スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
『めちゃイケ』を見て凹む
俺には珍しく、凹んでいる。きっかけはわかってる。
ニコニコ動画で『めちゃイケ』4月14日放送分を見たからだ。
鈴木紗理奈がどっきりで騙されるという企画なんだけど、
えげつないというか、やりすぎというか、
なんだか人間の黒い部分を見せられちゃった感じで、
元気が吸い取られてしまったんだ。
あらすじを書いて紹介するようなものでもないんで、
興味のあるひとはニコニコ動画でもyoutubeでも探してください。
でも、グロにも匹敵するほど悪趣味、そう、悪趣味なんだわ。


でも、人ごとじゃないんだよ。
人を不安にさせておもしろがるという気持ちは、僕にもある。
そのボーダーラインってどこなんだろう。
一ヶ月もの間、人間の信頼感を奪う冗談ってアリだろうか?
人の生死をネタにして騙すのってアリだろうか?
僕は『めちゃイケ』をいつも見てたわけでもないし、
鈴木紗理奈を知っているわけでもないけれど、
そもそも、好きなことに対して真摯になることの、
どこに責められるところがあるのだろう。
岡村はそれがキャラなのかもしれないし、
番組自体のコンセプトがそうかもしれないけれど、
だったら「メンバー」ってなんなんだろう、と思う。
なんだか考えを辿っていくと、嫉妬心に結びつく気がする。


もう二度と信頼関係を築く気持ちがないと
覚悟して、決別するのとはわけが違う。
もしこの「メンバー」を続けていく気があるのならば、
やっちゃいけないネタだったんじゃないか。
もし僕が鈴木紗理奈の立場だとしたら、
最後のネタばらしをされた以降は、
しらけるというか、がっかりしてメンバーを見下す気がする。
連帯感が取り戻されることはなく、
「仕事」として割り切ってしまうな。
それともあの「メンバー」はみんな既に
「仕事」として割り切っているのだろうか。
鈴木紗理奈がお笑いを「仕事」と割り切ってしまい、
音楽を好きで、本気でやりたいと思っているなら、
お笑いを捨てることになんの抵抗もなくなってしまう。


かといって、『めちゃイケ』はけしからんくだらないと、
最初から汚いものでも見るようなわかったような意見も、
僕はどうも苦手なんだ。
「これだから『めちゃイケ』は…」というようなね。
ああいう「メンバー」のノリは好きなんです、僕だって。
メンバー内で罰ゲームを設定して、
負けて痛い目にあってるヤツを笑うみたいなね。
悪趣味と言われるかもしれないけれど、
「マジっすかー」「やめてくれー」とか言いながらも、
実は本人も楽しんでるからね。
そういう内輪の楽しさを、たとえば
「教育によくない」とか「いじめを助長している」とか、
そういう正論に無理矢理結びつけるのは好きじゃない。
でも、この延長線上に今回の企画があったということも事実。
だからボーダーラインってどこなんだろう、と思う。


まあバラエティはくだらない。くだらないけれども、
もしその番組を見たなら、そこからなにかやっぱり掴みたい。
たとえば、これを面白がって見る人間がたくさん居る。
そんな人たちが日本の社会を構成してるんだ。
バラエティというスキンを被っていれば「面白かった」と言う。
読解力のスタンダードもここにあるということなんだ。
放送作家の書いたあんなシナリオが受けるということなんだ。
それが現実。


もちろん自分の訴えたいことを含ませながら、
ものをクリエイトしていかなければならないのだけれど、
世間受けさせるということは大衆に媚びるということでもある。
読解力ある一握りの人のためだけに、
ものを作ったとしても、はっきりいって売れない。
大衆受けするスキンをかぶせなければ。
そういう「仕事」をするなかで、
作り手として長くやっていくには多分、
芯だけは捨てない誓いが要るのだろう。
仕事なのだから「仕事」として割り切ることも必要。
そんな中でも、胸の奥に凛と立っているなにかを失っちゃいけない。
失っちゃったらつまんなくなっちゃう、たぶん。


蓮華は泥の中にあっていいんだよな。


あー愚痴った(笑)。
「つたなき者のならひは約束せし事をまことの時はわするるなるべし」
凹んでるときが「まことの時」なんだわ。
愚痴を言うことが謗法で、前を向くことが正法です。
凹んでいるときは、正法を忘れがちであります。
スポンサーサイト
【2007/05/11 13:48 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<現実を変える力のための道具 | ホーム | 令顛倒衆生 雖近而不見>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。