スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
なんでアンチがいやになったんだっけと考えてみる
つらつらと思い返してみるに、アンチが嫌になっちゃったのって、
人間の向上心を否定してるってわかったからなんだよな。
結局、アンチの心の奥底にあるのは、人間の弱さなんだわ。
その人間の弱さを肯定してしまったら、
おしまいだと思うわけ、俺的には。


自分の弱さを認識した上で、それを否定し向上心を持つこと。
今日は、昨日の自分とは違う一歩を踏み出すこと。
馴れ合いではない自分なりの価値観を持つこと。
環境や他人に責任を転嫁しないこと。
創価学会や多くの学会員に対するアンチテーゼは、
上に挙げたようなことが主だと思ってたんだな、僕は。


学会員は組織に依存している、
だからそうではない一人になろう。
学会員は馴れ合っていて個として存在出来てない、
だからそうではない一人になろう。
創価学会を卒業して、より優れた人格を磨こう。
そんな前向きな強いメッセージを発信してこそ、
アンチの意味があるだろう。


でも最近は、そんなこと言うアンチは居なくなった。
「悩みをもつのが自分だけじゃなかった」ということだけが
今のアンチの連帯の核となってるんだな。
実はこれが弱さの源でしょう。
自分と同類を探してくっつきたいという心理です。


僕がアンチの片棒を担いでいたとき、まだアンチの中には、
「創価学会問題から目を反らさず、あなたが考え抜け」
というメッセージがあったと思う。
学会の書物も、アンチの書物も、両方読んで考えろ。
考え抜くことによって、自分なりの結論を出せ。
そんなことを言っていた。


最近の潮流は、
「学会については考える必要もない、放棄せよ」
というのが主流だろう。
「僕らは学会について考えることで苦しめられてきた。
もう考えることをやめよう」
そんな思想が蔓延し、古参のアンチもそれを許してる。
「悩みをもつのは自分だけじゃなかった。
もう学会について悩まなくていいんだ」
と、安心させることが、その人を救うことでは断じてない。
彼らは創価学会の書物を読むと、
「創価脳」になるくらいのことを言うけど、
どこの新興宗教だよ、って僕は思う。


「調べて調べて考えて考えて自分なりの結論をみつけよ」
アンチがそう主張し続けていたのならば、
僕はもしかしたらまだアンチの味方をやってたかもしれない。
考え抜け、悩み抜け、そんな言葉はもうアンチから聞こえなくなった。


確かに創価学会批判の体裁をとるブログは増えた。
でも、多くは自分のことしか頭にない者ばかりじゃないか。
ネットに参入する敷居が下がったことで、
批判者全体の質も下がったのかもしれないが、
古参のアンチの主張としては、それを許してはならないでしょう。
なぜかならば、それを許せば
「学会員は修行中の身であるから云々」
と言う学会員を許すことになる。
学会員は「いろんな人がいるから」を言い訳として使うし、
このことをアンチは責めていたはずじゃないか。
でも今や、アンチだってそう言わざるを得なくなってきた。
(これらの状況を俯瞰的に眺めると、
昔、僕が学会問題として考えていたものというのは、
ある一定数の人間が集まると必ず起きる問題だと
捉えるのが妥当だと今は思ってる。)


実際、結局こうなってくると、
古参のアンチはどっちを取るかということになる。
未熟なアンチを認めるか、認めないか。
認めなければスジは通せるが、少数派となる
(少数派となれば「少数派の我々の正しい意見が
通らないから社会は悪」という外山恒一の主張と同じ構造になる)
認めれば創価学会と同じになる。


まあ、今考えてみると結局、
なんだかんだ言っても僕はこれを「認めた」んだな。
認めたから創価学会と同じになってしまい、
創価学会を批判できる立場になくなったわけだ。
僕はスジを通すのをあきらめた軟弱者かもしれんが、
でも実際のところ古参のアンチもあきらめてるでしょ?
「放棄すること」を認めた時点で、僕はそう思ったな。
でも僕は「認めた」としても、弱さを肯定してはいないから
「弱さは悪だ、強く生きよう」と言い続けている。


アンチであってもシンパであっても、あんま変わらないかもよ。
だったら、学会員のままでも全然いいじゃん、と思うわけ。
僕は「強く生きよう」というメッセージを発したいと思うけれど、
アンチの陣営に居てそれを主張するよりも、
シンパの陣営に居てそれを主張していた方が自然だしね。
創価学会の思想と僕の思想は、方向性として合致するんだもの。
やっぱくるっとまわって、今のポジションに居るんだよな。
スポンサーサイト
【2007/03/30 10:25 】 | 未分類 | コメント(11) | トラックバック(0) | page top↑
<<愉快にやりゃいいじゃん | ホーム | なにかを書くことで既に外山恒一の片棒をかつぐようですが>>
コメント
----
「逃げてもいいんだよ」
「弱くてもいいんだよ」
どう言おうが、どうしようが、個人の自由です。
で、逃げたその後どうするんですか?
弱さをどっぷり認め、泣いたその後、
あなたはどうするんですか?
いつかは必ず自らが決めて成した事の精算をしなければならない、それが人生だ。
それを分かっているから、
孤独を恐れ、ネットで同類の輩と出会い、
同情しあって安心しているのでしょう。
でも現実のこの社会の中で、どう生きていきますか?

創価学会の信仰の実践は仏道修行です。
「仏になる道」が甘く弱く優しく、
簡単な訳ないじゃないか。
逃げたくなるような辛い道。
でも逃げてどうする?
その後どうする?
人生は果てしなく長いよ。
私は死ぬまで仏道修行をやり抜くと自分に誓っている。
辛くたって、とことん明るく楽しくやり抜くよ。
修行だ。
辛くて当たり前じゃないか。
楽して簡単に
プロの陶芸家になった人はいるか?
楽して遊びながら、ちゃちゃっと書いて
一流の詩人になった人はいるか?
大変だねえ、もっと自分を甘やかそうよとやっていて
トップ・バレリーナになれるかい?

修行じゃないか。
仏道修行から逃げ出すような軟弱モノが、
何者かになんてなれるか!
「いいんです、私たち、一生平々凡々で」
「弱くていいし、ずっと逃げ続けてもいいんだもん、
ね、ねっ、そうでしょ? 私まちがってないよね?」
とか言うんでしょうね。

一生、言っていやがれ。
by:photochika | URL | #-【2007/03/31 01:40】 [ 編集] | page top↑
----
アンチに対してなんでここまで必死なの?
by: | URL | #-【2007/03/31 08:44】 [ 編集] | page top↑
--アンチの一凶--
「向上心の否定」っていうのは、まさにアンチの一凶でしょうね。

確かに、ちょっと疲れちゃった人に、「少し休みな」「無理すんな」っていうのは、あってもいいと思います。
でも、それと甘やかすのとは絶対に違うでしょう。
その区別だけは、はっきりさせないといけない。

僕が、個人的に雪解けしてるアンチの方々は、その区別はできていると思います。
少なくとも、少数派になる覚悟はしています。
まぁ、そこが以前のgizmoさんとダブったって面もあったんですけどね。僕の見立てでは。
もっとも、僕は自分をそんなに信頼してる訳でもないですがw
by:にっし~ | URL | #OF4bp5hE【2007/03/31 10:27】 [ 編集] | page top↑
----
正本堂。
みんなで祈れば
大崩壊w
by: | URL | #-【2007/04/01 20:11】 [ 編集] | page top↑
----
ワラタww
by: | URL | #-【2007/04/01 23:43】 [ 編集] | page top↑
--アンチシナプスの場合--
>自分の弱さを認識した上で、それを否定し向上心を持つこと。

私の場合は否定はしないですね。
認めた上で、向上していく。でしょうか。
自分を過大評価してしまうのも好きではありません。
そのままの自分を認めてからじゃないと
前進できないタイプなんで私。
とても個人的な意見ですが。

あと逃げることも一つの道だと思うのですよね。
逃げた結果に責任を持てれば良いと思います。それも一つの学びです。
逃げた経験があったほうがいいのかなって
思うほどです。
強くなれますから。

お久しぶりですね。
2005年ぶりですね。私のこと覚えてますか?
アンチ時代はお世話になりました。
実は、とても気になることがあって、書き込みをさせていただいているのです。
それは
「ダイエットの戦い」ブログです。
もう、終わっちゃったのですか?
結構ロムしているのですが。
あ、私の書き込みは無視しちゃってください。
ただ、ダイエットの戦いが気になったので
気まぐれに書き込みさせていただいているだけですから。
元気そうで何よりです。
by:シナプス | URL | #-【2007/04/02 16:32】 [ 編集] | page top↑
----
>シナプスさん


お久しぶりです、覚えてますよ。お元気ですか~?
無視しちゃってくださいとのことですけど、
なんだか懐かしくてレスしてます。
最近、低レベルのアンチさんばかりで、
放置がデフォルトなんですけどね(笑)。


>逃げた結果に責任を持てれば良いと思います。


逃げても逃げなくてもどうでもいいですけど、
結果に責任を持てればたいしたもんだと思います。
そういう人は、誰に何を言われても揺らがない
自分なりの価値観を持っていることでしょう。
そういう人は尊敬出来ます。
というか、そういう人は「逃げた」という表現が
ふさわしくないかもしれませんね。
自分が「逃げた」と少しでも思っている以上、
それは「逃げた」ってことなんですよ、きっと。


>「ダイエットの戦い」ブログです。


また懐かしいこと思い出させてくれますね~(笑)。
ありゃ、いまんとこ終わっちゃってます。
まあ僕も気まぐれな性格なんで、
気まぐれに更新するかもしれません。


しかし、懐かしいなあ。もう2年になるんですね。
もしよかったらこれからも気まぐれに書き込みしてくださいよ。
当時仲良かった人は誰もこちらに来てくれませんし、
寂しいもんですよ(笑)。
by:gizmo | URL | #-【2007/04/03 01:25】 [ 編集] | page top↑
----
その低レベルな質問にも答えられない学会員。
by: | URL | #-【2007/04/03 17:52】 [ 編集] | page top↑
--こんばんは--
gizmoさん、有り難うございます。
レス期待していなかったのでうれしいですね。

>最近、低レベルのアンチさんばかりで、
>放置がデフォルトなんですけどね(笑)。
ここに書き込みしてくれた人に
喧嘩売ってるように見られますよ。
相変わらずだなぁ。
自分、レベル低いんで書き込みしにくいんスけど。

ダイエットの戦いブログ、気まぐれで更新されるの
気まぐれに楽しみにしています。

また、コメントさせてもらいます。
by:シナプス | URL | #-【2007/04/03 23:24】 [ 編集] | page top↑
----
そうかがっかり
by: | URL | #-【2007/04/04 17:45】 [ 編集] | page top↑
--w--
by:シナプス | URL | #-【2007/04/06 16:17】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。