スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
たとえば定年後
ううむ。
定年後の趣味としての学会活動というのもアリだと思う。
もし学会がなかったら定年後にやることがなく、
ボケていくという不幸なケースも想像出来る。
もともと多彩な趣味を持っていたり、好奇心旺盛だったりすれば、
定年後でも生き生きと生きていけるかもしれない。
そんな人は、別に学会員じゃなくても全然かまわないんですね。
だけど、いわゆる会社人間でずっとやってきて、
今定年を迎える人たちもいるわけで、
そんな人は仕事が趣味だったりしてたわけです。
彼らが定年を迎え仕事を取り上げられたときの
受け皿の一つとしての学会ってのはアリだなぁと思う。
いわゆる広宣流布のための強烈な活動に邁進すれば、
ボケることも無かろうと思うんですよねぇ。
少なくとも人と接して、話をしなければならないからね。
笑いあうこともあるだろうし、ケンカすることもあるだろう。
定年後にそんなディープな人と人とのやりとりを出来る場所って、
そう多くはないように思うんだ。
まあ強烈じゃなくても学会員であれば、
座談会には誘ってもらえるでしょう。
定年後であっても、人と人とでぶつかりあって、
頭を使って生きている方が、幸せだと思うのは僕だけなのかなぁ。
第一線から退いた後も、
主体的に好奇心を持って生きていける人はマレな気がする。
僕自身だって疑わしいよ。
スポンサーサイト
【2006/05/03 00:11 】 | 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
<<弾圧されたい? | ホーム | それも一つの答え>>
コメント
----
ぎずもさんは若いのに定年後のことまで
思いをはせれるとは
ネットでちまちまやるのもいいけど
なんかもったいないような


人と会うことってなかなかかもですね
なかなか行動するのめんどくさいし
どうしても動かなければ
いけない環境になってはじめて動こうかなって
年をとるともっとそんな気になるようですね
自分は今でもそうです
最低限の動きしかできない

by:えいちゃん | URL | #-【2006/05/03 08:36】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。