スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
そうせざるをえない理由
昔、インターネットの掲示板で、
浜崎あゆみがライブで身体の不自由な人を揶揄したと
伝えられることがあって、祭りになっていたりしたわけだけれどもさ。
糸井重里のダーリンコラムを読んで納得した。


http://www.1101.com/darling_column/2002-02-12.html

「ダーリンコラム『愛子とあゆ』」


まあ、失言といえば失言なのだろう。
でも、やっぱせつないのよね。
有名になり、ある程度の影響力を持つと、
攻撃されっぱなしになるしかない場合も多い。


http://www.youtube.com/watch?v=2Y4CALFwgUY

「問題にされた発言の動画」


「一番前で観てるのにさ。座ってたよ。感じ悪いねー」
動画を観れば身内に冗談を言っているように見える。
浜崎あゆみなりのパフォーマンスとして僕は許せる。
でも、文字にすると誤解されるんだな。


インターネットで僕らが出来る表現は、
おおむね文字で文章を作ることだから、
文章を読むだけで状況を判断したり、
人柄を決めつけることは出来ないはずなんだけどね。


文字にしても誤解されないような表現をしなければ、
その意図を汲むことなく揚げ足取りをされることも多い。
特に有名になればなるほど、力を持てば持つほど。


「なんでそういうふうにしないのさ」と外野は責めるけれど、
そうせざるを得ない理由が必ずあるものだ。
サンドバッグのように打たれっぱなしでも、
黙ってコツコツやるしかない類のものもあるよね。
スポンサーサイト
【2006/10/05 13:56 】 | 未分類 | コメント(7) | トラックバック(0) | page top↑
<<負けた | ホーム | 活動の功徳>>
コメント
----
gizmoさん、こんにちは。
ほんとうにそうですね・・・。

今、書こうと思っている記事があるのですが、文字だけで表現することの難しさ、限界も感じながらです。
ネットしていると、仕方ない事なんだけれども。

今ね、昔私が悩んだりしてた時に、声くださった方のお気持ち、わかる気がします。^^
うまくいえないんだけどね。
ああ、そうだったんだ・・・って、学会の事もそんな感じがして。

わけわかんないコメントでごめんなさい。
gizmoさんの記事、楽しみにしています。^^
by:ほしのしずく☆ | URL | #-【2006/10/05 17:27】 [ 編集] | page top↑
----
>ずっと前にも書いたことがあるけれど、
>数少ない何人かのともだちが
>自分のことをわかっていてくれたら、
>それ以上の人数にわかってもらうのは、
>贅沢すぎることなのかもしれないなぁ。

こういうところ、とても好きです。
最近、
糸井重里をいいなあ、と思うようになっちまいました。
自分が20代の頃は、
けっっっ! とか思っていたんだけど^^;。
ふんっっ! て思ってたんだけど。。。

それが、
いいなあ、ブイヨンと目を細めたり。。。
TARO MONEY買いに行っちゃったり。。。

若い頃は、
「ああいうのを認めちゃ、自分がダメになるぜ」と
本気で思っていたんですよね。
ホントに若かったって事なんだと、
今は良く分かる。


by: | URL | #-【2006/10/05 17:28】 [ 編集] | page top↑
--すいません、私です。--
名前書き忘れました。。。><。
by:photochika | URL | #-【2006/10/05 17:29】 [ 編集] | page top↑
----
photochikaさん、こん。^^

そうですね。
分かってくれる方が一人でもいてくれればいいなあって思う。
そういう方がいるだけで、生きてく力もらえるもん。
全員にってのは、むりっぽだしね。^^
by:しずく | URL | #-【2006/10/05 18:18】 [ 編集] | page top↑
----
>ほしのしずくさん


そうそう。
わかってもらえない人には、どんなに言葉をつくしても、
そのときはわかってもらえないもんですわ。
「あの人はこういうことをいいたかったのかな」
っていつの日かわかってもらえるといいかな、
なんて期待はしちゃいますけど。


>photochikaさん


>糸井重里をいいなあ、と思うようになっちまいました。


糸井重里自身も、かなり変わってきてますよね。
バブルの時は斜に構えた小生意気な野郎だったかもしれません。
あ、小生意気といえば、今の俺か(笑)。そうかそうか。
by:gizmo | URL | #-【2006/10/05 18:34】 [ 編集] | page top↑
--そうか。。。--
糸井重里が歳取って変わるように、
私も歳取って変わっていくんだね。。。
ほっっっ。

しずくさん。。。
そうそう、全員にはむりっぼ。。。(いいなあ、コレ)

gizmoさん、
私のウチも配偶者が非学会員なんだけど。。。
最近、
コイツを絶対に入会させてなるものか~、とか
変に意気込んでます、私。。。ふふふ。
非学会員との結婚生活ですが、幸せっす。
by:photochika | URL | #-【2006/10/07 00:30】 [ 編集] | page top↑
--三百六十五歩のマーチ--
gizmoさん、こんにちは。


こればかりは先の話であるし、様々な事情や状況あるから前提というか命題そのものが不確実なのですが(前置きが長いな、ここから主旨)子どもを授かった時がgizmoさんの信仰というものを試される時になるんじゃないかな。試されるというのはちょっと語弊あるだろうけれど。


うちなんか、本人が「遊びたい」(そりゃ母親と一緒に集まり行ってお菓子とか食べたり遊んだりしたいもんだよね)っていうものだから「なら入れればいいじゃん」って感じで未来部員だよ。組織のとか教義のとかそんな判断力ないよ。

いやになったら自分でやめるだろうし、その時私や母親をどう思うかは全くわからない。そこに困難があるのならあったで当事者として対処していけばいいと思っている。やめるだけでなく、例えば先祖代々の墓を捨てるというか変えちゃうような選択もでてくるかもしれない。でも、それは本人が熟考して決めればいいことかな~って思ってる。


私自身も性教育ちゃう宗教教育みたいなジャブは打ってる、かも。私の場合は宗教といえるのかどうかも怪しいものであるけれどね。禅宗の人みたいに思われているかもしれないけれど、自慢じゃないけどごちゃ混ぜだからね。

かっこよく言えば人生哲学、いやそんな大それたもんじゃないね。行動規範、倫理観、処世術くらいかな。

子どもは親の背中を見て育つというから(ってことは自分もそうだったのだろう、幸いなことに今でも両家の両親の背中見れてるな。ありがたや)、自分の今を真面目に楽しく過ごしたいな~って思っています。


仏教や座禅や南無妙法蓮華経や組織なんかよりも、今生きていることがありがたいってことです。感覚的な表現だけどね。両家の親がいて今の自分たちが家族としてあるんだ、その積み重ねなんだってこと。「父母未生前を知る」ということです。って、結局禅語。何故かこの界隈で文章つくるとこうなっちゃう。結局、負けずなのかも、がはは。。。
by:歩 | URL | #NJs7.fVo【2006/10/08 17:33】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。