スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
プリキュア解散の話
『ふたりはプリキュア』のテレビシリーズのDVDを借りてきて観ている。
第8話『プリキュア解散! ぶっちゃけ早すぎ!?』が終わったとこ。
ケンカして仲直りする話はいいねぇ。


ほのかのおばあちゃんのセリフ
「ほのかはどうしたいんだい?
ほのかがどうしたいかが大事なことなんじゃないかしら。
合ってるか合ってないかは二の次。
ほのかにとってその人が大切な人ならなおさらね」



なぎさのおかあさんのセリフ
「ケンカをすることは悪いことじゃないでしょ。
だって、どうでもいい子とはケンカなんてしないでしょ」



相手に対して、勢いで放った心ない言葉は、
言葉でなんとかしようとしてもどうにもならない。
きっと、手を握ることでしか気持ちは伝わらない。
ネットという言葉だけのコミュニケーションの場で、
感情的にもつれた後、仲直りするのは相当難しいことだね。
スポンサーサイト
【2006/10/01 10:24 】 | 未分類 | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
<<活動の功徳 | ホーム | 四苦八苦と文章表現>>
コメント
--管理人のみ閲覧できます--
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | | #【2006/10/07 18:13】 [ 編集] | page top↑
--ケンカできる環境--
馬鹿になるって手があるよ。

処世術のひとつだと思うけれどね。処世なんていうと、けッまっぴら御免でぃ世渡りがうまいなんて言われたくもねぇやって返ってきそうですが。案外馬鹿にもできないものですよ。

デジタルテキスト文章の世界だと、馬鹿さ加減が出しにくい。自筆の手紙だったら筆跡に出せるし、受け売り書き写しにしたって文字のいびつな形(書きなれてない漢字とか)に表情がでる。長い文章だったら、これはこれは一所懸命写したんだな、と愛情さえわく。
面と向かうと、表情から声のトーンから身振り手振りあわて振りまでお互いの馬鹿さ加減丸出しでサ、それで割とうまくいくんだと思うよ。

デジタル、バーチャルな世界でもさ、馬鹿になれないんだったらぶつかりっぱなしだと思うよ。
結局普段からの考えの表明やその表現、印象的ないくつかの記事なんかでみんな推し量ってるんじゃないのかな。

結論、ネットでは多少意識的に馬鹿になろう。歩の提言その、、、いくつか忘れた。。。
by:歩 | URL | #NJs7.fVo【2006/10/08 17:37】 [ 編集] | page top↑
--今日--
創大祭に、なぎさの中の人が来てましたよ。
生カントリーロードが聴けました。
なぎさもちょっと演ってくれましたし♪

>なぎさのおかあさんのセリフ
>「ケンカをすることは悪いことじゃないでしょ。
>だって、どうでもいい子とはケンカなんてしないでしょ」

これはまさにそうでしょうね。
最近は、どうでもいい相手に対しては、放置することにしましたしw
by:にっし~ | URL | #OF4bp5hE【2006/10/09 18:30】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。