スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
食べなきゃ腐っちゃう
理屈ばっか言ってても、「絵に描いた餅」であります。
つまり理屈を言ってる限り、うまい餅は食えないわけで。
「この餅はどこどこ産のなんとかっちゅう米を使ってだね」
なーんてうんちくをたれててても、食わなきゃおいしさはわからんわけよ。
まず手を伸ばして、食ってみるのが一番。
実際に餅があっても食べられないなら、
そりゃ「絵に描いた餅」となにも違わないからなぁ。


そう、俺は「美味しんぼ」的なグルメってあんまり好きじゃなくってさ。
「どんな食べ物も、みんなで食べればおいしい」とか、
「空腹は最大の調味料」とか、そういう価値観の方が好きだな。
というか、そうなりたいって思う。


人間関係っつーのは、理屈じゃなくてさ。
実際に触れあってこそ、うれしいわけじゃないですか。
「そこに人間がいるから」ってのは、
やっぱ悪いことじゃないと思うぜよ。


教義ってのは、道具じゃないですか。
インターネットってのも、道具じゃないですか。
道具が変わったところで、人間はそんなに変わりゃしませんよ。
「宗教のために人間があるのではなく、人間のために宗教がある」んでしょ。
「インターネットのために人間があるのではなく、人間のためにインターネットがある」んです。


せっかく生を受けたなら、同じ時代を生きる同士、
楽しくやってったほうがいいよね。


たとえば、がんばって創価学会を潰したところで、
第二第三の創価学会が出来るんだからさ。
創価学会が、人と人とがつきあうきっかけになって、
触れあうことが出来たことを評価したほうが建設的だよな。
もちろん、反創価学会がつきあうきっかけとなったってのもあるんだろうけど。
どっちにしたって、ああいう団体、あってもいいんじゃない?


創価学会があってもなくても、
あいかわらず人間は生きていくんだ。
人間同士が触れあっていくんだ。
所属によって、人間づきあいを否定するなら、
それこそ悪しき考え方なんじゃないかなぁ。


創価学会を支えてたっていいんじゃない?
仏教家は、なにを仏教だって言われたって、
「そうかもしれないね」と言って、
ニコニコしてるんじゃないかなぁ。


今、人と触れあっていられることに感謝ですよ。
人と触れあっておもしろいのが、食っておいしい「餅」です。
あーだこーだぶつぶつ言って、食わないままなら、
そりゃ「餅」としての意味ないっすよ。
スポンサーサイト
【2005/10/21 14:19 】 | 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
<<ぐるっとまわってアンチこそカルト | ホーム | 俺の学会活動>>
コメント
--管理人のみ閲覧できます--
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | | #【2005/10/22 01:38】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。