スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
うはwwwwwピック病だってwww
http://www.asahi.com/national/update/0225/TKY200702250273.html


なんというか、世も末だよなあ。
ホントこういうのトンデモ系だと思うわ。
アンチがよく使う「創価脳」という言葉も乱暴だと思うし、
「おまえらの方がアンチ脳だよ」と言いたいけれどもさ。
なんでも脳の作用に持って行こうとするのは、
養老孟司「バカの壁」以降の悪習かもしれない。


マインドコントロール論や、心理学に救いを求め、
自称精神科医の言いなりになってるような者もいるが、
なんとか症ってのは、すべて仮説でしかない。
10年も経てば、定説は変わるよ。
定説が覆されたとき、また「裏切られた」とか思うのだろうか。


「正しいことなんてない」と言ってるけれども、
そんな人こそ「正しいこと」を求めている。
たとえば、あるあるに煽られて納豆を食い、
捏造だったことを怒るような愚かさがある。
「あなたはそれを信じたのでしょ?」とツッコミたくなるよ。
まあ、だからアンチが今、精神科医の言葉を
信じている状態は、宗教の信者なんですよ。
科学的であるとか客観的であるとかデータに基づくとか、
そんなのこそよっぽど眉唾だ。


自分の生活圏で肌で感じた自分の直観が一番正しい。
どっか余所の「客観的事実」とやらを信じるから、
本来悩まなくてもいいことまで悩むことになる。


鬱に効くのは、薬ではなく運動です。
大きな声を出して身体を動かせばいいんですよ。
題目あげるのもいいかもしれんね。
その療法は一人ひとり違うかもしれないけれど、
それを自分で見つけ出さないから医者の言いなりになる。
あとから見れば、変な薬飲まされてるのかもよ?
10年前に鬱病なんて存在しなかったんだから。
精神科医の食い扶持の確保が目的かもしれないよ。
最近は医者が簡単に鬱病認定しすぎだもの。


しかし、この「ピック病」w
こんなの認めちゃったら、秩序もへったくれもない社会になる。
なんでも病気にしちまえば社会的責任免除という傾向は
ほんとやめて欲しい。
だいたい「チェックリスト」が出てくると、うさんくさい。
これって人をその気にさせるテクニックの一つだもの。


現代では、専門の医療機関とか医師ってのが最もカルトだと思うよ。
学者なんてぇのは論文でっちあげて学位とりたいだけなんだから。
そんなヤツがしゃしゃり出てくるから世の中が複雑になる。
真実はそもそもシンプルなはずです。


病気が原因であろうとなかろうと、全ては本人の責任ですよ。
だって、そんなこと言ってたら、
ミラーマンの植草教授も「ピック病」だったのかもしれないぜw


魚拓
http://megalodon.jp/?url=http://www.asahi.com/national/update/0225/TKY200702250273.html&date=20070226070737
スポンサーサイト
【2007/02/26 07:31 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(1) | page top↑
<<イナゴかー、なるほどね。 | ホーム | 怒るっていうのは愛の裏返しなんだよなあ。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
ピック病
ピック病痴呆(ちほう、英Dementia、独Demenz)は、後天的な脳の器質的障害により、いったん正常に発達した知能が低下した状態をいう。医学上は痴呆と呼称するが、高齢者介護分野においては、認知症(にんちしょう)と呼称する。(両用語については、下段 美南の記録【2007/02/28 07:25】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。