スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
煽り合戦
アンチとシンパでも、
強者と弱者でも、
傷ついた人と傷ついてない人でも、
なんだか、どっちが先に煽ってるか、
という問題な気がしてきた。


そういう意味で言うなら、
創価学会系の話でいうと、
一番最初に煽ってるのは、
創価学会本体かもしれない。


アンチ、弱者、傷ついた者、
あえて一緒くたにするけれど、
彼らの言い分では、
「創価学会が最初に煽ってきたのだ」
ということなのだろう。
だから、自分も創価学会に対して、
学会員に対して、煽ってやるのだ、
と、こういう気持ちなのかもしれない。
本人が意識しているにせよ、していないにせよ。


シンパ、強者、傷ついてない人、
こちらもあえて一緒くたにするけど
(僕はきっとこっちにカテゴライズされる)、
こちらの言い分は、
「アンチが最初に煽ってきたのだ」
ということだろう。
過去に創価学会がやってきたことなんて知らねーよ。
今、ここにいる俺は俺だし、あんたはあんたなんだ。


「個人の問題」という言葉だけが一人歩きして、
冷たいだのなんだの言われるけれど、
所属とかグループとかとっぱらって、
「あなたはどう思うの?」
ということを話したいわけだ。
僕の考えや言っていることは、
創価学会にとって不利益で迷惑かもしれない、
僕を好きな人を失望させるかもしれない。
でも、そんなの関係ない。
僕は僕だし、人は人。
どんなに創価学会本体が煽っても、
個人レベルで煽ってこられれば、
こっちだって煽り返す。
皮肉を言われりゃ皮肉で返す。


ただのバカシンパになった人の
気持ちが最近なんとなくわかってきた。
馬鹿にしたり、罵倒したりすることで、気が済むのなら、
完全に悪役になった方が、攻撃しやすいだろう。
その方が攻撃する罪悪感は軽減される。
嫌なヤツを殴れば気持ちいいだろう。
なんにせよアンチが学会員を攻撃したいと思っているなら、
悪役になる方がその人のためだと考えたのかもしれない。
スポンサーサイト
【2006/06/27 12:41 】 | 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
<<「個人の問題」だからこそ | ホーム | 増上慢>>
コメント
----
勝ち負けとか、被害者、加害者とか、そんな色分けをしたいんじゃなくて、今、目の前にある問題を学会員として、どうしていけばいいんだろう?という話をしたいだけなんですけどね。
印象を語るだけなら、誰でもできるけど…


何を主眼にしてるかで変わってくるのかな?
by:ナウシカ | URL | #Eg7g1qX.【2006/06/27 12:58】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。