スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
人間の問題なんだよな
自分の仲間とか、自分の家族とか、
そういうものを守る気持ちが人間にはあって、
アンチがアンチのメンバーを守る構図は、
学会員が同志を守る構図と一緒なんだよな。


なんでもかんでもすぐに「学会問題だ」と
アンチはそこに収束させたがるけれど、
要は一人ひとりの人間の問題であり、
人間が集まった社会の問題なんだよ。


アンチも学会もコミュニティが出来れば構図は同じ。
仲間を「身びいき」するから外部とのコンフリクトが起きる。
ネットでの言った言わないの水掛け論は、
単に所属する陣営のメンバーに対するアピールに過ぎない。
だから、どんどん「理屈」に走り「人間」から離れていく。


また、「身びいき」しようとすれば、
ホンネとタテマエは存在しちゃうに決まってる。
ダブルスタンダードだなんだかんだ言うけど、
アンチだって同じだよ。


僕は「身びいき」という愛を肯定するので、
外部とのコンフリクトをなくそうなんて別段思ってない。
で、それなら創価学会で十分なんです。
学会の家に生まれたしね。家族の幸せが僕の幸せです。


アンチのために戦うか、学会員のために戦うか、
僕はどっちだってよかったんだけど、
アンチは自分で立とうとする気もないし、
ネガティブなことばっか言ってるから、
嫌になっちゃったというわけで。


口先だけでもまず勇ましいこと言って、
ポジティブにやろうと頑張る方が好きだな、俺は。
どうせダメだと思ってるヤツは、やっぱダメだよ。
「身びいき」を捨てた人は冷たいと思うしね。
スポンサーサイト
【2006/12/28 09:18 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<実はわかってるくせに | ホーム | just right now>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。