スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
80歳自転車日本一周の原野さんの言葉
80歳になって自転車で日本一周を目指し、先月、
ゴール直前で亡くなった原野さんのことを取り上げた、
NHK「クローズアップ現代」の放送を観た。


こういう人は立派だなと思ったわけです。
以下は原野さんが旅行中に書いた日記から、
放送で紹介されたところですが、やっぱ良いこと書いてる。


「人生を過ごすのに年齢ではありません。
毎日毎朝、目が開いたら今日一日の私の青春。」


「人生は常に挑戦の姿勢で生きることだと信じています。
楽しく生きていくにも、喜びに満ちていくにも、
考え一つで変わっていきます。
一歩前に進む勇気があれば、
答えがおのずと生まれてくるのではないでしょうか。」



僕ら若い世代が、こんなメッセージを受け取って、
どう考えてどう行動するか。
覚悟は持っているか。
愚痴っていないか。
せっかくこの世に生まれてきて、その生を無駄にしていないか。


自分のことを不幸だと評することは、恥ずかしいことだと思う。
なにがあっても一生挑戦の姿勢で青春を謳歌していきたい。
たとえ80歳でもその姿勢を崩さないこと。
これこそ手本だ。
「仏」とはこういう姿勢を貫く存在だろう。
まぎれもない「一生成仏」の姿だと思うんだな。
スポンサーサイト
【2007/07/28 10:40 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<勝ったどー! | ホーム | 「しょうがない」の意味は?>>
コメント
----
創価大惨敗。

いやー、めでたいなw
by: | URL | #-【2007/07/30 23:22】 [ 編集] | page top↑
----
「掃き溜めに気違い」

意味:創価の文化会館にはやっぱり気狂いしかいなかったというオチ
by: | URL | #-【2007/08/04 07:37】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。