スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
自分の場所で戦ってることに誇りを持て
どんな場所にいても、どんな境遇にあっても、
信心してる人は偉いと思う。
信心するってことは、戦うってことだ。
組織について活動していようがいまいが、
自分の場所で日々戦っているなら、それは信心してると言える。
戦いの相手は他の誰かかもしれないし、自分自身かもしれない。
なにかと戦っているなら、自分を卑下する必要なんて全くない。


心ない学会員の言葉なんて聞き流していい。
組織について活動していない学会員だって、
堂々と胸を張って自分の意見を持ってていい。
萎縮する必要なんてない。
言いたいことを言っていい。


「あの人はちゃんと組織について活動してないから…」
そんな風に同志を見下す学会員は、いってみれば「内部アンチ」だ。


活動していても学会員、活動してなくても学会員。
新聞啓蒙してなくても、公明党を推してなくても、
折伏してなくても、財務してなくても、学会員は学会員だ。
だいたい絵に描いたような完璧な学会員なんて居ない。
そんなの池田名誉会長くらいなもんだ。


学会員は誰もが悩み苦しみながら、戦っている。
組織の内外で一所懸命に戦っている。
だから、そんな地道な戦いをしている人を、
小馬鹿にするような人を許せない。
この怒りを捨てろという人があれば、
彼は菩薩になりすました畜生だと思う。
スポンサーサイト
【2006/08/26 17:34 】 | 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
<<誰のための創価学会? | ホーム | 惑星だと思ってたっていいじゃん>>
コメント
--そうですね--
4段落には、少し異論がありますけど、そこは僕とgizmoさんの個性の問題でしょう。
僕の見解だと、油断すると3段落目になってしまいますね。

他の段落は、まったく同意です。
表面的な読み方しかできない人は、4段落に異論があるなら、1段落も相違するんじゃないかと思うんでしょうけど。
by:にっし~ | URL | #OF4bp5hE【2006/08/27 13:45】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。