スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
学会を離れた人こそ頑張れ
「さあ、次の山へ」「今よりもっと高いところへ」
創価学会の思想は向上心の肯定が主眼となっていると思う。


アンチは「頑張らなくていい」と言う。
それでは僕らはなにに生き甲斐を感じるのだろうか。
頑張らずに自分をぬるま湯に浸らせているとき、
果たして僕らは生き甲斐を感じているのだろうか。
そうではなくて、なにかの目標を定め、
それを睨んで、我を忘れ懸命に励むときにこそ、
僕らは生き甲斐を感じるのではないか。


人間は放っておくと、だらける性質を持っていると思う。
ラクな方へ、ラクな方へ流れていくものだと思う。
これは間違っているだろうか?
少なくとも僕はそうだ。
(ちなみに、自分の弱さを認めるとは、
こういうことだと思うけどな)


だとするなら、思想として強調するべきは、
強く厳しい主張ではなかろうか。
ただでさえラクな方に流れる性質があるのに、
さらにラクな思想を与え、それを肯定したならば、
グズグズのダメ人間になってしまう。


アンチは仏教とは抜苦与楽の癒しであると言う。
ではその癒しの思想を受け入れた者は、
素敵だな、立派だな、と思えるくらいの人格者であろうか。
たいていは、自他共に認めるダメ人間ではないか。
仏教とはダメ人間になるための思想ではないはずだ。
言いたい放題の愚痴をまき散らし、
学会員に対しての、創価学会に対しての、
社会に対しての、世の中に対しての、
恨み言や中傷ばかり言っているではないか。


もしもアンチが立派で幸せなら、
学会員はなにも言うまい。
わざわざ折伏することもないだろう。
少なくとも僕は、恨み言を言い暴言を吐くアンチを、
幸せだとは思えない。
内部ではこれを邪宗の害毒とも、罰とも呼ぶだろう。
「創価学会を離れると不幸になる」とも言う。
実際に不幸になっているではないか。


だから創価学会を離れたならば、
しっかりした幸せの実証を示して欲しい。
創価学会にまどわされないくらいの、
強い自分を構築することだ。
そうでなければ、
街に翻る三色旗を見るたびに心がかき乱され、
会館を見るたびにいちいち反応してしまう。


僕がずっと言っていることだけれども、
創価学会を離れたならば、創価学会に居たとき以上に、
強く自立した一人ひとりでなければならないと思う。
もし、創価学会を離れた人がそうであるならば、
学会員は彼に対して特に何も言わないであろうし、
仮に学会員が何を言ってきたとしても傷つくことはない。
そのときはじめて学会員よりも幸せになったという
実証を示すことが出来るのではないだろうか。


いってみればすべての人にそれが出来たときが、
僕は広宣流布だと思う。
一人ひとりが、他に惑わされず自分の足で力強く立てる時だ。
そのときはじめて、創価学会の組織は必要なくなるのだと思う。


創価学会を離れたアンチは、
学会員以上に自立した強い生き方をして欲しい。
それが出来ないのであれば、
創価学会を批判する資格は無いと思うんだ。
スポンサーサイト
【2006/07/23 13:15 】 | 未分類 | コメント(9) | トラックバック(0) | page top↑
<<師と出会う時はその師を殺せ | ホーム | はっぴばーすでー>>
コメント
--そうこなくっちゃ--
gizmoさんにこういう記事を書かれると自分のブログに創価ネタを書きたくなってくる(笑)。
gizmoさん様様ですわ。
けど、これって思うことは少しはあるけど、退会者へのエールみたいでうれしい記事でした。
 
で、思うことは、
ネットに書き込みをされるアンチさんの中にはかなり精神的に追い詰められている状況が多く、自己責任が好きな私なんかも最初は「いったんゆっくり休んだら」と言うことが多いです。ホッとして受け止めてくれる人がいないと前に進めないことだってあると思いますよ。
愚痴を言うことで自分を取り戻せることだってあると思います。もちろんバランスは必要だと思いますが。
by:犬のメメ | URL | #-【2006/07/23 15:29】 [ 編集] | page top↑
--その通りですね--
>「さあ、次の山へ」「今よりもっと高いところへ」
>創価学会の思想は向上心の肯定が主眼となっていると思う。

「進まざるは退転」ですしね。
「停滞は進んでる人から見れば後退」とも云われますし。
後退的表現で許されるのは「前三後一」くらいでしょうかw

>さらにラクな思想を与え、それを肯定したならば、
>グズグズのダメ人間になってしまう。

そうならないために切磋琢磨する人間道場ともいうべきなのが、学会組織なんですけどね。
仏道修行なんだから、ラク(楽ではなく)だったら修行にならないかと。

>それが出来ないのであれば、
>創価学会を批判する資格は無いと思うんだ。

批判はいいですけど、健全で前向きな批判にしてほしいですね。

>犬のメメさん

>ネットに書き込みをされるアンチさんの中にはかなり精神的に追い詰められている状況が多く、自己責任が好きな私なんかも最初は「いったんゆっくり休んだら」と言うことが多いです。ホッとして受け止めてくれる人がいないと前に進めないことだってあると思いますよ。

まぁ、僕も創大ローで人間関係に悩んでうつになりましたからね。
でも、僕は池田先生を身近に感じられる環境ですから、薬飲みながらでも勉強やめずにやれてますし、組織からも離れることなくやれてます。
まぁ、身近に何でも相談できる人がいればいいんでしょうけどね。
そのための組織ですし。
by:にっし~ | URL | #OF4bp5hE【2006/07/23 16:38】 [ 編集] | page top↑
----
>人間関係に悩んでうつになりましたからね
大変でしたね。
>そのための組織ですし。
悩みの原因が組織活動だった場合、組織内に相談はしにくくないですか?
>「進まざるは退転」
>「停滞は進んでる人から見れば後退」
とみんなに指導している幹部に
「僕、組織のことで悩んでるんですけど。」
と、打ち明けるのにはかなり勇気がいると思います。勇気を出して相談した結果、ちゃんと相談者の立場に立って答えてくれる幹部がいればまだ救いでしょうけど、そうでない事例は多いような気がします。
 
変な例えを思いついた。

「俺ってモテる。恋愛なんて簡単さ。女なんてほっといても寄ってくるじゃん。ちゃんと恋愛できない奴って人生の喜びがわかってないんじゃないの♪」って言ってる人に
「僕今彼女とうまくいってなくて・・・」って
相談しにくくないですか?
 
変な例えだけど的を得ている、と一人で思ってみる。
by:犬のメメ | URL | #-【2006/07/23 17:26】 [ 編集] | page top↑
--gizmo恋愛相談室--
「俺だってもともとモテなかったんだよね。
なになに自分は容姿が悪いって? 
だったら良くなるように努力すればいいじゃん。
もしそれでも容姿が駄目だと思ってるなら他を磨こうよ。
だいたい告白して断られたらおしまいだと思ってない?
それは違うぜ。一度や二度振られたからってめげるなよ。
何度だってアタックすればいいじゃん。
恥ずかしがるなよ、自信をもてよ。
根拠のない自信自体が男の魅力になりうるんだぜ。
恋愛って人生の喜びのひとつだから、振られて傷ついても、
それ自体を楽しむ気持ちで、恋愛自体を味わおうよ。」


ってな感じで相談に答えると思う…って書いてみたら、
あ、今気づいた。相談者は彼女持ちだったかー。
くそう、じゃあ。


「彼女のことは好きなの?
好きじゃないなら別ればいい。
好きなんだったら手を変え品を変え、
関係を改善させる努力を君がするっきゃないじゃん。
相手のアクションを待っていたらうまくいかないままだよ。
恋愛なんてきれいごとで乗り切れるもんじゃないんだ。
駆け引きだって必要だし、泥臭いもんだよ。
平然とモテモテに見えるヤツだって、
裏ではかっこわるいことしてるもんだって…。
恋愛の秘訣は自分のプライドを捨てることさ。
彼女のことが本当に好きなら、自分のプライドを捨てて、
本当の気持ちを真っ正面から伝えることだよ。
ちゃんとそれが出来たなら、きっと彼女とうまくいく。
それで駄目なら、君と彼女は縁がなかったってことだな。
そんときゃまた俺のとこに来いよ。一緒に酒でも飲もう。」


って感じで相談に答えると思う…って書いてみたら、
あ、相談しにくいってことが論点だったか。ぎゃふん。
普段からハッタリで「俺ってモテモテだからなー」なんて、
言ってるから、駄目だ俺(笑)。
by:gizmo | URL | #-【2006/07/24 00:05】 [ 編集] | page top↑
--指導--
サラリーマンの世界では「ほう・れん・そう」を、知らない方はいないだろうが、学会内では知らず知らずに行っている(^^;)

学会伝統「一つ飛ばしの指導」ってあるんだけど、活動していれば必ず連絡・報告という行動がつきまとう。
家庭訪問したらメンバーの悩みや近況、友人知人に会いに行けば状況等々すぐ上の幹部に連絡・報告をする
それに対して、人間関係の相談事は役職を一つ飛ばして行うことが多い。
これは別に、二つ三つ四つ飛ばしても良いんだけど、身近な人には案外相談できないことでも、気軽に相談できちゃう。

これって組織的には本当に大事なことなんだ。
自立心を持つこともできるしね。
by:にい | URL | #-【2006/07/24 09:20】 [ 編集] | page top↑
----
>普段からハッタリで「俺ってモテモテ・・・
あながちはったりじゃないんでしょ?この女殺しっ♪
gizmoさんお金持ちそうだからな~。これもモテるポイント?これは、貧乏でモテない男のひがみか。
 
基本的にブイブイ言わしてる人には相談しにくいもんですよ。
しつこいけど「愚痴は魔!」って言い切ってる人に相談は、僕ならしない。突き進んでる人には停滞してる人は邪魔にすら感じるだろうし。聞いてくれそうな、時間的にも精神的にもゆとりのある人を探すと思うな。

これが学会員が相談してもちゃんと答えを返してくれなくて行き詰っちゃう原因じゃないのかな?突き進んでる人多そうだし。
 
目標を持って進むことは僕自身好きだけど、バランスが崩れていて相談者に対してゆとりを持ててないという弊害が出ちゃいませんかね。
by:犬のメメ | URL | #-【2006/07/24 13:39】 [ 編集] | page top↑
--例によって、いろんな人が(ry--
まあ地域にもよるとは思うんですけど、
活動家組織って万年人材不足なんだと思いますよ。
ブイブイ言わしてる人が主導権を握って、
彼らが作りたい組織を作ってるので、
ブイブイ言わしてる人ばかりが集まってしまうのでしょう。


まあそれでも、
創価学会というトータルでみたときには、
いろんな人がいるのは事実だと思います。
たとえば、僕みたいな組織の遠くにいて、
仙人みたいになってる人もいるし(笑)。
でも僕だって立派な学会員です。


たとえば男子部で悩んでる人なら、
先鋭的な男子部ばかりの環境に浸かってないで、
座談会に出たり、他の部の人と会ったりして、
見聞を広めたりすればいいんだと思うんですよ。
自分と合わない先輩の言うとおりにすることが、
強制されてるわけじゃないんだから。


創価学会のどこかにたいてい気の合う人がいますよ。
もしかしたら副役職の壮年部のおじさんかもしれないしね。
なんだかんだ言って学会員って「人のいい人」ばかりです
(まあ心ないアンチには「騙されてる人」って言われますけどね)。
前線のライン幹部だけが偉いわけじゃなくて、
そういう影で支えてるマイナーな人も偉いと思うんです。
創価学会の底力って、中盤からディフェンダーらへんに、
実はあるんじゃないかな、なんて思います。
フォワードは精神論でイケイケだけど、
あんまり点取れてないかもしれないです(笑)。


創価学会ってブイブイ言わせてる人ばかり目立ってしまうし、
そいつがヘマやらかすと、全体がそうだと思われてしまうんだけれど、
創価学会の人のタイプの分布割合は、
日本社会の人のタイプの分布割合と、
同じようなもんだと思うな。
ブイブイ言わせてる人もいれば、ひっそりしてる人もいます。
なんだかんだいって愚痴っぽい人もいっぱいいますよ(笑)。


悩み事の相談に適した、時間的にも精神的にもゆとりがあって、
ニコニコとマイペースでやってる人も結構いるもんだと思うなぁ。
by:gizmo | URL | #-【2006/07/24 14:30】 [ 編集] | page top↑
----
そりゃそうだと思いますよ。
全員ブイブイの人だったらそれこそあっという間に社会問題で、解散の憂き目一直線でしょう。もともとの割合がどうかはわかりませんが、それは嫌のことを嫌と言い切れないひとも同じで、そのことを汲み取った上で学会が「指導」をしてくれるといいのにと思います。
 
by:犬のメメ | URL | #-【2006/07/24 14:46】 [ 編集] | page top↑
--依正不二--
会社でもよく言われることなんですが、仕事をお願いするとき、暇そうにしてる人に頼むより、忙しそうにしてる方を捕まえて、頼む方が仕事がきっちりと早く仕上がる言うじゃないですか。

目標に対して突き進んでる人だからこそ、相談しても的確に答えれるんじゃないかな。
でもこれって大変勇気がいることなんですよね、忙しそうだから大変そうだからと、自分自身が引いてしまいますからね、相談される側は、いつでも相談においでって言ってるんだけどね。

ちょっと次元が違いますが、我が社で浴教育に用いる話で『靴をセールス販売しているAさんとBさんが靴の存在すら知らない未開の僻地に転勤になったとします。
現地に着くなりBさんが言いました。「皆靴どころか裸じゃん!こんなところで靴なんか売れるわけないじゃんか」Aさんは目をきらきらさせながら[やった!まだ皆靴を履いてない。たくさん売る事が出きるぞー]
又、毎日気温が0度以下の極寒の地域にはじめて冷蔵庫を売った人も、頭を切り替え「この冷蔵庫があれば食品が凍ってしまう事がなくなりますよ」と、通常と逆の事で販売に成功しています」

環境はなにも変わっていないのですが、こちらが環境の見方を変えた途端に最悪の環境が最善の環境に変わったのです。
実はこれ、仏法の説く「依正不二」の法理につながってるんですが、長くなるんでこれぐらいで。

「依正不二」の法理を理解できたら悩む人は断然減るんだけどね(^o^)
by:にい | URL | #/pdu0RA.【2006/07/24 14:50】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。