スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
価値を創造すること
最近、創価学会から思うのは、
いつまでも「池田先生池田先生」と指導者に頼るな。
いつまでも「創価学会は安全地帯」と組織に頼るな。
「池田先生」「創価学会」に頼らなくても生きていけるなら、
自分なりの仏法を掴んで、創価学会の組織に拘らず、
どんどん外に飛び出して、自分なりの実証を示せ、
自分なりの幸せをつかめ、って言ってる気がする。


中で学会精神を発揮するのではなく、
外でこそ学会精神を発揮せよ。
それが学会っ子の使命だ。
君が幸せになり、君の周囲も幸せにすることが、
なによりも一番の広布だ。
そんなメッセージを感じるな、僕はね。


まあ、異論はあるでしょうが、
僕は、本気でそんな風に思っているのです。


組織の内部で戦うよりも、実際の社会で戦うほうが大変だもの。
そして、内部での訓練は、外で戦うためのものだもの。
内部で戦っているからといって、それだけが偉いわけじゃない。
気づいた人から、内部寄りから外部寄りになっていく。
組織にぶらさがってるってことは、頼ってるってことですよ。


もちろん敢えて組織に留まる志願兵も必要だと思うよ。
志願することが幸せなら、志願すればいいことだ。
幸せを感じて命を賭けて活動すればいい。
活動家は奉仕の心で、守るべき一人ひとりの会員に対して
「奴婢と為つて持者に奉えよ」でいればいいと思う。


でもその人その人によって、価値は違うだろう。
自分なりに価値的な判断をして、自分なりの価値を作り出すこと。
誰になんと言われようとも、それが価値創造であると僕は思う。
価値創造の前には、日蓮仏法ですら方便であり、
言ってしまえば、日蓮仏法なんてどうだっていいと思うよ。
それが「創価学会」という名前の意味だと、僕は思うんだ。
スポンサーサイト
【2006/08/09 09:56 】 | 未分類 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
<<学会がこれ以上分裂して欲しくはないなあ | ホーム | 当然のようにアンチは減らないのよ>>
コメント
--まったく--
そのとおりでござりまする。
by:三九郎 | URL | #-【2006/08/09 11:54】 [ 編集] | page top↑
--一人立つ精神--
いつも楽しみに拝見しています。
これまたシンパから、超我見とか言われそうな内容ですが。
でも、いつも同じ事おっしゃってますよね。

gizmoさんのいう学会精神とは、「一人立つ」ってことですよね。
己心の魔に負けない。環境や他人のせいにしない。
全て自分次第で切り開いていけると信じる。
苦境に立たされてもくじけず、智慧を引き出して困難を乗り越える。
あきらめない。自分を卑下しない。
こんな感じかな。

現代的な「頑張らない」という姿勢もあると思いますが、私はどっちもほどほどに必要だと思っています。
休みたくなったら休めばいいし、泣きたかったら思い切り泣く。
愚痴を言ってばかりの時もあるだろうし、自己批判をし続けてしまうときもある。
でも、どこかで自分で区切りをつけて、「よし!」という気合で立ち上がらないと、いつまでたっても現状が続くだけ。その区切りは、早ければ早い方がきっといいはず。
まさに自分に向けて言ってます(笑)


法華経も日蓮も全ては価値創造の前には方便かー。
………。
ますます池田教と言われそうです。
gizmoさん的にはそれでいいのかな。
by:soda-bread | URL | #HWyLHG7Y【2006/08/09 12:31】 [ 編集] | page top↑
--ありがとうです^^--
>soda-breadさん


>いつも楽しみに拝見しています。


ありがとうございます^^
励みになります。うれしいな。


>己心の魔に負けない。環境や他人のせいにしない。
>全て自分次第で切り開いていけると信じる。
>苦境に立たされてもくじけず、智慧を引き出して困難を乗り越える。
>あきらめない。自分を卑下しない。


これが「人間革命」の意味だと僕は思います。


>現代的な「頑張らない」という姿勢もあると思いますが、
>私はどっちもほどほどに必要だと思っています。
>休みたくなったら休めばいいし、泣きたかったら思い切り泣く。
>愚痴を言ってばかりの時もあるだろうし、自己批判をし続けてしまうときもある。


火の信心ではなく水の信心って、こういうことじゃないですかね。
僕ら一人ひとり、みんな、十界互具の当体なんだし。


>でも、どこかで自分で区切りをつけて、「よし!」という気合で
>立ち上がらないと、いつまでたっても現状が続くだけ。


その通りですよね。
休むのもいいし、泣くのもいいけれど、
じゃあどこで立ち上がるのさ、と僕は言いたいわけです。
それは「思い切り」ですよね。「ただ一えんにおもい切れ」ですよ。


>ますます池田教と言われそうです。


外野になんと言われようとも、
一人ひとりが幸せになれればそれでいいと僕は思うんですよ。
世界中の誰もが、自分なりの幸せをつかむことが出来れば、
宗教だろうと哲学だろうと必要ないじゃないですか。
だから、日蓮仏法だろうとなんだろうと、
僕ら一人ひとりが幸せになるための道具だと、僕は思っています。
宗教というものは「なんのため」にあるかということです。
by:gizmo | URL | #-【2006/08/10 10:39】 [ 編集] | page top↑
--そもそも--
「よりよく生きるためには?」ということで、牧口さんが法華経を取り入れたのが始まりなんでしょ?個人が社会で戦うための学会なんでしょ?それぞれの価値を作り出して、社会で実証するんでしょ?組織は社会に飛び立つための後押しをするもんなんでしょ?組織に甘えてたらあかんよね、飛び出さな。
by:三九郎 | URL | #-【2006/08/10 12:41】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。