スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
犬のメメさんへ、ルカによる福音書23章34節より
阿刀田高氏の本はまだ読んでないです(^^;
「旧約聖書を知っていますか」を読み始めたんですが、
どうも冗長で途中で読まなくなっちゃったんです。


なるほどね。「マタイによる福音書」から読めばいいのか。
キリスト教というか聖書って、文系の教養ですよね。
一通りは知っておきたいとは思っているのですが、
その前に世界史の把握だよな、と思って今は世界史を
もう一度勉強し始めているところです。
で、そんなのはいいとして、
「ルカによる福音書」のメメさんの引いたくだりについてですけど。


>「父よ、彼らをらをお赦しください。
>自分が何をしているのか知らないのです。」


まあ、切り文だけで判断も出来ないから、聖書を開いてみた。
とりあえずルカの23と24を読んでみましたよ。


民衆に影響を与える人は、たいてい迫害を受けるもので、
そのきっかけは裏切り者により、
たとえ識者が正しい判断をしようとしても、民衆が愚かなら、
その声に流される(「ルカ23:22~25」より)ものだなあ、
なーんてのが、僕の感想です。


さて、僕ら学会員からすると、ユダというのは、
法華経の文脈では提婆達多であり、
創価学会の文脈では、山崎正智だったりするわけですが、
こういう存在を「赦す」かどうかの問題を、
犬のメメさんは問いたいんじゃないでしょうか?


二項対立させちゃって、
多少キリスト教に対して意地悪気味な解釈かもしれないですけど、
このシーンに、日蓮とイエスの顕著な違いが、あると僕は思います。


イエスはが「お赦しください」と言ったときの心情を考えると、
たぶんそれは「あきらめ」だと思うんですね。
「この人たちになにを言っても無駄だ」というような。
彼らに対して、自分を弁明することも、彼らを教導することも、
「どうにもならない」と、あきらめた。


日蓮は、竜の口で首の座につながれるわけですが、
そのときもなお、あきらめなかった。
「自分は正しい」という姿勢を崩さなかったし、
自分の首を切ろうとする者まで教導しようと決意していた。


犬のメメさんは史実でないことにも価値をおいてらっしゃるから、
話す気にはなるんですけど、
竜の口で日蓮がまさに首をきられんとするとき、
夜空に光る物体が現れてみんな逃げていった、
ってなエピソードだって史実かどうかなんてわかんないんですわ。
だけど、学会員はそのストーリーを信じて、人生を戦う支えにする
(文献の真偽に囚われる人はこのへんが分かってないんですが)。


学会員がイエスではなく日蓮に惹かれているのは、
この「最後まであきらめない」姿勢だったり、
「悪は絶対赦さない」という姿勢だったりします。


キリスト教は、きっとユダまでも赦すのでしょう、
「自分が何をしているのか知らない」という理由で。
僕ら学会員は、「知らない」という理由ではユダ的存在は赦しません。
また「なにを言っても無駄」とも思いません。
「ユダに正しいことを教えなければならない」という使命を感じ、
命をかけても、わかるまで愚直に言い続けるわけです。


仏教的な文脈で言うのならば、ユダ的存在は、
そのままでいれば大きな業を背負うことになります。
その悪を指摘し、わからせ、やめさせることで、
彼は業を一つ取り除くことが出来る。
だから「悪を責めることは慈悲だ」と、学会員は言うわけです。
悪を見て放置していれば、それは与同罪(連帯責任)だとも。


まあ、僕はそんな感じのことを考えましたよ。
僕はあきらめちゃいないから、悪口罵詈されても、
これからも正しいと思うことをコツコツ主張し続けますよ(笑)。


>「意外と信じてるな、俺。キリスト教」


こういう犬のメメさんは好きですよ。
人間対人間として話が出来るような気がします。
なんのポジションも選べない人よりずっと好きです。


あとね、あとね。
「ルカ23:35~39」みたいなこと、アンチが言いそうですよね~。
まあ、言われれば闘志が湧くのが学会員ですが。


ちなみに僕が持ってる聖書は「ものみの塔」の新世界訳(笑)。
スポンサーサイト
【2006/12/11 10:17 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(1) | page top↑
<<師弟について思うこと | ホーム | 『ななつのこ』感想>>
コメント
--ありがとう--
今夜にでもちゃんとしたご返事を。
聖書持ってる!と驚いたらものみの塔か。
それこそ刷り込み(MC?)みたいなもんやけど、「なんや、新興宗教か」と思っちゃう僕はダメですね(^^ゞ
by:犬のメメ | URL | #-【2006/12/11 12:34】 [ 編集] | page top↑
--ボチボチ書いてみましょうか(笑)--
と、思って書き出したけど、めっちゃ長くなるんでウチに記事としてUPします。
出来たらトラバしますわ。
 
一生懸命書いてたら、記事にしないともったいないなという文章貧乏性が出てきちゃったもので(笑)。
by:犬のメメ | URL | #-【2006/12/11 21:18】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
「赦す」パート2
長くなりそうな予感がプンプンしますが(汗)。少々お付き合いの程を♪   この記事 牧師の息子が学会家庭でマスオさんする日常【2006/12/11 22:53】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。