スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
共謀罪に過剰反応する人ってどうなの?
だからさー、人権保護法案とかのときもそうだったんだけど、
なんだかわかんないけど、アンチな人たちって、
政治家のやろうとすることはみんな悪だと思ってるでしょ?
って思うわけよ、最近。


アンチ創価学会という人種って、単に反体制なだけでしょ?
公明党が気にくわないのは、与党だから気にくわないんでしょ?


法律に詳しくないし、詳しく調べてないから、
胸を張っては言えないとは思うんだけど、
共謀罪って、普通に考えて、
たとえば、警察がオウムみたいなテロ組織の
怪しい動きを察知して、事件が起きるまえに
しょっぴくことが出来る法律なんじゃないの?


というか、どっちかって言えばさ。
本来の目的ではない微罪でしょっぴいて、
本来の目的の方の尋問をして自供を引き出す、みたいな、
警察官の苦しさの方が問題ありそうな気がする。


俺は、日本の国を信じているからこんな風に言うのだろうけど、、
日本の国に無法者を取り締まる力がなきゃまずいと思うよ。
でも、国を信じられないのなら、日本を出てけばいいんじゃね?


なんだか「共謀罪の危険があぶないデシ」とか、
ネットの雰囲気で流されちゃう一人ひとりの方が危険な気がする。
なーんか、アカな臭いがするんだけど、違うかなぁ?


アンチの人は創価学会に騙されたって思ってるんだろうけど、
今は、なにか他の思想に騙されてるんじゃないのかね?
言論の自由が無くなるみたいに言われてるけど、大げさだよ。
そんなことは無いって。
スポンサーサイト
【2006/04/23 21:40 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<正論が人を一番追いつめる | ホーム | やりがいを感じてるならOK>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。