スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
成長には痛みが伴う
自分の身が現在の状態から変化するときに、
人間は痛みを感じるものだ。
その痛みは苦しいものであるし、
出来れば避けたいと思うのが人情かもしれない。
この成長のための痛みを、
肯定するのが学会精神と言える。
だから創価学会は嫌われる。
親に「勉強しなさい」と言われているようなものだからだ
(「わかってるよそんなの」と言って反抗する子供は、
たいていそれがわかっちゃいない)。


そして、その痛みから、苦しみから、
逃げてもいいよというのが、
仏教という皮を被ったアンチ思想だ。
例えて言えば、勉強したくない子供に、
「勉強しなくていいよ」と甘やかす親のようなものだ。
そんな思想に浸かってしまえば、
成長が止まってしまうのは当たり前だろう。
日蓮が念仏を邪宗だと言い切った真意には、
このことがあると僕は思う。


ラクになるとは、成長を放棄することです。
逆説的だが、本当の抜苦与楽とは、
自らが苦を引き受ける決意をしたときに生まれる。
今の自分と自分をとりまく環境を変えられないのなら、
どこに行っても、いつまでも苦は追いかけてくる。
スポンサーサイト
【2007/03/12 18:08 】 | 未分類 | コメント(31) | トラックバック(0) | page top↑
<<チャーチルから学ぶこと | ホーム | 野澤正平氏>>
コメント
--筋力トレーニングには--
適度な負荷が必要ですよね。
それと一緒でしょう。

だいたい、“仏道修行”なんだから、つらくて当たり前。
でも、スポーツで苦しい練習等に耐えて、勝利を得たり、充実を得たりすることが楽しいように、仏道修行も願いが叶ったり、目標を達成したら楽しいものですよね。

筋力を増せば、より重いものを持ち上げられるようになったり、より速く走れるようになったり、より高く飛べるようになったりします。
仏道修行(広い意味での学会活動)によって、生命力を強くすればするほど、どんな苦難にも笑って乗り越えられるようになりますしね。

by:にっし~ | URL | #OF4bp5hE【2007/03/13 00:10】 [ 編集] | page top↑
----
苦難に打ち勝つために選挙啓蒙ですか?
なんか変ですね。
by: | URL | #-【2007/03/13 18:44】 [ 編集] | page top↑
----
マイ聖教も?
by: | URL | #-【2007/03/14 02:03】 [ 編集] | page top↑
--今日の記事も--
gizmoさんらしい、いい記事ですね。^^
確かに、成長には、負荷が必要ですね。
by:風凛 | URL | #kVP5JqGo【2007/03/14 02:50】 [ 編集] | page top↑
----
   ___
   ,;f     ヽ
  i:         i
  |         |
  |        |  ///;ト,
  |    ^  ^ ) ////゙l゙l;   おおなんという糞スレじゃ
  (.  >ノ(、_, )ヽ、} l   .i .! |   南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏
  ,,∧ヽ !-=ニ=- | │   | .|
/\..\\`ニニ´ !, {   .ノ.ノ
/  \ \ ̄ ̄ ̄../   / .|
by: | URL | #-【2007/03/14 14:20】 [ 編集] | page top↑
----
法華経譬喩品に、「三界は安きこと無し 猶お火宅の如し」という名文があるのはご存じでしょう。


>どこに行っても、いつまでも苦は追いかけてくる。


火宅にいる限りはね。やっぱり、そこから脱出する(つまり輪廻から解脱する)しか根本的な解決はないと思うんですがね。


学会員に鬱病患者が多いのは、「火宅から逃げるな」という強迫観念に追われているからなんじゃないでしょうか?
by:フルナ | URL | #mQop/nM.【2007/03/14 16:26】 [ 編集] | page top↑
--フルナさん--
「極楽百年の修行は穢土の一日の功徳に及ばず」(報恩抄)と大聖人は仰せです。
三毒強盛の凡夫の充満する娑婆世界だからこそ、折伏行も、忍辱行も、布教も、転重軽受も、護法もできるというものです。

法華経でいうなら、「我常在此娑婆世界、説法教化」「我本行菩薩道、所成寿命、今猶未尽、復倍上数」
娑婆世界で説法教化し、菩薩道を行じることこそが、法華経で説かれている成仏の要諦ですよ。

>学会員に鬱病患者が多いのは、「火宅から逃げるな」という強迫観念に追われているからなんじゃないでしょうか?

火宅から逃げ出すのは当たり前のことです。
三者火宅の譬えを用いるところではないのでは?
そして、現代人にうつ病患者が多いだけで、学会員に限定するには根拠が不足ではないでしょうかね。
by:にっし~ | URL | #OF4bp5hE【2007/03/14 19:10】 [ 編集] | page top↑
--三者火宅ではなく--
三車火宅でした。
by:にっし~ | URL | #OF4bp5hE【2007/03/14 19:13】 [ 編集] | page top↑
--「三界=火宅」でしょ?--
にっし~さん、レスありがとうございます。


>火宅から逃げ出すのは当たり前のことです。


火宅というのは三界のことなんですから、三界(欲界、色界、無色界)つまり輪廻する世界から逃げ出すのは当たり前という解釈でよろしいですね?


ということは、輪廻からの解脱を目指すのが当然という論理になるハズなんですがねぇ。
by:フルナ | URL | #mQop/nM.【2007/03/14 19:26】 [ 編集] | page top↑
----
誤解があるようですが、学会員だけに鬱病が多いなんて書いていませんよ。人口比通りかもしれません。でも、それじゃおかしいでしょう?


心を育てる信心をしているなら、精神的な病気にはなりにくいはずです。まぁ、数字的な根拠はありませんから、この話はこれくらいにしておきます。
by:フルナ | URL | #mQop/nM.【2007/03/14 19:34】 [ 編集] | page top↑
--逃げるのも簡単じゃない--
ついでに書きます。


「輪廻からの解脱を目指している」などと書くと、よほど現世で恵まれていない人間と思われるかもしれませんが、ぼく自身は、一部上場企業勤務(長時間労働なし)、持ち家、無借金、四桁近い預貯金あり、と何不自由ない身分なんです。


畏れ多いことではありますが、釈尊が王子でありながら「生きることの無意味さ」を感じて出家されたように、ぼくも「生存苦」に目覚めて解脱を決意した訳です。それは「逃げる」などという生易しいものではありません。輪廻は簡単です。黙っていても輪廻しますから。しかし、そこから脱出することは至難の業なんです。


ぼくが学会員に問いたいのは、「永遠の生命」は結構かもしれないけど、未来永劫同じようなことを繰り返すのですか?ということです。
by:フルナ | URL | #mQop/nM.【2007/03/14 20:05】 [ 編集] | page top↑
--フルナさん--
>火宅というのは三界のことなんですから、三界(欲界、色界、無色界)つまり輪廻する世界から逃げ出すのは当たり前という解釈でよろしいですね?

違いますよ。
「三車火宅の譬え」は、苦悩の世界にいながら、そのことに気づかず"燃えさかる家の中で、遊びに夢中になっている子ども"のように、出口も分からず、ただ目の前のことにとらわれる衆生。
しかし、仏がすぐに真実の法を説いたとしても、衆生が理解できなければ、苦しみの淵に沈んだままでしょう。ゆえに、仏は、相手の機根に合わせ、方便として三乗の教えを説いた。
しかし、それは仏の本意ではなく、一切衆生を成仏させる一仏乗を説くことこそ仏の本意であったということですよ。

現実世界で苦労するということとは、まったく次元の違う話です。

>ぼくが学会員に問いたいのは、「永遠の生命」は結構かもしれないけど、未来永劫同じようなことを繰り返すのですか?ということです。

永遠に戦い続けるのが仏ですよ。
仏は無始無終の永遠の存在ですから。
だから、「我常在此娑婆世界、説法教化」常に娑婆世界で、説法教化しているんですよ。
by:にっし~ | URL | #OF4bp5hE【2007/03/14 20:34】 [ 編集] | page top↑
--にっし~さん--
>違いますよ。


凄い自信ですね。あなたは、法華経本文を読まれて仰っているんでしょうか?ぼくは、今でこそ法華経信者ではありませんが、内容はかなり把握しているつもりですよ。


素人を軽くあしらうようなことを書いてもムダですよ。
by:フルナ | URL | #mQop/nM.【2007/03/14 20:53】 [ 編集] | page top↑
--フルナさん--
>凄い自信ですね。あなたは、法華経本文を読まれて仰っているんでしょうか?ぼくは、今でこそ法華経信者ではありませんが、内容はかなり把握しているつもりですよ。

じゃあ、「つもり」であるということでしょうね。

>素人を軽くあしらうようなことを書いてもムダですよ。

その言葉、そのままお返しいたします。
by:にっし~ | URL | #OF4bp5hE【2007/03/15 00:26】 [ 編集] | page top↑
--いやはや--
にっし~さん

「法華経本文を読んだのか」という質問には答えないし、ピントのずれた回答ばかり。ぼくは文証によって議論しているんですよ。

まぁ、これ以上あなたと議論してもムダなようですので、これで終わりにします。

もうちょっと法華経を知ってる人はいないんですかね?
by:フルナ | URL | #mQop/nM.【2007/03/15 07:02】 [ 編集] | page top↑
--解脱の目的--
フルナさん、お久しぶりです。
お忘れかもしれませんが、何回か交流、ありましたよね。

学会員は火宅から逃げます。それは確かににっし~さんの言われるとおりの意味です。
三車火宅の例えは、仏が一切衆生を救うための方便です。
方便だから、その先もありますが、法華経を読まれたというフルナさんに、その説明は任せてもいいですか?

我々は輪廻からの解脱を目指します。
輪廻とは何か、それを私達は六道輪廻、と考えています。
六道からの解脱こそが、我々の目指す解脱です。
六道とは、法華経を読まれたフルナさんに説明するのは、失礼ですね。
それに学会員は皆さん知っている事なので、あえて説明はいたしません。
by:市丸 | URL | #-【2007/03/15 09:17】 [ 編集] | page top↑
--議論してたんですか?--
佐渡御書に
「釈教の中に小乗大乗権経実経雑乱して明珠と瓦礫と牛驢の二乳を弁へざる時は天台大師伝教大師等の如く大小権実顕密を強盛に分別すべし」
法華経を全文読んだだけじゃ正邪の分別はできませんね(^o^)
by:にい | URL | #/pdu0RA.【2007/03/15 09:30】 [ 編集] | page top↑
--そういえば--
フルナさんみたいに、釈迦の法華経で生活した人がいましたね。
宮沢賢治。
人のため世のために生涯を尽くし、悪意はなく、才能も豊かで、しかし最後まで報われなかった。
本人は自分の人生を幸せと感じていたのでしょうね。
ただ惜しむらくは、あと数年長生きしていれば、すばらしい評価を直接受けられたのに。
でも、もしかしたら、長生きしていれば、評価されるのも、それだけ遅くなっただけかも・・・・。
by:市丸 | URL | #-【2007/03/15 09:34】 [ 編集] | page top↑
--ついでに--
選挙啓蒙やマイ聖教が御書とどう関係あるのか説明してくれ。
学者員さん。
by: | URL | #-【2007/03/15 11:19】 [ 編集] | page top↑
----
>にいさん

>議論してたんですか?

そうらしいですw

>フルナさん

読んでますよ。一読だけですが。
方便品と寿量品の自我偈は、毎朝毎晩読んでますけどねw

>市丸さん

フォローありがとうございます。
宮沢賢治は、創作表現が彼なりの化他と捉えるか、もっぱら自行のみだったと捉えるかで評価が変わるでしょうね。
僕は前者であると思いますけど。
もしかしたら、彼の生命は学会員の同志として共に戦ってるのかも知れませんね。

>臆病者(仮)

>選挙啓蒙やマイ聖教が御書とどう関係あるのか説明してくれ。

選挙啓蒙は、王仏冥合に基づく立正安国論の実践。
マイ聖教は、各個人が御書の学習をするのに必須。
統監を除いて、学会は個人主義だからねw
by:にっし~ | URL | #OF4bp5hE【2007/03/15 12:24】 [ 編集] | page top↑
--にっしーが--
苦労しているわけが分かったw
by: | URL | #-【2007/03/15 17:39】 [ 編集] | page top↑
--法華経を捨てた理由--
こんばんは。


これ以上、ここで不毛な議論をするのも気がひけますので、自分の所感をブログに書きました。


3/15 「法華経を捨てた理由」
http://pub.ne.jp/nonpro/
興味のある方はお読みください。


どうも失礼しました。
by:フルナ | URL | #mQop/nM.【2007/03/15 20:30】 [ 編集] | page top↑
--やっぱりね--
法華経を瞑想や思索のみで理解しようとして失敗されたのですね。
やっぱり、と思いました。
結局フルナさんは法華経の表面のみを読んで、その真意を読めなかったのですね。
何故釈迦十大弟子の中でも、智慧第一と言われた舎利弗などの法説衆しか、方便品で成仏しなかったか、良く分かりました。
悪い言葉で言えば、良いサンプルを見せてもらったと言う事です。
しかしその舎利弗でさえも、頭で分ったのではない、と言う事をご存知でしたか?
法華経には『以信得入』とあります。フルナさんは、この言葉の意味を、じっくり考えた方が良かったようですね。
by:市丸 | URL | #vZfFO7vk【2007/03/15 22:51】 [ 編集] | page top↑
--学会員って--
相手を説き伏せようとせずに罵るのが得意ですねw
by: | URL | #-【2007/03/15 23:37】 [ 編集] | page top↑
--ヶヶヶヶ--
>>選挙啓蒙は、王仏冥合に基づく立正安国論の実践。
マイ聖教は、各個人が御書の学習をするのに必須。
統監を除いて、学会は個人主義だから。

選挙のたびに何人かの逮捕者が出る事も立正安国論の実践ですか?

御書を学習する為とならばナゼ、学会員は一人で何部もの聖教珍聞を、お金をわざわざ出して取るのですか??

回答ヨロ。



by: | URL | #-【2007/03/16 00:04】 [ 編集] | page top↑
--名無しの臆病者へ--
>選挙のたびに何人かの逮捕者が出る事も立正安国論の実践ですか?

逮捕されたからといって、有罪であるとは限らない。
有罪であっても、学会の指導違反でもあるので個人の問題。

>御書を学習する為とならばナゼ、学会員は一人で何部もの聖教珍聞を、お金をわざわざ出して取るのですか??

価格が決められているものに対して、その価格に納得したのであれば対価を支払うというのが、経済というものでは?
僕は、親の仕送りで生活してるから一部しか購読してないけど、勤めてたときは切り抜き用に“自分のために”もう一部購読してもいいかと思っていた。
理想は、自宅用、職場用、切り抜き用、会合用、贈呈用xn+1部くらいは取れるようになりたいね。
by:にっし~ | URL | #OF4bp5hE【2007/03/16 11:20】 [ 編集] | page top↑
----
市松=にっし~ですw
by: | URL | #-【2007/03/16 17:15】 [ 編集] | page top↑
----
>>理想は、自宅用、職場用、切り抜き用、会合用、贈呈用xn+1部くらいは取れるようになりたいね。

聖教新聞の購買数が水増しされていることをわざわざ言わなくても…(汗
by: | URL | #-【2007/03/18 03:10】 [ 編集] | page top↑
--創価って--
犯罪者大杉w

1969年 7月13日:公明党の市川元議員(当時学会青年部所属)による練馬区投票所襲撃事件発生。
1969年  11月:創価学会による藤原弘達の著書「創価学会を斬る」に対しての言論・出版【妨害】問題表面化
1980年 8月26日:共産党宮本委員長 【盗聴事件】に関し、創価学会北條会長、創価学会を被告として民事訴訟を提訴
1985年 4月22日:東京地裁 一審判決にて【宮本委員長宅盗聴事件】を創価学会の【組織的な犯行】と断定。
1988年 1月18日:公明党 田代富士男参議院議員【砂利船汚職事件】受託収賄容疑で大阪地検の取り調べ
1988年 4月26日:東京高裁 控訴審判決にて【宮本委員長宅盗聴事件】を創価学会の【組織的な犯行】と【再度断定】
1988年12月  :公明党 矢野委員長【明電工問題】表面化(1989年5月24日 朝日新聞掲載)
1988年12月27日:創価学会は【宮本委員長宅盗聴事件】上告取り下げ(東京高裁判決確定) 敗訴決定。
1989年 6月30日:横浜市旭区産業廃棄物処理場で【1億7千5百万円入り金庫発見】(7月3日 持ち主は創価学会中西元総務と発表)
1990年12月29日:創価学会幹部 福岡市開信寺へ【脅迫電話】 (脅迫電話2週間続く、警察、犯人へ厳重注意)
1991年 2月15日:福岡県教説寺住職國島道保師 創価学会員より【暴行】をうける(通称 三方事件)
1991年 4月13日:創価学会青年部(300人)福岡市開信寺の法要(御講)中、【集団暴行】事件を起こす法華講講頭2カ月の重傷 住職他負傷者多数
1991年 5月 7日:創価学会 【墓苑事業】で23億8千万円【申告漏れ】が発覚(追徴金約7億円 毎日新聞掲載)
1991年 6月17日:創価学会系財団法人「平和墓苑」(はるな平和墓苑)【墓苑事業】で5億7千万円【申告漏れ】が発覚(追徴金約1億5千万円)
1991年 6月27日:三菱商事社長 株主総会で創価学会八尋副会長が【ルノワール絵画取引】に【関与】した事実を公表
1991年 7月31日:創価学会 国際証券より【損失補填】をうけていた事が発覚
1991年 8月28日:創価学会員が長崎市弘宣寺に午前1時頃「住職出てこい、【殺してやる】」と叫びながら、ガラス戸を壊して乱入、警察に現行犯逮捕
1993年 4月 2日:【ルノワール疑惑】の立花玲子・アートフランス社長ら計5名、所得税法違反で東京地検に告発される。
by: | URL | #-【2007/03/18 03:17】 [ 編集] | page top↑
--わはははは--
1993年 4月20日:島根県出雲市の【公明党現職市議】【覚醒剤取締法違反】で【逮捕】
1993年 4月  :長崎県大村市に住む創価学会の圏長、【銃刀法違反】で【逮捕】。
1993年 6月17日:長野県塩尻市の公明党現職市議、【飲酒運転】で【事故】を起こし、議員辞職問題で議会紛糾。
1994年 2月24日:東京地裁で、【創大卒】の【暴力検事】金沢仁に対する初公判が開かれる。金沢被告、【罪状をすべて認める】
1994年 2月28日:【収賄】の疑いで取り調べを受けていた公明党調布市議、【議員辞職願】を提出。
1995年 1月22日:高知城ホールで創価学会問題のシンポジウム開催(北野弘久(日大法学部教授)、内藤國夫、丸山照雄ら出席)、【学会員による嫌がらせ、尾行発覚】
1996年 1月半ば:亀井静香元運輸相を【批判・中傷】するビラが全国でバラまかれる。ビラに記されたファクスの回線の持ち主は元公明都議。長橋孝(67歳)
1997年 1月21日:深夜 神戸市内のゲームセンターで、ポーカーゲーム機を使い現金を賭けゲーム賭博をしていた、現職神戸市議の森和愛(もりかずよし=四期連続当選で同市議会で第一会派である【公明の幹事長】)が、【現行犯逮捕】される。
1997年 1月22日:午後1時 東京地裁第七〇一号法廷で、片上公人参議院議員(57=平成会・【公明】、兵庫県選出)の【強制わいせつ事件】損害賠償請求の公判。
1997年 1月22日:夜、群馬県藤岡市議会の現職「大物」市議(議長ほか要職を歴任)山田稔(旧公明党では県本部幹部も務めた)らが、【収賄】容疑で逮捕される。
1997年 1月23日:大阪地裁で、学会員・坂本広宣に【傷害致死罪】により懲役6年の判決。坂本は1995年10月18日、仲間とホームレスの男性を道頓堀川へ投げ込み【水死させた】
1997年 1月30日:富山地方裁判所(渡辺修明裁判長)、富山市・妙顕寺に対する学会員18名の損害賠償請求を【棄却】。判決では「詐欺行為に該当しない」「不法行為には該当しない」と宗門側を全面支持している。 
1997年 2月 3日:段勲、【創価学会員】による生卵・生ゴミ投げ込みの被疑者を、【器物損壊・傷害罪】(刑法第261条)で告訴。
by: | URL | #-【2007/03/18 03:18】 [ 編集] | page top↑
--でへへへ--
1998年 1月27日:学会末端幹部、【電子計算機便用詐欺(七千万円を着服)】の疑いで、元銀行員のT(42・学会副B担)を【逮捕】財務のプレッシャーからとの事。
1998年 2月22日:未明 東京・亀戸で少年(未来部の学会員)による【警察官襲撃事件】発生。バタフライナイフで右胸を刺す。
1998年 2月23日:静岡県の伊東署、元公明市議の山田喜八郎容疑者(72歳)を【道交法違反(ひき逃げ)】の疑いで【逮捕】。
1998年 2月24日:神戸地裁、病妻を【餓死させた】、兵庫県川西市の前市議会議長・赤井良一被告(62歳・【公明】)に対し、「人間の尊厳を無視した犯行」として【懲役三年の実刑判決】を下す。
1998年 3月18日:2月22日の学会員の少年(中3)による【警察官襲撃事件】で初等少年院送致の処分を決定。
1998年 3月18日:岐阜県岐阜市で創価学会員同士の【殺人事件】が発生。岐阜市職員園部信次容凝者(37・岐阜市加納長刀堀)と共犯の会社員、
片山靖之容凝者(40・同市加納鷹匠町)園部容疑者の父親(71)は、昭和50年から4期連続務めた元公明党岐阜市議(4/24逮捕)
1998年 5月13日:長野県伊那市の飯島尚幸(ひさゆき)市議(53・公明)、殺人容疑で公判中の【山口組傘下の小林組の暴力団員】の情状証人として長野地裁に出廷、
【熱弁を振るって被告を擁護】する。(5/17飯島尚幸市議(公明)、議長に辞職願を提出し、受理される。)
1998年 5月25日:東大阪市の寺崎勝泰・市議会議長(57)と西井育雄・「公明」副幹事長(53)の2人、【引責辞任】。【職員採用の口利き】と【健康保険の不正受給疑惑】
1999年 2月18日:埼玉県警暴力団対策2課と久喜署、交通人身事故をめぐりけがの程度を軽くする診断書作成にかかわったとして、虚偽診断書作成、同行使の疑いで、
高野博師参院議員(公明党、埼玉選挙区)の公設秘書下田幸正(29)、整形外科病院長M・A(57)、菖蒲町議松浦利一(69)、会社員Y・K(26)、無職O・I(66)の各容疑者を逮捕。

by: | URL | #-【2007/03/18 03:19】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。