う。
その点では、ずるい学会員幹部もアンチも、
同じことをしていると言える。
スポンサーサイト
【2006/03/01 14:20 】 | 未分類 | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
<<ちょっとかなしいこと | ホーム | 学会に依存してるということ>>
コメント
--そうですか?--
gizmoさん

「~べき」 も
「~のだ」 も

それほど変わらないと思う。

結局その文章も主題は
『「べき」という言葉は出来るだけ使わずにおくべきだ』
という主張が含み感じ取れます。

むしろ「~せよ!!」とか、強要されると困ります。

ずっと気になっているのですが、シンパもアンチも個人個人で幅があると思っています。
それを十把一絡げにされていることのほうがよほど気になったりします。
なんだかgizmoさんの思う「アンチ」をすべてに投影しているような・・・

気になる部分というのも、人によってちがうのでしょうね。
by:みれい | URL | #unfRF2B2【2006/03/11 04:48】 [ 編集] | page top↑
--そうそう--
>『「べき」という言葉は出来るだけ使わずにおくべきだ』
そうです。そういう趣旨です。
べきという言葉は使うべきではないというべきではないのです(笑)。
「should」なのか「have to」なのか「must」なのかってことなので、
まああんまり意味はないのでしょう。結局好き嫌いの話です。


>むしろ「~せよ!!」とか、強要されると困ります。
僕もアンチも「せよ」は好きですね。
どちらかというと「せよ」と言った場合、
その人がやってくれたらラッキー、
やらなかったらまーしゃあないか、
ってな感覚ではあります。
やるかやらないかを決めるのはその本人です。
「せよ」って言ったことをやらなくても、
別に罰則があるわけではないんですから。
英語で言えば、動詞で始まる文体を取っているだけです。
「せよ」って言われたとき、
「それって任意ですよね?」と確認してみるといいかもしれません。


>それを十把一絡げにされていることのほうがよほど気になったりします。
そうそう!
ポイントは「十把一絡げ」だと思います。
アンチがシンパを十把一絡げにする。
シンパがアンチを十把一絡げにする。
一人ひとり違うのに…。
でもやめようっていったって、どっちもやめません。
ブログみたいな記事は、言ってみればアジるのが目的なんだから(笑)。
アジるときは、二極化させてわかりやすくするのがコツですよね。
アンチは学会を弱体化させるために、
一人でも多くの迷える学会員を引きはがす作戦を採る。
シンパは学会を温存させるために、
一人でも多くの迷える学会員を引き留める作戦を採る。
アンチも創価学会と同じ事をやってたってことが伝わればOKです。


学会員というだけで差別し、隔離し、避けようするアンチも多いですよ。
彼もしくは彼女の思う「学会員」をすべての学会員に投影してるんだと思います。
まあどっちが先かはわからないけれど、
まあどっちもどっちなんです。俺も含めて。
by:gizmo | URL | #-【2006/03/11 08:42】 [ 編集] | page top↑
--いちぬけた、すればそれで解決。--
やれ脱会だ退会だ退転だとかじゃなくてね。

自分が変わるというか本来に戻るというか。


その場つまりこの場でいいんだと思いますよ。

信仰を続けるものよし、組織活動におおいに励むもよし。

みんな自分のため人様のためにされていることでしょうから。


どこからいちぬけたするのか、ってことが肝要ではないかと思います。

搾り出し、あふれ出るエネルギーの使い道をどこに向けるか。


「どこ」をどう認識あるいは設定(目標化)しているかというのが、結局はその人の地位とか格式というものに如実に現れるのではなかろうか。

地位とか格式と言うと表面的な序列的なイメージが強いと思われる。しかし、それなりの努力と運と人格がなければ維持することもできないであろう。また逆に、揶揄嘲笑されたりその人そのものを苦しめるモノにもなったりするのではないかと思う。


どこから抜け出すか。つまり、どこに革命を起すのか。

人間の一大命題であると思います。
by:歩 | URL | #NJs7.fVo【2006/03/11 15:24】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。