スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
敢えて非常識なのです
常識を変えたいと思うのならば、
まず自分から、常識とは違う行動をしなくてはならない。
常識と違う行動を取るのだから、それは非常識である。
「非常識だ」と思われようが、罵られようが、
それは当たり前だし、誉め言葉だと捉えてよい。


周囲からの批判や罵声が想定の範囲内であるのならば、
まったく考慮に入れる必要はない。
周囲の反応をシミュレートした上で、
敢えてその行動を取っているわけだから。


立ち止まって考えなくてはならないのは、
想定の範囲外の指摘を受けた時だ。
そのファクターを自分の考えたロジックに代入し、
再計算してみる必要がある。
その結果、自分の取った行動が間違っているならば、
そのときはじめて方向を修正すればいい。


たとえば僕は自分なりの正義を持っているけれど、
読み調べ考えた上での正義だと自負しているし、自信がある。
だから、僕の正義が間違ってると言いたい人に対して、
この正義を揺らがすくらいの変数を示して欲しいと願う。
想定の範囲外のファクターを示してくれれば、僕は喜んで考える。


たいていの批判は、今まで何度も目にしてきたし想定の範囲内だ。
目新しい批判、斬新な視点での批判、
そういったクリエイティブな批判が欲しいと思う。


常識を変えたいと願い、
敢えて非常識な行動を取っている者に対しては、
常識を変えたいと願う者が思いもよらなかった問題点や、
思いもよらなかったより良い代替案を提示しなくては、効果はない。


常識を変えたいと願う者は、聞く耳を持たないのではなく、
旧態依然とした批判に飽き飽きしているだけである。
そんな批判は既に折り込み済みであり、
トレードオフな事柄を選択した結果が今の行動なのだ。
もし新しい視点から、新しいより良い方法が提示されたのなら、
熱心に耳を傾けるだろうし、妥当だと思えば平気で持論を変えるだろう。
スポンサーサイト
【2006/06/17 10:55 】 | 未分類 | コメント(128) | トラックバック(0) | page top↑
<<「盲信学会員」というレッテル | ホーム | ハラスメントへの愚痴>>
コメント
--最近病み付きの突っ込みコメント--
>クリエイティブな批判が欲しいと思う

それは無理やと思うよ。だって学会がおんなじ問題ばっか起してるのに。
2世3世問題。恋人・配偶者の折伏問題。内部の活動過多による問題。
学会が何にも変わらず我が道を行き、批判するほうにクリエイティブになれっていってもねぇ。 
ま、頑張って日々精進はさせてもらいますけど。
by:犬のメメ | URL | #-【2006/06/17 12:07】 [ 編集] | page top↑
--非常識的思考を習慣化する--
gizmoさん、こんにちは。


「常識」ってほんと厄介なものですよね。

自分を対外的に権威付け、アイデンティティ確立しているベースの大半はいわゆる常識の範疇にあるのでしょうから。科学的常識、社会的常識などなど。でも、よくよく観察するとそれらの「常識」も前提つけまくりの近似値である科学的常識であったり、結局はローカルな社会的常識だったりしますよね。


これを内側から打破するのはパワーも工夫もいると思う。

いっそ非常識というか常識的な人から見れば破天荒なヤツに聞いてみるのがいいよ。そのへんのガキんちょとかに「オジサンのこの考えどう思う?」って。あるいは自分の親の親くらいの人とかね。日本語の通じない人とかもイイかも。

このヘンのネットで述べても、期待できないんじゃない。だって、なんだかんだとネチケットなんかの常識を身につけたいい人ばっかりだし、予定稿いくらでも書けそうな宗教哲学関連創価関連な界隈だから。


gizmoさんて、殿(しんがり)喜んで行くタイプ?

勝ち戦も負け戦も一番たいへんだよ。あちこちから矢は飛んでくるし、前から落ちてくるヤツを押したりひっぱたりせにゃならん。そして一番辛いのは落ちたり離れたりするヤツを最後に追い抜いて、そしてそいつからも最後に見える現実の人だから。

もしそうだとしたら、gizmoさんの戦いは創価の戦いじゃなくてgizmoさん自身の戦いなんだと思うよ。そのgizmoさん自身の心の拠り所として創価学会が燦然と存在していればそれで幸せなんじゃないの。

なんて勝手な創造しちゃって申し訳ない。


わざとでも非常識に考えるよう私なりにやっていることは、ぽっと浮かんだことを「なんだこれ?がはは。」と笑って受け止めることかなあ。笑ってばかりじゃない現実もしょっちゅうだけど。がはは。


精神を凌駕することのできるのは習慣という怪物だけなのだ。

(「美徳のよろめき」三島由紀夫)


どうぞ日々の鍛錬を楽しくお続けくださいませ。
by:歩 | URL | #NJs7.fVo【2006/06/17 16:38】 [ 編集] | page top↑
--幸せなんですけどね--
>犬のメメさん


学会が問題を起こしているのではなく、
学会員が問題を起こしているんだと思う、
という僕のいつもの論法はさておいて、
もし創価学会がもっと良くなるために、
「おおっ、それはすごいアイデアだな」
っていうアイデアを探しているはいるのですよ。
そのために、いろいろ脳内でコネコネする作業が、
文章を書くということなんですよね、僕にとっては。
ホンネを言えば僕は「創価学会は正しい」という
結論を出したくない側面も僕にはあるんだけどな。


>歩さん


ちょっと話がずれるかもしれませんが、連想したことを…。


「常識」という言葉が適当かどうかはわかりませんが、
対話というのは双方の持つ「常識」の
すりあわせじゃないかなんて思います。
自分のローカルな社会的常識と、
相手のローカルな社会的常識が、
違ったときにコンフリクトが起きるわけで、
それを対話を通して止揚していくわけでしょう。
この考え方も一つの宗教ではありますけれど。
今、ふと思ったのは、
そのチャンネルを切るか切らないかだと思うんですね。
そのチャンネルを切るようだったら、切った方の負けだと思うし、
切った方が不誠実だと思うんですけど、これですら、
僕のローカルな社会的常識に過ぎないわけでして、
だから難しいという側面はあります。


いわゆるアンチとシンパのコンフリクトは、
異文化コミュニケーションだということを
忘れていることによって起きるものだと思います。
アンチとシンパは「常識」が違うわけです。
ガキんちょや親といった世代の隔絶や、
外国人で日本語が通じないとかと同じ。
行動原理が全く違うわけだから、
衝突するのは当たり前なんですよね。
だから、じゃあその事態に直面したとき、
どこに落としどころを見つけるのか、
互いにとって満足いくところはどこなのか。
それを探る訓練をしてもいいんじゃないかな、なんて思う。
まあもちろん、おせっかいなんです。
だからこそ僕は、ネットの片隅の自分のブログで
ブツブツ言ってるのだけなのでしょう。
この界隈で斬新な意見が期待できると思っていれば、
どっかの掲示板で頑張って訴えてるかも知れません。


それから、僕は今のところ、
この界隈のいわゆる「日本語の通じない人」として存在しても
いいかななんて思ってるところはあります。
こんな僕に対して、
「gizmoさんどう思う?」って言われれば、
面白そうなことなら喜んで考え答えるでしょう。
宗教哲学創価関連は大好きなテーマだし。
どうでもいいことはスルーするけれど。


誰からどう思われようと、僕は僕自身の戦いをしていて、
創価学会の戦いとは必ずしも言えないのはその通りかもしれません。
というか、僕みたいなスタンスというかポジションもアリなんだぜ、
というところが言いたいことなのかもしれないです。
学会員であるというだけで申し訳ないと思う必要なんてないし、
組織の活動をしていないからといって申し訳ないと思う必要なんてない。
またアンチの言葉に傷つく必要なんてない、って言いたいです。
誰もが胸を張って堂々と、学会活動なら学会活動、
仕事なら仕事、やりたいことを生き生きとやって欲しい。
これを主張することが、創価学会の戦いと矛盾しないと、
今のところ僕は勝手に思っていますが、
もしかしたら大迷惑かもしれないです。
どっちだっていいんですけど。


笑うことはもちろん大切で、とっても楽しいけれど、
笑うだけではなく、時に泣いたり、怒ったりしながら、
日々の鍛錬を面白く続けていけたらいいなと思う次第です。
by:gizmo | URL | #-【2006/06/17 18:12】 [ 編集] | page top↑
----
gizmoさん
創価学会がもっとよくなるためのアイデアで思い出したので。
御存知かもわかりませんがあきあこさんのブログであきあこさんが書かれていたものです。
--------------------
・勧誘する時は自分の所属する団体名は名乗り、勧誘が目的である事を告げる。
・勧誘時間は何時から何時まで、被勧誘者が「ウ○コはいらん!」って言ったら二度と勧誘、訪問はしない。
・勧誘時には教義の内容、活動内容を事前説明し、脱会方法も明確にする。
・効能(宗教の素晴らしさ)以外にも副作用(中断すると鬱になったり恐怖を感じたり依存する可能性等)がある事を説明する。
・契約違反団体は脱退者にお布施を返還する義務を負う。
・外部監査を取り入れる。また脱会者のアフターケアーを行う外郭団体を設立する等など。
------------------
もちろんこれで事足りると言う内容ではないかもわかりませんが、実際にこれが出来ればずいぶん変わるでしょう。もちろん創価学会に限らずすべての宗教法人に。
一つの案としては面白いと思いますよ。
by:犬のメメ | URL | #-【2006/06/18 13:43】 [ 編集] | page top↑
--真っ正面から反論してみる--
>犬のメメさん


この手の提案って、ちっともピンとこないんですよね。
全然ダメ、お話にならないって感じです、僕にとっては。
営業の基本は夜討ち朝駆け。
無理な注文を聞いてもらう際には、
あらゆる手段を使うべしと思ってる口です、僕は。
その手口を学べるところも創価学会の効能の一つだし、
それが創価学会の良いところの一つだと思ってます。


人間は変わるんだから、一度いらないと言われたって、
次はいるかもしれないじゃないですか。
断られても何度だってトライすればいいと思いますよ。
タイミングが合えば「おっ、じゃあそれもらおうか」とか。
「君には根負けしたよ」と言ってもらえるかもしれない。
そういうもんじゃないですか。


自分が最高と思っているものに対して、
「副作用」があるなんて説明しますかいな。
しかも鬱になったり恐怖を感じたりすることなんて、
客観的な証明は出来ないでしょう。
薬の販売じゃないんだから…。


宗教というのは生活と結びついていて、
空気のように存在するものだと思う。
どこから勧誘なのでしょう、どこから勧誘じゃないのでしょう。
どういう説明をしたら必要十分なのでしょう。
そんなのいちいち定義づけて罰則を決めるのは非常に窮屈です。


こんなルールがまかり通ったら、
きっと日本の宗教、日本人の宗教観は死んでしまいますよ。
これらの提案ってたまにみるけれど、
宗教の悪影響をクローズアップしたもので、
宗教の人間味を否定する底意地の悪さを感じます。
なんでもルールで割り切れるという機械的で冷酷な感じがします。


だいたいこんなルールを作るから、かえって、
「他に対して干渉しない方が得」
というような風潮が生まれると僕は思う。
それぞれの信念をぶつけあってケンカしましょうよ。
そっちの方が今の日本に欠けてることだと思うなぁ。
by:gizmo | URL | #-【2006/06/18 14:21】 [ 編集] | page top↑
--真正面から受け止めて・・・みれる?--
>宗教というのは生活と結びついていて・・・~最後まで
 
は、同感です。着物売るにしても最近は窮屈な時代になりました。販売時に解約の方法を説明しましたか?などと消費者センターの人間が言う時代です。嘘みたいなほんとの話。
 
 
でもね、やっぱりおかしいと思うんですよ。
最近記事にも書いたチョココさんのところなんてまさしく、なんですが。
創価学会を辞めると不幸になりますか?
そういわれて苦しんでいる人は多いみたいですが。
学会員が問題を起こしていて学会はどんな対応をするのですか?チョココさんの彼が彼の両親が属している地区の幹部に相談したらどんな対応をしてくれるのでしょうか。
少々パソコンの前で感情的になっています。このような問題もgizmoさんにとったら新しい問題ではないでしょう。でも同じような問題が多いんではないでしょうか?
個々がする信仰と、宗教団体としての取るべき対応とは別もんです。それをどれだけの学会員がわきまえているのでしょうか?

 
なんかぐちゃぐちゃです。
いっぱい?を使ってしまいましたが納得がいかず悶々としてる、ということは御理解ください。 

by:犬のメメ | URL | #-【2006/06/18 15:13】 [ 編集] | page top↑
--ドライと言われるかもしれませんが、--
一つの考え方として聞いてください。


これは人のせいにすることになるから愚痴ですが、
ホンネでいえば、ネットで叩かれ過ぎですよ創価学会は。
悪いイメージしかないもの。
だから「創価学会に入る」ということが大げさに取られてしまう。
嫁に入ったなら、相手の家の宗教に合わせるべき、
というのは封建的すぎますかね?
「私、学会員になるわ」と言えば即解決でしょう。
各々その家にとっての「当たり前」がある。
家訓の根拠なんてなにもないけれど、
家訓に従えないならば、駆け落ちするしかないです。
創価学会周辺にかかわらず、
いつの時代もある話ではありませんか。


「普通」なんてないと思うんですよ。
結婚だからといって祝福されるのが
当たり前と思ったら大間違いです。
結婚に関しても、それぞれのケースがあり、
思い通りにいかない原因を
「創価学会だから」と言い切っちゃう方が、
安易だと思うし、そうやって自己満足に繋げてるだけです。
問題の本質は、創価学会ではなく「イエ」だと思います。


というか、僕の判断は「外野は黙ってる方がいいや」というものです。
外野が同調したり怒ったりして、おかしな力をかけないほうが、
本人たちにとっては最善の選択が出来るような気がします。
少なくとも僕はそう思いました。
本人たちは「創価学会が悪」という結論が最初にあるわけだから、
この界隈の周囲から欲しい言葉はもう決まっているわけだし。


まあでも、もし僕に直接アドバイスを求められたとしたら、
「親父さんには親父さんの思いがあるはずだよ。
これから家族になるんだから、
安易に『盲信』などとレッテルを貼らずに、
あきらめずに根気よく対話を続けたほうが
お互いにしこりを残さないことになるんじゃないかな?」
くらいですかね。
by:gizmo | URL | #-【2006/06/18 16:10】 [ 編集] | page top↑
----
gizmoさんの考えは何度か僕があつかましく質問をしてるのでわかるし、今回答えてもらったことも今までの考えと同様にgizmoさんの筋は通っていると思います。
かたや私のコメントはグジャグジャでなんかかっこ悪い。
 
gizmoさんの言われてる通り、結婚に際して両家の家風の違いで悩んだりすることは普通にあることで、上で上げさせてもらったチョココさんのことで言えば、私としては「アンチとして彼らを応援する」のではなく「同性として彼を応援しネット上で知り合った人として彼女を応援する」と思っています。僕は「学会=悪」だとも思いたくない。ネット上で創価なことの悩みを打ち明けている人の中にも「もうちょっと自分がしっかりしようよ」って思う人を見ることはある。
 
けど、いろんな部分を差し引いても違和感は残るんです。学会にまつわるトラブルを聞く度に。
例えばチョココさんの彼はまだ学会員なのでお父様が言われているように幹部に相談したとします。
 
そこまで嫌がっているのなら未入信でも祝福してあげなさい、というか
入信するのが当たり前、というか
何か別の答えがあるのか
 
相談した結果「入信するのが当たり前」というならこれは家訓や家風の話しではなく創価学会という宗教の考えと言うことになるような気がします。
 
また、「あきらめず対話」をしていないのは彼の両親のほうであり答えを決めてしまっているのも残念ながら彼のご両親でしょう。若い二人はこれからどうしていくのかを真剣に考えちゃんとした「対話」を求めていると思います。
by:犬のメメ | URL | #-【2006/06/18 16:56】 [ 編集] | page top↑
----
>違和感は残るんです。


違和感の源泉はなにかということを明確に出来ればいいですよね。
僕は、学会員の一人ひとりの運用の仕方の問題だと思っています。


>幹部に相談したとします。


相談した相手が、ダメ幹部でなければ、
ソフトな対応が返ってくると思います。
少なくとも「入信するのが当たり前」ということが、
現在の創価学会のスタンダードにはなっていないはずです。
創価学会は個人レベルでの「信仰の自由」を認める立場ですから。


まあ、彼に対して
「いつかは彼女を折伏しなさい」
くらいのことは言われるかもしれませんが(^^;
それでも、するかしないか決めるのは彼本人の判断です。
ちなみに僕の奥さんは非学会員ですが、
折伏する気なんて全然ありません。


http://home.newsch.net/gizmo/archives/blog204.html

たとえば僕はこんな感じです。


>「あきらめず対話」をしていないのは彼の両親のほう


息子を奪われるように感じて、必死じゃないのかな?
さみしいんじゃないのかな…。
創価学会というファクターだけじゃない気がしますけどね。
だからこそ、奪う側が大人になって、
聞いてくれなくても、何度でも根気よく、
本気で向き合う努力を続けるしかないと思う。
親との対決っていうのは、そういうものじゃないのかな?
一度や二度のトライで解ける問題じゃない気がします。
それこそ、創価学会で学ぶ「あきらめない精神」が
役に立つように思うんですけどね。
「親のせい」にしてしまえば話は終わりです。
by:gizmo | URL | #-【2006/06/18 17:35】 [ 編集] | page top↑
----
相談した幹部がダメ幹部な匂いがプンプンするのはアンチのフィルター通しすぎですか・・・。
 
彼のご両親、熱心なかたのようですが学会のスタンダードを御存じないようですね。すいません、皮肉を言いたくなった。
 
学会を浴する方法、一個思いつきましたよ。

gizmoさんが幹部。これどない?
by:犬のメメ | URL | #-【2006/06/18 18:16】 [ 編集] | page top↑
----
>gizmoさんが幹部。これどない?


全然ダメですね。
だって俺、やりたくないもん(笑)。
by:gizmo | URL | #-【2006/06/18 19:11】 [ 編集] | page top↑
--この問題は難しいですね--
gizmoさんの言わんとしてることもわかるし、犬のメメさんの言わんとしてることもわかります。


どちらの言い分も間違いではないのだけど、gizmoさんの場合は学会の良い点をクローズアップしてモノを言っているように見えるし、犬のメメさんは悪い点をクローズアップして言ってるように見えます。
どちらも正しいと言えると思います。


一括りしては言えない問題で、何割が正しくて何割が間違っているかだと思います。
人もそれぞれに取る行動は違います。
学会組織としても、何割かは正しくて、何割かは明らかに間違っているでしょう。
それが最近では間違いの割合の方が大きくなってきたってことだと思います。
それを証拠に、学会活動をバリバリしてきた活動家の方が、組織に対して反対の声を多く上げるようになってきましたよね。


違った点を見て議論してる場合、お互い納得は有り得ないんじゃないかと思います。
数年前までは、まだまだ良識派の幹部も多かったです。
でも今は、その良識派の幹部たちが組織内で声を上げるようになってきたんで、それが逆に組織内の和を乱すとして、排除されるような雰囲気になってきました。


または声を上げ始めた人が、皆に聞き入られないこと、理解されないことに疲れてきて、非活動家になったり、役職を離れたりするようになり、それで徐々に悪い点ばかりが表に出るようになったんではないでしょうか?


またまた私の例になりますが、私が25歳の時に折伏していた後輩がいて、彼は勤行唱題もするし、新聞も読み、御書も読む、会合にも参加する、そんな子でしたが、親は学会の信仰をすることじたい大反対でした。
なので、自宅では題目をあげず、新聞も取らず、うちの自宅に来てするか、会館でするかだけでした。


それでも彼は親に隠れてでも信仰はしたいと言ってくれたんだけど、親に話して許してもらうことに挑戦することには消極的でした。
でも最初は反対されるだろうけど、一度ちゃんと対話してみたらと私は勧めました。
それで彼には上の壮年幹部に会ってもらいました。


それでその幹部は、彼の信仰に対する考えを一通り聞いた後に言ったのは…『そうか、わかった、今は焦らなくてもいいんじゃないのかな?このままの活動をこれからも続けたらいいよ、入会はまた考えたらいい』と。
それで彼の入会は見送り、親への説明説得も見送りということになりました。
あれから10年経ちましたが、未だに彼は内得信仰をしています(未入会のままの信仰活動)


こんな幹部もいれば、ヤイヤイ入会を迫る幹部もなかにはいます。
最近では、そういったヤイヤイ幹部が増えましたね。
そこが信仰をしている私自身も嫌になる点です。
何だか自分の話ばかりになってしまいました、すいませんm(__)m

by:ナウシカ | URL | #Eg7g1qX.【2006/06/18 20:53】 [ 編集] | page top↑
----
そんなすぐに結論が出る訳もなく、
やいのやいのと、言い合えるのが良いかな、と
私は思っています。

メメさん、こんばんは。

ワッハッハ!。。。
>gizmoさんが幹部。これどない?
いいですね^^。ふふふ。

思ったのですが、
宗教なんか関係無しに、「駆け落ち」を
する人々、古今東西ゴマンといらっしゃいますよね。
これなんかどうなんでしょ?
私の両親は、結婚当時はまだ学会員ではありません
でした。
無宗教の若者が駆け落ちして結婚したわけです。
その数年後に創価学会へ入るわけですが。

私の友人が、
マレーシアの方と結婚しました。
非常に敬虔なイスラム教徒の方だそうです。
で、二人が結婚するには、
「絶対に彼女がイスラム教徒にならなくては
ならない!」という決まりがあるそうで。
私の友人は、すんなりとイスラム教徒になりました。
「へえ、いさぎ良いものだなあ」と
私は思いました。
気持ちヨカッタですね。

どうして、
人はそれぞれの人生を生きている。
人によって人生は様々である。

と、こういう風に考えがいかないのでしょうか。

宗教なんかなくたって、
結婚に反対される、なんて事、
この人生、ゴロゴロと転がっているじゃないですか。

話しを聞いて、
腹立つ舅・姑なんてごまんといるじゃないですか。
宗教なんかなくてもね。

学会が問題の方が分かりやすくて良いのかも
知れません。
by:photochika | URL | #-【2006/06/18 23:03】 [ 編集] | page top↑
--ヤイヤイ言うにしても--
最後は人間性だったり、相手を心底思う真心だったりしますよね。
それがあれば、対話の中で大喧嘩しても決裂しても、最後は通じ合うかもしれないけど、そういうところから大きく外れて、相手の人格や意思を無視する形で押し付ければ、どんなに『あなたのためだ』と言われても反発はするでしょうね。
それがずっとシコリになって、後々もずっと残ってる人はいますね。


うちのおばあちゃんがそうでした。
折伏されて学会員になったものの、昔無理やり、うちにあった仏壇を焼かれ入会させられたということをボヤいてました。
学会の信仰はずっと続けていたものの…
最後はボケてしまい、念仏を唱えるようになってしまいました(ーー;)
私は心の中のシコリがそうさせたんだろうかと勝手に思っていました。

by:ナウシカ | URL | #Eg7g1qX.【2006/06/18 23:29】 [ 編集] | page top↑
--多神教的に変われるといいと思うんだけど--
僕が個人的に思う未来の創価学会は、
イスラム教徒の学会員やキリスト教徒の学会員、
念仏信者の学会員、無宗教の学会員、
そんな学会員も多く所属していて、
同志として一緒に笑い合ってるイメージなんですよね。
謗法払いなんてさせる必要ないのに、って思う。
でも、排他的宗教の権化である日蓮正宗創価学会として出発したし、
どんな宗教でも歴史をみると一神教的側面が
行動力の源泉となるものなので難しいでしょう。
でも、もし創価学会を見捨てず、わずかな希望を見いだすとすれば、
「対話」をクローズアップしている点です。
学会員の多くが師と仰ぐ池田名誉会長が
口を酸っぱくして言っているのは「対話」でしょう。
自らも、他宗教の偉人とされる人と語り合い
友情を育むデモンストレーションをしている。
一人ひとりの学会員がなぜこの姿勢から学ばないのだろうと、
僕は逆に不思議なんですよ。


組織には地域差があるとは思います。
担当の幹部によって、指導性はバラバラです。
その幹部の人間性に負うところが大きいです。
「其の国の仏法は貴辺にまかせたてまつり候ぞ」
なんてところを引いてますしね。


たぶん今は、いやこれからもずっとだと思いますけど、
創価学会は過渡期なのでしょう。
たとえば良識派(これだって一方的な見方だけど)がみんな、
組織としての活動をボイコットすることになれば、
そうなったときはチャンスなんじゃないですかね。
僕は自分で自分を良識派だと信じていますが(ぉぃ)、
今の地域の方向性に納得していないわけです。
それが中央の方針から派生しているのか、
この地域が特殊なのかわかりませんけれど、
納得しないから協力しない、それだけです。
そして協力しない自由が創価学会に
確保されている限り健全と言えるでしょう。
「組織が不満なら君が変えろ。君は卑怯だ」と言われれば、
「なんとでも言え」と言い返します(笑)。


あちこちで多くの学会員が協力しなくなったとすれば、
創価学会は自然と変わります。
そういうプロセスを踏む以外に、
変わることって出来ないですよ、多分。
ルールを作ったって、明日からすぐ変われるもんじゃない。
日蓮正宗宗門と離れるというレベルの変え方で
ギリギリだったんじゃないですかね。
というか、あれだって急な変化で、
多くの者がとまどったし、今もとまどっている者はたくさんいる。
あんなにでっかい組織、一朝一夕に変えられるもんじゃないですよ。


もし組織に誰も協力しなくなったときに、
それでも組織の姿勢が変わらないとするならば、
それだけの組織だということです。
それなら創価学会なんて滅びてしまえばいいと思います。
by:gizmo | URL | #-【2006/06/19 01:05】 [ 編集] | page top↑
--そうですね--
gizmoさん

納得です。
以前、アメリカの人から聞いたんですが、あちらではキリスト教の人を改宗させることなく、SGIに入会させるそうです。
つまり両方の信仰を持ったまま。


どうやって日々、信仰に励んでいるんだろう?と疑問には思いますが、日本と違ってキリスト圏の人は生活の中にキリスト教なんかがありますので、それを完全に改宗させることは難しいとか。
辞める辞めないは本人の意志に任せ、試しに仏法もやってみないか?と言って入会を勧めるそうです。
そういうのもアリかなと思います。
by:ナウシカ | URL | #Eg7g1qX.【2006/06/19 01:29】 [ 編集] | page top↑
----
>多神教的に変われるといい~
>改宗させることなく入会~

全く持って同感!
いろんな神様の名前が書いてある(らしい)、ご本尊ってそう言う意味やと
思うねんけどな。(説明不足やね。これが訳分からんって言われる原因やね)
by:三九郎 | URL | #-【2006/06/19 09:28】 [ 編集] | page top↑
--ほえ~--
なんか面白い話になってきてる。
宗教としての創価学会ではなく地域互助組織としての創価学会か。ふむふむ。
ありえる話かどうかは別として、学会の功罪の功の部分を切り取って罪の部分を捨てたらそうなるのか?ちょっと違うか・・・。
 
池田氏の「対話」をどう取るかは読む人の感覚によってずいぶん違うんでは?と感じること多いですね。
例えばキリスト教圏のどっかの団体の偉い人と会談したり勲章をもらったり。これは僕、「自分の宗教が絶対とかいいながら他宗を信仰してる人間と話したり勲章もらって喜ぶなよ」ぐらいに思ってました。(今でも少なからずそう思う部分はある)
でももしかしたら池田氏自身は「他宗を認めなさい。尊敬しなさい。そうすれば創価学会だって認められる。」とメッセージを発したいのかもしれない。
(私から見ての)良心的解釈でそう取ろうとしても聖教新聞を見る限りそうは取れないのが残念ですけど。よっぽど深読みしないと難しいですね。
今の聖教新聞の論調を言葉通り素直に読めば他の価値観を認めることが出来ない学会員になってしまうだろうし、それが現実として多いのではと思います。
by:犬のメメ | URL | #-【2006/06/19 10:03】 [ 編集] | page top↑
----
僕なんか、ずっと良心的解釈やで。

日蓮が念仏無間なんて言うたんも、妄信をいましめてたんと思うてる。
僕といっしょで、日蓮も説明不足やな(一緒にするなって?)。
by:三九郎 | URL | #-【2006/06/19 11:06】 [ 編集] | page top↑
--そうですね--
犬のメメさんの疑問もご尤もな話ですね。
今の学会、池田先生は確かに自語相違なことしてますね。


確かに以前は、『キリスト教という宗教の違いはあれども、殉教の精神は学ぶべきものがある、あちらの方が宗教で言えば大先輩にあたる』とか、『率直な対話が大切である』とか、宗教を越えた対話を各国の識者としている姿を、池田先生自ら見せてくれていたけど、それも今は中身よりも外見の勲章の数を見せびらかす内容になってますね。
老害という人がいるけど、私もそうじゃないかと思います。


どう今の学会を弁護しても、池田先生を擁護しても、あくまでそれは過去の栄光であって、現在は全くダメですね。
そういう私も、いろんなコメントの中で擁護してるみたいに取られるんだけど、今の学会と池田先生が正しいとは思っていません。
gizmoさんの言われるように、納得いかない人が、気づいてる人がNOと言うほかないですね。

by:ナウシカ | URL | #Eg7g1qX.【2006/06/19 15:04】 [ 編集] | page top↑
--レスいろいろ--
>ナウシカさん


アメリカSGIについてですけれども、
ナウシカさんがいうような
ソフトな弘教ばかりではないようです。
アメリカであっても、やはりその地域の幹部によって
雰囲気は違うらしいのです。
折伏大行進時代のノリで罰論を振りかざし、
強烈にやってるところもあるみたいですよ。
日蓮正宗的価値観に支配された
日本人幹部が指揮を執っている場合、
日本と同じような問題が噴出するようです。
「両方やってみればいいじゃん」って勧めるのは、
結構良いアイデアだと思うんですけどね。


>三九郎さん


創価学会の御本尊というのは、
南無妙法蓮華経を中心として、
各菩薩、各神様(諸天)が
文字で書かれています。
これは、自分自身を象徴するとともに、
世界のあらゆるすべてのものを象徴していると、
僕は解釈しています。、
自分自身と世界に南無(帰依)し、
自分と世界が同一であるということを、
自分の心に言い聞かせるための儀式を
勤行だと思っています。
「自分」をクローズアップすると、一神教的。
「世界」をクローズアップすると、多神教的。
両方を表している絶妙なものとしての象徴なんですが、
立て分けをしないと気が済まない人からみると、
二枚舌ともダブルスタンダードとも採られてしまうのです。
創価学会の信仰というのは
「一神教且つ多神教」というものだと、
僕は思っているのですけれどもね…。


>犬のメメさん


まああくまでも好意的に解釈した場合ですけれども、
池田氏がメッセージとして学会員に伝えたいことは、
「他を尊敬しなさい」ということではあると思うんですね。
それは他人であるかもしれないし、他宗であるかもしれない。
自然とも言える他力であるかもしれない。
ただ、こういうタイプのことって、
指導者が「こうしなさい」と言って、
そのとき「わかりました」と答えたとしても、
絶対わかってないもんですよ。
自分で気づくしかない類のものじゃないかと思うんです。
三九郎さんが説明不足と言われているけれども、
くどくど説明すればするほど、
真意から離れていくような気がします。
それに、末端に行くにつれて、
排他的価値観の代表格である日蓮正宗宗門をも
尊敬しなさいということに繋がりかねない。


僕は日蓮正宗的価値観は、
排他的であり独善的であるがゆえに
「悪である」と断言します、現在では。
それは、実は創価学会の中にもまだ存在してる。
古くからの学会員の中にもまだ存在してる。
その価値観こそがトラブルを巻き起こすものだと思う。
日蓮正宗は、排他的価値観、独善的価値観の象徴で、
それは学会員一人ひとりの中にもあるし、
その一人ひとりの中にある日蓮正宗こそ、
滅すべきものだということだと思うんですね。
これは個人的意見であり、
学会のスタンダードな意見ではないけれど、
もし現在でも戸田城聖氏が生きていて、
日蓮正宗的な排他的独善的価値観を信奉し、
変わらずにいたとするならば、
僕は戸田城聖氏を破折していることでしょう。


話を戻すと、だから指導者の発言としては、
安易に「他宗を尊敬しなさい」とは言えない。
「この行動でわかってくれ、みんなよ」
とメッセージを発するしかないのではないか。
リーダーってのは、そういう苦労を
背負ってるもんだと思う。


少なくとも、池田名誉会長は学会員一人ひとりに
エールを送りたい気持ちではあると思いますよ。
だから、その池田氏の気持ちに答えたいという、
一人ひとりの学会員の気持ちを、僕は理解は出来る。
それをどう表現するかは、みんな違うのでしょう。
表現がへたくそだから、誤解されてるところが
多分に含まれていると思う。
でもまあ、これを「盲信」と言われれば、
しょうがないと思いますけれど。


>聖教新聞の論調


オカルトな功徳を強調している話はどうでもいいとしても、
御本尊に祈り、逆境に負けないよう自分の力を引き出し、
自ら難を乗り越える体験談は、涙ものではありますよ。
幹部の悪口座談会とかばっかり読んでませんか?
あんなのおまけです。
大事なのは、ミクロな現場の
一人ひとりの自分との戦いの様子であり、
いかに自分に打ち勝ったかという記事じゃないかなぁ。
学べるとこから学びましょうよ。


>ふたたびナウシカさん


僕は池田氏のことを、
万歳万歳と特別扱いはしないけれど、
実はそんなに悪く思ってはいないのです。
勲章自慢に見えるのは、
アンチが繰り返しそう言ってるからじゃないですか?
もし池田氏の悪い点を探すとすれば、そろそろ学会員に対して、
あきらめてるところがあるのかもしれないな、とは思う。
だって池田大作氏に対して、誰も反論しないんだもの。
学会員は先生とは呼ぶものの、誰も友人だと思ってないもの。
彼の気持ちになって考えたことってありますか?
彼は孤独だと思いますよ。
いいじゃないですか、勲章自慢くらいさせてやれば(笑)。
ただやっぱり最近、あんまりやる気ないのかもしれませんね。


あー、しかし今回はバリバリシンパっぽいことかいたなー(^^;
by:gizmo | URL | #-【2006/06/19 16:01】 [ 編集] | page top↑
--確かに--
アメリカSGIが、どこでも模範的な折伏をしてるわけではないということは聞いてます。
男女青年部で、SEXを餌にヒドイ折伏をしてるというのも聞いてます(こんなことココで書いてもいいのかな?)


それと池田先生に関しては、人としてはもう限界なんだろうなと思っています。
もう高齢ですからね。
あまりにも池田先生1人に、尊敬も賞賛も権利?も集中し過ぎたんだと思います。
それを仕向けたのは、私たち会員1人1人だし、また池田先生もそれを望んだのかな?(そう思わざるを得ないような話を、アンチではない人から聞いたので)


池田先生のためにも私たちのためにも、早く引退してほしいと思うばかりです。
このまま行っても不本意な結果になるだけで、ますます問題が大きくなるだけだと思うので。
このことを受け入れるのに、私も随分苦しみましたけど、今は吹っ切れています。
by:ナウシカ | URL | #Eg7g1qX.【2006/06/19 20:57】 [ 編集] | page top↑
--どうですかね--
>ナウシカさん


>SEXを餌にヒドイ折伏


まあ、アメリカSGIの話がどこまで本当なのかはわかりませんけどね。
もしかしたら心ない末端がセックスを餌に折伏してるかもしれないですね…。
だとしたら心苦しいことです。
組織的にそんなことをしているのなら大問題ですけど、
多分そんな指導はしていないと思います。
本来は「ソースを出してくださいよ」と噛みつきたいところですが、
まあ、ナウシカさんが真実だと信じるのならば仕方がないです。
創価学会は香典泥棒といつまでも言われ続けているけれど、
もしかしたら、末端にそんな事件があったのかもしれませんしね。
無かったと僕は信じたいですけれどね。もし事実があったなら認めます。
しかし、創価学会にいろんな人がいるように、
アメリカSGIにもいろんな人がいるんですよね。


>尊敬も賞賛も権利?も集中し過ぎた


池田名誉会長にそんなに権利って集中してるんですか?
彼はもう引退してると思いますけどね。
あの人って今や、象徴天皇みたいなもんなんじゃないかなあ。
「名誉会長」という肩書き通り、日本の創価学会に関していえば、
最高責任者は秋谷会長なんじゃないですかね。
SGI会長なら池田氏だけれど、名誉職みたいなもんじゃないかな。
ナウシカさんはSGIの方針に関して憤ってるわけじゃないでしょ?
日本を考えるならば、日本の創価学会のトップの責任じゃないすかね。
まあ彼に権利が集中しているにせよ、していないにせよ、
今の状況を望んだのは学会員一人ひとりです。
今の状況を選んでいるし、一人ひとりが望む形なのでしょうね。
残念ながらというべきかは、わかりませんけれど。


尊敬と賞賛が欲しいなら、学会員一人ひとり、
ちゃんとされてるんじゃないかなあ…。
ナウシカさんは誰かからもっと尊敬と賞賛が欲しいんですか?
僕は勲章も名誉なんとかも、全然欲しくないけど。


>早く引退してほしい


僕は、あのオヤジはあんなもんでいいや、
好きにやらしとけ、くらいに思ってますけど。
ファンも多いわけだし、学会内部の人寄せパンダでしょう。


ナウシカさんの思う「引退」の形、つまりどうなれば「引退」と思うのか、
また、その「引退」することによって、どういう問題が解決、
もしくは「問題が大きくなる」ことに歯止めがかかるのか、知りたいです。


ナウシカさんの考えが知りたいです。
まさか「会員に先生と呼ばせない」とか、
「会合に出席したり指導しない」とか、
言い出しませんよね?(笑)


まあ、答えるのが面倒だったらスルーしてください。
by:gizmo | URL | #-【2006/06/19 21:44】 [ 編集] | page top↑
--納得できるお話はできないですね--
残念ながら(;^_^A
つまりソースを出せないからです。
仮に、gizmoさんに直メールなどでソースを示したところで、それを信じる信じないは、聞いた人の判断に委ねられるので、どこまでいっても推論、憶測話だと言われてしまうのです。


これだけは言えるのは、私が知った情報というのは、ネットから得た情報でもないし、アンチさんの言われることを鵜呑みにしたことでもないです。
後々になって全てのことが明るみになるのか、それともこのまま闇に葬り去られるのかわからないけど、いずれにせよ、私が守りたいものは、この日蓮大聖人の仏法です。


私が今の学会批判するのも、時と場合によって池田先生批判するのも、それはこの仏法を形骸化させ歴史の中に埋もれさせたくないからです。
私は少なくとも、この信仰を信じているので。
だからこそ、今の学会のこと憂えてるし、池田先生のことはただただ残念の一言です。


なにカッコつけてるんだ、おまえ何様だって言われそうだけど…
by:ナウシカ | URL | #Eg7g1qX.【2006/06/19 22:34】 [ 編集] | page top↑
--わかります--
ソース云々に関してはわかりました。
そういうタイプの話もありますものね。


ナウシカさんは、
この日蓮大聖人の仏法を守りたい、
ということですが、どんなことを指すのでしょう?


たとえば、僕は「日蓮大聖人の仏法」の神髄は、
ひとことでいえば「勇気」じゃないかと思っています。
言ってみれば、題目でさえ方便です、僕の中では。
だから僕が守りたいものは、たぶん、
一人ひとりの中にある「勇気」の心です。


>なにカッコつけてるんだ、おまえ何様だって言われそうだけど…


いや。少なくとも僕は素敵だと思います。
ナウシカさんのことをもっと知りたいって思いました。
by:gizmo | URL | #-【2006/06/20 07:32】 [ 編集] | page top↑
--言葉にするのは難しいけど…--
日蓮大聖人の仏法を守りたいというのは、なんだろ?
このまま葬式仏教みたいに形骸化して、日蓮大聖人の教えそのものが廃れることでしょうか?
それを心底信じ実践する人も減っていくとか?
そういうことにならないようにしたいということかな?
修行する人が主に僧侶だけになるとか?
そうなったら、もう終わりかなと思うんです。
それは一信者としては悲しい…
学会が無くなるよりも悲しい…


gizmoさんの言われる勇気とは、どんなものですか?
by:ナウシカ | URL | #Eg7g1qX.【2006/06/20 20:23】 [ 編集] | page top↑
--そうですね--
言葉にするのが難しいのはわかります^^;


でも、ナウシカさんが「形骸化」と言うのならば、きっと
その内容というか、重要な中身があると思うんです。
ナウシカさんの思う「日蓮大聖人の仏法」の
中身が知りたいです。


「日蓮大聖人の仏法」と言ったとき、
人それぞれ連想するものが違うと思うんですね。
たとえば、御本尊に題目を唱えることで福運が貯まる、
という図式であったり、
たとえば、民衆の側で権力と戦う姿勢であったり、
一人ひとりに同苦し、寄り添う姿勢であったり、
解釈する人によっていろいろですよね。
ナウシカさんは、
どのへんに思い入れがあるのだろうと、
僕は興味があるのです。
まあ、いってみれば広宣流布(まあ、この単語も
曖昧ですけれども)する内容はなんだろう、
ということです。


おそらく、
池田大作氏が「引退」することで、
「日蓮大聖人の仏法」が守られることに
繋がると思ってらっしゃるのでしょうけれど、
その守りたい「日蓮大聖人の仏法」って、
どういうことなんだろう?
と僕は思うわけです。
ナウシカさんは何を守りたいのだろう?


僕が「勇気」と言ったのは、
日蓮が身をもって示したのは、
どんな大きな力にも屈することなく、
自分の正しいと思う信念を
貫き通す姿勢だと思うんですね。
たとえ周囲から馬鹿にされても、
攻撃されても負けない姿勢。
また、常識とされていることであっても、
自分が正しいと思ったら、
たとえ非常識だと思われても、
立ち向かっていく姿勢。
後ろ指をさされても率先して行動する姿勢。
恥ずかしいと思っても身軽に行動する姿勢。
こんな姿勢の源泉は、きっと
「勇気」なんじゃないかな、と僕は思うし、
周囲に、または後世に伝えたかった
日蓮のメッセージはこれだと思っています。、
もし文献的に、四十余年未顕真実が
間違いとされていても、学べるところは、
ここなんじゃないかと思っているのです。


そして、僕は「勇気」こそ正しいことだと思うし、
僕と出会ったすべての人に
持ってもらいたいと願うことです。
たぶん、僕が広宣流布する内容は「勇気」です。
(「蛮勇」だとかツッコミが入りそうだけど(笑))


「勇気」があるのならば、
南無妙法蓮華経だろうと、
南無阿弥陀仏だろうと、
創価学会だろうと身延だろうと、
どれもすべて僕は認めます。
たとえば、日蓮正宗に「勇気」が戻れば、
宗門ですら肯定しますよ。
by:gizmo | URL | #-【2006/06/21 18:02】 [ 編集] | page top↑
--う~む--
ここでの答えとはちょっとズレるかもしれませんが、自分のblogでは以下のようなことを書いてます。
http://blog.kansai.com/asakura/113


それと「日蓮大聖人の仏法」は奥が深いし、私の知りうる認識をここで述べるだけでは足りません。
語り尽くすには一生かかるでしょう…いや一生かかっても無理(;^_^A


極々シンプルに述べるとすると、それは誰人にも仏性があり、それは宗教の有無関係なく誰の生命にも仏性はあると思っています。
だから私は学会や日蓮正宗の信仰のみが、いわゆる成仏の道とは思っていません。
そもそも成仏とは、どういう状態?という論争も起こりそうだけど…具体的に挙げてるとキリがない感じ(@_@;)


それと
>池田大作氏が「引退」することで、「日蓮大聖人の仏法」が守られることに繋がると思ってらっしゃるのでしょうけれど


いや、それは思っていません。
そんな単純な問題ではありません。
それは問題を軽く見ています。
そんなことで済むなら、こんなに悩まないし、みんな…
その問題は何?と聞かれても、ちょっと困ってしまうんだけど…


>僕が「勇気」と言ったのは、
日蓮が身をもって示したのは、
どんな大きな力にも屈することなく、
自分の正しいと思う信念を
貫き通す姿勢だと思うんですね。
たとえ周囲から馬鹿にされても、
攻撃されても負けない姿勢。
また、常識とされていることであっても、
自分が正しいと思ったら、
たとえ非常識だと思われても、
立ち向かっていく姿勢。
後ろ指をさされても率先して行動する姿勢。
恥ずかしいと思っても身軽に行動する姿勢。


これはどうでしょうか?
これを実践する自分(組織)は絶対正しいというところから出発してません?
これは一歩間違えば独善であり、テロを制裁すると言って正義と勇気を振り回し、罪もないイラク国民を殺したアメリカでも正しいことをしたということになってしまう。
これも勇気と言えますよね?


だから個人であれ団体であれ、勇気というものが必ずしも正しいことではないと思うんですよね。
あまりにもgizmoさんの挙げられる勇気の定義が曖昧です。


>「勇気」こそ正しいことだと思うし


極端な例を出すと、自殺する勇気も正しい?
銀行強盗する勇気も正しい?
それほど、勇気という言葉は個人個人の思いに左右され、普遍的でもなく、また正しいとも言えないと思うんですよね?


また同じ質問になるけど、gizmoさんの思う勇気って何ですか?
by:ナウシカ | URL | #Eg7g1qX.【2006/06/21 21:35】 [ 編集] | page top↑
--うーん--
ブログの記事を読ませてもらいました。
「え?そうなのかな?どうなのかな?」って考え続けるところに、
生きる意義を感じるのは僕もそうです。


>「日蓮大聖人の仏法」


なんかナウシカさんの説明では
しっくりこないですけど、まあいいか^^;
日蓮仏法のアイデンティティはなによ?って話なんだけど。
仏性というのは、成仏の種とも言っていいのかなあ。
つまり下種仏法である点とかかなぁ。
本果妙ではなく本因妙であることとか?


>いや、それは思っていません。


そうなんですか?
>私が今の学会批判するのも、時と場合によって池田先生批判するのも、
>それはこの仏法を形骸化させ歴史の中に埋もれさせたくないからです。
こういう風に言っていたので、
この仏法(ってなんだかわからないままですけど)を
形骸化させた要因の一つとして、
学会の存在や池田氏の存在がある、
とナウシカさんは思っているのだと思いました。
だから、池田氏が引退することを願っているのではないか、と。
池田氏が引退することによって、
一気に解決するわけではないけれど、
この仏法が形骸化しないための一助になる、
と思っているのではないのですか?
ナウシカさんの言う「引退」の意味もよくわかりませんが。


>これを実践する自分(組織)は絶対正しいという
>ところから出発してません?


そこから出発していません。
エントリーで書いた通り、
想定の範囲外のファクターが欲しいと願っているし。
「正しい」という言葉にアレルギーのある人も多いかもしれませんが、
正しい正しくないはどうだっていいんです。
ある人から見れば正しいし、違う人からみれば正しくない。
そんなのは当たり前です。


>罪もないイラク国民を殺したアメリカでも正しいことをした
>ということになってしまう。


政治的な話をしたいわけではないけど、
正しくないとは言いきれないと思うけどな。
自国の利益を守るために行った政治的判断だから、
アメリカの国益に叶うならば、
アメリカからすれば正しいことです。
誰もが好きこのんで人を殺したくないとは思うけれど、
身内を守るためにしかたがない場合、
誰かを殺すことも勇気と言えると思いますよ。
たとえば、人質を盾に立て籠もってる犯人は、
撃ち殺すことも必要です。
その引き金を引く人には勇気がいると思います。
そして僕は引き金を引いた人を讃えます。


イラクがそうであるかどうかは別にして、
そういう図式が成り立つということです。
そして僕は国際政治的な知識があるわけではないし、
表面に出てこない事情を知るよしもないわけだから、
単純に「アメリカは正しくない」とは言い切れないです。
戦争で亡くなったイラクの人は気の毒だとは思うけれど。


>あまりにもgizmoさんの挙げられる勇気の定義が曖昧です。


僕の中の「勇気」の意味は、
「思い切って決断し、アクションを起こすこと」
といったようなことです。
頭で考えてるだけなら誰だって出来るし、
偉そうなことだっていくらでも言える。
それを実際に自分の身体を使って
行動に移すことが大切だし、
そのときに奮い立たせるものは、
自分の中の「勇気」だと思うわけです。


>極端な例を出すと、自殺する勇気も正しい?


ときによっては正しいと思いますよ。
愛する人を守るためにする自殺というのもあります。
それには勇気が要るでしょう。
雪山童子の話なんて好きだな。


でも自分勝手な自殺なら、ただの迷惑です。


>銀行強盗する勇気も正しい?


そもそも銀行強盗は犯罪だから、
勇気云々以前の問題だと思いますけど。


>勇気という言葉は個人個人の思いに左右され、
>普遍的でもなく、また正しいとも言えないと


僕にとっての「勇気」は、行動を起こす源泉です。
もっと言えば、
「アクションを起こすことは正しい」
くらいに思っています。
なにかの不満や、変えたいことがあって、
考えるだけで一歩も踏み出さないより、
まずはなにか行動を起こした方が、
間違えたとしても、傷ついたとしても、
身をもって学ぶことが出来ると思うし、
その過程はすべて必要なことであり、
彼にとって正しいと思ってます。


で、飛躍するけれど、今ポッと思いついたのは、
たとえば、踊る大捜査線の青島クンなんて、
「勇気」の人だと思うなぁ、と(笑)。
by:gizmo | URL | #-【2006/06/22 10:20】 [ 編集] | page top↑
--横です--
>>これは一歩間違えば独善であり、テロを制裁すると言って正義と勇気を振り回し、罪もないイラク国民を殺したアメリカでも正しいことをしたということになってしまう。
>単純に「アメリカは正しくない」とは言い切れないです。
>戦争で亡くなったイラクの人は気の毒だとは思うけれど。

僕も戦争の犠牲となったイラクの人は気の毒だと思います。
でも、観点を変えれば、そういったイラクの人は独裁者を支持していたり、少なくとも自分たちで打倒することができませんでした。
その業によって殺されなければならなかったんじゃないでしょうかね。

>>極端な例を出すと、自殺する勇気も正しい?
>ときによっては正しいと思いますよ。
>愛する人を守るためにする自殺というのもあります。

僕は、自殺は臆病だと思います。
生き続けようとすることこそ勇気でしょう。

>雪山童子の話なんて好きだな。

雪山童子は行動面は自殺ですけど、実質的には自殺教唆であり、飛び降りなければ単に喰い殺されるんですから、自殺とはいえないと思います。
屁理屈のようですがw

>たとえば、踊る大捜査線の青島クンなんて、
>「勇気」の人だと思うなぁ、と(笑)。

まぁ、「勇気」と「無謀」とは違うと思うのですがw
でも、肝心な場面では「勇気」の人ですよね。
確かに。
by:にっし~ | URL | #OF4bp5hE【2006/06/22 17:31】 [ 編集] | page top↑
--えっと…手短に…なるかな?--
>仏性というのは、成仏の種とも言っていいのかなあ。
つまり下種仏法である点とかかなぁ。


成仏の種…下種と言って種を植え水や肥やしをやる例えを折伏で使ったりするけど、私はそういう種があるとしたら、それは誰にも最初から備わるものだと思ってます。
仏性…言い換えれば良心みたいなもの。


>形骸化させた要因の一つとして、
学会の存在や池田氏の存在がある、
とナウシカさんは思っているのだと思いました。
だから、池田氏が引退することを願っているのではないか、と。
池田氏が引退することによって、
一気に解決するわけではないけれど、
この仏法が形骸化しないための一助になる、
と思っているのではないのですか?


師弟という言葉を使うなら、師匠も弟子も連帯責任だと思っています。


>正しい正しくないはどうだっていいんです。
ある人から見れば正しいし、違う人からみれば正しくない。
そんなのは当たり前です。


そうですね。
学会で被害を受けた人がいるのが、いい証拠ですね。
他者の不幸の上に自己の幸福を築いている学会員。
笑う人がいれば、泣く人もいる。
gizmoさんだと、それは泣く人の自己責任だと言われるでしょうか?


またイラクという国で、無差別に殺された人も宿業深い人で、来世は学会に縁して題目の1つでも唱えて幸福になればいいね~という冷酷な題目を送るんでしょうかね?
福運ある学会員が題目を送ってあげれば、来世は学会の家に生まれてくるという算段ですかね?


ああ~ここは何だか冷たい風が吹いているようです。
広宣流布とは、こんなにも冷たい風だったのかぁ~


gizmoさんと私とでは大切に思っている事柄が違うようです。
たとえ宗教は違っても、みれいさんや犬のメメさんとは大切に思っているものが一緒なので、わかりあえるんですよね。
それがわかっただけでも収穫♪


私が守りたい日蓮仏法とは人(生命)であり、人権であり、平和です。
南無妙法蓮華経の当体が人そのものであり、仏の当体であり、誰もが等しく持っている生命の輝きそのものだと思うので。
だから、その人自身が尊い存在として私は見ていきたいので、宗教宗派は関係ないんですよね。
そういう人を見下し、優越感を感じてしまう宗教があるとしたら、それは悪にも通じると思います。
自分自身への誇りなら、まだわかるんですが。
by:ナウシカ | URL | #Eg7g1qX.【2006/06/22 21:48】 [ 編集] | page top↑
--にっし~さんへ--
一点だけ


>僕は、自殺は臆病だと思います。
>生き続けようとすることこそ勇気でしょう。


これには激しく同意です。
by:gizmo | URL | #-【2006/06/22 23:05】 [ 編集] | page top↑
--ナウシカさんへ--
>仏性…言い換えれば良心みたいなもの。


良心のない人はいないと僕は信じていますよ。
その良心を磨くのが信心かもしれないですね。


>師弟という言葉を使うなら、師匠も弟子も連帯責任だと思っています。


あの…意味がわからないんですけど、説明してもらえませんか?
「引退」と連帯責任がどうつながってくるんですか?


>他者の不幸の上に自己の幸福を築いている学会員。


そういう学会員もいるかもしれませんね。
その学会員を責めてください。
もし「他者の不幸の上に自己の幸福を築け」と
創価学会が指導しているのならば、
創価学会を責めてもいいですが、
創価学会はそんな指導はしていないと思いますよ。
池田名誉会長もそんなことは言ってないはずです。


>gizmoさんだと、それは泣く人の自己責任だと言われるでしょうか?


いいえ。
泣いていたってはじまらないから、
その困難と戦い、打ち勝てって言いますね。
環境を嘆く自分の中の魔に負けるなって言いますね。
戦え、打ち返せ、負けるな、と激励しますね。


>またイラクという国で、無差別に殺された人も宿業深い人で、
>来世は学会に縁して題目の1つでも唱えて幸福になれば
>いいね~という冷酷な題目を送るんでしょうかね?


いいえ。僕は違います。


>福運ある学会員が題目を送ってあげれば、
>来世は学会の家に生まれてくるという算段ですかね?


いいえ。僕はそんな算段はしません。


>ああ~ここは何だか冷たい風が吹いているようです。
>広宣流布とは、こんなにも冷たい風だったのかぁ~


少なくとも僕は熱いつもりだし、一所懸命なんですけどね。
ナウシカさんの心が冷たいからそう思うんじゃないんですか?


>私が守りたい日蓮仏法とは人(生命)であり、人権であり、平和です。


わかりやすいじゃないですか!
なぜそれを最初に言わないかったんですか?
そういう返答を待っていたんですよ。
それならそれで一つスジが通ると思いますし、
そこから話が発展するし、わかりあえるかもしれないじゃないですか。


>南無妙法蓮華経の当体が人そのものであり、仏の当体であり、
>誰もが等しく持っている生命の輝きそのものだと思うので。


僕もその通りだと思っていますよ。
だから、そのすばらしさを人に一所懸命に語りたくなる人が、
いるのはわかるし、応援してあげたいなとも思います。


>だから、その人自身が尊い存在として私は見ていきたいので、
>宗教宗派は関係ないんですよね。


僕も同じです。宗教宗派は関係ないです。
創価学会だろうと身延だろうと関係ないです。
目の前の一人とつきあっていきたいと思います。
だからこそ、学会員であるその人を責めるべきところを、
創価学会という宗派を責めているアンチを見て、
それはちょっと違うんじゃないの?
と言いたくなるのがあります。
創価学会のせいではなく、その個人のせいです。
その人自身にレッテルを貼らずにつきあうというのは、
そういうことじゃないかと思うのです。


たとえばそこで、池田大作氏に戻ってみるのですけれど、
あの人、いろんな宗派の人とつきあってますよね?
いろんな宗派の人から評価されてることを発表するのも、
そういう意味があると思うんだけどな。


自称学会問題に悩んでいる最近の人は、
ネットによって変な知識がつきすぎな気がします。
そしてそれが返って彼を苦しめているような気さえします。
「創価学会は悪」「学会員は悪」という
信念が植え付けられているから、強迫的に
「学会員であってはならない」
と思うのではないでしょうか?
僕の言いたいことは
「学会員だって良いじゃん。そんなの関係ないよ。
大事なのはあなた自身ですよ」
ということです。


>そういう人を見下し、優越感を感じてしまう宗教があるとしたら、
>それは悪にも通じると思います。


「誇り」は「優越感」に容易に変換するから気をつけなくてはなりませんね。
…こういう内容もどっかで書いたな…どこでだっけ?^^;
by:gizmo | URL | #-【2006/06/22 23:16】 [ 編集] | page top↑
--………--
>ナウシカさんの心が冷たいからそう思うんじゃないんですか?


そうですね。
学会の熱さに冷めてしまい、冷え冷えとしてますのでね。


>創価学会のせいではなく、その個人のせいです。


私は個人のせいであり、組織のせいでもあると思っています。
個人のせいに留まっていたら、こんなに多くの学会員、非学会員が傷つき苦悩したりしません。
個人の能力も落ち、組織の自浄作用も落ちてると思います。
明らかに異常な事態です。
楽観的に物事を見るのは危険です。


>自称学会問題に悩んでいる最近の人は、ネットによって変な知識がつきすぎな気がします。


知識ではなく、個人の体験ですね。
昔のアンチと違って、今のアンチの中には自らの体験から、アンチになっている人がいますね。
それに内部のバリバリ活動してきた人たちの本音の声、これが事実を物語ってます。


学会の良心が、今、このままではいけないと声を挙げてるんです。
切り文の指導、建前ではなく、現場の不協和音…現証は出てると思います。

by:ナウシカ | URL | #Eg7g1qX.【2006/06/22 23:56】 [ 編集] | page top↑
----
>私は個人のせいであり、組織のせいでもあると思っています。


僕は全て個人のせいだと思っていますけれど、
組織のせいというのならば、どのへんが組織のせいなのでしょう?


>個人のせいに留まっていたら、
>こんなに多くの学会員、非学会員が傷つき苦悩したりしません。


もしかすると、その数が根拠ですか?
客観的な数字ってわかります?
僕はわからないと思いますよ。
「こんなに多く」というのは印象に過ぎないと思います。
印象的にインターネットには、
自称傷ついた人や、自称苦悩してる人があふれてますけど、
全体からみたらレアケースかもしれませんよ。


>個人の能力も落ち、組織の自浄作用も落ちてると思います。


もしそれが事実だとして、それはなぜだと思いますか?
もしかするとそれが、
「池田名誉会長の引退」と話がつながってくるんですかね。
つまり、池田名誉会長のせいで、
個人の能力も、組織の自浄作用も落ちている、
と、こう言いたいわけでしょうか?


>明らかに異常な事態です。


異常と言われるからには、創価学会に正常な状態がかつてあった、
と思われているのでしょうけれど、
創価学会って、そういう意味では昔から
あんまり変わってないような気もしますね。
内部で満足している人と、内外で不満を持っている人
いつの時代も割合は変わらないような気もします。
ネットがあって、ネットに触れているから、
アンチの数が多いように錯覚してるのかもしれませんよ?


>楽観的に物事を見るのは危険です。


楽観的に物事を見てどういう危険があるのですか?


>知識ではなく、個人の体験ですね。
>昔のアンチと違って、今のアンチの中には自らの体験から、
>アンチになっている人がいますね。


昔のアンチがどの時代のアンチを指すのかわかりませんが、
昔のアンチも自らの体験からアンチになっていたと思いますよ。
「個人の体験」であるなら、あくまでも個人間の問題ではありませんか。
僕は創価学会を責めるのは筋違いと言ってるんですね。
たとえば、誰か学会員に傷つけられたと訴える人がいるとしましょう。
でもそれは創価学会名義で傷つけられたのではなく、
その学会員さんに傷つけられたのではないでしょうか?


>それに内部のバリバリ活動してきた人たちの本音の声、
>これが事実を物語ってます。


やりたいと言って志願したけれども、
責任を果たせなかった人たちでしょう?
もし僕がそうだったら恥ずかしいから黙ってるな、きっと(笑)。
少なくとも人のせいにはしないと思いますよ。
まさか「活動させられた」なんて言いませんよね?
自分で決意したはずです。
by:gizmo | URL | #-【2006/06/23 09:10】 [ 編集] | page top↑
--キリはないんですが…--
>「こんなに多く」というのは印象に過ぎないと思います。
印象的にインターネットには、
自称傷ついた人や、自称苦悩してる人があふれてますけど、
全体からみたらレアケースかもしれませんよ。


たぶん本部が一番よくわかってるんじゃないかと思いますね。
何とか収束を図りたいところでしょうね。
池田先生も何か焦っておられるようだし…


>異常と言われるからには、創価学会に正常な状態がかつてあった、
と思われているのでしょうけれど、
創価学会って、そういう意味では昔から
あんまり変わってないような気もしますね。


昔から確かに問題はありましたが、それも個人の努力や真心によって回復してきた事実もありますね。
そうじゃないと、学会なんかとっくにつぶれてた。
それが今はつぶれる危機に瀕してるけど…


>やりたいと言って志願したけれども、
責任を果たせなかった人たちでしょう?


その責任を果たすために声を挙げ続けています。
さっと去れば済むことを、やはり人々の苦悩をこのままにしておけない、見捨てることはできないという使命感から行動しています。
気づいている人たちでやるしかないという意識でやっています。
そういう人たちの力を奪ってきたのが学会の誤算でしたね。
行き着くところまで行かないとわからないのかなぁ~
by:ナウシカ | URL | #Eg7g1qX.【2006/06/23 10:03】 [ 編集] | page top↑
--確かにキリがないですね--
>たぶん本部が一番よくわかってるんじゃないかと思いますね。
>何とか収束を図りたいところでしょうね。
>池田先生も何か焦っておられるようだし…


まあ中央が一番正確に近い情報を把握していることでしょう。
組織は組織で考えて手を打ってるんじゃないですかね。
情報を持っていない僕らは、
組織が云々言ってもたぶん的はずれだと思いますよ。
結局現場は、現場の一人ひとりのことしか言えないし、
突き詰めていくと個人に突き当たると思います。


>昔から確かに問題はありましたが、
>それも個人の努力や真心によって回復してきた事実もありますね。
>そうじゃないと、学会なんかとっくにつぶれてた。
>それが今はつぶれる危機に瀕してるけど…


今でも個人の努力や真心によって回復しようとしてる人のことを
僕は尊敬したいですね。偉いと思いますよ。
現場で訴えずに、当人の居ないネットで訴え、
閲覧者の同情を買おうという卑怯な人も多いですし。
学会をつぶそうと煽ってる人も多いですね。


>その責任を果たすために声を挙げ続けています。
>さっと去れば済むことを、
>やはり人々の苦悩をこのままにしておけない、
>見捨てることはできないという使命感から行動しています。


どんな声を挙げているんですか?
「組織は間違っている!」という内容ですかね。
僕も、人の苦悩をこのままにしておけない、
見捨てることはできないという使命感をもって、
内部で戦ってる人のことは偉いなあって思いますね。


>気づいている人たちでやるしかないという意識でやっています。


気づいているんじゃなくて、それこそ騙されてるかもしれませんよ?
「気づいている」なんて良く言えたもんですね。
ご大層な運動でもやってるような自己満足に見えますが…。
まあ世界の満足はすべからく自己満足ですから、
アンチ活動ご苦労様と言われて満足なら、それもよしでしょうけど。


>そういう人たちの力を奪ってきたのが学会の誤算でしたね。
>行き着くところまで行かないとわからないのかなぁ~


きっと計算済みじゃないかなあ。
学会組織はかなりしたたかだと思うけどな。
by:gizmo | URL | #-【2006/06/23 12:26】 [ 編集] | page top↑
--そうですね--
>組織は組織で考えて手を打ってるんじゃないですかね。


そのようですね。
会員数が今後も減ることを見越して、節制に当たってるようですね。
池田先生が生きておられる間に準備を着々とされてることでしょう。


>今でも個人の努力や真心によって回復しようとしてる人のことを
僕は尊敬したいですね。偉いと思いますよ。
現場で訴えずに、当人の居ないネットで訴え、
閲覧者の同情を買おうという卑怯な人も多いですし。
学会をつぶそうと煽ってる人も多いですね。


そうですね。
個人個人の現場で、組織に都合よくではなく、あくまで人に焦点をあて、人のため社会のために尽くしている人もいますね。
そういう目に見えない行動、結果として組織に吸い上げられない行動こそ尊敬に値しますね。


それとは引きかえ、御書を片手に、人権・平和を餌に自己の正当性を振りかざし、悦に入ってる自称池田先生の弟子さんは、どうしたもんでしょうね。


>僕も、人の苦悩をこのままにしておけない、
見捨てることはできないという使命感をもって、
内部で戦ってる人のことは偉いなあって思いますね。


そうですね。
そういう人こそ、苦悩に喘ぐ人々の気持ちがわかるでしょうね。
だからこそ、外部で頑張っている人とも通じ合えるし、内部でも良心の声を挙げていけるでしょうね。
勇気がいることですもんね。
自分のことだけしか考えてないような人なら、できないことですもんね。


>気づいているんじゃなくて、それこそ騙されてるかもしれませんよ?


そうですね。
これだけ多くの真面目な善意の学会員が騙されているんですから、組織としてもビックリでしょうね。
いつ覚めるんだろうって思いますね。
実は覚めかかってるんだけど、あえて夢を見ておきたい、覚めたくないという意識(自己防衛)が働いて、難しいんでしょうね。
それこそ勇気を出して、己心の仏性を信じ、行動してほしいもんですね。


>きっと計算済みじゃないかなあ。
学会組織はかなりしたたかだと思うけどな。


その通りですね。
でも、そのしたたかさで、これから先、どこまで組織を維持していけるか?
逆に拡散して、それぞれ意識ある人が、地域・社会・世界で活躍する方がいいかもしれません。
それが日蓮仏法の衰退を防ぐ唯一の方法かもしれませんね。
by:ナウシカ | URL | #Eg7g1qX.【2006/06/23 13:15】 [ 編集] | page top↑
--勘違いしてません?--
>ナウシカさんへ

「但し 妙法蓮華経と唱へ持つと云うとも若し己心の外に法ありと思はば全く妙法にあらず」(一生成仏抄)という御文はご存じでしょうか。
組織に問題点があるとすれば、それはすべて自分自身の問題ですよ。
自分自身に問題が無ければ、組織にも問題などありません。
自分を棚に上げて組織の問題点をあげつらうのは、まさに「己心の外に法あり」と思う態度そのものではないでしょうかね。

誹謗中傷は論外として、世間の批判や非難も真摯に受け止めることは必要です。
しかし、それらに阿ってはいけないでしょう。
「智者に我義やぶられずば用いじとなり」(開目抄)とも仰せですよね。
現代的に云えば、「もし新しい視点から、新しいより良い方法が提示されたのなら、
熱心に耳を傾けるだろうし、妥当だと思えば平気で持論を変えるだろう」(gizmoさん)でしょうし。

正直、僕はあなたの文章から受けるのは、組織への怨嫉であり、増上慢な態度ですね。
by:にっし~ | URL | #OF4bp5hE【2006/06/23 15:38】 [ 編集] | page top↑
----
口調が荒くなると思います。
書き逃げになってしまうかもわかりません。
でも納得いかないので書かせてください。
 
創価学会に関する多くのことで、多くの方が苦しんでいるのは紛れもない事実です。
みんなそれは少なからず知っているでしょう?
誰が悪いか別として苦しんでいるんです。

その苦しみがどこかで学会とつながっているなら責任の一端は学会にもあるでしょう。
私の理屈はむちゃくちゃです。突っ込みどころは満載です。
でも、
これを幹部が読んでれば幹部が苦しんでいる人のことを考え、苦しみを少しでも減らしてやれ。
池田大作氏が読んでいるなら理屈はどうでもいいから苦しんでいる人のためになれ。
多くの理想論の下に苦しんでいる人が横たわっている現実をちゃんと見ろ。
一学会員が見てるなら自分の発言が通る範囲でなぜ声を上げない。
アンチが見てるなら自分の身近で苦しんでいる人に救いの手を差し伸べよう。
 
きれいな、自分なりの言い分は苦しんでいる人の上に立っている事を忘れるな!
by:犬のメメ | URL | #-【2006/06/23 16:29】 [ 編集] | page top↑
--どうでしょうか?--
>組織に問題点があるとすれば、それはすべて自分自身の問題ですよ。
自分自身に問題が無ければ、組織にも問題などありません。


そうですね、組織人、一人一人がそのような意識で、この多くの問題に当たってほしいですね。
人の問題として丸投げして、個人にぶつけてしまうのは感心しませんもんね。
人のための宗教であり、人の心を豊かにしてこその信仰だと思うので、個人の問題だと言い切って目をつぶるのはどうかと思いますよね。


>正直、僕はあなたの文章から受けるのは、組織への怨嫉であり、増上慢な態度ですね。


そうかもしれませんね。
目の前で苦しんでいる人を個人の問題だとして、冷たくほっておく組織や人に対してモノを申してしまう私なので、ある意味、自分のやっていることは正しい、間違っていない、今苦しみ悩んでいる人の味方になろう、組織をただ守ることに汲々としている自称池田先生の弟子たちに、最後まで諦めずに訴えていこうと思っているので、そうなのかもしれません。

by:ナウシカ | URL | #Eg7g1qX.【2006/06/23 17:17】 [ 編集] | page top↑
--やっぱり勘違いしてませんかね--
>ナウシカさん

>人のための宗教であり、人の心を豊かにしてこその信仰だと思うので、個人の問題だと言い切って目をつぶるのはどうかと思いますよね。

普通の学会組織は目をつぶりませんが。
だから、信心指導や激励をしてるのでは。
僕に云わせれば、あなたは問題の本質から目を逸らしてるんじゃないでしょうかね。

>目の前で苦しんでいる人を個人の問題だとして、冷たくほっておく組織や人に対してモノを申してしまう私なので、ある意味、自分のやっていることは正しい、間違っていない、今苦しみ悩んでいる人の味方になろう、組織をただ守ることに汲々としている自称池田先生の弟子たちに、最後まで諦めずに訴えていこうと思っているので、そうなのかもしれません。

ナウシカさんのいらっしゃる組織って、学会組織ではないんでしょうね。
少なくとも、僕の所属する創価学会の組織では考えられません。
問題の所在が、組織や社会といった外界にあるのではなく、本人にあることを自覚を促す指導をし、自分自身の信力と行力で切り開かせるように激励するのが、普通の学会組織ですが。
by:にっし~ | URL | #OF4bp5hE【2006/06/23 17:55】 [ 編集] | page top↑
----
にっし~さん、はじめまして。ちょっと一言。
メメさんよりむちゃくちゃで、突っ込みどころ100倍ですが、ははは。

物事に対する取り方、感じ方はそれぞれなので、
ナウシカさんのコメントを新しい視点(自分じゃないナウシカさんの視点)
から見たら勘違いしてませんかの一言では片付けられないと思うんですが。
組織の内部からみて、それはどうもなあ~ということを言ってるだけで、
それを増上慢とかいきなり否定するのは、
視点が固定化されてるってことやないですか?

実際、勘違いしてると感じる学会員は僕のまわりにウジャウジャいます。
方向性は合ってるんやろけど、方法論が間違ってるんですね大体。
観察するとプロセスの段階でお互いを認められなくなってますね。

gizmoさんも、ナウシカさんも、にっし~さんも学会員なんやから、
それぞれの方法論の差やと思います。


でも、なんで、学会員の会話に僕が出て来てるんか、自分で不思議。
by:三九郎 | URL | #-【2006/06/23 18:32】 [ 編集] | page top↑
----
>普通の学会組織は目をつぶりませんが。
だから、信心指導や激励をしてるのでは。


そうなんですよね、そこが問題なんです。
個々に合わせた激励、指導ではなく、マニュアル化した組織指導で個人個人に当たってしまうので、問題が解決せず歪んだ結果?になってしまうんですね。
これを組織自己満足指導と言います。
多くの幹部(現場も含め)が、判で押したような指導をするようになってしまいましたね。


>少なくとも、僕の所属する創価学会の組織では考えられません。


見ている問題が違うので、そのように思うんでしょうね。


>問題の所在が、組織や社会といった外界にあるのではなく、本人にあることを自覚を促す指導をし、自分自身の信力と行力で切り開かせるように激励するのが、普通の学会組織ですが。


まさにそこが問題の根源ですね。
悩んでいる人、困っている人のために、自ら個人なり組織が動くのではなく、その悩みを聞いた本人たちが、悩める人を追い込み、厳しい指導、温かい指導と称して、人々を傷つけていく。
これが一番やっかいなんですよ。
自分たちは正しい、人のためという大義名分で疑うことなく動いているので。


それに異を唱えると、にっし~さんのような反応が返ってくることも少なくありません。
相手への同情ではなく、想像力や同苦の心が欠けていることに、本人が全く気づいてないので困りものです。
仏法とは菩薩道が根本なのに、それを何か勘違いしてるんでしょうね。
by:ナウシカ | URL | #Eg7g1qX.【2006/06/23 19:32】 [ 編集] | page top↑
--順序の問題かとも思うのですが--
私は「まず自分が変われ」と考えます。
ナウシカさんは「組織が変われ」と。

「そっちが先に変われ!」
「イヤ、そっちが先だぞ!」と
言い合っているような気がします。
好きな方法を選べばいいと思います。

ただ、自分と違う方法を選んだ人を
敵のように思ってはいけないんじゃないか。
「あなたちは気づいていない」
「勘違いしているのではないか」
と決めつける様な発言には、反発の気持ちを抱いてしまいます。

学会員と非学会員の結婚や恋愛について、
ネット上で色々と読みますが、
学会本部や池田SGI会長が、
「非会員と結婚しても良いのですよ、決して反対は
しないように」と指導を出し、その旨を徹底すれば問題は解決するのでしょうか?
私は、そうしろ! と声を上げる方に反対はしませんが、
賛成もしません。

各々の家庭には、
習慣があり、信念があり、それぞれの考え方があります。
もちろん宗教もあり、教育方針もあります。
親の子への思いも様々でしょう。
子の親への思いも様々です。
学会員でなくたって、様々な理由で結婚を反対される
事なんかざらにあります。

何度も書きますが、
私はバリ活と言われるであろう両親の元で育ちました。
姉も私も非学会員と結婚しています。
二人とも親には反対なぞされませんでした。
「好きな人と好きなように結婚するべし」というのが、
私の両親の思想だからです。

仮に池田SGI会長が
「学会員同士の結婚以外は認めてはいけないのである」という
指導を出したとしても、
私の両親は、私の好きなようにさせてくれるでしょう。

色々な考え方を持つ学会員が世界中にいます。
言葉も文化も違う人々の集まりです。
学会に変わってもらいたいと願う人もいれば、
ずっとこのまま変わらずにいて欲しいと思う人もいるはずです。

私は多様性を認めたい。
色んな考えの人がいるなかで生きていきたい。
私はいつどんな時も、
人や環境のせいにせず自分の力で道を切り開き
歩いていきたい。
だから、創価学会が好きなんです。
by:photochika | URL | #-【2006/06/23 19:49】 [ 編集] | page top↑
--順序の問題とは違うと思います--
>ナウシカさんは「組織が変われ」と。
「そっちが先に変われ!」
「イヤ、そっちが先だぞ!」と
言い合っているような気がします。


そうでもないんですけどね。
タマゴが先かニワトリが先かの話でもないし。


>私は多様性を認めたい。
色んな考えの人がいるなかで生きていきたい。
私はいつどんな時も、
人や環境のせいにせず自分の力で道を切り開き
歩いていきたい。
だから、創価学会が好きなんです。


幸福な家庭で育った方は、そのように思われるでしょうが、それはそれで構わないのですが、もう少し、いろんな人の話に耳を貸してほしいかなと思います。
多様性を認めるなら、違った悲惨な家庭や環境に置かれた人の話に耳を傾け、それを学会攻撃の人と決めつけず、そういう風に至ってしまった背景に目を向け対処してほしいですね。
それは個人レベルでできることですが、組織となると、これまた難しい問題になりますね。

by:ナウシカ | URL | #Eg7g1qX.【2006/06/23 20:01】 [ 編集] | page top↑
----
>三九郎さん

>物事に対する取り方、感じ方はそれぞれなので、

それは否定してません。

>ナウシカさんのコメントを新しい視点(自分じゃないナウシカさんの視点)
>から見たら勘違いしてませんかの一言では片付けられないと思うんですが。

日蓮仏法の信仰者という視点では、考えられないことを仰ってますので。
信仰者でなければ、ここまで反応しませんが。

>ナウシカさん

>個々に合わせた激励、指導ではなく、マニュアル化した組織指導で個人個人に当たってしまうので、問題が解決せず歪んだ結果?になってしまうんですね。

池田先生の指導を実践していれば、そんなことになるはずがないんですけどね。

>多くの幹部(現場も含め)が、判で押したような指導をするようになってしまいましたね。

へぇ~
僕のいる組織では考えられませんね。

>悩んでいる人、困っている人のために、自ら個人なり組織が動くのではなく、その悩みを聞いた本人たちが、悩める人を追い込み、厳しい指導、温かい指導と称して、人々を傷つけていく。

はっきり云って、学会の組織ではあり得ませんね。
そのような組織があるんでしたら、学会に対する反逆も同然ですよ。

>それに異を唱えると、にっし~さんのような反応が返ってくることも少なくありません。

その異が本当に適切であると云えるんでしょうかね。
あなたの文章は、日蓮仏法の視点ではないとしかいいようがないですよ。

>相手への同情ではなく、想像力や同苦の心が欠けていることに、本人が全く気づいてないので困りものです。

むしろ、あなたの方が単なる同情してるだけのように感じるんですけど。
虫歯になったら、泣き叫ぼうが歯医者に連れて行くものでしょうし。

>仏法とは菩薩道が根本なのに、それを何か勘違いしてるんでしょうね。

菩薩道というのは、甘やかすことを云うのでしょうか?
by:にっし~ | URL | #OF4bp5hE【2006/06/23 20:07】 [ 編集] | page top↑
----
>はっきり云って、学会の組織ではあり得ませんね。


そうなんですよ!
信じられないことに、そういうことが起こっているんです。


>菩薩道というのは、甘やかすことを云うのでしょうか?


そうではありません。
そう捉えられる視点がもう、懲罰的な独善の仏法とは違った教えですね。


私の勘違いなら、どんなにいいでしょうか。
by:ナウシカ | URL | #Eg7g1qX.【2006/06/23 20:49】 [ 編集] | page top↑
----
>そうなんですよ!
>信じられないことに、そういうことが起こっているんです。

で、ナウシカさんはそれを組織のせいにしてるだけなんですか。
起こってるって、まるで他人事みたいですね。

>そう捉えられる視点がもう、懲罰的な独善の仏法とは違った教えですね。

懲罰的?
罰って外から与えられるものなんでしたっけ?
僕は違うと思いますけど。

>私の勘違いなら、どんなにいいでしょうか。

それって、独善的な態度そのものですよね。

by:にっし~ | URL | #OF4bp5hE【2006/06/23 20:58】 [ 編集] | page top↑
----
kousanのはったり特急でも、学会教学の間違いが指摘されてます。
つまり大白蓮華や機関紙に書かれていることの間違い。
これは大問題ですね。
逃れようのない事実ですね。
ここまでハッキリ示されると、これが証拠になるので、近い将来なんとかなるかな?(希望的観測)

http://orange.ap.teacup.com/kouzou/
by:ナウシカ | URL | #Eg7g1qX.【2006/06/23 21:10】 [ 編集] | page top↑
----
>kousanのはったり特急でも、学会教学の間違いが指摘されてます。

あぁ、御書の文上読みしかできてない方のようですね。

>つまり大白蓮華や機関紙に書かれていることの間違い。
>これは大問題ですね。
>逃れようのない事実ですね。

誤字や専門的見地からどうかというものはありますが、“間違い”と断じることができるとは流石増上慢な方は違いますね。

>ここまでハッキリ示されると、これが証拠になるので、近い将来なんとかなるかな?(希望的観測)

明らかに間違いであれば、“(希望的観測)”なんて書いてる場合じゃないのでは?
by:にっし~ | URL | #OF4bp5hE【2006/06/23 21:18】 [ 編集] | page top↑
----
スルーされながら、なに言うてんねやろって自分でおもいながら、
メメさんも書き逃げやし。で、また一言。

>それは否定してません。

否定したからもつれてるんやないでしょうか?

>日蓮仏法の信仰者という視点

この視点が固定化されちゃってんねなと思います。
ここんとこは固定できない柔軟な解釈でなされるべきかと。

組織のせいとか、個人のせいとかの以前の対話が必要やよ。
ほんま、まわりの学会員みてるみたいになってるよ。
by:三九郎 | URL | #-【2006/06/23 21:25】 [ 編集] | page top↑
----
>あぁ、御書の文上読み…ではなく改ざんに近い感じではないでしょうか?
池田先生の指導も一部改ざんされてるという話ですよ。


>明らかに間違いであれば、“(希望的観測)”なんて書いてる場合じゃないのでは?


組織(本部)がボロを出してくれれば、池田先生を信じている人の中にもおかしいと気づいてくれる人が増えるのではないかという意味で希望的観測と書きました。
無知の人は気づきにくいかもしれませんが、どうかどうか、みんな気づいてという気持ちです。


自らの努力で盲目にならないでと訴えたいんです。
by:ナウシカ | URL | #Eg7g1qX.【2006/06/23 21:38】 [ 編集] | page top↑
--決めつけるのはやめましょうね--
ナウシカさん。

>幸福な家庭で育った方は、そのように思われるでしょうが、それはそれで構わないのですが、もう少し、いろんな人の話に耳を貸してほしいかなと思います。

イヤ、そうでもないんですよ。
父は若い頃は酒乱で暴力夫でしたし、
我が家は、もう恥ずかしいくらい貧乏でした。
けれども両親は、
まじめに信仰を貫くことによって、
見事な境涯・経済革命を成し遂げ、
現在は実に幸せそうに生活しています。
この仏法の偉大さを身をもって私に示してくれている
両親がいる、ということは幸せな事だと実感しています。

私はいろんな人の話しに耳を傾けていますよ。
私の心配は御無用です。

学会攻撃の人、などという決めつけはしたことが
ありません。
攻撃したい人は攻撃したら良いとずっと言ってますし、
そう心から思っています。

大きな曖昧なものに向かって、
「どうにかしろ、変われ!」っていうのもいいんですが、
私の性には合わないんです。
そういうの。

それから、幸・不幸というのも
実に個人的なものなんですよ。
何を幸福と感じ喜ぶか。
何を不幸と感じ嘆くか。

私はどんな些細な事にも、幸福の種を見つけては
幸せに浸り喜ぶたちです。

人生のどん底と思われるのっぴきならない状況に
陥っても、ワクワクするたちなんです。
「あー、南無妙法蓮華経を知っていて
よかったー!」と。

あ、それから、
間違いがあるのなら、真剣に糺すべきです。
聖教新聞社には抗議されたのでしょうか?
by:photochika | URL | #-【2006/06/23 21:43】 [ 編集] | page top↑
----
もう、ナウシカさんも僕の頭越しに話ししてんな。

日蓮さんの行間を読むっていうのも、改ざんですよねえ?
by:三九郎 | URL | #-【2006/06/23 21:49】 [ 編集] | page top↑
--三九郎さん。。。--
こんばんは^^。

簡単に答えが出るものではないし、
やっぱりみんなそれぞれの感じ方や考え方があるので、
もつれても仕方ないですね。。。
こうして文章にするって、
考える事に繋がるから、
あーだ、こーだと意見し合うって
いいんじゃないか、なんて^^;。

「日蓮仏法の信仰者としての視点」ですが、
この視点そのものがずれ合ってるんですよね。
みんながそれぞれの、視点を持ってるから。
そしてそれを正しいと思っている。
ううむ。
by:photochika | URL | #-【2006/06/23 21:51】 [ 編集] | page top↑
----
わ、photochikaさんも。
by:三九郎 | URL | #-【2006/06/23 21:52】 [ 編集] | page top↑
----
あ、コメントが前後しちゃった?

そうそう、視点は絶対ずれてんねから
それぞれのすりあわせをしないと会話にも対話にもなりませんよっと。
by:三九郎 | URL | #-【2006/06/23 21:56】 [ 編集] | page top↑
--書き方が悪いのかも知れませんが--
>三九郎さん

>否定したからもつれてるんやないでしょうか?

否定してるように受け取られるのは心外ですね。

>>日蓮仏法の信仰者という視点
>この視点が固定化されちゃってんねなと思います。
>ここんとこは固定できない柔軟な解釈でなされるべきかと。

これは、信仰の根幹に関わる問題ですので。
視野は広げるべきですが、視点がブレてはピンぼけしてしまいます。
その視点に立った上で、現実的な行動を展開する上では、柔軟な発想に基づくべきでしょう。

>ナウシカさん

>池田先生の指導も一部改ざんされてるという話ですよ。

伝聞なら結構です。

>組織(本部)がボロを出してくれれば、池田先生を信じている人の中にもおかしいと気づいてくれる人が増えるのではないかという意味で希望的観測と書きました。

本部が自分の信仰に関係あるんですか?
そりゃ全く関係ないというわけではありませんが。
本部の連中なんて、池田先生のお手伝いであり、前座でしかありませんよ。池田先生のお荷物というと、言い過ぎかも知れませんがw

>無知の人は気づきにくいかもしれませんが、どうかどうか、みんな気づいてという気持ちです。

ご自分は気づいておられる訳ですかw
三位房ってご存じですか?

>自らの努力で盲目にならないでと訴えたいんです。

あなたこそ、色眼鏡をはずされた方がいいんじゃないでしょうかね。
by:にっし~ | URL | #OF4bp5hE【2006/06/23 21:59】 [ 編集] | page top↑
----
「御義口伝に云く自他の隔意を立て彼は上慢の四衆・我は不軽と云う、不軽は善人・上慢は悪人と善悪を立つるは無明なり

ここに立つて礼拝の行を成す時、善悪不二・邪正一如の南無妙法蓮華経と礼拝するなり」


他人を軽々しく増上慢と言い放つ人のほうがよほど増上慢だと私は思う…。

ナウシカさん、これ以上の議論はムダですよ。残念ながら。
by:道楽猫 | URL | #xfWPEvlw【2006/06/23 22:01】 [ 編集] | page top↑
--呆れ果てました--
gizmoさん

少しは分かり合えた気がしてました。
でも残念だけど私はあなたとはやっぱり相容れられない。
ここまでのコメントでのやりとりを拝見して、私の中には悲しみと虚しさしか起こらない。
胸の中に寂しい風が吹いています。
アンチだからとかシンパだからとか関係ない。
あまりにも、あまりにも冷たい…。
ナウシカさんや三九郎さん、メメさんのほうがよほど普通の当たり前の感情を持っている。
普通の感情をもてない人たちが広宣流布だの世界平和だの、お笑い種です。
未来永劫、あなたたち学会シンパの方たちとは分かり合えないんだと、心底思い知りました。
だからここへはもう来ません。
レスも結構です。
さようなら。
ブログも、少し休もうと思います。
by:道楽猫 | URL | #xfWPEvlw【2006/06/23 22:16】 [ 編集] | page top↑
----
猫さん、猫さん、休まないでよ、それでなくても休みがちなのに。

にっし~さん。

>視点がブレてはピンぼけしてしまいます~

論理の前提の時点ですでにピンぼけしてませんか?
学会の原点は日蓮。日蓮の原点は法華経。
そこんとこからはっきりさせないとね。
by:三九郎 | URL | #-【2006/06/23 22:29】 [ 編集] | page top↑
----
三九郎さん、無視する形で議論を進めてすいませんm(__)m


photochikaさん

>私はどんな些細な事にも、幸福の種を見つけては
幸せに浸り喜ぶたちです。

人生のどん底と思われるのっぴきならない状況に
陥っても、ワクワクするたちなんです。
「あー、南無妙法蓮華経を知っていて
よかったー!」と。


それは良かったですね、嫌味ではなく本当にphotochikaさんにとっては良いことだと思います。
実は私もそういうタイプです。
時としてド~ンと落ち込んでも這い上がるのは早い方かなと思っています。
でも、そういう人たちばかりではないということは理解しないといけないと思います。


>あ、それから、
間違いがあるのなら、真剣に糺すべきです。
聖教新聞社には抗議されたのでしょうか?


しましたよ。
そしたら改ざんの事実を聞きました。
これ以上は、教えてくれた人(情報は複数人…リアルに知る人です)に迷惑がかかるので答えられませんが。
言ったところで信じない人も多くいると思うし。


にっし~さん

>本部の連中なんて、池田先生のお手伝いであり、前座でしかありませんよ。池田先生のお荷物というと、言い過ぎかも知れませんがw


そうなんですよね。
本当の意味で良識ある人々が池田先生の傍から遠ざけられ、変な人ばかりが侍るようになりました。
また、それを見抜けなかった池田先生…人がいいので騙されてしまたのか、裏切られてもいいから弟子を信じたかったのか?


道楽猫さん

ありがとうございますm(__)m
私も同じ気持ちです。
無理はなさらないで下さいね。




by:ナウシカ | URL | #Eg7g1qX.【2006/06/23 22:38】 [ 編集] | page top↑
--教えてください--
ナウシカさん。

>でも、そういう人たちばかりではないということは
理解しないといけないと思います。

もちろんです。
私は何度も書いていますが、
人はそれぞれです。色んな人がいます。

聖教新聞社が改ざんの事実を認めたという事ですか?
それなら真実なので、
信じる信じないは関係なく、広く伝えてください。
お願いします。
私にも教えてください。
信じない人が多くいたっていいじゃないですか、
教えてください。
本当の事なら、私も人に伝えていく努力をします。
by:photochika | URL | #-【2006/06/23 22:50】 [ 編集] | page top↑
----
>三九郎さん

>論理の前提の時点ですでにピンぼけしてませんか?
>学会の原点は日蓮。日蓮の原点は法華経。
>そこんとこからはっきりさせないとね。

日蓮仏法と立てた時点で、法華経は当然の如く包含されますし、僕は法華経の精神に反することは述べてませんが。

>ナウシカさん

>本当の意味で良識ある人々が池田先生の傍から遠ざけられ、変な人ばかりが侍るようになりました。

そうでしょうか?
変な人というのは、組織にいられなくなるものですが。
たいてい、社会生活の乱れとして現れますしね。
仕事や学業に影響するとか。

>また、それを見抜けなかった池田先生…人がいいので騙されてしまたのか、裏切られてもいいから弟子を信じたかったのか?

池田先生は後者でしょうね。
池田先生ほど、人を信頼し期待される方は、少なくとも学会にはいないでしょうし。

by:にっし~ | URL | #OF4bp5hE【2006/06/23 22:58】 [ 編集] | page top↑
----
僕の感じる法華経とはかなりちがうんですけど?

かなり法華経を固定化して理解されてると感じます。
最初の方に出てきた「多神教的に変われるといい」と言う
by:三九郎 | URL | #jx/QOtjA【2006/06/23 23:17】 [ 編集] | page top↑
----
わあ、途中で送信されちゃったよう!

↓つづき

gizmoさんのコメントになるほどって思ってたから
気になってみてたんやけどね。
by:三九郎 | URL | #-【2006/06/23 23:22】 [ 編集] | page top↑
--それでは--
photochikaさん

私のblogのプロフのところに私のアドレスがありますので、まずはメール下さい。
できたらメールではなく、直接会ってお話したいところですが…


にっし~さん

>そうでしょうか?
変な人というのは、組織にいられなくなるものですが。
たいてい、社会生活の乱れとして現れますしね。


それが、とんでもないことに、良識派の人々がでっち上げの罪で左遷されたり、排除されたり…それも1人や2人じゃない(ーー;)


今いる幹部たちは、まさに悪意でもって牛耳ってる人と、善意でもって組織維持にあたる職業人と、静かに水面下で改革にあたってる人と…ですね。

by:ナウシカ | URL | #Eg7g1qX.【2006/06/23 23:26】 [ 編集] | page top↑
--はい。--
ナウシカさん。

ありがとうございます。
メール送らせていだきます。
by:photochika | URL | #-【2006/06/23 23:33】 [ 編集] | page top↑
----
おいおい、おいてけぼりかい!
by:三九郎 | URL | #-【2006/06/23 23:39】 [ 編集] | page top↑
--三九郎さん--
面白い!
思わず笑ってしまいました(^〇^)
三九郎さんは関西ですか?
オフ会でもしたいところですが…
みれいさんとも言ってたんですが、みれいさんは遠すぎますね。


gizmoさん

議論が白熱してしまって、すいませんm(__)m
by:ナウシカ | URL | #Eg7g1qX.【2006/06/23 23:53】 [ 編集] | page top↑
----
>三九郎さん

>僕の感じる法華経とはかなりちがうんですけど?

それは違うんでしょうね。
僕の感じる法華経は、僕の感じる法華経でしょうし。

>かなり法華経を固定化して理解されてると感じます。
>最初の方に出てきた「多神教的に変われるといい」と言う

僕は、信仰というものは、「あれもいい。これもいい。」というのは、基本的にはNGであると考えます。
信仰するというのであれば、どれか一つを選び取るべきです。
僕にとっては、それが日蓮仏法であるというだけのことです。
他の信仰や無信仰で、幸福になれるというのであれば、せいぜい頑張ってくださいと云うのみです。
不幸から逃れたい、真剣に幸福になりたいというのであれば、創価学会に入会し、日蓮仏法を実践することを勧めます。それを受け入れるかどうかは、その人次第というだけのことです。
一神教的、多神教的というのは、一面的な見方ではないかと思います。

>ナウシカさん

>それが、とんでもないことに、良識派の人々がでっち上げの罪で左遷されたり、排除されたり…それも1人や2人じゃない(ーー;)
(以下略)

仮に、その良識派という人が、真に法華経の行者であるなら、放っておいても組織の中心者になると思いますが。
幹部って云うのは、会員の面倒見がよくて、指導性があれば、自然に役職と境涯が広がるものです。
そうでない場合もあるのは、ここが穢土である以上仕方のないことですが。
by:にっし~ | URL | #OF4bp5hE【2006/06/23 23:59】 [ 編集] | page top↑
----
だから、多神教は基本的にNGっていうのがにっし~さんの考え方でしょ?
僕の考える法華経とはかなり違ってるでしょ?
それがそれぞれのとらえかたということはにっし~さんもわかってるんでしょ?
じゃにっし~さんが固定化してるって僕の意見もわかってるんでしょ?
ほかの宗教で幸せになれるんならせいぜいがんばって、って
それこそ増上慢ってこともわかってるんでしょ?
by:三九郎 | URL | #-【2006/06/24 00:15】 [ 編集] | page top↑
----
>仮に、その良識派という人が、真に法華経の行者であるなら、放っておいても組織の中心者になると思いますが。
幹部って云うのは、会員の面倒見がよくて、指導性があれば、自然に役職と境涯が広がるものです。


そこがミソなんですよ。
真の法華経の行者は迫害にあう、難にあうと、日蓮大聖人も散々言われてるではないですか?
何の障害もなく、学会という組織で尊敬と賞賛を集めるというのは、真の行者じゃないということではないですか?


外部からの難は知れてます。
個人的な苦難も知れてます。
内部からの難…いかほどのものでしょうか?
by:ナウシカ | URL | #Eg7g1qX.【2006/06/24 00:25】 [ 編集] | page top↑
--そもそも--
>だから、多神教は基本的にNGっていうのがにっし~さんの考え方でしょ?

仏法というのは、神が信仰の対象ではありませんよ。
法という抽象的な対象がイメージしにくいから、多神教とか一神教という概念で説明しようとされるんでしょうけど。
諸天善神にしても作用を擬神化してるので、観念的存在ですし。

>じゃにっし~さんが固定化してるって僕の意見もわかってるんでしょ?

三九郎さんがそういう意見であるということは、理解してますよ。
僕の認識とは違うということになりますが。

>ほかの宗教で幸せになれるんならせいぜいがんばって、って
>それこそ増上慢ってこともわかってるんでしょ?

僕は、現時点で日蓮仏法こそ、最高の宗教であると信じているんですから、当然の態度だと思うのですが。
他に最高のものがあると思っていれば、そっちをやりますよ。
by:にっし~ | URL | #OF4bp5hE【2006/06/24 00:31】 [ 編集] | page top↑
----
ですから、解釈の微妙なずれと発言の微妙な言い回しで
よくこういうことはおこります。
にっし~さんにとって、これこそが最高の宗教でしょ?
それはにっし~さんにとって、なんですよね。
by:三九郎 | URL | #-【2006/06/24 00:37】 [ 編集] | page top↑
----
あああ、ナウシカさん!関西ですってば!!
あああ、もしかしてうち来てくれたこともなかったりして?
あああ、ショック!!!
by:三九郎 | URL | #-【2006/06/24 00:40】 [ 編集] | page top↑
--ちょっと違いませんか--
>ナウシカさん

>そこがミソなんですよ。
>真の法華経の行者は迫害にあう、難にあうと、日蓮大聖人も散々言われてるではないですか?

確かに法華経の行者は迫害に遭います。
迫害を加えるのは三類の強敵ではありませんでしたか?

>何の障害もなく、学会という組織で尊敬と賞賛を集めるというのは、真の行者じゃないということではないですか?

それは誰のことを云ってるんでしょうか?
池田先生のことであれば、大きな誤りですよ。
現代において、池田先生ほど三類の強敵から迫害され、難に遭われた方はいません。
弟子達から、会長の座すら追われ、会合にも出られなくなったんですしね。
しかし、池田先生は名誉会長として、功労者の家を一軒一軒訪問し、学会歌を作ることで学会員を鼓舞し、表舞台に復帰されました。
ナウシカさんのいう良識派の方の模範とすべきではないでしょうか。

>外部からの難は知れてます。
>個人的な苦難も知れてます。
>内部からの難…いかほどのものでしょうか?

組織に対する不信は、三障四魔の働きでしょうね。
まぁ、外部からの難が知れてるというなら、無実の罪で牢獄に入ってから云ってください。
そして、無罪を勝ち取るということが、どれだけ大変か実感してからにしてください。
by:にっし~ | URL | #OF4bp5hE【2006/06/24 00:41】 [ 編集] | page top↑
----
>日蓮仏法こそ、最高の宗教である


これは私も信じて信仰に励んでるんで納得はしますが、だからこそ人を大切にしたいし、誰の声にも耳を傾けたい。


日蓮大聖人には言われてますよね。
南無妙法蓮華経は胸中の肉団におわしますと。
それは貴賎上下違わずと。


また教主釈尊の出世の本懐は人の振る舞いにて、そうらいけるぞと。
不軽菩薩の振る舞いを、私は見習いたいんです。
なかなか凡夫ゆえ難しいこともありますが。


仏性は誰人にもあり、それは振る舞いによって表に現れる。
誰人も南無妙法蓮華経の当体ならば、誰でも、その行いによって仏性を現してると言える。


仮に南無妙法蓮華経を唱えてなくても、知らなくても、行いそのものが仏のような人がいます。
南無妙法蓮華経と唱えていても、行いが偏狭でエゴに支配された行動をする人もいます。
人は行いによって、仏になれるんだと思います。
菩薩道の大切さを思うのは、そのようなことです。


人のまえに灯りをともせば、我がまえ明らかになるなり…ではないですか?
学会に対して批判的…即仏敵として排除してしまう偏狭さは、仏法とはかなりかけ離れた教えのような気がしますが。


三九郎さん

いつもblogは拝見してますよ。
書いたこともありますよ。
確か三九郎さん、私の旦那と同じ誕生日♪

by:ナウシカ | URL | #Eg7g1qX.【2006/06/24 01:03】 [ 編集] | page top↑
--にっし~さん--
>そこがミソなんですよ。
真の法華経の行者は迫害にあう、難にあうと、日蓮大聖人も散々言われてるではないですか?
何の障害もなく、学会という組織で尊敬と賞賛を集めるというのは、真の行者じゃないということではないですか?


と書いたのは池田先生のことではなく、排除された良心の良識派の学会幹部のことです。
ただいま、迫害を受けてる人たちということです。


今の池田先生はいいように利用されてますね。
学会員に有無を言わさず活動させるのに、水戸黄門の印籠のような使い方をされています。
残念なことです…


>組織に対する不信は、三障四魔の働きでしょうね。


にっし~さんは仏法よりも、組織を中心に据えるわけですね。
何が怖いって、仏法への不信です。
組織が仏法とはかけはなれたことをしていて、黙っておれるわけがありません。
それこそ、根本を見失うことになります。


仏法に間違いはなくとも、それを誤って用いる組織はあると思います。
学会もその転落の坂を転げ落ちていってます。
それに気づかない人たちは、仏法のどこをどう学んでいるのでしょうか?


組織不信どころか、仏法不信でしょう。
by:ナウシカ | URL | #Eg7g1qX.【2006/06/24 01:17】 [ 編集] | page top↑
--うは。スレ速すぎw--
ただいま帰りました。
即レスを返せなくて申し訳ないです。
13:15のナウシカさんのコメントを見て、
後でレスしようと思っただけで、あとは今読みました
(「なんじゃその人をバカにしたレスは?」と思ってました)。
ちなみに、これを読み終わるのに45分かかりました。
まあ、読んで把握するのに長い時間と言えば長いでしょう。
口頭でやりあえばもっと時間は短縮出来るかもしれません。
僕の最後のコメントは12:26。
そして現在、0:28。
つまり、時間で言えば長くても45分でやれることを、
12時間かけてやりあってるわけです。
書いてるうちに、読者に理解してもらおうと一所懸命になるし、
思い入れが出来るから、それを否定されると、
真心が否定されるように思うんじゃないか、なんて思いました。
普通に面と向かって話したら、
こんなことたいしてこじれる話じゃないし、こじれる前に、
適当にお互いフォローして、笑っておしまいな気がします。
これがインターネットでの言葉のやりとりの限界でしょう。
明確なルールを明示しない限り、こじれるものなんですよ、実は。
まあ、そんなことはどうでもいいか^^;


コメントをたくさん書いてもらって、
全部にコメントすることは出来ないけれど、
なにも書かないのも無責任だと思うので、
特に思うところがあった点をピックアップして、
コメントさせてもらうことにします。
具体的に質問があれば、してください。
「ここについてどう思うか」と聞かれれば、
真摯に答えるつもりではあります。


>にっし~さんのコメント
>「智者に我義やぶられずば用いじとなり」(開目抄)


これは意識しなかったけど、同じこと言ってたんですね。
俺ってすげー(笑)。
たぶん、にっし~さんの言ってることも、僕の言ってることも、
きっと「全部自分やで~」ってことだと思うんです。
僕はAikoが好きなんですが、
コンサートを盛り上げるために、観客に向かって、
「もっともっと楽しんでってなー。全部自分やでー」
と言ってるシーンが好きです。DVD持ってるだけですが^^;


>犬のメメさんのコメント
>創価学会に関する多くのことで、
>多くの方が苦しんでいるのは紛れもない事実です。


創価学会としては、創価学会に弓引く者よりも、
創価学会に賛同する者の見方でありたいと思うのは、
普通なことではないでしょうか。
心ない社会に傷つき苦しみ、創価学会を頼ってきた人の
苦しみを減らしてあげるために存在する組織ではあります。
創価学会は、その立場上出来ることと出来ないことが
あると思いますけどね。
祈るくらいしかできませんよ、きっと。
でも、火の粉を振りかけてこれば払いのけるし、
攻撃されれば反撃しますよ、きっと。
創価学会を頼って信じる人のために。


>photochikaさんのこのコメント
>学会本部や池田SGI会長が、
>「非会員と結婚しても良いのですよ、決して反対はしないように」
>と指導を出し、その旨を徹底すれば問題は解決するのでしょうか?

>仮に池田SGI会長が
>「学会員同士の結婚以外は認めてはいけないのである」という
>指導を出したとしても、
>私の両親は、私の好きなようにさせてくれるでしょう。


僕は、結局一人ひとりの捉え方だし、自由だと思うんですよ。
指導は単に指導に過ぎず、どんな指導をしたとしてもされたとしても、
自分が気づくしかないし、決めるのは自分だと思うんです。
それが責任ある生き方と言えるんじゃないかと思うんです。
もっというと僕はそんな、自分で自分のことを決める生き方を、
創価学会の指導に反しているなんて思いません。
僕もだから、創価学会が間違ってはいないと思うのです。


>ナウシカさんのコメント
>多様性を認めるなら、違った悲惨な家庭や環境に置かれた人の
>話に耳を傾け、それを学会攻撃の人と決めつけず、そういう風に
>至ってしまった背景に目を向け対処してほしいですね。


話に耳を傾け、目を向けた結果、
僕の立場では激励するしかないと判断しています。
その証拠にいつまでたっても、甘えっぱなしの人が多いです。
僕が冷たいと思われるならそれでもかまわないと思います。
でも、誰かが叫んでないといけないのかな、とも思ってる。
まあ、イヤだったら僕の文章なんて読まなくなるだろうし
それはそれでしかたないと思っています。
でも、僕は僕が嫌われても、
考え方の一つを示していたいと思います。
僕の意見はきっかけに過ぎません。
大丈夫です。みんな優しいから。
この界隈で厳しめのことを言ってるのって、
僕だけじゃないですか、きっと。
ちょっとホンネを言うと、アンチで頑張りすぎた
罪滅ぼしをしてるようなもんです。


>にっし~さんのコメント
>菩薩道というのは、甘やかすことを云うのでしょうか?


甘やかされることを望んでいる人がいることも事実なんですね。
だから、噛み合わないのでしょう。現象としては理解できますよ。
にっし~さんが、ナウシカさんとやりあっているのは、
見所があるのに残念だからという気持ちじゃないでしょうか?
見所を発見出来なければ、残念だと思うしかないですからね。
「そうですね」と繰り返し、スルーするしかないです。


>ナウシカさん
>組織(本部)がボロを出してくれれば、池田先生を信じている
>人の中にもおかしいと気づいてくれる人が増えるのではないか
>という意味で希望的観測と書きました。
>無知の人は気づきにくいかもしれませんが、どうかどうか、
>みんな気づいてという気持ちです。


この言葉を使いたくないけれど、
この状態を「マインドコントロール」というと、
僕は思うんですよ、実は。
>kousanのはったり特急でも、学会教学の間違いが指摘されてます。
あのくらいの文章って書こうと思えば、
いくらだって書けるじゃないですか。
単に「アンチ教」「創価学会は間違ってる教」の急先鋒でしょう。
矛盾を探し出す目で意地悪に揚げ足を取って、
賛同者を得て自己満足してるだけのように見えますけど。
「学会員は創価学会に騙されてる」という教義を持った宗教ですよ。
http://gizmo4649.blog31.fc2.com/blog-entry-173.html

こういう状態になってると思いますよ。


>道楽猫さんのコメント
>他人を軽々しく増上慢と言い放つ人のほうが
>よほど増上慢だと私は思う…。


僕が指摘しているのは、アンチこそ学会員を、
不確かな情報を元に増上慢だと指摘しているということです。
バカシンパみたいになってしまい申し訳ないけれど、
僕は証拠を出せと言いたいわけです。
不確かな情報を元に、悪口言われたんじゃ
たまったもんじゃないでしょう。
現場の状況は別にしても、
学会員にとって思い入れのある池田氏に対する、
悪口に関しては、そりゃあ真剣になったりもするでしょう。
自分の父親が不誠実だと言われれば
「なんで?どうして?」と言いたくなるわけで。
しかし、今度こそ本当に嫌われてしまったみたいで、残念です。
自分では普通の感情を持っていないわけではないと思うんだけど…。
僕は道楽猫さんのことは思い入れを持ってました。
正直、好きでしたよ。ありがとうございました。
もう読んでないかもしれないけれど…。


>ナウシカさんのコメント
>本当の意味で良識ある人々が池田先生の傍から遠ざけられ、
>変な人ばかりが侍るようになりました。


確かにきっと僕らは、本当のところはわからないですよ。
その場所に居ない僕に、確証を持って言えるはずがない。
だから、ナウシカさんにそんな断言が、
よく出来るものだと思うのです。
そういう意味で「騙されてるんじゃないの?」的なことを
指摘させてもらっているわけです。


>それが、とんでもないことに、良識派の人々がでっち上げの罪で
>左遷されたり、排除されたり…それも1人や2人じゃない(ーー;)


「良識派」って「正しい」と同義語であると思うんですよ、
先に言ったように、
ある人から見れば正しいし、違う人からみれば正しくない。
それは、ナウシカさんも同意されたことです。
「良識派」というのは、アンチからみればアンチが良識派だし、
シンパからみればシンパが良識派です。
そういうもんです。


と、校正してたら、こんな時間になってしまって、まだ続いてる…。
速度速すぎ^^;
とりあえず、ここまででアップ。
by:gizmo | URL | #-【2006/06/24 01:29】 [ 編集] | page top↑
--ナウシカさんに贈る言葉--
「如かず彼の万祈を修せんよりは此の一凶を禁ぜんには」(立正安国論)
「信心をしていても、指導に反して我見の信心をしては、功徳の結果は出ない。組織につかないで、注意されると反発しながら、勝手な信心をする人は、尺八を逆さに吹いているようなもので、音は絶対に出ない。すなわち功徳はない。」(牧口先生指導)
「外道悪人は如来の正法を破りがたし仏弟子等必ず仏法を破るべし師子身中の虫の師子を食等云云、大果報の人をば他の敵やぶりがたし親しみより破るべし」(佐渡御書)


>学会に対して批判的…即仏敵として排除してしまう偏狭さは、仏法とはかなりかけ離れた教えのような気がしますが。

僕は、批判と誹謗中傷の区別はつけてますよ。


by:にっし~ | URL | #OF4bp5hE【2006/06/24 01:33】 [ 編集] | page top↑
--がんばって、流れについていってみる--
>ナウシカさん
>真の法華経の行者は迫害にあう、難にあうと、
>日蓮大聖人も散々言われてるではないですか?
>何の障害もなく、学会という組織で尊敬と賞賛を集めるというのは、
>真の行者じゃないということではないですか?


それこそ寺信心的ではないですか?
ナウシカさんは、
「難を巻き起こす信心をせよ」なんていう指導を、
めくらめっぽうに言う幹部の言うとおりにして、
外部の周囲から反感を買った人の
味方だと思ったんだけど、違うのかな?
今でも日蓮正宗創価学会時代の折伏をやれというのでしょうか?


>にっし~さん
>仏法というのは、神が信仰の対象ではありませんよ。


僕の場合、
その大切なものなんと呼ぶかということだけだと
僕は思っているのです。
南無妙法蓮華経を、他宗の言う「神」になぞらえても、
仏法の方程式は成り立つと僕は考えています。
そのくらい南無妙法蓮華経は世に遍満しているのではないかと。
雨の音ですら、風の音ですら、
僕にとっては、南無妙法蓮華経です。
人が神様と呼ぶものも南無妙法蓮華経です。
諸天善神は、僕の周囲に居る人だと思うし、
戸田城聖氏は、マッカーサーを梵天君と呼んでいたわけです。


>ナウシカさん
>学会に対して批判的…即仏敵として排除してしまう偏狭さは、
>仏法とはかなりかけ離れた教えのような気がしますが。


だから、耳を傾けるから、想定外の意見が欲しいんです。
今までと同じ批判なら、たぶん僕は知ってるし、
勉強家の学会員なら、知った上で自分内で破折出来ています。
破折されたものを、いちいち繰り返し出されても、
「はぁ」って感じになるだけでしょう。


>排除された良心の良識派の学会幹部のことです。
>ただいま、迫害を受けてる人たちということです。


だから、その人たちのことを僕が知らない以上、
なんともコメントのしようがないわけです。
新しい想定外の事実として、証拠とともに公表してくださいよ。
不確実な情報をもとに、意見や考え方を
変えるわけにはいかないんですから。


>今の池田先生はいいように利用されてますね。
>学会員に有無を言わさず活動させるのに、
>水戸黄門の印籠のような使い方をされています。


こういうのも、事実だと判断することが出来ない以上、
なんとも言えないでしょう、普通。
「そんなことはないんじゃないかな」くらいしか言えませんよ。


>にっし~さんは仏法よりも、組織を中心に据えるわけですね。


にっし~さんはそんなこと言ってないんじゃないすかね。
組織の言っていることが間違っていると思えば、
その現場で直接その担当者に抗議の声を上げ、
協議し納得した上で活動してるんじゃないですか?
現場から逃げて、ネットで告発している人とは
わけが違うと思いますよ。


>組織が仏法とはかけはなれたことをしていて、
>黙っておれるわけがありません。


学会員であるナウシカさんが、
仏法とかけはなれたことをしていて、
黙っておれるわけがありません、というのが
にっし~さんの気持ちじゃないかな、と邪推してみる。


>仏法に間違いはなくとも、それを誤って用いる組織はあると思います。
>学会もその転落の坂を転げ落ちていってます。


仏法に間違いはなくとも、
それを誤って用いる個人は多いと思います。
その人は転落の坂を転げ落ちていってるのではないでしょうか?


>それに気づかない人たちは、
>仏法のどこをどう学んでいるのでしょうか?


自分だけは気づいていると思いこんでいるところが独善であり、
その姿勢をにっし~さんは増上慢だと指摘していると思うのですが。
ナウシカさんは「アンチ教」を信じているだけに見えるけどな。
自分のコメントを読んで、自分の言ってることをよく読んで、
考えてみたらいいと思うよ。
by:gizmo | URL | #-【2006/06/24 01:56】 [ 編集] | page top↑
----
gizmoさん、にっし~さん


私の持っている情報をお教えできない状態で、こういった対話をするのは、やはり限界がありますね。
お2人の言われることは、知らないが上の一般的な学会員の発言だと思います。
それが悪いとか間違ってるとかも言えないですね。
時を待つしかないか…


photochikaさんとはメールのやり取りができるので、これからも対話を続けていきたいと思います。
皆さん、お付き合い下さり、ありがとうございましたm(__)m
by:ナウシカ | URL | #Eg7g1qX.【2006/06/24 03:14】 [ 編集] | page top↑
----
>gizmoさん

心ならずも、結果的には炎上させてしまいすみませんでしたm(__)m

>僕の場合、
(中略)
>戸田城聖氏は、マッカーサーを梵天君と呼んでいたわけです。

趣旨はよく解ります。
ただ、日蓮仏法における信仰の対象と、いわゆる神であったり、仏教で云う諸天善神といった存在とは、峻別しといた方が無難じゃないかと思いますので。
念のためですが(^^;
by:にっし~ | URL | #OF4bp5hE【2006/06/24 03:37】 [ 編集] | page top↑
----
>ナウシカさんへ
>私の持っている情報をお教えできない状態で、
>こういった対話をするのは、やはり限界がありますね。


前提が違いますからね。
その情報が不明確だとするならば、
思い入れのある方に肩入れするのは当たり前じゃないですか。


>お2人の言われることは、知らないが上の
>一般的な学会員の発言だと思います。


知らないということを見下すような言い方をされますね、相変わらず。
それと、僕とにっし~さんは違う人格です。
考え方も感じ方も全く違うはずです。
にもかかわらず、一緒くたにするのはなんでなのかなぁ…。
僕は、ナウシカさんはナウシカさんだと思うし、
他の人とは違う人格だし、考え方も違うと思っていますよ。
学会員が「外部」と一括りにして、
悪影響を及ぼしているのと一緒なにおいがします。
それはどちらであっても、「我々は気づいている」という
たちの悪い連帯感からくるものじゃないかと想像しますが。
僕が名指しでレスするときは、基本的にその人本人に向けて、
言葉を発しているし、一対一の気持ちでいるのですがね…。


>それが悪いとか間違ってるとかも言えないですね。
>時を待つしかないか…


ところで、こういうことを書くのって失礼だと思いません?
折伏をしようとして、噛み合わず断られ、
「やがてあなたもこの仏法のすばらしさに気づく時がくるわよ」
と言ってるのと捨てぜりふを吐いている
心ない学会員と同じ印象を与えますよ。
モーレツで話が通じない婦人部の人(たとえです)と
同じじゃないですか。


>にっし~さんへ
>心ならずも、結果的には炎上させてしまいすみませんでしたm(__)m


いいえ。
久しぶりに噛み合わなさっぷりをみて、
なんだか懐かしい気持ちになりました(笑)。
組織の捉え方も、信仰の捉え方も、
多分、若干僕とは違うとは思います。
たぶん、師弟義あたりの捉え方は違うでしょうし。
僕の法華経は僕の法華経でしかないでしょう。
まあ、きっとお互いに
「せいぜい、頑張ってください」
ってなところだと思いますけれどね(^^;


>photochikaさんへ
>聖教新聞社が改ざんの事実を認めたという事ですか?
>それなら真実なので、
>(中略)
>本当の事なら、私も人に伝えていく努力をします。


聖教新聞社が池田名誉会長の言説を
改ざんしているという事実があったのならば、
教えてくれると助かります。
photochikaさんが事実だと判断したのなら、
「photochikaさんが事実だと判断した」
という事実は残りますし。
by:gizmo | URL | #-【2006/06/24 09:56】 [ 編集] | page top↑
----
>知らないということを見下すような言い方をされますね、相変わらず。


知ろうと思えば、いくらでも自分で調べて知ることはできると思います。
昔の池田先生の書籍と、現在出ている書籍の内容と比べたり、御書講義集を読んだり、聖教新聞もよく吟味して読めば。
別にネットのアンチ情報を頼りにしなくても。


みれいさんと議論されてる時も思いましたが、gizmoさんの言われることは主観による抽象的な感想レベルなんですよね。
だから、もう少し、ご自分で調べて論議を展開していってほしいと思いました。


でもgizmoさんがそれでいいというなら、それも自由ですが。
でも説得力はないと思います。
見る人が見たらわかりますから。
気づく気づかないは、そんなところからきてると思います。


はったり特急のkousanがあれほどのことを書いて、それでも賛同者がかなりの数いるのは、やはりご自分で学ばれて、またそれを実践されて、実際に多くの人に関わり手を差し伸べてこられた生の声だからですよ。


それは同じように悩み活動してきた人だけがわかる直感みたいなものなのかな?
gizmoさんには残念ながら、そういうものが感じられませんでした。
表面をなでるだけの浅さを感じました。


お互い様だとは思うんですが、答えを早急には出さず、よくよく観察し学び、思索し、疑問を解消しつつ、自分なりの信仰を確立したいですね。
自分よがりの確信ではなく、人々を納得させるだけの確信を。
by:ナウシカ | URL | #Eg7g1qX.【2006/06/24 10:25】 [ 編集] | page top↑
----
>知ろうと思えば、いくらでも自分で調べて知ることはできると思います。


コアな情報は、なかなか自分で調べることは出来ないと思いますよ。
僕の情報収集可能なレベルで出来ることならやってます。


>昔の池田先生の書籍と、現在出ている書籍の内容と比べたり、
>御書講義集を読んだり、聖教新聞もよく吟味して読めば。


そのくらいのことは、アンチ時代からさんざんやってますよ。
アンチの手口も論法も、だいたいわかってます。
もともと僕はアンチの立場から、学会攻撃の文章を書いてたわけだし。
折伏教典から教学小辞典、日蓮正宗の教義一通り、
現代創価学会の教義一通り、大枠の仏教史、
日本の各宗派の特徴、くらいはおさえてるつもりですけど。
たとえばよく話題にのぼる、
「創価学会を斬る」や「沈黙を破れ」も、
入手して読んだりしてます。
文献を根拠に話をしようとするなら、
いくらでも出来ますけど、やりあいましょうか?
他の場所でに出向いていってやりあってもおかしな人になるだけだし、
別に説得してなにになるわけでもないからやりませんけど、
ここでなら、やってもいいですよ?
僕はわかりやすい言葉を使おうと心がけているし、
わかりやすい構図でものを書こうと努力してるので、
全然勉強してないと誤解されてるみたいだけど。
あでも、ここ最近聖教新聞読むのさぼってるわ(笑)。


>みれいさんと議論されてる時も思いましたが、
>gizmoさんの言われることは主観による
>抽象的な感想レベルなんですよね。


あのぉ。
どのへんがどう抽象的なんですか?
主観客観という意味でいうなら、きっと僕の方が客観的でしょう。
抽象的具体的という意味でいうなら、
具体的ケースを明示出来ていないナウシカさんは、
具体的な論を展開してるとは思えないですけど。


>でもgizmoさんがそれでいいというなら、それも自由ですが。
>でも説得力はないと思います。


そうかなあ。
ある人によっては説得力があり、
ある人によっては説得力がない。
それだけの話だと思いますけどね。
ナウシカさんにとって、説得力がないと感じただけでしょう?


>はったり特急のkousanがあれほどのことを書いて、
>それでも賛同者がかなりの数いるのは、


数を根拠にするなら、創価学会は
世界百数十カ国に広まっている云々と
論法は同じじゃないですか。
「だから正しい」と続くわけです。
そこには論理の飛躍がありますよ。


>やはりご自分で学ばれて、またそれを実践されて、
>実際に多くの人に関わり手を差し伸べてこられた
>生の声だからですよ。


組織に不満を持った経験のある人にとって、
単に耳障りがいいからじゃないですか。
愚痴を肯定してるだけだと思うけどな。


>gizmoさんには残念ながら、そういうものが感じられませんでした。
>表面をなでるだけの浅さを感じました。


ナウシカさんがそう思われたのなら、
その一言で終わる話ですよね。
別にそれはそれでかまいませんが。


>自分よがりの確信ではなく、人々を納得させるだけの確信を。


確信なんてひとりよがりくらいでいいかもしれませんよ。
そんな確信を共有出来ると思いこみ、
人に押しつけることで問題が生じているのではないですか?
「正しい」という確信は、その個人にだけ通用する「正しい」であり、
他人にとっては「正しい」ということではないかもしれないということを、
肝に銘じておかなければ、いわゆる「強引な折伏」に
結びついたりするような気がしますけれどもね。
by:gizmo | URL | #-【2006/06/24 11:18】 [ 編集] | page top↑
----
>そのくらいのことは、アンチ時代からさんざんやってますよ。
アンチの手口も論法も、だいたいわかってます。
もともと僕はアンチの立場から、学会攻撃の文章を書いてたわけだし。


立ち位置は変わっても、その論法は変わってないんじゃないですか?
アンチ時代であれ、シンパ時代であれ、人の苦しみの中に飛び込んで、共に悩み苦しんできた人の言葉には見えません。


苦しいの?悩んでるの?それは個人の問題だよ、自己責任だよ、祈れば即解決だよ…ハイ終わり。
こんな楽なことはないでしょうね。


立ち位置は関係なく、生き方の問題でしょうか?
by:ナウシカ | URL | #Eg7g1qX.【2006/06/24 12:06】 [ 編集] | page top↑
----
さらに掘り下げて議論していくかどうかは、gizmoさんにお任せしますが。
意見があれば、その都度書きたいと思いますし。


それと一説には、チョンガーさんが余計に学会そのものを間違えていると攻撃し始めたのは、gizmoさんの罵倒によるものだと言う人もいます。
gizmoさんの言葉って微妙なんですね。
アンチさんにとっても、シンパさんにとっても、毒になっちゃうのかな?
by:ナウシカ | URL | #Eg7g1qX.【2006/06/24 12:37】 [ 編集] | page top↑
----
ちょっと横入り♪

話の流れをあえて変えさせてもらえませんか?これ以上進めても二人のことが好きな私にはつらい。
 
つい先日、ある大学生の学会員さんのブログに迷い込んだらこんなことが書いてありました。
初歩の初歩。の質問です。
 
折伏(しゃくぶく)

----------------------------------

破折屈伏の略称。相手の間違った思想に迎合することなく、正しいものは正しいと言い切り、相手と対話を通じて仏法を伝えること。
 
これって公式見解?それとも、私見だったのかな?もしこれ、本当ならめちゃくちゃおかしな話ではないですか?
 
正しいものは正しいと言い切っちゃったら対話にならないやんね。
これってどうなんですか?
by:犬のメメ | URL | #-【2006/06/24 12:49】 [ 編集] | page top↑
--犬のメメさん--
学会の言うところの布教活動には、大きく分けて『摂受』と『折伏』があるんです。


折伏は、犬のメメさんが挙げてくれた通り。
摂受は、一旦は相手の言うことを受け止めた上で、緩やかに仏法対話をしていく方法。
最終的には折伏を目指せと言われるんですけどね。


私が聞いてる話には、日本では折伏、海外では摂受と言われてます。
by:ナウシカ | URL | #Eg7g1qX.【2006/06/24 18:38】 [ 編集] | page top↑
----
>犬のメメさん

>正しいものは正しいと言い切っちゃったら対話にならないやんね。
>これってどうなんですか?

基本的に対話が成立しないと折伏とは云えないんですよ。
「相手の意見に迎合しない」という点が最も重要なんです。

摂受というのは、相手の違法を容認しつつ次第に誘引してゆく化導方法です。
法華経安楽行品第十四に「他の経典や他宗の僧の過失を説いたり、悪口を言ってはならない」というのが摂受です。
つまり、誰かが人を殺しても、そのことを罰しないで「これからは人を殺してはいけませんよ」と教え諭すのが摂受です。

それに対して、どんなに言葉や態度が柔らかくても、「いけないことはいけない」「これが正しい」と言い切るのが折伏です。

だから、雑信仰に陥りやすい日本と違って、海外の場合は、元々の文化が信心を惑わせる程の力がないので、緩やかなように見えるんです。

本質的には、現代では摂受ではなく折伏です。
by:にっし~ | URL | #OF4bp5hE【2006/06/25 15:36】 [ 編集] | page top↑
----
にっしーさん
すみません。さっぱりわかりません。
対話というものに付いてですが、相手の考えと自分の考えを聞いたり言ったりする中で、自分と相手の違いがある部分を認識したり、同じ部分を認識したりしながら、受け入れられるところ、そうでないところを知り、自分の中に落とし込んで行く、というものだと私は認識しているんですが、
>対話が成立しないと折伏とは云えないんですよ
と言いながら
>「これが正しい」と言い切るのが折伏
と言われても、大いに矛盾しているとしかいえません。
言い切っちゃって対話が成り立つと思います?
もし成り立つんであれば、対話相手が「これが正しい」を受け入れたときだけです。
 
どうお考えでしょうか?
私は折伏でトラブルになる原因のひとつが見えた気がします。
by:犬のメメ | URL | #-【2006/06/25 17:21】 [ 編集] | page top↑
--成り立ちますよ--
>犬のメメさん

>言い切っちゃって対話が成り立つと思います?
>もし成り立つんであれば、対話相手が「これが正しい」を受け入れたときだけです。

対話ってそういうものでしょうか?
僕は違うと思います。
対話が成立しないと、互いの価値観をぶつけ合うことなどできません。
対話が成立しない人と、議論なんてできませんしね。
ただの言い合いや喧嘩でしかありません。
向き合うからこそ“対話”というんですし。

>私は折伏でトラブルになる原因のひとつが見えた気がします。

「押しつけと粘りは異なる
 押しつけは
 百害あって一利なく
 粘りは
 確信ある信心のあらわれであり
 かならず人の心を
 動かすものである」
と池田先生は云われてます。
トラブルになってるのは、“押しつけ”になってるからでしょう。
確かに、無関係で真面目な会員まで非難され、互いの人間関係がまずくなるんですから、百害あって一利なしですね。
by:にっし~ | URL | #OF4bp5hE【2006/06/25 17:52】 [ 編集] | page top↑
----
すみません。先ほどは言葉にちょっととげがありましたね。
 
折伏という意味の中にある「これが正しい」と言い切ることを守りながらの対話はよほどのコミュニケーション能力がなければ難しいと思います。

対話でも会話でもコミュニケーションでもどんな言い方でもそうですが、相手を尊重するところから始まるものだと思います。それがないとうまくはいかないでしょう。
これが正しいと言い切るんだ、と片方が意志を固めている時点でその二人の対話はうまくはいかない。
私のブログで以前に書きましたが、お互いに譲れないものを抱えている議論ではどこかで寸止めしないと最後は攻撃のしあいになってしまいます。だって、譲れないんですから。
 
自分の言っていることが正しいんだと言い切りながら、押し付けをせずに粘りと相手に感じてもらうコミュニケーション能力を、学会にいて身に付けることができるなら営業職育成機関としてはうってつけだと思います。池田氏が言っていることは私がウチの営業スタッフに毎朝朝礼で言っていることと同じです。
これは「いいことを言っている」には違いないですが、社会的には当たり前のレベルの「いいこと」でしょう。
 
すみません。皮肉がきつくなってしまいました。
にっしーさんを責めるつもりはないんです。
ごめんなさいね。
でも、私の言っていること、全部は絶対無理でしょうけど、少しでも理解できる部分はないですか?
お互いに少しでも理解し合えること。
これが対話なのではないでしょうか?
by:犬のメメ | URL | #-【2006/06/25 19:10】 [ 編集] | page top↑
----
>折伏という意味の中にある「これが正しい」と言い切ることを守りながらの対話はよほどのコミュニケーション能力がなければ難しいと思います。

そうでしょうか?
人間関係の問題だと思いますけど。

>私のブログで以前に書きましたが、お互いに譲れないものを抱えている議論ではどこかで寸止めしないと最後は攻撃のしあいになってしまいます。だって、譲れないんですから。

自殺に対する考え方で、池田先生とトインビーは正反対ですけど、ちゃんと対話は成立してますよ。
他の論点でも、二人の意見が一致しているほうが少ないくらいです。
攻撃の仕合になるとういのは、単に我を張ってるだけでしょう。

>自分の言っていることが正しいんだと言い切りながら、押し付けをせずに粘りと相手に感じてもらうコミュニケーション能力を、学会にいて身に付けることができるなら営業職育成機関としてはうってつけだと思います。

学会は、校舎なき総合大学ですからね。
人間教育の場ですし。

>池田氏が言っていることは私がウチの営業スタッフに毎朝朝礼で言っていることと同じです。
>これは「いいことを言っている」には違いないですが、社会的には当たり前のレベルの「いいこと」でしょう。

それだけ、池田先生の言葉は普遍性があるということです。
そして、学会員は社会的に当たり前のレベルは当然にこなしていなければならないですし。
その上で、学会員として社会に存在しなければならないんですから。

>でも、私の言っていること、全部は絶対無理でしょうけど、少しでも理解できる部分はないですか?

理解してないように見えるのは、僕の表現力がまずいんでしょうね。

>お互いに少しでも理解し合えること。
>これが対話なのではないでしょうか?

そのことを否定してることを書いてるでしょうか?
僕は、そういう意味ではむしろ一般的なアンチの方が対話を拒否してると思いますけどね。
理解し合おうとしてませんし。

ちなみに、折伏の意義について池田先生は、
「折伏ということを現代的に位置づけておきたい。折伏とは、人間としての共通の悩みに一緒になって苦しみ、それを語り合いながら、人間としての生き方に目覚めてゆくことである、と考えられる。言い換えれば、折伏とは自他ともの人間精神の覚醒運動であります。」
と云われてます。
by:にっし~ | URL | #OF4bp5hE【2006/06/25 21:08】 [ 編集] | page top↑
--犬のメメさん--
同じ信仰をしている学会員でも、同じ指導を聞いて活動してきた人でも、微妙に取り方、捉え方が違ったりするんですね。
そういう点で、他宗はどうか知らないけど、学会員同士でも完全に考えが一致するのは難しいと思います。
なので、学会に多少の理解を示してくれる犬のメメさんだけど、同じ学会員以上に理解し難いんじゃないでしょうか?
それは、ある意味、当然のことで仕方ないことかも…


にっし~さんの言われることは、なんて言うんでしょう?
学会では一般的にそのように指導されてきたことですね、ここ何年も…
そのやり方で通用してきたこともあったでしょうけど、当然無理だったこともあるでしょう。


私もこの信仰を信じてるんで南無妙法蓮華経とは唱えても、南無阿弥陀仏とかアーメンとかは唱えないです。
手を合わせ祈るのは御本尊しかないわけで、そこは自分には厳格にやるわけですが、それを人に勧める時に、どのように勧めるかは人それぞれに分かれてくるでしょうね。


ちなみに犬のメメさんだと、ご自分の信仰を人に勧める時はどんな感じでされますか?
by:ナウシカ | URL | #Eg7g1qX.【2006/06/25 22:43】 [ 編集] | page top↑
----
あらら、まだまだ続いてるんね。

ナウシカさん、僕が一番法華経が特殊だと思う部分に、
(特殊って、変な意味やなくて、なるほどと認めてるとこですよ)
経に帰依するってとこなんですよ、仏やなくてね。
単純に理解すれば、考え方そのものに帰依する。
偶像やなくて。ってとこがなるほどなって思うとこなんですけどね。
by:三九郎 | URL | #-【2006/06/25 23:26】 [ 編集] | page top↑
--三九郎さん--
>経に帰依するってとこなんですよ、仏やなくてね。
単純に理解すれば、考え方そのものに帰依する。
偶像やなくて。


そうですね、私もそう思います。
法に帰依するってことですよね。
御本尊はあくまでそれを形に現したものってことで、偶像崇拝とは違うものですよね。


法に忠実にってことを考えると、やはり学会のやり方を全て肯定するわけにはいかないんですよね。
池田先生を師匠と仰いだとしても、法より上にくることはないんですよね。
そこの部分で知らず知らずに法を破ってることはあると思います。
by:ナウシカ | URL | #Eg7g1qX.【2006/06/26 00:26】 [ 編集] | page top↑
--にっし~さん--
一晩明けて見てみると私がずいぶん噛み付いてますね。いかんな、と思いつつ・・・。
 
>一般的なアンチの方が対話を拒否してると
 
これは私もそう思うし少し見ていて悲しくなるときがあります。
 
gizmoにしてもにっしーさんにしても、たぶんネットでよく見る「人を傷つけ追い込んでいく学会員」ではないと思うんですよ。だからこうやってお互い話しが出来るんだと思います。
 
池田先生とトインビー氏の対話は私は見たことがないのでわかりませんが、お互い人格者でしょうからちゃんと対話できているんだと思います。自分が正しいと思っていることを押し付けずに。
けどネットで見る限り、押し付けちゃう学会員さんが多いと言うのも現実のようです。
 
最後に挙げてもらっている池田氏の折伏の意義について述べられている部分なんかはもっとも、なんですけど・・・。
 
ナウシカさん
あ、僕人に勧めたことないな、キリスト教。
僕の親ですら、僕には直接勧めることはなかったし。こりゃ困った。
僕は直接自分の宗教を他の人に広めるよりは私がどう生き、どう死んでいったかを見た人が、キリスト教って悪いもんではないなと思ってくれて、そう思う人が広がっていくことでホントに興味をもってくれた人がキリスト教に入ってくれたらそれでいいと思います。
これはあくまでも個人的な考えで、熱心に伝道されている人もいるでしょうが。
by:犬のメメ | URL | #-【2006/06/26 11:16】 [ 編集] | page top↑
----
勧める物やなくて、求めるものなんやね。
by:三九郎 | URL | #-【2006/06/26 11:28】 [ 編集] | page top↑
----
お~~いいこと言うなぁ。
実際僕の思いはきれいごとかもわかりません。でも僕はこれでいい、とも思っています。
by:犬のメメ | URL | #-【2006/06/26 11:43】 [ 編集] | page top↑
----
>犬のメメさん

>けどネットで見る限り、押し付けちゃう学会員さんが多いと言うのも現実のようです。

まぁ、遺憾なことです。
池田先生の指導を、ちゃんと実践していれば、そんなことにはならないんですけど。
あとは、人間関係の問題もあるんじゃないかとは思いますが。
ネットは、ちょっとした愚癡でも、吐き出された言葉が一人歩きしますしね。

>最後に挙げてもらっている池田氏の折伏の意義について述べられている部分なんかはもっとも、なんですけど・・・。

基本的に、信仰の有無以前に、周囲から信頼されないといけないって指導されてますしね。
あと、イケメンだと許されることが、イケメンじゃないと許されないことってあるじゃないですか。
イケメンだとスキンシップで、そうでないとセクハラになるみたいな。
同じことやってて問題になるならないという差は、そういう面もあると思います。
by:にっし~ | URL | #OF4bp5hE【2006/06/26 17:23】 [ 編集] | page top↑
----
にっし~さん
最近思うのはですね、学会の教義、特に折伏とか、あと福子と言われる2世3世問題なんかで特に、なんですが、教え自体が間違っているとかではなくて、実践するのがかなり難しい宗教なんだと思いますよ。
先にも少し話しましたが、「相手を受け入れてあげなさい」と言う教えなら表面的には結構簡単です。「正しいことは正しいと言い通せ」「でもちゃんと対話はしろ」と言うのは私は高等技術だと思います。
相変わらず変な例えですが、「売上を上げる」と言うことと「お客様がまた来たいと思ってくれる接客」は両立させることは可能ですが、いざやろうとすると本当に難しい。売上を追求しすぎるとややともするときつい商売になります。ゆったりとした接客はお客様はのんびり出来ますがお店は困ります。売れませんからなかなか。
 
ですからこのバランスを取れていない学会員が問題を起こしているんだろうし、嫌な言い方になりますが、そういう「危険な教義」を持っているにしては学会の対応はまだ甘いのでしょう。
 
もしよければですが、是非見てほしいブログがあります。チョココさんという方のブログ。私のところからリンクしています。そこの2世の彼と彼の親との会話を詳細に書いている記事。
確かに学会員全員がああだとは思っていません。けど一歩間違うとああなってしまうかもわからない「危険な」ところを学会は抱えているのだと思います。
by:犬のメメ | URL | #-【2006/06/26 17:48】 [ 編集] | page top↑
--横からちゃちゃ入れw--
>犬のメメさん


>実践するのがかなり難しい宗教なんだと思いますよ。


そう。だから王者なんですよ(ぉ
創価学会の言ってることって、すごく運用が難しいです。
批判としては、それはすごく的を得てると僕も思います。
だからといって、運用の易しい教義にしてしまっては、
どうしても偏ってしまいがちになるし、
堕落することにもなりかねない、それを恐れるわけです。
創価学会の教義は「強く生きよう」というものだと思います。
宗教は強者にも弱者にも遍く力を与えるものでなくてはなりません、
というのが僕の考え方です。


>そこの2世の彼と彼の親との会話を詳細に書いている記事。


だめだよ~、にっし~さんにそんなとこ紹介しちゃー。
にっし~さんが本気でコメント書いたら、絶対荒れるで(^^;
いや、カキコしないと思うけどw
by:gizmo | URL | #-【2006/06/26 18:05】 [ 編集] | page top↑
----
うんうん。出来たらROMだけね。
 
難しい(一歩間違えたら危険な)教義だからこそ・・・、といつものように続くわけです。
by:犬のメメ | URL | #-【2006/06/26 18:22】 [ 編集] | page top↑
----
>メメさん

2世3世問題(とおしゃられてますね)ですけど。。。
問題になっている方々もちろんたくさんおられると
思います。
でもね、
私なんか2世ですが、
親が勝手に入れておいてくれて、
本当に本当に本当に良かったんですよ。
「よくぞ勝手に入れてくれたっ!!」
と土下座して感謝したいくらいなんです。
私、成人してから自分で選べ、なんて言われたら、
絶対に入会なんぞしないと確信できるからです。
学会に限らず、宗教は一切やらないと確信できます。

私は心の底から「学会員で良かった」と感謝し、
親に感謝し生きているんです。
学会組織が「子供は成人してから本人の意思で
入会させる事」なんていう決まりを作っていたら、
現在の私はありません。

私自身が良かったから、他もみなさん良く思え!と
言っているんじゃないんです。

私のように、「良かったー、親よアリガトウ」という
2世3世も確かにいるんですよ。
私の幼なじみ達には多いです、そういう子たち。

2世3世を否定されているわけじゃないのでしょうが、
親を否定されるような気持ちにはなります。
いや、別に否定されてもいいんですけど、
私のような思いのものからすれば、
気持ちの良いものではないということ。

こっち側の2世3世もいるんですよ。
問題がないから、文句がないから、
表に出ないんです。
by:photochika | URL | #-【2006/06/26 18:48】 [ 編集] | page top↑
--フォッ トチ カさん--
photochikaさんはそれでいいと思うよ。
photochikaさんにまで「改宗せえ」なんてだれも言わへん
家の宗教なんてほとんどの人はあんまり意識せえへんもんね。
メメさんだってちいさいときから「アーメン」って聞いて育ってきて、
僕もおじいちゃんが「なまんばぶう~なまんだぶう~」って
なんだかわからんまま、自然にそこにあるもんなんよね。

ただ、なにかにぶつかった時、なにかで悩んだ時に
広く外に解答を求めた結果、家のではない宗教に巡り会う事もある。
その時に特に学会家庭でトラブルが生じてるんやないやろか?

すべての宗教は求める者にこそ与えられるべきなんよね。
by:三九郎 | URL | #-【2006/06/26 19:09】 [ 編集] | page top↑
----
>犬のメメさん

>先にも少し話しましたが、「相手を受け入れてあげなさい」と言う教えなら表面的には結構簡単です。
(中略)
>売れませんからなかなか。

まぁ、僕も販売店の経験ありますから、趣旨はよく解ります。
だから、人間関係の問題につきると思います。
お客様でも、お得意様と一見さんとでは違うように、折伏の相手方によって対応は変えます。
場合によっては、口にしないで終わることもありますし。
各論の問題だと思いますけどね。

>ですからこのバランスを取れていない学会員が問題を起こしているんだろうし、嫌な言い方になりますが、そういう「危険な教義」を持っているにしては学会の対応はまだ甘いのでしょう。

甘いといわれるのは甘受しないといけないでしょうね。
でも、会員個々の個性を尊重してますし。
もちろん、客観的に明らかにまずいということがあれば、普通の幹部は指導しますよ。

>もしよければですが、是非見てほしいブログがあります。
(以下略)

まぁ、彼の母親までは、イエローってとこでしょうかね。
単に、自分の気持ちを述べてるだけですし。
彼女への嫉妬もあるんでしょう。
ただ、親父さんはレッドでしょうね。
明らかに一家和楽の信心についてはき違えてますね。
敢えて好意的に解釈するとしたら、彼の決意を確認するために、わざと言ってるかですかね。
ちょっと、頼りなさげな感じですし。

>うんうん。出来たらROMだけね。

管理人さんが、明らかにアンチ寄りのところで書いたらどうなるかは、弁えております(^^;

>gizmoさん

>だめだよ~、にっし~さんにそんなとこ紹介しちゃー。
>にっし~さんが本気でコメント書いたら、絶対荒れるで(^^;
>いや、カキコしないと思うけどw

もちろん、カキコはしませんw
僕が書いたというだけで、内容如何に関わらず、炎上するでしょうし(^^;
とりあえず、ここでは内容を読まれた上でのツッコミですけどね。
ROMだけなら、結構いろいろ回ってますよ。
まぁ、人によって温度差があるのは仕方がないんですけど、どうしてそのギャップを埋めようとする努力をしないのかなぁって感じですね。
忠言は耳に逆らうからしょうがないんですかね。
by:にっし~ | URL | #OF4bp5hE【2006/06/26 19:23】 [ 編集] | page top↑
--三九郎さん--
いつもありがとうございます。

私は、天の邪鬼なものだから、
「問題だー」ってあんまり言われると、
「いや、ウチでは何の問題もないんですが」
って、言いたくなっちゃうんです^^;。

だって、
自分達の傷や苦しみを理解しろ、
人の苦しみに寄り添え、
共感しろ、分かれよ、と泣き叫ぶくせに、
相手の気持ちを想像しろ、と怒るくせに、
こっちの幸せを絶対に見ないんだもんなあ。。。

by:photochika | URL | #-【2006/06/26 19:27】 [ 編集] | page top↑
--photochikaさん--
>こっちの幸せを絶対に見ないんだもんなあ。。。


わかるんですけどね。
悩み苦しんでいる人からしたら、過剰反応には違いないけど仕方ないんじゃないでしょうか?
ムッとはきちゃうでしょうが、幸福な恵まれた人の方が余裕があるんだし。


私もある信頼してた人に親から虐待を受けたことがある話をしたんですね。
別に同情してほしいとかじゃなくて、話の流れでそういう話が出てしまい…
そしたら話が一転、その人の親がいかに愛情深い人であったか、いかに親から愛情を受けたか延々と聞かされ、しまいには親への感謝の気持ちを述べながら、その人は涙を流す始末。


別に構わないんですよ。
人それぞれ環境は違うんですし、あなたは親の愛情に恵まれて良かったですねの話で終わりです。
でも虐待を受けた私にまで親への感謝を表せと言われたら、それは二次被害ですね。


それぞれに自分の体験を話しているだけでは、何も歩みよりもないし、相手は心を開かないし、いつまで経っても平行線でしょうね。
相手もますます学会嫌いに拍車をかけるだけです。
ネット上ではそれでも構わないというなら、何も言わないことだと思いますよ。
by:ナウシカ | URL | #Eg7g1qX.【2006/06/26 20:28】 [ 編集] | page top↑
--違うンですよ。--
ナウシカさん。
メールのお返事を出す前ですが。。。^^

ナウシカさんは上記の会話をされている時に、
「私はこんなに辛かったの、
まずあなたは私のこの苦しみを理解してっ!!」
ってやってらっしゃらないでしょ?

私はいつも、
一方的ではなく双方向で、という事で
書いているつもりなんですが、
(そのつもりが伝わらないのは仕方ないのですが)
ナウシカさんとこうしてやりとりしていると、
なんか不思議な感じがするんです。

私がとても一方的で、
聞く耳持たぬ自己満足野郎で、
不幸な人々を足げにして生きている最低のやつ、
みたいな。
そんな感じの前提でレスを返される。
不幸な人じゃないと、感性鈍いみたいな^^:。
私の文章力がダメなんでしょうね。。。

不幸のどん底にいる人でも、
無理して笑って、幸せそうな振りをして、
「ねえねえ、私ってこんなに幸せなのよ」
というふうな生き方をしている人もいますね。
私はそういうタイプではないですが。
自分の幸せを他人に押し付けるのもイヤだし、
自分の不幸を人に押し付けるのもイヤです。
by:photochika | URL | #-【2006/06/26 21:45】 [ 編集] | page top↑
--photochikaさん--
文字だけの問題なら、私の思い違いでしょうから、これ以上、言うこともありませんが…


つまり、私はphotochikaさんのことを全然知らないわけですよ。
だから一部の文章だけの印象で、答えてしまうわけです。
こうやってBBSやメールで対話することによって、相手が見えてきますよね。
全部はわからなくても、相手の気持ちや思いが見えてくる。


だからアンチさんも、激しい書き方してる人もいるし、それはちょっと飛躍しすぎよとか、こちら側は思うわけですよね?
でも相手には相手のそうなってしまった背景が必ずあるはずなんですよ。
なかには悪意だけの人もいるかもしれないけど、そうではない人もたくさんいる。
私は、『えッそれほんと?』と思うこともあるけど、取り合えず聞いてみるんですよ、いろいろ。
知らないでアレコレ言うと、私がphotochikaさんにやったように失礼なことも言ってしまう…これは本当に申し訳なかったですm(__)m
お互い誤解が解ければ幸いです。


ある方で、学会の財務で全財産を失ったという人がいました。
まさかッ!?と思ったけど、本当なら何とかしてあげたいと思い、メールのやり取りをして、本部の幹部に聞いて、どうしたらいいものか相談して。


そしたら、そういう話は学会ではよくある話だとのことで(これもまたビックリだったけど)、対処の方法を聞いて、その方にお伝えしました。
直接、私が動いても良かったけど、それだと相手の個人情報を私は聞かなくてはならず、相手の方は大変ナーバスになっておられるし、どこの誰かもわからない学会員の私に教えるのは躊躇われるかもしれないと思い、私からは聞かず、何かあったら、いつでも言って下さいと言いました。
あとは、その方がどういう対処を選らばれるかは自由なので、私としてできるのはここまでですが…


聞いてみて初めてわかる話もあります。
学会員の個人の問題としても、何か事が起こった場合は、組織に報告して、対処できるところはしてもうらう、個人で動けるところは個人や地域で動く、具体的な行動は必要だと思うんですよね。
ただのデマならほっておけばいい…だけど、デマかどうかは調べてみないと。


個人の問題、個人の責任、それを言うなら少しでも個人のために動ける人は動いてもらいたいと私は思いますね。
それがひいては組織力ではないでしょうか?


by:ナウシカ | URL | #Eg7g1qX.【2006/06/26 22:22】 [ 編集] | page top↑
--ああ、なんとなく。。。--
ナウシカさん。
なんとなく分かったことがあります。

>それを言うなら少しでも個人のために動ける人は動いてもらいたいと私は思いますね。

これなんです。
ほら、なんかまるっきり何にもしていないと
決めつけている感じがしません?
「私はこのように動いています」
そのお話だけですごく通じるのに。。。
「あらま、なんか私って、
何にもしてないボケナスかい、そう言うんかい
知らないくせに」
みたいな気分になるんです^^;。

ゴメンナサイ。
なんか揚げ足とりみたいになってしまいますね。
気にしないようにします。
んじゃ、書くなってことになりますが、
ちょっとあがいてみたかったんです。
ホント、天の邪鬼なんですねワタシ。


by:photochika | URL | #-【2006/06/26 22:33】 [ 編集] | page top↑
--photochikaさん--
>「あらま、なんか私って、
何にもしてないボケナスかい、そう言うんかい
知らないくせに」


う~ん、難しいな…
そう思うんなら反論して下さい。
シンパだろうと、アンチだろうと、言い分はあるわけだし、私もあちこちで言ってます。


アンチさんも逆に言ってると思いますよ。
『こんなに学会に迷惑をかけられて、思い切り傷ついて、それでも個人の仕業で済ますんかい』と。


たぶん、自分の大切にしてることとかモノとか、そこを批判されると、自分が否定されてるような気分になるんじゃないですか?
自分の生き方そのものを否定されてるような感覚に陥るんじゃないでしょうか?
そこは切り離して見た方がいいんじゃないでしょうか?
そういうことを犬のメメさんも言われてるような気がします。

by:ナウシカ | URL | #Eg7g1qX.【2006/06/27 00:28】 [ 編集] | page top↑
--photochikaさん--
本当は嫌ーでも他人には批判されたくない、という心理

http://blog.goo.ne.jp/gehen_584/e/b0440872ef0294ba39e0308290233817

軒ちゃんのblogでも、集団心理というのか仲間意識というのか、陥りやすい特徴を書いてくれてますね。
参考になると思いますよ。
by:ナウシカ | URL | #Eg7g1qX.【2006/06/27 01:51】 [ 編集] | page top↑
----
あー、もう。俺だって女性とやりあいたくないよ。
でも、なんだってこんなにイライラさせられるんだ。
なんでそんなに自分のものさしでしか、ものごとを計れないんだ?
自分の大切にしてることとかモノとかを批判されると、
自分が否定されるような気分になってるのはあんただよ。
そんな概念なんてとっくのとうに超越してんだ。
もしそう思うのなら、あんたが、
自分を否定されたかされてないかで物事を計るレベルから
抜け出せてないだけだよ。
だったら、他人を偉そうに評価する資格なんかないだろ。
なに自分を棚にあげちゃってんの?


あー、くそー。
人の話を聞け!
自分だけが正しいなんて思うな!
心ない折伏をしてるのはあんたの方だ!
人を馬鹿にするにもほどがあるだろう。
「傷ついた」という印籠があれば、
なんでも許されるのかよ。
強いとか弱いとか関係ない。
「我こそ正しい」に陥ってるだけだ。
「自分はこれだけやりました」だ?
へーそうですか。偉い偉い、偉いでちゅねー。


まあこんなことを言えば、俺の方が悪くなっちゃうんだろうな。
女性と戦っても絶対勝てないというのはこういうことか。
ふざけんな。すごく悔しい。
俺のことをプロファイリングして満足ならそれでもいいだろう。
性格が悪い人とカテゴライズして安心するならそれでもいいだろう。
投影でも合理化でもなんでもいいや、なんとでも言え。
もし釣りなら、俺をこんな風に言わせるまで釣ったテクニックは見事だ。
感心するよ。


冷たいって?
ああそうさ、俺は冷たい人間なんだ。
どう言われたっていいよ。
by:gizmo | URL | #-【2006/06/27 02:56】 [ 編集] | page top↑
--いや。。。--
ナウシカさん、
わざわざありがとうございます。

あの。。。。
私批判されても全然いいんですよ。
ええと、ですね、
ナウシカさんとのお話しは批判以前の事なんです。

ナウシカさんは私を批判されていたんですか?
批判ならいいんですよ。

私が「批判されている」として
ナウシカさんに抗議しているように
感じられたのなら、
それは違うんです。
「批判」の元、それ以前の事言ってるんです。

私は批判の対象にまだなってないでしょ、
と私は言ってるつもりなんですが、
そんな事はどうでもよろし、
あなたの書いた事で私はこう思ったのだ、
ということなら、
それはそれで仕方ないですね。
反論は無いです。
何に反論したらいいのか分からないし。

色々とお心遣いありがとうございます。


by:photochika | URL | #-【2006/06/27 03:07】 [ 編集] | page top↑
--あ、こんな深夜に。。。--
gizmoさん起きてらっしゃいましたか^^?

いやあ、酒でも飲みたいですなあ。
わたしゃ一人で
グビグビ飲んでいますが。。。
by:photochika | URL | #-【2006/06/27 03:12】 [ 編集] | page top↑
--飲んでます--
さっき帰ってきたところです。
僕も今、酒飲みはじめました^^
by:gizmo | URL | #-【2006/06/27 03:16】 [ 編集] | page top↑
--なんだか--
泣きたい気分ですよ。なーんて^^;
by:gizmo | URL | #-【2006/06/27 03:20】 [ 編集] | page top↑
--こらっ!--
ダメじゃない!
こんな時間だ、とっとと寝ないと!

なーんて^^;
by:photochika | URL | #-【2006/06/27 03:39】 [ 編集] | page top↑
--わは--
うん。こんな時間になってますね^^;
ありがとう。
そろそろ寝ます。おやすみなさい^^
by:gizmo | URL | #-【2006/06/27 03:42】 [ 編集] | page top↑
--こちらこそ。--
今日はありがとうございました。
おやすみなさい。
私も寝ます。
by:photochika | URL | #-【2006/06/27 03:46】 [ 編集] | page top↑
--photochikaさん--
う~ん、私はphotochikaさんを批判したつもりはなく、またphotochikaさんもそのつもりがないのはわかってます。
メールもやり取りしてるわけですから。


ただの意見として、納得できることには『そうですね』、納得できないことには『そうでしょうか?』と、そういう話の展開でいいんじゃないでしょうか?
ご意見は様々あるでしょうし。
完全に分かり合うってことは難しいですよね、実際は誰とでも。


それはgizmoさんにも言えることで…
なぜに、そんなに感情的になられるのでしょう?
私の書き方がやっぱり生意気なのかな?
どちらが正しいとか正しくないとか、そんなのは問題じゃないと言われていたのはgizmoさんなのに。


傷ついたと言った方が全面的に正しいとは言ってないですよ。
また学会が全面的に間違ってるとも言ってない。
割合はあるだろうけどと話しましたけど。


私は、悩み傷ついた人の気持ちに少しでも添えるなら、寄り添って共に悩み考えたい。
そして、組織のことも良くしたいから、時として批判もする。
白黒分けて、批判合戦したいわけではありません。
私はアンチだーシンパだーといって、カテゴリー分けして批判はしてません。
その時々で、思ったことを言ってます。
だから、アンチからもシンパからも叩かれたりするんですよね。


普段仲良くしてる仲間でも(たとえばkousan)意見が違えば、喧嘩みたいな感情的な議論をすることもあります。
先日もそれをやったばかり(;^_^A
だからといって、私はそういった議論をする人を否定したいわけじゃない。
本当に嫌いな人なら、話しても無駄だと思う人なら、私は何も言わない方です。


別に同じ意見じゃなくてもいいし、同じ1つの意見に無理やり導き出さなくてもいい。
1つのテーマから、話を建設的に展開できればいいかなと思ってます。
そういう考え方もありますかって。
でも私はこう思いますよって。


ある方が、こういうのを教えてくれました。


『本来、「対話」とは「格闘技」なのである。
武器は「言葉」。
リングは万人普遍の「理性」。
権威をもちこむのは「反則」。
なれあいは「八百長」。
沈黙は「敗北」。
論証もなく「私は、こう思うんだ」では、観客から笑われるだけだ。
  (『聖教新聞』(2000年11月12日、8面)の「羅針盤」より)』
by:ナウシカ | URL | #Eg7g1qX.【2006/06/27 03:57】 [ 編集] | page top↑
----
えっと、二日酔いの方も寝不足の人もいるかもわかりませんが・・・。
ネットをしだしたのは今年に入ってからで、他の人に比べると短い期間となるでしょうが、それでもいろいろ思うことがあります。
 
創価学会には功と罪の両方が存在するはずです。これは絶対そうだと思っています。学会に属し信仰する事で幸せを感じ生き生きと生きている人は絶対にいる。
もちろん学会に縁して大変つらいことを経験してしまった人もいる。
 
けどそういう意味では私が属している(といっても熱心と言うわけではありませんが)キリスト教だって功罪はあるはずです。幸せに感じた人、つらい思いをした人。
 
学会の話で出る「財務」についてですが、ウチの教会に当てはめて考えたとします。
ウチの教会では教会員は毎月5000円の月定献金があります。これが最低線です。年間6万円。そのほかに教会行事に合わせて「イースター献金」「クリスマス献金」などがあります。これは任意です。数年前ウチの教会を建て替えました。そのときには私は10万円献金をしたし、多い人では3桁した人も複数名いると聞きました。違う点を上げるとすれば毎月会計報告を教会員全員に送っている点。牧師の年収はみんな知ってます。
 
違う点はあるけど同じところもありますよね。
 
私は学会を信仰する事は決して否定はしません。これはもしかしたらキリスト教も同じ穴の狢と感じているからこその自己弁護のためかもわかりません。
 
宗教はいろんな矛盾を抱えていると思うんです。キリスト教も創価学会も。
 
僕はだからこそ特定の宗教を信じる者は謙虚でないといけないと思うのです。
「絶対」なんかは自分の中で思うことであって外に向けて、相手に対して言うべきではないと。
 
学会について思うのは末端だろうが幹部だろうが秋谷氏だろうが池田氏であろうが、学会に関することで苦しむ人を少しでも無くすように、それが組織維持とは逆行することであっても取り組んでほしい。それが一番で、もしかしたらそれだけです。
by:犬のメメ | URL | #-【2006/06/27 11:37】 [ 編集] | page top↑
----
gizmoさん
上の私のコメントを私のブログで記事にさせてください。多少加筆や訂正はします。
僕はアンチシンパで言うとアンチ。でも完全否定派ではないし学会にいいところがないか、といえば「ある」と思う。
そういうスタンスは各コメントではよく言っているけど自分のところではあまり言っていない。
でも、なんかくすぶってるんですよ、自分の中でもやもやしてる。言っちゃったほうがすっきりすると思うから。
by:犬のメメ | URL | #-【2006/06/27 14:00】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。