スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
敵は内部なんだよなあ
最近「敵は内部だよ」という言葉の意味がだんだんわかってきた。
外部のアンチの人が、裏付けの出来ない情報を根拠に、
創価学会を貶めるようなことを言うのは当然だからもう慣れたし、
そんな情報を読む力のない人は可哀想と思うだけのことなんだけれど、
内部のアンチの人が、学会に所属しながら
学会内部のプライベートな情報を垂れ流すほうが
よっぽどたちが悪いし、対処が難しいものなんですね。


人と人とがふれあってぶつかりあう場所が組織だから、
そこで嫌な経験をするのは当たり前のことだろうけど、
それを当たり前ととらずに、「問題」と捉える人がいる。
学会組織の内々、人と人との間で解決するべき「問題」を、
あたかも日本の社会問題のようにすり替えて、
外部に宣伝して外部に味方をつくろうとする。


信仰的な見方をすれば、
「三障四魔紛然として競い起る」
としか言いようがないわけだが、
信仰的な方便を使わずに表現するなら、
やっぱり人間の弱さがそうさせるのだろうな。


うん。
「魔」というのは、「人間の弱さ」のことだな。
「あなたは魔に犯されている」というのは、
「あなたは弱さに犯されている」ということだ。


僕は、人間は弱いままで良いなんて思わないから、
強い人間という理想を目指して努力するべきだと思う。
そう思う僕の言説が、弱い人にとっては冷たく映る。
弱い人に対しての同苦がないように映る。
もちろん僕も弱さを持ち合わせているから、
少なくとも言葉だけでも、強いことを言っていたいと
思うだけなんだけどな。
そうやって、自分自身を叱咤激励している。
言葉に出して、僕も僕に縁する人も、
みんなで上を目指そうとしてる。


「上も下もない」「弱くてもいい」
そんな価値観を示そうとする人も多いし、
そう唱える人にとっては、僕の言葉は邪魔なのだろう。
でも僕はあくまでも、人間は上を目指すべきだし、
弱くては駄目だと思う。
すべての犯罪は人間の弱さがひきおこすものだからだ。


「敵は内部」という言葉の意味は、
「学会組織の内部」ということももちろんのこと、
「自分自身の内部」ということもある。
学会員の誰もが一人の人間として、
その内面にいわゆる「内部アンチ」が潜んでいて、
その命が強くなれば、誰かの賛同が欲しいがために
志を同じくする仲間の迷惑も考えず、
外部に都合のいい攻撃ネタを提供してまわる。
その深層にある心理は「自分は悪くない」と自己弁護するためだけの、
自分勝手な弱さと断じてよいと思う。
外部のアンチから賞賛されることに酔っていると言ってもいい。


組織内部のいわゆる「問題」に火をつけてまわって、
「私は内部のこんな問題点を知っている」
というように世間に宣伝するのは、
自己の虚栄心を満たす行為にほかならない。


それによって、組織は法的な理論武装をしなければならなくなる。
そして結果的に、一人ひとりの学会員の
血の通った暖かさを奪うこととなる。
内部アンチは、その引き金を引いていることに気づいていない。
気づいているんだとすれば、無慈悲な畜生だ。


内部アンチには、ときに「革新派」「改革派」というような
自己正当化の冠がつく場合もあるから、
これが気づかないことの要因の一つだな。


僕は、多分右寄りの保守的な傾向性があるから、
創価学会組織を壊したいなんて思わない。
ルールで縛られ人間の血の通わない組織にはしたくないし、
もちろん組織の自浄作用も含めてのことだが、
今の学会組織のありかたが正解だと思う。


創価学会は妙法に守られているとか言うけど、
妙法というのは、矛盾を抱えた一人ひとりの人間の、
血の通ったぶつかりあいであり、現場で一人ひとりが
当事者となって問題解決に挑むことだろう。
それが民衆の力というものだし、
民衆の力を妙法と呼ぶのだと思う。


この妙法の力、民衆の力を信じられない人が、
外部の圧力に頼ろうとする。
それは、自国の内戦を解決出来ないからといって、
外国の軍隊を導き入れることに似ているように思う。
それが自分たちの福祉につながることは絶対にない。
なぜなら、外国は外国の思惑を優先させるからだ。
内部アンチは、自分の力が及ばないことを棚上げして、
外部の力を借りて解決しようとするわけだが、
外部は外部の思惑を優先させるものだ。
それが結果として民衆の力を分断し壊すことにつながる。
つまり信仰的タームを使えば「破和合僧」なわけだ。
スポンサーサイト
【2006/08/20 11:02 】 | 未分類 | コメント(14) | トラックバック(0) | page top↑
<<気持ちいいなら | ホーム | エヴァンゲリオンと学会員とアンチ>>
コメント
----
>内部アンチには、ときに「革新派」「改革派」というような
自己正当化の冠がつく場合もあるから、

「良識派」というのもあります^^。
それも自分で書くんだもんなあ~。

私は左寄りの革新・反体制的な傾向制で生きて
いますが、
gizmoさんの意見にはいつも心が動かされます。

「弱くてもいいよ教」も邪教です^^;。
by:photochika | URL | #-【2006/08/20 11:43】 [ 編集] | page top↑
----
なんだか特定の人を想定して書いているようで、気になるなぁ。ケンカはダメっすよ(汗)。
自浄作用という言葉が使われていましたが、私が期待するのはその部分ですね。
 
あと、「強くあれ」はすごく大切なことだと思いますが、本当に強くなれば弱い人のことを「弱い」と攻めるより、「弱いものを守る」方に気持ちがうごかへんのかな~なんて思ったりしますが。
 
ネット上はどちらかといえば「弱者」である人が自分の居場所を求めやってくる結果、弱者の方が強者になっているというネット独特の雰囲気もあるので、gizmoさんはこの記事のようにいわれるのかもわかりませんが。
by:犬のメメ | URL | #-【2006/08/20 13:21】 [ 編集] | page top↑
--?あれあれ?--
学会系のブログを見て回っている者です。

>内部のアンチの人が、学会に所属しながら 学会内部のプライベートな情報を垂れ流すほうがよっぽどたちが悪いし、対処が難しいものなんですね

gizmoさん、あなたご自身のことですやん。
お気づきでない?ここと、他のところへご自身で書いた内容すべて読み返してみては?
学会員でblogやってる人はすべて、学会内の情報を垂れ流してまっせ。だまっておけばいいのに、わざわざblogで書かなくてもええやないって思います。gizmoさんはシンパ装って、学会の悪い情報もしっかり流してまっせ。

by:努 | URL | #-【2006/08/20 13:32】 [ 編集] | page top↑
----
>gizmoさん

>内部のアンチの人が、学会に所属しながら
>学会内部のプライベートな情報を垂れ流すほうが
>よっぽどたちが悪いし、対処が難しいものなんですね。

それも、その情報自体が真偽不明だったりしますしね。
内部ですら検証ができなかったりすると、外部の人にはなおさら判断できないですよね。

>外部のアンチから賞賛されることに酔っていると言ってもいい。

僕もそう思います。
媚びてるとしか思えないですし。
ある意味、外部のアンチを馬鹿にしてる行為ですよ。

>犬のメメさん

>あと、「強くあれ」はすごく大切なことだと思いますが、本当に強くなれば弱い人のことを「弱い」と攻めるより、「弱いものを守る」方に気持ちがうごかへんのかな~なんて思ったりしますが。

守るというか強くするためには、弱さを直視してもらうことも必要でしょう。
守ることと甘やかすことは違うでしょうし。

>ネット上はどちらかといえば「弱者」である人が自分の居場所を求めやってくる結果、弱者の方が強者になっているというネット独特の雰囲気もあるので、gizmoさんはこの記事のようにいわれるのかもわかりませんが。

だからといって、おかしいことはおかしいと云ってあげないといけないでしょうね。
僕は、自分が多少云われることくらいは構いませんから、自分が正しいと云えることは云わせてもらってますけど。
by:にっし~ | URL | #OF4bp5hE【2006/08/20 13:38】 [ 編集] | page top↑
--いや本当に。。。--
敵は内部にいるのであった。。。
外部なんて恐いことあるか!

同じ学会員なのに、
役職のあるなしで、人を判断する
内部アンチがいますぞよ。
なんだそりゃ?

役職なくて、選挙もしなくて、新聞啓蒙もしていないと
偽シンパ扱いされますよ。
気をつけあれ。。。

自分達は選挙も新聞啓蒙も財務も拒否してるじゃん。
私は財務はしているのだよ(しかも喜んでじゃ!)。

何か歪んできたね。。。
誰がナリスマシのシンパやって何の得があるんかいな。あほらし。

信心の話しをしようっと。。。
役職なくて選挙も新聞啓蒙もしない(実は数回しているが、数合わせの為にやらないだけ)、私ですが、
年間200万遍の唱題というのがこの3年続けている目標です。
一日2時間あげるとこれが達成できる計算です。

昨日、とても大きな目標が叶いました。
しばしぼう然としてしまうくらいで。。。
なので、今晩も私は幸福の絶頂にいます。
でもここで立ち止まったりしない、
又次へ、目標を定めて題目をあげて進んでいきます。
私は写真を撮って売って生活をしています。
私の南無妙法蓮華経がぎっしりと詰まった写真が
世の中に流通しておりますぞ。
誰かがそれを拒否しようが、
勝手に世に流れていくんです。
それが私の広宣流布なんですよ。

池田先生が、「広宣流布とは芸術運動である」という指導をされた事があります。
私はその流れを悠々と歩んでいきます。
芸術の流布が私の広宣流布です。
私の写真は南無妙法蓮華経、そのものなんです。

あなたの信心って何?
あなたの南無妙法蓮華経って何?
あなたにとって広宣流布って何?

分からない学会員は
一生、内部アンチやってなさい。

by:photochika | URL | #-【2006/08/23 00:51】 [ 編集] | page top↑
--この信心に無駄はない--
役職があるから役職を持たない者とは違う、とか、
いわゆる学会活動をしているからしていない者とは違う、
とかいう、差別意識、選民意識を持ってしまう学会員がいるのは、
こりゃしょうがないことではありますよね。
「学会活動をしていないあなたにはわからないでしょうけど」とか
と言ってしまう心理的背景には、
学会活動をして苦労をしている自分は偉く、
学会活動をしていない者は偉くないという意識が働いてる。


もしそういう意識を持ち始めているなら、
もう既に組織についていわゆる学会活動をしても無駄だから
とっととやめて、その分の時間を現実社会で戦うことに使った方が、
その人のためになる気がします。
組織について学会活動をする人は、
やりたくてやってる人ばかりになるべきでしょう。
やりたくないならやめちまえって本気で思うよ。


内部には、差別意識、選民意識につながるような、
「俺たちは他とは違う」という誇りを持たせる指導もありますよ、きっと。
だけどそれは、本当に自信や誇りを失った者にこそ効果がある。
生きる気力は誇りや自信から生まれることもある。
どん底に落ちた、地獄の境涯の人に対して、
「お前はスゴイんだぜ」「人とは違うんだぜ」
そういう方便でもって、希望を与えているんじゃないか。
そして、希望を持つこと自体が生きる力に繋がる。
理論とかどうでもいい、それが人間主義じゃないのか。


きっと、僕が内部アンチに対して、どんな言葉を投げても届かない。
彼らは「気づく」まではずっと、
内部アンチをやってるしかないんだとも思います。
内部アンチをやってて歓喜があるなら、ずっとやっててもいい。
これは皮肉ではなく、本当にそう思う。
情熱をかけた行動には無駄がないからね。
その人の人間革命にとって、必要なプロセスなんでしょう。


今、彼らに僕の言葉は届かないけれど、少なくとも僕は、
組織のためにも自分のためにもならないようなことは、
むなしくなって飽き飽きしたわけです。
そんなことに力を注ぐよりは、
自分自身の人間革命を進める方が建設的だと思うようになったし、
そっちのほうが嬉しいと思うようになった。


そうやって、一人ひとりの個人全員が
自分自身の人間革命に向かって前進し続けたとき、
この穢土である国土世間が寂光土に変わる。
それが娑婆即寂光であり広宣流布のモデルでしょう。
すべてはそのためのプロセスに過ぎないんですよね。


>私の南無妙法蓮華経がぎっしりと詰まった写真が
>世の中に流通しておりますぞ。
>誰かがそれを拒否しようが、
>勝手に世に流れていくんです。


「それおいしいって言った?
へへ。その中にはお前さんの嫌いな
南無妙法蓮華経が入ってるんだぜ」
なんてシーンを妄想してしまいました(笑)。
by:gizmo | URL | #-【2006/08/23 09:29】 [ 編集] | page top↑
----
>photochikaさん

>私の南無妙法蓮華経がぎっしりと詰まった写真が
>世の中に流通しておりますぞ。
>誰かがそれを拒否しようが、
>勝手に世に流れていくんです。
>それが私の広宣流布なんですよ。

素晴らしいですね。
僕は、「民衆のための法律家に」と期待されているので、期待に応えたいですね。

>gizmoさん

>やりたくてやってる人ばかりになるべきでしょう。
>やりたくないならやめちまえって本気で思うよ。

そうですよ。
そりゃ、役職の話を持ちかけられるときは、あたかもお願いされてるような格好ではありますけど、お願いされてやるものではないです。
よく云われますよ。「誰もお前に活動しろとお願いしてない!」って。

>そういう方便でもって、希望を与えているんじゃないか。
>そして、希望を持つこと自体が生きる力に繋がる。

むしろ、秘めた可能性の尊重なんでしょうね。
だから、言い方良くないですけど、上に行けば行くほど、指導が厳しくなりますよ。
地区幹部クラスでは、まだ可愛らしいほうですね。
僕は、正式には部幹部になってなかったですけど、部幹部の代理で部長会に出たことあるからよく分かります。
あと、隣で本部長会とかやってたのが聞こえてくると、どこの世界だと思うほどの怒声が響き渡ってますよw
僕も、表面的な見方をすれば、かなり酷いことをいろいろ云われてきましたしねw
だから、「信心で受け止めろ」と云われるのねと、実感しましたしw

>そうやって、一人ひとりの個人全員が
自分自身の人間革命に向かって前進し続けたとき、
>この穢土である国土世間が寂光土に変わる。
>それが娑婆即寂光であり広宣流布のモデルでしょう。
>すべてはそのためのプロセスに過ぎないんですよね。

まさにその通りですね。
内部アンチは、化城を求めてるんでしょう。
理想の組織は、自分で作り上げるしかないのに。
by:にっし~ | URL | #OF4bp5hE【2006/08/23 09:46】 [ 編集] | page top↑
--言葉は難しい--
言葉は難しい

こんにちは。
エントリーに関係のないコメントになってしまいますが。


いろいろ思うことはあります。
でも、文字にすることで、果たして自分の思いそのままが相手に伝わるかどうか分からない。
できるだけ好意的に読んで欲しいと思っても、肩書きや、その人の立場が先入観となってしまって、その人が本当に伝えたい事が相手に届かないこともある。
語彙や、改行位置や、文章の流れをどんなに駆使しても、本意が伝わらないのであれば、やっぱり書くのはやめておこう。ってなってしまう。

特にこの界隈は、学会に傷つけられた、学会員に心ないことを言われたという人がいっぱいいるわけですから、自分の書いた一言が、さらにその人を傷つけたらどうしよう。なにげなく放った言葉が人の傷に塩をぬる行為になったら…。などと考えてしまって余計に発言が難しいと思ってしまうんです。


という予防線を張っておいて……(笑)



そんな中で、gizmoさんやphotochikaさん、にっし~さんが発言されている言葉は、当然諸刃の刃でしょう。
きっとそれを承知の上で、厳しいことを書かれているんだと私は受け取っています。
でも、私にはこの方たちの言葉はものすごい勇気になるんです。間違いなく。
私は自分の弱さに負けてしまった故の状況を今味わっています。
詳しくは書きませんが、そんな自分だからこそ、弱いままじゃダメだ、努力して強い心を持とうって思えるんです。


なんだか、「強くあれ」と叫ぶ人間は、辛い思いをしたことのない冷たい人間のようなイメージがひとり歩きしているように思いますが、決してそんなことはないと思っています。
強くあれと叫ぶ人=強い人ではないはず。
強くあれと叫ぶ人=自分の弱さに負けないでいようと決意し続けている人なんじゃないかな。


弱いものを足蹴にし、見てみぬ振りをして、強くあれ!と声高に叫んでいるんじゃなく、
一緒に強くなろうよ、と肩を支えあっている光景が、私の目には浮かぶんですが。


弱いものの味方になり、弱いものを守るというのは、単に盾になることではないと思うんです。
苦しんでいる人、弱っている人の盾になって守りつつ、一緒に強くなっていこうとする姿が本当の意味での「弱いものを守る」ということなんじゃないかな。
抜苦与楽や、同苦するというのはそういうことだと私は捉えています。


なんだか抽象的で観念論にすぎないかもしれませんが、「強くあれ」という言葉を使うとき、自分への戒めとしても、心に留めておきたいなと思っています。
(ここに何かを書くときは、いつも誰かに伝える目的よりも、自分の決意の意味が強くてすいません。伝えるのが難しいと思うからつい独り言っぽくなってしまいます。)


話はかわりますが、
photochikaさん、呆然とするぐらいの大きな目標の達成、おめでとうございます。
すごいなすごいな、何があったんだろう、と想像は尽きないのですが、なによりも、さらなる目標にむかって突き進む姿、素直にカッコいい!と思っています。
私もphotochikaさんのような人間になりたい。
いろんなところでお見かけするphotochika語録、全て湿気がなくカラっとしていて、大好きです。
photochikaさんの撮った写真、私もどこかで目にしてるのかなー。そうだったらいいな。
これからも心のこもった写真を撮り続けてください。応援しています。
by:soda-bread | URL | #WEiR324s【2006/08/23 19:51】 [ 編集] | page top↑
--みんな、ありがとう。--
にっし~さん。

にっし~さんは、「民衆のための法律家」。
私は、「妙法の芸術家」。
ともに頑張りましょうね。
私、にっし~さんにネットで出会えて本当に良かった。

soda-breadさん。
素敵なメッセージをありがとう。
ちょっと(嘘、かなり)、泣いてしまいました。
本当にありがとう。

soda-breadさんの書いてくださったメッセージを
プリントアウトして
ずっと、大切にとっておきます^^。

私の夫は非学会員なのですが、
soda-breadさんのメッセージを見せたなら、
絶対に喜んでくれるはずです(今晩はもう熟睡しています^^;)。

今日もまた幸せな一日でした。
よっし、明日もまた!

あ、大変、こちらのご主人を最後にしてしまったあ。
gizmoさん、

>「それおいしいって言った?
>へへ。その中にはお前さんの嫌いな
>南無妙法蓮華経が入ってるんだぜ」

そうそう、その通り。さすがです。
イイって言ったよな~!!?  撤回するなよな~!!
って感じです^^。
すごい、すごい。こんなに分かっていただけて
わたしゃ嬉しいっす。





by:photochika | URL | #-【2006/08/24 00:05】 [ 編集] | page top↑
----
photochikaさんおひさしぶりです。

>私は写真を撮って売って生活をしています。
>私の南無妙法蓮華経がぎっしりと詰まった写真が
世の中に流通しておりますぞ。
>誰かがそれを拒否しようが、
勝手に世に流れていくんです。
それが私の広宣流布なんですよ。

信仰を基礎として自分なりの信仰の形と言うものを見出しているんですね、「なるほどなぁ」と思って、コメントせずにはいられなくなりました^^;

僕もどこかでphotochikaさん見ているのかも知れないけれど、ほんと見てみたいです!
by:まー | URL | #-【2006/08/24 01:52】 [ 編集] | page top↑
----
gizmo,photochika.にっし~ って本当に創価学会員か?あんたらこそ内部アンチ。
罰に注意だ。気味悪い。地獄へ落ちろ。
by:すりはんどく | URL | #-【2006/08/25 11:56】 [ 編集] | page top↑
--こりゃまた。。。--
不幸そうなお人がやって来たっ!
by:photochika | URL | #-【2006/08/25 15:00】 [ 編集] | page top↑
--あれ?--
なんかすっきりしないなぁ。『すりはんどく』さんってHNの創価系ブログやってる人いるけど、あの人こんな書き込みするかな?
もし本人なら何もいうことはないけど・・・。
by:犬のメメ | URL | #-【2006/08/25 22:09】 [ 編集] | page top↑
--確かに--
>犬のメメさん

>なんかすっきりしないなぁ。『すりはんどく』さんってHNの創価系ブログやってる人いるけど、あの人こんな書き込みするかな?

すりはんどくさんのブログのエントリをいくつか読ませてもらいましたけど、僕らを非難するなら、もう少し違う表現になるでしょうね。

>もし本人なら何もいうことはないけど・・・。

もし本人であれば、とてつもない心境の変化がおありになったんじゃないでしょうかね。

まぁ、このところ、ちらほらなりすましっぽいコメントが、僕の回ってるブログでちょこちょこ見受けられるんですけどね。
by:にっし~ | URL | #OF4bp5hE【2006/08/25 23:02】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。