スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
日蓮仏法定食
今日、ラーメン屋のカウンターで、
チャーハンを食ってたんですけどね。
隣にやってきたおっちゃんが、
「マスター、今日は何?」と聞いていた。
マスターは「今日はナスだね」と答え、
おっちゃんは「じゃあそれ」と注文する。


こんな会話から、ふと連想がはたらく。
決めてもらうのって、とってもラクなのよ。
複数の選択肢がある中で、一つに決めるということは、
なによりも一番エネルギーの要ることだと思う。


さあ、ここから創価学会に繋げますよ、僕は(笑)。
創価学会の本意というのは
「自分なりの哲学を持ちなさい」
ということだと思うんだ。
自分を取り巻く世界との距離を測り、判断し、
行動するための、自分なりの尺度を持ちなさい、と。
創価学会の書物を読んでいると、僕はそれを感じるんだな。
「日蓮じゃなきゃダメ」なんてことが本意じゃない。
世の中の一人ひとり、すべての人が自分なりの哲学を持ち、
それを基準にして、自分なりの幸せをつかみなさい、と言ってる。


自分なりの幸せがわからない人に対して、
たとえばこんな哲学がありまっせ、という風に、
オススメしているのが日蓮仏法なだけです。
だから、日蓮仏法じゃない哲学を使って、
既に幸せ状態であるのならば、
創価学会は無理に日蓮仏法を薦めない。
だって創価学会は「信教の自由」を認めているのだから。


学会員は、日蓮仏法を使って、自分を取り巻く世界を測る。
それによって、あらゆる現象あらゆる物事を、
全て幸せと感じられるように変換していくわけだ。
これを変毒為薬とも言うし、絶対的幸福とも言う。
外から見て「あんたそれは不幸だよ」と思われても言われても、
自分自身で「よし、難がきた」と覚悟を決めて取り組もうとする。
馬鹿だといわれようとなんだろうと、無敵の楽観主義だ。


本当の学会員は、生きているだけで幸せなんです。
どんな辛いことだって、喜びに転換していく強さを持ってる。
そういう強さの哲学を、創価学会は提唱しているだけなんだ。


だから、日蓮仏法以外の他の哲学を使って、
自分なりの幸せをつかんでいる人には折伏なんてしない。
生きていることの全肯定が出来ているならば、
それは日蓮仏法となんら矛盾しない。


逆に「生きることが辛い」「死んだ方がマシ」、
そんな風に思ってる人がいたら折伏したくなる。
「生まれてきてごめんなさい」と思っていたり、
「世の中は一切皆苦」と思っていたりすれば、
それは全然違うぞ! 間違ってる! と強く言いたい。
「あの世に行けばこの苦しみから逃れられる」
なんていう哲学も、声を大にして破折してやりたくなる。
折伏というのは、こういうことだと思うんだよな。
死に至らしめる思想や、自虐に至らしめる思想は、
断じて違うぞと言い切ることだ。


学会員じゃなくたって、日蓮仏法を知らなくたって、
自分の生を、生き生きと楽しんで、思いっきり生きてる人がいる。
たとえば念仏信者でもそういう人がいる。
そんな人にに対しては、創価学会も日蓮仏法も必要ない。
というよりも、その人は既に日蓮仏法を体得してる。
折伏なんて必要ない。


だぶんその人は、紆余曲折しながら生きていく中で、
自分なりの自分の幸せ哲学を作り上げてきた人なんだと思う。
誰かに教えてもらうでもなく、決めてもらうでもなく、
自分で決めて自分で歩いてきたのだろう。
実はこれが自分で出来てる人は、
創価学会なんて必要ないんですわ。


ちなみに、上記のような生き生きとしている人と
本当のまともな学会員は、思想は違ったとしても対話は噛み合う。
池田氏と他宗の人との対話のように。


そしてこの界隈を見渡す限り、
確固とした幸せ哲学を持ってる人って、そんなに多くない気がする。
みんな自分のことを「不幸だ不幸だ」って言ってる気がする。
「不幸だ不幸だ」「つらいつらい」って言ってるから、
「じゃあ創価学会の哲学でもどう?」ってオススメしたくなる。


さて、ラーメン屋のことなんだけど、
数あるメニューから、自分の食べたいものを
決めることが出来る人、もしくは、
自分で決めないと気が済まない人は、自分で決めたらよろしい。
迷いながら選べばいいんですよ。
不味かったら、次は他を選べばいい。
でも、なんか食った方がいいとは思うよ。
決めるのが面倒だったら、ラーメン屋のオススメでいい。
創価学会のオススメする定食は、日蓮仏法定食なわけです。
ニンニク入りで栄養満点ですよ。
いいじゃんそれで。ラクチンだよな。


…うーむイマイチw
哲学と定食はさすがに無理があったなw
スポンサーサイト
【2006/07/03 17:12 】 | 未分類 | コメント(5) | トラックバック(0) | page top↑
<<面の皮の厚さ | ホーム | 今日はサービスショットだよ>>
コメント
--僕はこういうつかみ好きですw--
>だから、日蓮仏法じゃない哲学を使って、
既に幸せ状態であるのならば、
>創価学会は無理に日蓮仏法を薦めない。
>だって創価学会は「信教の自由」を認めているのだから。

実際に、池田先生に入会の申出を断られた人もいますしね。
まぁ、その幸せ状態が、絶対的か相対的かという問題はあるんでしょうけどw
by:にっし~ | URL | #OF4bp5hE【2006/07/03 17:42】 [ 編集] | page top↑
--ラーメン屋で--
おすすめの「ナス」って言って出てくるのは
マーボナス定食なのか?
つまみで焼きナスなんぞが出るのか?
本文よりそっちが気になったお腹がすいたメメでした。グゥ~
by:犬のメメ | URL | #-【2006/07/03 18:53】 [ 編集] | page top↑
--言うことナスの歯磨き粉(by原田宗典)--
>にっし~さん


>実際に、池田先生に入会の申出を断られた人もいますしね。


松下幸之助とかね…ってのは内部だけでまことしやかに言われるデマ?


>犬のメメさん


ナスとそぼろの炒め物という感じの定食でした。
by:gizmo | URL | #-【2006/07/03 23:01】 [ 編集] | page top↑
----
>松下幸之助とかね…ってのは内部だけでまことしやかに言われるデマ?

松下幸之助氏と交流があったのは確かでしょうけど、少なくとも僕は聞いたことありませんね。
有名ではないですが、うちの大学院にも教えにきてくれている教授とか、海外の有識者(名前は忘れましたw)とか…

ちなみに、件の教授には、講義で「君たちもっと折伏しないといけないよ」「最近の学会員はおとなしい」と云われました(^^;
by:にっし~ | URL | #OF4bp5hE【2006/07/03 23:20】 [ 編集] | page top↑
----
うん、おもろい、さすがgizmoさん。

でも、いらんかったら、食べんでええねんで。
無理して食べんでも。
by:三九郎 | URL | #-【2006/07/04 09:25】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。