スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
幸せならいいんですけど
アンチのいかれちゃった度合いが、
アンチのイメージダウンに繋がると思うんだけどな。
「学会辞めるとこんな風になっちゃうぜ」って感じ。
ホント、俺はアンチから足を洗っといて良かったよ。
今となってはあんな性悪な人たちを守ることも、
仲間となることも出来なかったと、本気で思う。


アンチの人格が立派であろうとすることを放棄すれば、
未熟な学会員を批判する資格も、
その説得力もなくなるじゃないか。
それなら未熟であっても、立派になろうと
前向きに頑張ってる学会員の方がマシだもの。


アンチが学会員以上の実証を示しているなら、
そりゃあ学会なんて必要ないって思うだろう。
アンチの振る舞いによって、人は判断する。


それにしても、今のアンチってのは偏狭だよな。
どんなスタンスの人間がいても許すからこそ、
「学会組織」のアンチテーゼとしてのアンチだろうに。
なんだかアンチにも看板があるみたいよ?
やっぱり「アンチ創価学会教」じゃないか…。


アンチというのは勝手に自称できるからこそアンチだと思う。
いろんなスタンスを許してこそ立派なアンチじゃないのかね。
今のアンチの存在は、自分たちがイメージして批判する
「学会組織」みたいになってるじゃん。
まあ、アンチに自由が無いってことは、
元アンチの僕にはよくわかるし、
だからこそアンチを辞めたわけだけど(笑)。


学会員の僕の方がよっぽど自由にものを考え、
よっぽど自由にものを言ってるぞ。
…まあ、いいや。


どっちにしてもアンチはそれでいいのなあ。
いや、いいならいいんだけど。
また、それで幸せだと言うのなら、それはそれでもいいんだけど。
創価学会を恨んで生きていく一生か…まあいいかもね(笑)。
スポンサーサイト
【2007/01/22 12:45 】 | 未分類 | コメント(7) | トラックバック(0) | page top↑
<<もっと柔軟になりましょ | ホーム | 罰は存在する>>
コメント
--幸せになればいいのに--
創価学会に復讐するには、自分が幸福になればいいんですけどね。
学会にいなくても幸福になれる。
それを実証すればいいのに。
幸福に見えないから、学会員にちょっかい出されるんじゃないでしょうかねw
まじめな学会員は、不幸な人を救おうとしますから。
僕は、不真面目だし、めんどくさがり屋なので、幸福になりたい人やなろうとしてる人は、助けたいと思いますけど。

>どっちにしてもアンチはそれでいいのなあ。
>いや、いいならいいんだけど。
>また、それで幸せだと言うのなら、それはそれでもいいんだけど。
>創価学会を恨んで生きていく一生か…まあいいかもね(笑)。

恨みにまみれた幸福というのも、凄まじいものですねw
こちらとしては、「邪悪の徒には、栄えなし」と高らかに歌ってればいいんじゃないでしょうかね。
邪悪の徒でないというのであれば、栄えて見せればいいんですしw
by:にっし~ | URL | #OF4bp5hE【2007/01/22 13:56】 [ 編集] | page top↑
--少し訂正w--
>まじめな学会員は、不幸な人を救おうとしますから。
>僕は、不真面目だし、めんどくさがり屋なので、幸福になりたい人やなろうとしてる人は、助けたいと思いますけど。

あと、悩んでる人も助けたいと思いますね。
ただし、学会の信心こそが、悩みの解決手段であると教えることになりますがw
by:にっし~ | URL | #OF4bp5hE【2007/01/22 15:15】 [ 編集] | page top↑
--( ̄へ ̄|||) ウーム--
 以前にも書きましたが、社会のため、創価学会が崩壊するなり弱体化することを強く望んでいるだけで、やっぱり私はアンチではないのかもしれません。
 そう言った意味において創価学会のような「アンチ創価学会教」なる組織ができるなら、私にとってそれもまた崩壊するなり弱体化することを強く望んでいくと思います。


> 幸福に見えないから、学会員にちょっかい出されるんじゃないでしょうかねw


 私、裏社会でビジネスしていたこともありますのでこれはよく分かります。
 困っている人ほど罠にハマり易いです。
 もう一つ、幸せを求め過ぎるのも同様に落とし穴にハマる可能性は高いかと思います。
 そういった方は創価学会にちょっかい出されやすいのも事実だと思います。
 (肯定してどうするwぉぃ)

『幸せになれるかどうかの結果はともかく、創価学会は幸せになりたい方達の集まりで、いわば幸せになることが主体で、仏法や学会教義や指導は客体であり、客体はどう変わろうと主体優先の団体だからなのでしょう。』
 【創価学会について語ろう】より
http://wame.seesaa.net/article/23066140.html


 今回は批判になってないような気がする。。。涙
by:わめ | URL | #a2H6GHBU【2007/01/22 18:28】 [ 編集] | page top↑
--実存的に生きるって難しい。--
>以前にも書きましたが、社会のため、創価学会が崩壊するなり弱体化することを強く望んでいるだけで、やっぱり私はアンチではないのかもしれません。

なんとはなく理解出来たような気が致します。

人は弱い。
って私の場合ですけど・・・アセ

孤独に自己決断するって大変ですものね。
もちろん友人、知人、家族に相談するでしょう。
それが普通と思う。
だけどもっと普遍的判断を求める場合があります。
世に認められてる団体の思想、主張とかですね。
それは、それでいいと思います。
多元的判断を求めるわけですから。

だけど、1団体の意見に集約されたらリスクが生じる可能性が高いと思います。

これは難しい問題でもあると思います。
素直に従いそれで結果出たらOKじゃないか。
そのとおりと思います。
又そういう方々多いとも思います。

その人は勝負に勝ったわけです。
問題は勝負に勝った人が、その原理を他人にそのまま主張するかどうかだと思うんですね。

絶対の真理だと言うならば、
チョット待ってよ!と言われかねないです。

私の場合こうだったと言えばまた違うんじゃないでしょうか。

実存的に生きるって難しいですね。


by:ペガサス | URL | #-【2007/01/22 22:45】 [ 編集] | page top↑
--ペガしゃん--
 gizmoさん、にっし~さん、こんばんは~?(^^;

 師匠と言われるのを嫌うペガサス様なので、観音教主と呼ぼうかとも考えましたがペガしゃんとさせていただきます。<(_ _)>

 ペガしゃんの「多元的判断」のコメントから、思い切ってまだ充分な考察ができていないながらも記事を書いてしまいました。汗
 批判的ご意見などございましたら、どなた様に限らずコメントを頂ければうれしいです。^^
【共存】
http://wame.seesaa.net/article/31934194.html
by:わめ | URL | #a2H6GHBU【2007/01/23 04:30】 [ 編集] | page top↑
--主張するのはOKでしょ--
>ペガサスさん


いらっしゃいませ~。


>絶対の真理だと言うならば、
>チョット待ってよ!と言われかねないです。
>私の場合こうだったと言えばまた違うんじゃないでしょうか。


人間は思ってることを、自分の意見として言いますからね。
「絶対の真理だ」とその人が思っているなら、
「絶対の真理だ」と言うのはなにも問題ないはずです。
あとは、解釈する側の方に問題があるんじゃないですかね。


僕は「絶対の真理だ」と思って、そう主張する。
彼は「絶対の真理じゃない」と思ってそれを聞く。
「あなたの場合そうだったのね」と解釈すれば、
それで全然OKじゃないですか。
「チョット待ってよ!」と思ったなら、そう言えばいい。


まあそれはそうとして、
主張が違ったとしても仲良く出来るはずですよ。
それを禁じる主張をするのも自由ですけど、
それじゃあなんの解決にもならないと、
僕は僕の主張をしておくことにします(笑)。


所属や主張が違っても、
仲良く楽しくやってる方がいいじゃん。
シモネタで盛り上がるのもよし、
おいしい食べ物で盛り上がるのもよし。
楽しくやってる姿を見て、
ヒステリックになるのは嫉妬でしょうね。
by:gizmo | URL | #-【2007/01/23 18:00】 [ 編集] | page top↑
----
 gizmoさん、こんばんは~^^


> 「絶対の真理だ」とその人が思っているなら、
> 「絶対の真理だ」と言うのはなにも問題ないはずです。


 そうですよ! その通り!
 創価学会は唯一絶対正義の団体(学会の公式見解ですよね?)なんでしょうからもっともっとその唯一絶対の正当性を書いていってください。
 それに異議を唱える者は悪(学会の公式見解ですよね?)なんでしょうし、是非とも創価学会唯一絶対正義を誰はばかることなく声高らかに訴え続けていってください。
 創価学会が正しいと思う方は是非そうして頂きたいです。


 私は心からそう願います。


 今回のgizmoさんのコメントはホントに素晴らしいと思いました。
 (*’ー’)(,,*)(*‘∇‘)(,,*)うんうん
by:わめ | URL | #a2H6GHBU【2007/01/24 01:56】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。