スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
正義は勝つこと
今の日本人って「正義は勝つ」という言葉に対する
アレルギーがあるだけなんだよな。
まず、これから払拭しないと、
まともな国にはならない気がする。
大切なのは「正義」への懐疑でも否定でもなく、
「正義」の正しい運用なんだよね。
それを、一人ひとりが意識出来るようになることが大切であって、
その過程で試行錯誤するときに人様にかける迷惑に対しては、
社会全体で大目に見てやるってことは出来ないのかね…。


正義は勝ってくれないと、みんな困るでしょう?
正義は勝たなければいけないということを、
一人ひとりが意識しながら行動し、
悪がまかり通らない社会を造っていこうと言いたい。


「正義」というのは確実に存在する。
存在しないと言う論者は目が節穴か、方便を使ってるだけだろう。
僕らは「正義ってなんだろう?」という問いを心に抱きながら、
今の生活をランニングしてくしかないわけで、
それを放棄するのは人間としてどうよ、って思っちゃう。
羮に懲りて膾を吹くでは、どこにもいけないじゃないか。


単純な二元論で割り切れないという意見もわかるけれども、
民衆は、どこかで線を引かないと、
どっちにいっていいか迷ってしまう。
一人ひとりの持つせっかくの力の使い道がわからない。
これが日本の民衆の現状なんじゃないの?


今の日本には「正義」がない。
ちょっと一足飛びかもしれないけれど、
だから日本では精神を病む者が増えている。
彼らはなにが「正義」だかわからなくなっているんだと思う。
人間は、自分が正しいことをしているという自覚があり自信があれば、
かなりの辛いことにも耐えることが出来るものだ。
その「自信を与える装置」が、今の日本に存在しなくなった。


たとえば高度成長期。
日本を復興させるということがわかりやすい正義だった。
そのために汗を流すことを厭わなかった先人を、僕は尊敬する。
過労という意味では、今より彼らは過労だったはずだ。
ガンバリズムが否定されるとき、人間の目が死ぬ。


なにに対して頑張ればいいのかが、多くの人間がわからなくなった。
その頑張る対象は自分自身が決める時代となったのだと思う。
自分なりの「正義」を見いださなくてはならない。
これが価値観の多様化であり、「自己責任」の時代なんだ。


「自己責任」を自分で意識して、
自分で周囲の現状を見極め、自分がリスクテイクして、
自分で選択し決めることが出来る人は問題ない。
頑張る対象を自分の力で見いだせない人間を、
じゃあ、社会がどうやって救うべきか。
現実的には、仮にでもなんらかの「正義」を与えてやり、
仮にでもなんらかの行動、活動をさせてやることが、
わりかし妥当なのではないかと思う。
というよりも、一つの方法論としてはアリだ。


とりあえず、ここまで考えると、
安易に創価学会の活動を否定出来なくなる。
創価学会は、学会員一人ひとりに「自信を与える装置」になっている。


僕は脱会を否定しない。
自分自身の「正義」や「自信」を自ら見いだして行動し、
その責任を自分で負う覚悟があるのなら「どうぞ」と言いたい。


でも僕がこの界隈を眺める限り、
迷える脱会者が多いように思うんだ。
本当に「自己責任」を意識出来るだけの強さを持っているか?
アンチな人がもっともらしいことを言っているけれども、
その人は、正義を持ち自信を持って生きているか?
生き生きと生き甲斐を持って生きているか?


それが出来ないのなら、
せっかく近くに創価学会があったのなら、
創価学会を使っておけばよかったんじゃないの?
いや、今からでも学会に戻ればいいんじゃないの?
って思うわけだ。


正義は存在する。
その正義を自分が決めるのか、なにか「装置」に決めてもらうのか。
それだけの違いなのであって、どっちだって等価です。
そのための創価学会という組織なんじゃないか、って思うんだよ。
だから僕は学会員を馬鹿に出来ないし、
頑張って活動している者を馬鹿にする人を諫めたい。


いいじゃねえか、頑張ってるんだから。
頑張っていれば、その瞬間こそが幸福だと思う。
そんな人を不幸だと見下げるような人の方が不幸だよ。
少なくとも正義ではないと思う。


…ってなことを、平原綾香の歌う
「CHRISTMAS LIST」という曲から連想したのでした。
スポンサーサイト
【2006/12/05 11:11 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<社会的なまはげ | ホーム | 新聞の切り抜きです>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。