スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
問題の本質はなにか
たとえば誰かにセクハラを受けたとする。
それは果たして創価学会のせいなのかどうなのか。
たとえば児童虐待ともいわれる環境で育ったとする。
それは果たして創価学会のせいなのかどうなのか。


社会のあらゆる問題にかこつけて、創価学会が責められる。
それは理不尽だと思うがどうか?
単に人間関係の問題ではないのか?
単に家族環境の問題ではないのか?
それを丁寧に見ていくことをしなければ、
創価学会を不満の捌け口とするだけとなる。


問題の本質はなにかということを、目を背けずに直視することだ。
その本質を探っていけば、創価学会という組織ではなく、
その対象とする人間の、個人的の弱さにたどり着くように思う。
仮に創価学会があろうとなかろうと、
きっとその個人はその問題ある言動をするであろう。
問題点を指摘し改善しようとするならば、
その対象の相手に対して直接、
訴えていかなければならないのではないか。
もっといえば創価学会はなんの関係もないと思う。
だから、創価学会を責めてもなんの解決にもならない、
その人間関係を改善するためには、
現場で個人間の努力をするしかないのだ。
スポンサーサイト
【2007/01/30 00:13 】 | 未分類 | コメント(11) | トラックバック(0) | page top↑
<<アンチどものやってること | ホーム | 言葉の問題>>
コメント
--問題の本質--
 gizmoさん、こんばんは~^^

 gizmoさんの言い分なら、例えれば、暴力団はまったく悪くなくて、暴力団員やその被害者が悪いんだから当事者同士(暴力団員とその被害者)で解決すべき問題だとなりそうですね。
 しかしながらセクハラや人間関係や私利私欲はともかくとして、それが暴力団の資金集めのための暴力団員の行動で、被害を蒙った場合も暴力団はまったく悪くないと言えるでしょうか?
 むしろ暴力団が暴力団員をそう仕向けていると思えますし、問題の本質は暴力団ではないでしょうか。

 創価学会員の強引・執拗な新聞啓蒙、公明支援活動、折伏活動等の非会員への迷惑行為は、成果・数字を強く求める創価学会組織にこそ問題の本質があるように思います。
by:わめ | URL | #a2H6GHBU【2007/01/30 04:02】 [ 編集] | page top↑
--あのぉ--
そういう使い古されたなんのオリジナリティもない論法
持ってこないでくださいよw
あんまりにもステロタイプで、こっちが赤面しちゃいます…。


この論法って、見るたびに思うんだけど、
そもそも創価学会は暴力団じゃないですよ。
読者に暴力団みたいだと印象づける書き方は辞めてください。


暴力団は資金集めのために団員を、
そうし向けてるかもしれないけれど、
創価学会はそんなことしていませんよ。
言いがかりをつけるなら、証拠が欲しいですね。
機関誌を薦めることだって布教することだって、
なんにも悪いことじゃないです。
強引かどうか、執拗かどうか、
そんなのは個人間の感じ方の問題でしょう。
by:gizmo | URL | #-【2007/01/30 09:48】 [ 編集] | page top↑
--個人間の感じ方の問題?--
 gizmoさん、こんにちは。^^


> そもそも創価学会は暴力団じゃないですよ。
> 読者に暴力団みたいだと印象づける書き方は辞めてください。


 創価学会員の強引・執拗な新聞啓蒙、公明支援活動、折伏活動等の非会員への迷惑行為は、精神的に大きな負荷を与えている例が少なくなく、そういった意味では精神的暴力団とも言えると思いますし、私は長く学会活動をやってきてそのような印象がありますのでこのような例えになってしまいましたが、読者に学会は暴力団みたいとの印象を与えるつもりで書いたわけではありません。
 誤解された方がいたとしたら申し訳ありません。お詫びします。<(_ _)>


> 機関誌を薦めることだって布教することだって、
> なんにも悪いことじゃないです。
> 強引かどうか、執拗かどうか、
> そんなのは個人間の感じ方の問題でしょう。


 商行為として強引・執拗は法的にも社会的にも処罰の対象と成り得ますが、布教活動の強引・執拗はは「個人間の感じ方の問題」で済まされますか?
 顕正会の会員が強引な勧誘活動をしたとして同会本部など8か所を強要の疑いで捜索されていますし、司法は「個人間の問題」とばかりは捉えていないようです。
 ほんの一部地域の一部の学会員だけの行為であるなら「個人間の問題」と言えなくもないですが、全国的に創価学会の布教活動の迷惑行為の苦情の声は上がっておりますし、これは「組織的問題」であると私は思います。
by:わめ | URL | #a2H6GHBU【2007/01/30 12:18】 [ 編集] | page top↑
----
> 暴力団は資金集めのために団員を、
> そうし向けてるかもしれないけれど、
> 創価学会はそんなことしていませんよ。


 新聞啓蒙、折伏活動を布教活動と呼ぶとしても、結果(現実)的には創価学会の資金集めの活動であることには変わりがないと思います。
by:わめ | URL | #a2H6GHBU【2007/01/30 12:24】 [ 編集] | page top↑
--人間対人間の問題です--
>わめさん


あのぉ、創価学会は顕正会とも全く違う団体なのですが…。
顕正会みたいに拉致監禁して布教していいなんて、
創価学会はひとことも言ってないですよ。


組織の公式見解は、機関誌を読めばわかると思います。
そこでは強引な勧誘を是としていませんよね。
会員個人が強引な勧誘をした事実があるのなら、
その人が勝手におかしなことをしたのかもしれません。
創価学会は「組織ぐるみ」で強引な布教を、
やらせているわけがないじゃないですか。
学会員の指導者としての池田大作が、
「強引な布教をせよ」と言ってますか?
顕正会の浅井昭衛あたりは言ってそうですねw


誰か個人のおかしな学会員さんに、
おかしなことを言われても、その人がおかしな人なだけです。
たとえば「創価学会っておかしな人がいっぱい居るよね」
という批判なら理解出来ますけど、
それと組織の方針とは違いますよ。
たとえば、三九郎さんのしていた(三九郎さんはもう
学会員に言及するのは辞めちゃったみたいですけど)、
学会員個人に対する指摘はもっともだと思うし、
「三九郎さんの隣の学会員頑張れ」って思います。


だいたい「苦情の声」って、どこのだれだかわからない匿名の人が、
学会のイメージダウンを図って宣伝してるだけってのが多いですよ。
学会員だからという理由で学会員を
苛めることを目的としてる性根の悪いアンチもいますねw
by:gizmo | URL | #-【2007/01/30 12:51】 [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | | #【2007/01/30 14:33】 [ 編集] | page top↑
----
 gizmoさん、こんにちは。^^

> あのぉ、創価学会は顕正会とも全く違う団体なのですが…。
> 顕正会みたいに拉致監禁して布教していいなんて、
> 創価学会はひとことも言ってないですよ

 ΣΣ( ̄◇ ̄;)!ハウッ!?
 顕正会は「拉致監禁して布教していい」などと公式見解を表明しているのでしょうか?
 そうであるならば創価学会とは全く違う団体ですね。
 でも顕正会も公式にそのようなことをひとことも言ってないとしたら、この点での創価学会との違いはどこにあるのでしょうか?


 学会組織内では、新聞啓蒙、公明支援活動、折伏活動等に福運があるとか功徳が積めるとよく言われますし、活動のそれぞれに数値目標を決めたりして活動を煽りますが、そのような組織的指導が行き過ぎた活動による迷惑行為を助長しているのではないでしょうか。
 そういった意味では顕正会も同様に感じますし、顕正会の問題は対岸の火事とタカを括ってもいられないのではないでしょうか。
 よろしければ顕正会と創価学会の明らかな違いなどお分かりでしたら教えてください。


> だいたい「苦情の声」って、どこのだれだかわからない匿名の人が、
> 学会のイメージダウンを図って宣伝してるだけってのが多いですよ。


 そういうことも無いとは思いませんが、それは創価学会と利害関係にある者でなければ動機が分かりませんし、それ以外の動機としては「苦情の声」は、創価学会が何らかの理由で嫌われているということではないでしょうか。
 それに匿名の人といえば私だってそうですが、私は学会のイメージダウンを図ろうとの意図はありません。創価学会の良いと思うところは知っておりますし、良いと思うところまで事実を捻じ曲げて批判しようとは思ってはおりません。


> 学会員だからという理由で学会員を
> 苛めることを目的としてる性根の悪いアンチもいますねw


 このようなことをする方も、やっぱり動機があるんでしょうね。。。
by:わめ | URL | #a2H6GHBU【2007/01/30 16:01】 [ 編集] | page top↑
----
>わめさん


ああ、読点が打たれてないと誤読されてもしょうがないですね。
「僕は顕正会の公式見解なんて詳しく知らないけど、
拉致監禁して布教してる顕正会の会員みたいなことを、
やっていいなんて学会は言ってないですよ」
って言い直せばいいですかね。


ところでわめさんって、
顕正会と創価学会って同じ団体だと思ってるの?
そりゃあちょっと珍しい人ですよ。


>学会組織内では、新聞啓蒙、公明支援活動、折伏活動等に
>福運があるとか功徳が積めるとよく言われますし


なにが悪いんでしょうかね。
そういう風に自分の中で勝手に決めて、
頑張って活動する人を否定出来ません。
思うことも自由だし、言うことも自由です。
外野がとやかく言えるこっちゃないですわ。


>そのような組織的指導が行き過ぎた活動による
>迷惑行為を助長しているのではないでしょうか。


最終的に自分の行動を決めるのは個人の判断でしょう。
外部の人とやりとりをするなかで、
迷惑に感じるかどうかなんて、当事者同士の問題です。
相手を嫌いだったら「迷惑だ」とか言うだけですよ。
嫌われてる理由としては、いつも元気だからですかね(笑)。


>私は学会のイメージダウンを図ろうとの意図はありません。


またまたぁ~(笑)。


>このようなことをする方も、やっぱり動機があるんでしょうね。。。


つまり、利害関係にある者なんでしょうね。
そんなことやってるくらいなら、自助努力したほうが建設的なのにね。
by:gizmo | URL | #-【2007/01/30 17:14】 [ 編集] | page top↑
--罰と功徳--
>学会組織内では、新聞啓蒙、公明支援活動、折伏活動等に福運があるとか功徳が積めるとよく言われますし、活動のそれぞれに数値目標を決めたりして活動を煽りますが、

わめさん、こんにちは。
上記の件、確かに功徳がある、といわれますね。
しかし、常識の範囲を超えて、個人プレーで突っ走り、問題を起した場合、学会に迷惑がかかりますよね。
そうした場合、結局は本人持ちで『罰』も用意されいるということ、ご存知ありませんか?

どうもあなたの一連の書き込みを見ていると、学会員だと言いながら、本当の活動はしたことがないように感じてしまうのですが。
つまり、本当の功徳は感じたことがない。
信仰の意味もご存じない。

違うと仰るのなら、何年ほど信仰し、どれほどの活動をやったか、具体的にお話くだそい。
あなたのコメントには、いつも、その具体的なもの、が全くないんですよね。
だから読んでいて、これ、作り話かな? って、なってしまうんです。
by:市丸 | URL | #-【2007/01/30 17:20】 [ 編集] | page top↑
----
 gizmoさん、こんばんは。^^


> 顕正会と創価学会って同じ団体だと思ってるの?
> そりゃあちょっと珍しい人ですよ。


 同じ団体とは思っておりませんよ。汗
 「創価学会は顕正会とも全く違う団体」といわれておりましたので、どこがどのように違うのかをお聞きしたいということです。


 組織に関する活動から生じる問題で、すべて個人の判断、個人の責任とする考え方は、この日本社会では通じないように思います。
 まぁでも、個人の責任だとか組織に責任があるといった議論よりも、そのような迷惑行為を無くしていく努力は個人も組織もやっていく必要があると思います。



 市丸さん、こんばんは。^^
 仏法上の罰と功徳、信仰上のお話は、それをどう捉えるかは個々人様々ですので今回はスルーさせて頂きます。
 私の信仰経験や学会活動については下記URL、【男子部時代のわめ】カテゴリをご覧になれば少しはご理解いただけるかもしれません。
 http://wame.seesaa.net/category/833489-1.html


> 常識の範囲を超えて、個人プレーで突っ走り、問題を起した場合、学会に迷惑がかかりますよね。


 私もそのように思います。
 このようなことで学会や学会組織はまったく悪くない、すべて個人の問題などと言っていては、返って学会のイメージダウンにつながるように思います。
 このようなことを組織をあげて無くしていく努力をしていくことは大切なことなのではないでしょうか。
 じゃないとアンチは増え続けていくように思います。
by:わめ | URL | #a2H6GHBU【2007/01/30 17:56】 [ 編集] | page top↑
----
はじめまして。
お邪魔します。問題の本質は、池田大作。この男を排除すれば学会は比較的まともになる。
諸悪の根源は大作。
自分を自分で美化して恥じない厚顔の男。俺俺くん。
by:匿名 | URL | #-【2007/01/31 02:30】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。