スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
天に唾する者の報い
デマを元にした中傷で、
学会員はいつも苦しめられている。
根も葉もない噂から捏造された
週刊誌などの記事を根拠にして、
火のないところに煙は立たぬとばかりに、
正義の味方の面をして、
アンチは創価学会を攻撃し、
学会員を徹底的に痛めつける。


しかし、それは必ず「還著於本人」として現れる。
これを罰とも言う。
仏法用語を使わないで言えば、
つまりは「自業自得」ってことだ。
理不尽なことを言われても耐えてきた学会員の苦しみを、
アンチも思い知るのがいいと思う。


まあ、それはそうとして、
きっとコンフリクトを解く鍵は、外野のいないところで、
フェイストゥフェイスで対話することだろうな。
どちらが一方が対話を拒否するなら、
拒否する方が後ろめたいことを抱えてるんだろう、きっと。


いろんな思惑が錯綜するこの界隈ですからね。
何が本当で、何が嘘か、
何が本心の訴えで、何が釣りか、
実はそんなのわかりっこないんですよ。


外野にとっては、いつでも真実は「藪の中」。
どちらの当事者も、自分に有利なことしか言わないに決まってる。
自分のストーリーがさも真実のように言うに決まってますよ。
片方から聞いた情報だけで判断した外野が、
ヘタに介入するから、事態は複雑化し悪化する。
本当に当事者を思う気持ちがあるのなら、
外野は放置してあげるべきだよな。


まあ、煽りたいなら別だけど(笑)。
スポンサーサイト
【2006/12/18 19:27 】 | 未分類 | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
<<ホントになんの利益もなかったの? | ホーム | バカはほっとくに限る>>
コメント
--思うに--
>しかし、それは必ず「還著於本人」として現れる。
>これを罰とも言う。
>仏法用語を使わないで言えば、
>つまりは「自業自得」ってことだ。

いろいろよそを見物してると、本当に実感できますね。
ある意味、この「罰」であったり、「自業自得」であることを認識できないことが、一番の罰なんじゃないでしょうかね。
そう認識できれば、「変毒為薬」もできるんでしょうけど。
「転重軽受」だと前向きにとらえたりとか。

by:にっし~ | URL | #OF4bp5hE【2006/12/21 19:15】 [ 編集] | page top↑
--念仏無間なんだよなー--
現実に起きていることから目をそらして、
どこかのだれかのせいにすることが、
阿弥陀如来が救ってくれるという発想であり、
「念仏無間」という格言の文底だと思います。
なにか問題にでくわしたとき、
自分の問題だと認識出来ずに誰かのせいにしたり、
誰かに救ってもらおうとする念仏的精神では、
自分のこともも自分を取り巻く環境も、
改善することが出来ないし、いつまでも
絶え間なく苦しまなきゃなんないわけですね。
三悪道四悪趣に落ち込み、
いつまで経っても、因がわからない、
いや、認めたがらないのは、哀れではあります。


そういう人に限って、
「創価学会をやめて幸せになれました」
とか言うんだよねー。
「あんた思いっきり迷ってんじゃんよ」
ってツッコミ入れたいけど(笑)。
by:gizmo | URL | #-【2006/12/21 21:55】 [ 編集] | page top↑
--念仏無間--
念仏無間にひっかかった。あ、休養中やった、コメントしてもた。

どうしてそうスローガンでかたづけてまうかな?
聖道門に属してるから聖道門の生き方ができてるわけやないでしょ?
まわりの学会員ほとんど念仏的精神でやってんで。
もっと自分で考えろよ!ってね。
念仏好きな僕のほうがよっぽど聖道やなって思うもん。

ま、聖道や易行言うたかて、
その人個人の資質やとは思うけどね。



聖道って文字あってたかな?間違ってない?
by:三九郎 | URL | #-【2006/12/21 22:41】 [ 編集] | page top↑
--アウフヘーベンですよ--
いやいや。
「他力本願(日本で使われる意味での)的な
生き方で満足していいんだよ」という教えと、
「他力本願じゃまずいでしょ、そっから、
自分の問題という線まで引っ張ってきましょうよ」
という教えの違いなわけです。


念仏が「もっと自分で考えろよ!」って、
信者に対して発信しているのなら、
僕は念仏を認めますよ。
出来るか出来ないかは別として、
「なにを目指すか」というところが
大切だと僕は思うのです。
「教え」ってそういうものでしょう?
学会員は「人間革命」を目指します。
それは「成仏」の異名です。


三九郎さんは、スローガンが嫌いみたいですけど、
きっとスローガンが悪いわけではないんですよ。
スローガンが物事を濃縮した一言だとするなら、
それを展開するのは一人ひとりなんです。
それを、自分の身の丈に戻して応用できない個人が悪い。


でも、そんなうまく運用出来ない個人も含めて、
スローガンによって民衆が動くことは事実です。
インテリは物事をファクターに分解して、
一つひとつを丁寧に考えることが出来るけれど、
民衆はそうはいかない。
でも、世の中を動かすのは民衆なんですね…
(ちなみに、ネットに居るのはインテリです)。


だったら、指導者はスローガンという手段を、
使うに決まってると思うんですよ
(「美しい国」ってのもそうですね)。
創価学会の発信するスローガンの真意は
聖教新聞を読めばわかると思います。
まあ、これも一人ひとりの読解力に
頼るところが大きいんですけど…。
だから、読解力を磨かなくてはならないですね。


南無阿弥陀仏も南無妙法蓮華経も
陀羅尼みたいなものを唱えるのは、
易行門と言ってもいいですけど、
その実、目指すところは聖道門であるところが
妙であり、他力と自力を止揚してるなーって、
僕なんかは思うわけですが…。
by:gizmo | URL | #-【2006/12/22 00:24】 [ 編集] | page top↑
--あ、上、補足--
>南無阿弥陀仏も南無妙法蓮華経も
>陀羅尼みたいなものを唱えるのは、
>易行門と言ってもいいですけど、
>その実、目指すところは聖道門であるところが
>妙であり、他力と自力を止揚してるなーって、
>僕なんかは思うわけですが…。


以上を以下に訂正ね^^;


南無阿弥陀仏も南無妙法蓮華経も
陀羅尼みたいなものを唱えるのは、
易行門と言ってもいいですけど、
南無妙法蓮華経の方は、
その実、目指すところは聖道門であるところが
妙であり、他力と自力を止揚してるなーって、
僕なんかは思うわけですが…。
by:gizmo | URL | #-【2006/12/22 00:29】 [ 編集] | page top↑
--訂正前のんでよかったな。。。--
念仏も題目も易行ということでは同一やろうし、
念仏でも自分からこうどうしたら自力になってまうし、
題目あげてすべてまかせたら他力やん。

どっちゃでもええんやけどね、目指す目的は一緒やし。
by:三九郎 | URL | #-【2006/12/22 09:36】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。