スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
師と出会う時はその師を殺せ
日蓮正宗は日寛教学により、
釈迦本仏から日蓮本仏にシフトすることで、
原理主義的な方向に走ったとされてるけれど、
固定的な釈迦の説いた「教義」というテキストではなく、
日蓮の「振る舞い」という動きそのものに焦点をあてたことによって、
より応用範囲が広く、より寛容な解釈が
出来るようになったのではないか。


日蓮って、何度もツライ状況に追い込まれているけれど、
そのたびにくじけることなく難を乗り越えているのだよね。
その姿にこそ、「本仏」の姿があるわけだ。
日蓮のしたたかさの源泉には、南無妙法蓮華経があっただけ。
単純に南無妙法蓮華経という言葉を広げたところで、
したたかさ、強さ、自分を奮い立たせる力、難に立ち向かう姿勢、
それらがなければ念仏と一緒なわけだ。


五老僧は日蓮の言っていることを言葉通りに受けて、
南無妙法蓮華経だけ広げればいいと思った。
いわゆる、日蓮の「文上」しか解釈出来なかった。
日興は、師である日蓮の言っていることはもちろんのこと、
その言葉にあらわすことの出来ない真意を汲んだ。つまり「文底」だ。


僕は、池田大作氏を特別に師匠と仰いでいるわけではないけれど、
学会内に五老僧的解釈で、弟子を名乗っている者は多い気がする。
池田氏の言うことは、現場現場で変わってくるのは当たり前であり、
「先生がこう言ったから」という運用の仕方では駄目なんじゃないか。
「文上」的な解釈で都合良く自己正当化しているだけだ。
ましてや、言説の矛盾を指摘しているなんて
レベルが低いとしか言えないだろう。
学ぶべきはその「振る舞い」ではないのか。


かつて日蓮正宗と創価学会は師弟関係にあったのではないか。
そして創価学会は日蓮正宗を離れても、実証を示したとされる。


現在は、一人ひとりが実証を示す番と言えるんじゃないか。
一人ひとりが自らの力で、日蓮のように生きること、
これが日興門流日蓮正宗の本意ではないか。
日蓮大聖人から試されていること、
日興上人から試されていること、
創価学会から試されていること、
池田名誉会長から試されていること、
それは僕ら一人ひとりが、たった一人であっても、
力強く生きることではないか。


創価学会の家に生まれた学会っ子は、
もし創価学会の組織が堕落している腐ってると思うならば、
どんどん組織を離れたらいい。
そして一人雄々しく立ち、外の世界で実証を示すべきだ。
「創価学会から離れても、私は実証を示した」
と言えるようでなければ、組織を離れた意味がない。


僕は、脱会した人も応援したいと思っている。
そんな人は一人立つために組織が邪魔になったのではなかったか。
だったら、愚痴を言わず困難に立ち向かう姿勢を示すべきだ。


もし、ただ弱い気持ちで組織から逃げただけならば、
弱虫だ意気地無しだというようなことを言われて当然と思う。
弱い気持ちでないのなら、そんな言葉は屁でもないし、
コツコツと自分の信念に従うことが出来るはずだ。
弱く後ろめたい気持ちがあるから、そんな言葉を気にすることになる。


アンチは学会員を指して、依存体質で弱い人間だと言う。
創価学会内部の学会員が弱いというのならば、
「組織なんて要らない」
そんな組織に対してのアンチテーゼを、
自分の「振る舞い」で、力強く示して欲しいと思う。


そんな強い自分でいられるとき、
南無妙法蓮華経の当体として、輝くことが出来る。
その「振る舞い」は、釈迦仏法とも日蓮仏法とも、
創価学会ともアンチとも矛盾しない「仏」という存在だと思うのだ。
スポンサーサイト
【2006/07/23 14:56 】 | 未分類 | コメント(5) | トラックバック(0) | page top↑
<<「富田メモ」からのつれづれ | ホーム | 学会を離れた人こそ頑張れ>>
コメント
----
学会員一人一人が文底を読みとったなら、
学会は必要なくなって消滅するんかな?
by:三九郎 | URL | #-【2006/07/24 15:02】 [ 編集] | page top↑
--そうですねえ--
世に生きる一人ひとり全員が、強くたくましく、
逆境にくじけない生き方が出来れば、
学会の組織は要らなくなるかもしれないですね。
by:gizmo | URL | #-【2006/07/24 17:57】 [ 編集] | page top↑
--まぁ確かに--
理屈では、全人類が幸福であれば組織の必要性がないということになりますけど…

まぁ、少なくとも僕が生きてる間では難しいでしょうねw
by:にっし~ | URL | #OF4bp5hE【2006/07/24 20:30】 [ 編集] | page top↑
----
「受くるはやすく持つはかたし」の信心ですからね。
火に薪を加えると簡単に燃え上がるけど、大風が吹けば簡単に消えてしまう人と、ますます勢いを増して燃え上がる人との違いだな
by:にい | URL | #/pdu0RA.【2006/07/24 21:10】 [ 編集] | page top↑
----
>池田氏の言うことは、現場現場で変わってくるのは当たり前であり、
「先生がこう言ったから」という運用の仕方では駄目なんじゃないか。
「文上」的な解釈で都合良く自己正当化しているだけだ。
ましてや、言説の矛盾を指摘しているなんて
レベルが低いとしか言えないだろう。

バリ活を敵にまわした発言!ご注意あれ。
あんたはとても傲慢な人。
ムカツク。
by: | URL | #-【2006/07/30 15:15】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。