スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
教条主義に縛られること
「これをしちゃいけません」
「いかなるときもこれをしちゃいけません」
というのが教条主義と言うわけだ。


ルールだから正しいと思ってしまう人たち。
こういう文献があるから正しいと思ってしまう人たち。
東大の先生が言ったから正しいと思ってしまう人たち。
弁護士の先生が言ったから正しいと思ってしまう人たち。
そしてもちろん、かの先生が言ったから正しいと思ってしまう人たち。
ちっとも自分の頭を使っていない。想像力がないのかもしれない。


「正しい」というのは仮に引いた線に過ぎない。
教義も同じ。仮に引いた線だ。
その場その場で臨機応変に対応していくことが大切と思う。
それが「国法よりも仏法が上」という意味だと思うんだな。
教義にとらわれている時点で仏教的視点を欠いている。


制限速度で走ることが、大切なんじゃない。
円滑な交通と、人が怪我をしたり死んだりしないことが
大切なんだ(だから点数稼ぎの白バイに腹が立つw)。
「正しい」に縛られて、生きることが面白くなくなっちゃえば、
あんたなんのために生きてるのよ、と言いたくなるね。
スポンサーサイト
【2006/05/04 16:32 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<任天堂社長岩田聡さんの話 | ホーム | 弾圧されたい?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。