スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
四苦八苦と文章表現
文章というものは、
「私はこのように不幸である」ということを
表現するのに適したメディアかもしれない。
ふと、そんな気がした。
そもそも、メディアであることすら
気づかない人も多いかもしれないが。
人間は言語を使ってものを考えるのだけれども、
物事を正確に詳細に把握しようとすれば、
そのアラを過大に意識することにつながる。


「生きることは苦しみだ」と発見(?)することは、
人間にとって嬉しい発見ではないと思う。
なるほど、言葉を使って掘り下げれば、
なんのための人生かと思い悩むことにもなろう。
なにに焦点を当てるのかによって、
生きる姿勢というのは変わってくる。
今まで経験した辛いことに焦点を当てて、
そこから考えを展開して将来を予想すれば、
将来も辛いことが待ちかまえているという予想につながり、
お先真っ暗となりかねない。


生きることが苦しみなら、今すぐ死んでしまうことが
ラクになることであり、インテリがいくら「違う」と言っても、
論理的に矛盾しないではないか。
「生きるのが苦しい、死ねばラクになる、だから死ぬ」
なんの矛盾もない三段論法だ。


「そうじゃないでしょ」って僕は思う。
辛いこと、苦しいことに焦点を当てるから、
おかしな結果になるのだと思う。
言語を使って事象を結びつける中で、
「辛かった探し」をしちゃうんだな。
僕は「良かった探し」をしたい。
つまり「ありがとう」って言って生きたいわけ。
生まれてくることが苦しみであり辛いことなら、
その苦しみ辛さを呪うのが自然であるし、
その原因である両親をも恨むこととなろう。
僕は両親に対して、
「僕を生んでくれてありがとう」
という気持ちでいたいね。
僕を生んでくれたから、この世に生まれてきたから、
面白いことに出会える、たくさんの人と出会える、
喜怒哀楽を感じることが出来る、こんなに嬉しいことはない。
「生んでくれと頼んだわけじゃない」なんて言う人にはなりなくないね。


「生きることは苦しみだ」と釈迦とかいう野郎が言ったらしい。
そして、そいつはなんだか知らないけど宗教界の権威みたいだ。
釈迦が言ったから正しい、真実だと思いこみ、
したり顔でそんなお題目を振り回す人もいる。
俺からすると、そんなことがわかってなにか嬉しいの? って思う。
わかったわかった、じゃあどうすんの。
苦しい苦しいつまんないつまんない、
生きてるのだりー、って思いながら生きるのか。
それとも、神やら仏やら輪廻やらの概念を持ちだして、
カルマがどうの、罪障消滅がどうのと、
無理矢理こじつけて義務感で生きるのか。


理屈を理解できないこともないけどさ。
なんだかね、美しくない。
数式として複雑で美しくない。
なんだかんだ言って、あんただって生きたいって思ってるんでしょ。
だったら「生きたい」って素直に言えばいい。
なにが生きたいって思わせるかと言えば、
楽しいことを知っているからでしょう。
それならシンプルに、
「生きることは楽しいことである」
としたほうがシンプルで美しい。
釈迦に義理立てする必要なんてこれっぽっちもないんだから。
遠い過去の釈迦よりも誰よりも、
今そこに生きているあんたの方が大切ですよ。


まあ、そうは言っても、
苦しいことに出会わないことはない。
生きていれば苦しいことにも出会う。
愛する者との別れも経験することにもなる。
それを文章で表現し、ことさらに言語を使って
論理的に考えることで、苦しさは増すのではないか。
人の生き死にというのは
言語では割り切れない類のものではないか。
いいんだよきっと、それで。
そういう苦しいことに対しては目を背け、
思考停止状態になってもかまわない。
苦しさの犯人捜しをしても幸せにはなれない。
そんなところに焦点を合わせて考えるよりも、
もっと他に考えなきゃならんことがたくさんあるはずだ。


たとえば僕が死んだ時、周囲の人が悲しんでくれても困る。
そりゃちょびっとは悲しんでもらいたいけど(苦笑)、
悲しみにくれていてほしくないし、早く忘れて欲しいもの。
それよりも、早くあははと笑って、
一人ひとりそれぞれの生を有効に使って欲しい。


でもね、わかるよ。
苦しいことを考えたり、
辛いことを考えるのって、簡単なのよね。
それに気持ちいいかも知れないね。エクスタシーかも。
目の前にある甘いケーキに手を伸ばすくらい簡単でラクなの。
ああ、つまり麻薬なんだな。
過去に経験した辛さをほじくり返すのは麻薬と同じなんだ
(ちなみに「昔は良かったなあ」って懐かしむのも麻薬だな)。
ダウナー系のヘロインかもね。
こういう麻薬を取り上げようとすることが折伏に他ならないな。
だから、こういう麻薬中毒者から学会員は恨まれる。
「人の気持ちの分からないヤツ」とか
「同苦出来ない冷たいヤツ」とか言われるんだ。
俺みたいに(笑)。
「おめーら、麻薬吸ってジャンキーになってるぜ」って
麻薬中毒者の群れの真ん中で叫んでるわけだから、
そりゃ麻薬中毒者からすりゃ迷惑な話だし、
なんとか消えて欲しいと思うわなぁ。


ああ、脱線しまくりだ(笑)。
つまり僕が言いたいのはね。
利口ぶって考えてるふりするこたぁねえよ。
不幸そうな顔をしてなきゃなんないってこたぁねえよ。


幸せだと思うこと、嬉しいこと、楽しいことを、
「やったー」って表現すればいいじゃないか。
だけど、それって文章を使ってするのは難しいからさ。
この界隈では揚げ足取りする輩も多いしね(俺も含めてw)。
麻薬やってないと仲間と思ってもらえないしね(笑)。
この界隈でそれが出来ないなら、
リアルの自分の身の回りにいる人とやった方がいいよ。
この界隈はおおむね言語の世界なんだから。
スポンサーサイト
【2006/09/30 11:25 】 | 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
<<プリキュア解散の話 | ホーム | 宵越しの金は持たない仏法者>>
コメント
----
脱線しまくりでも、最後はちゃんと纏まるんがすごいな。

スクロールせずに見れる範囲が僕の限界やな。とほっ。
by:三九郎 | URL | #-【2006/09/30 16:17】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。