スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
主師親の三徳を備えよ
師弟不二の徹底というのは、つまりは、
一人ひとりが主師親の三徳を備え、
一人ひとりがその覚悟を持って、
堂々と強く生きることではないか。


社会の「主」として、主体的に考え振る舞い、
人々の「師」として、人の模範となる意識を持ち、
仲間の「親」として、同志を慈愛する。
社会に生きる一人ひとりが、
そうなれたときが広宣流布の時だと思う。


師匠を手本とするなら、
それと同じように真似、あらゆるシーンで
師匠と同一な振る舞いをすることが、
師弟不二の意義だろう。


人本尊としての日蓮の振る舞いこそが血脈であり、
その振る舞いが不二として受け継がれていることが、
興門流であり、創価学会の哲学の本意だと思う。


つまり「お前が日蓮の覚悟で生きろ」というメッセージに他ならない。
スポンサーサイト
【2007/01/08 04:18 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<外の日本人と、外の学会員 | ホーム | 軍隊で治療かー、やるなあ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。