スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
任天堂社長岩田聡さんの話
これでも僕は任天堂信者だったりイトイ信者だったりするんだけど、
この人って、任天堂って会社の社長をやるだけあって、
ものごとわかっててさすがだなぁ、と思う。


社長に学べ!


なにが大切かというと「ただしい」ということではなくて、
これをするとかこれをしないとか「決める」ことなんだと思うんだよ。
その自分で「決めた」ことが彼の中での「ただしい」になるだけで。


いったん相手の言ってることを「ただしい」と決めてから、
仮説をくみたてなおしてみること。
それを互いにやってみることが「対話」だと思うんだけどな。
スポンサーサイト
【2006/05/05 07:47 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<「純」を捨てよう | ホーム | 教条主義に縛られること>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。