スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
ものさしについて
宗教ってのは、その人が自分をとりまく世界をどう解釈し、
どう捉えるかというものさしなんです。
折伏ってのは、
「あんたの使ってるものさしよりも、
俺の使ってるものさしの方が便利じゃね?」
と言ってるだけの話で。
「いやあ、俺は生まれてこの方このものさししか使ってないからなぁ」
って言われりゃ、まあそれはそれでいいか、と僕なんかは思ったりする。
でもまあ、自分のものさしが便利だから、機能を説明したりはするよね。
ものさしを持っていない人(日本には意外と多いんだ)には、
「あんたもものさし持った方がいいんじゃね?」
と言いたくなるし。


宗教を持っていないというのは、
倫理を持っていないとイコールですからね。
日本では無宗教の人が増えているから、
倫理が崩壊しているとも言えるんですよ。


どっちかっていうと、別に学会のものじゃなくてもいいから、
神棚でも仏壇でもないよりあった方がいい、
というのは、学会員らしからぬ僕の考え。


だって宗教を持たなければ、
生きていることに何の根拠もないじゃない?
現代の日本人って、罪だって「なんとなく」でしかないもの。
「guilty」じゃなくて「sin」のほうの罪ね。
生きていく中で、何が良いことで何が悪いことかを、
話し合う基礎であるものさしすら持っていないんだもの。
「それは倫理的に間違っている」
と言われることがあるけれど、
なにを基準にした倫理観なの?
まあそもそも八百万の神様の国だからねぇ、日本って曖昧なのよ。


一神教的倫理観なら、正邪を厳密に線を引くことが出来る。
そんな国ってあると思うけどね。
意外とそんな国の方がまともじゃない?
多神教的倫理観だと、正邪に線を引くことが出来ないのよね。
「えー。だって俺の神様だとこれはOKだもん」ってなっちゃう。
これって、社会秩序の維持という観点からすると危うさを抱えてる。


創価学会は一神教的側面も強いけれど、その中には、
「一神教的倫理観による裁きというのも必要だよ」
ということも入ってる。


創価学会は日本という国に寄生する国家みたいなもんだけど、
国家固有の倫理観と価値観を持っているんじゃないかな。
あ、「信教の自由」ってのは、
国家内国家を作っていいよ、ってことかも。
本来なら、日本も国の根本たる宗教を持っていて当たり前だと
思うけれどもな、国際的には。
どうせなら天皇を中心とした国づくりにするのも、
意外と僕ら幸せかもよ?
錦の御旗を掲げて戦争に突っ走っていったと解釈されているから、
今日本に住んでる人にはアレルギーがあるけれど、
日本人としてはその方が幸せだったんじゃないか?
八百万の神を束ねる神の末裔を中心とした国の方がさ。
戦前の方がやる気もあって生き生きしてたんじゃないか?


今、日本がデタラメになってると言うんだったら、
やっぱそれは宗教の乱れなんだと思う。
精神病患者が多いのも、
なにを根本として生きたらいいかわかんない人が多いからさ。
広義での精神病患者が、おかしな犯罪を犯す。
自分内の「正しい」を持たないからだし、
この「正しい」こそものさしだと思うのよ。
「正しい」を共有している国は強いよね。


日本の宗教がデタラメになっちゃってるんだから、
創価学会が最後の砦なんじゃないかと思ってるところも、
実は僕にはあるのですよ。
だからアホみたいに「池田センセイばんざーい」なんて
やってる場合じゃないと思うんだけどな。
そういえば学会の十界曼荼羅の御本尊って、
「八百万の神を束ねる南無妙法蓮華経を中心とした価値観」
とも言えるんだよね。
スポンサーサイト
【2006/06/30 09:32 】 | 未分類 | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
<<無理矢理痛み分けてみる | ホーム | 草木は萌ゆる>>
コメント
--ものさしの目盛りの読み方だと思う--
創価学会も多神教的であればいいという意見を目にすることがある。

喩としての多神教という言葉が適切かどうか別として、創価学会に属する人が言うのはまだしも、部外者が言うのはただの批評。


ということで、批評にもはるかに及ばないが徒然なるままに。


一神教的な創価学会スピリットを崩すと、創価学会アイデンティティは一体何なの?ということになってしまわないかと思います。何事も時代や状況に応じて臨機応変に変わるのが世の常ではありますが。


SGIとかSGIジャパンとかで社会団体として二頭立てでいくんかな。

その構成の最大団体として宗教法人創価学会をもってくるとか。

これじゃ今の公明党と同じだ。我ながら想像力創造力に乏しいなあ。


創価学会は世襲しないということらしいけど、SGIに関しては何もお約束していないんだよね。

この大所帯あと2代くらいは世襲しないと大変なんじゃないかな。継承や代替わりに関しては、まだ草創期。大きな継承って第二代から三代への1回だけでしょうから。


宗教などの精神的世界を対象としたものは、その支柱であるリーダーは死ぬか自分でなんらかの強い思いがない限り続投でしょう。そんなもんだと思うし、本人が生きている限り行える支柱としての役割は大きいもんだと思うな。引退してもそりゃ院政のようになるだけ。ってなってるか?


表彰とかは、誰が貰ってもいいんじゃない。
世間は世間でそれぞれ評価することでしょう。まあ、現役の代表や秀でた人がもっとたくさん輩出されるようになると雰囲気は変わってくるでしょうね。


日蓮正宗は創価学会から見れば「悪・邪」なのかもしれないが、世間一般の部外者から見ると何の迷惑をうけているわけでもなく、実感がわかないというかお互いの言動に不快感がつのるだけ。

日蓮正宗だって強引な折伏とか、他人宅で仏壇を壊したり燃やしたりすること今ではやってないのでは。


私は創価学会の身内ともうまくやっていく自信がありますが、日蓮正宗の人とも同じようにうまくやっていけると思います。うまくやるって表現はよろしくないかもしれませんが、そこで創価学会・日蓮正宗の差はないですね。ひとりひとりの人間性とかウマがあうあわないは別として。それは宗教以前の問題として。


こうでなければ創価学会ともうまくやっていけない、ってことではないのかなと思います。多分、多くの創価学会と縁した部外者はこのあたりうまくやってるんだと思います。

できない人はネットで言ったり、逆にネットでそういう人に対抗している人は、自分が部外者だったらきっとアンチだろうと思います。2:6:2の端っこの2:2がやりあってるんじゃないかな。立場変わってもたぶん同じ。鏡の関係なのでは。


で、話はまた元にもどるようだけれど、一方で幅広く宗教にこだわらず相手を尊敬しよう、それを尊重しよう、それもいいですね、なんてスタンスでありながら、

http://www.sokagakkai.or.jp/member/n_member/02/01.html

「自分の手で間違った信仰の対象物を処分するなり、返却するのが原則」間違った信仰なんて表現したり。


ソーカネットの「新会員の皆さんへ」

http://www.sokagakkai.or.jp/member/n_member/

でも、日蓮正宗(と言わないで日顕宗って表現しているけど)のことをが多いですよね。

日顕宗じゃなくなった時、一挙に多神教的に変わるのでしょうか?

それとも代替わりの時(これも日顕宗と呼ばれるものが存在しない状況で)歴史的和解をしてそれを最初のエポックにしちゃうのでしょうか。
by:歩 | URL | #NJs7.fVo【2006/06/30 17:53】 [ 編集] | page top↑
----
>gizmoさん

>宗教ってのは、その人が自分をとりまく世界をどう解釈し、
>どう捉えるかというものさしなんです。

まぁ、そうでしょうね。
キリスト教の場合は、規範となる法を神が定めている。
仏教の場合は、自然法則と同様に“妙法”が存在して、それが規範となっている。
その違いでしょう。

>創価学会は一神教的側面も強いけれど、その中には、
>「一神教的倫理観による裁きというのも必要だよ」
>ということも入ってる。

どちらかというと、自然法則に近いですね。
「こうすればこうなる」ってものですから。
ただ、自然法則と違うのは、再現性が難しいから実験証明しにくいってところでしょう。

>だからアホみたいに「池田センセイばんざーい」なんて
>やってる場合じゃないと思うんだけどな。

僕はやったことないですがw
「創価学会ばんざーい」とか「青年部(ry」「婦人部(ry」といった感じで、具体的人格に対してやったことはないです。

>歩さん

>一神教的な創価学会スピリットを崩すと、創価学会アイデンティティは一体何なの?ということになってしまわないかと思います。

まぁ、バックボーンは“妙法”でしょう。
ただ、成文法とは違って、不文律ですから見えにくいし、理解しがたいんです。

>創価学会は世襲しないということらしいけど、SGIに関しては何もお約束していないんだよね。

たぶんしないでしょう。
しばらくは、日本の創価学会が仕切る形にはなるでしょうけど。
意外に早く、おそらくアメリカのリーダーがSGIを仕切ると思います。

>この大所帯あと2代くらいは世襲しないと大変なんじゃないかな。継承や代替わりに関しては、まだ草創期。大きな継承って第二代から三代への1回だけでしょうから。

池田先生の後は、人格的には誰がやっても一緒でしょう。
というか、誰がやってもいいように、基盤を作っているところです。
と、戸田先生は仰ってたそうですが。

>引退してもそりゃ院政のようになるだけ。ってなってるか?

組織としてはそうなってますが、仏法上の指導者としては引退されてませんしね。

>日蓮正宗は創価学会から見れば「悪・邪」なのかもしれないが、世間一般の部外者から見ると何の迷惑をうけているわけでもなく、実感がわかないというかお互いの言動に不快感がつのるだけ。

いってみれば、日蓮仏法という大型専門店があって、日蓮正宗こと日顕宗はそこの偽商品券や偽ポイントカードを発行しているという感じですね。
そのお店を利用しない人にとっては、何ら迷惑を被らないということになるでしょうけど、一般的には犯罪です。

>日蓮正宗だって強引な折伏とか、他人宅で仏壇を壊したり燃やしたりすること今ではやってないのでは。

まぁ、日顕宗はおいといて、学会でも一部の過激な人は、そんなこともあったんでしょう。
人間革命にも、そういうことは本人にやらせないといけないし、強要するべきでないという戸田先生の指導が描かれてますし。
組織として、そういったことを奨励したことはありません。

>「自分の手で間違った信仰の対象物を処分するなり、返却するのが原則」間違った信仰なんて表現したり。

それは仕方がないでしょうね。
仏法上は犯罪行為みたいなものですから。
御本尊を持つと決めた以上、それ以外の進行の対象物を持つことは、詐欺みたいなものですから。
“間違った信仰の対象物”というのは、他信仰の内容自体が間違ってるということではなく、創価学会の信仰を実践する上で唯一の信仰の対象物でないものを指しているんでしょう。
まぁ、創価学会の立場としては、仏法が正しいんですから、それと違うのは間違ってるといってしまっても、仏法上は問題になりませんけどw

>日顕宗じゃなくなった時、一挙に多神教的に変わるのでしょうか?

あくまでも、仏法を根本とすることは変わらないでしょうね。
信仰の対象物については、特に厳格さはかわんないでしょう。
ただ、今もそうですが、文化として尊重する観点から、宗教的な文化の認容はさらに進むでしょうけど。
神父や牧師等じゃなくて、幹部がその役割をやるなら、チャペルで結婚式やってもいいとかw
by:にっし~ | URL | #OF4bp5hE【2006/07/01 15:14】 [ 編集] | page top↑
----
にっし~さん、はじめまして。
解説やお考え等コメントありがとうございました。
おっしゃている内容はだいたい認識できました。
by:歩 | URL | #NJs7.fVo【2006/07/01 18:14】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。