スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
本当に客観的であるかどうか
ひさしぶりにほぼ日なんかを見て、
ダーリンコラムを読んだりしてみた。
さすが糸井重里は糸井節でいいこと言う。


http://www.1101.com/darling_column/2007-08-06.html


俺の言いたいこともこういうこと。
格差だなんだかんだと、今の時代を悪く言うけど、
やっぱそれってちょっと贅沢なんじゃないか、って思う。
社会に対してもそう。
宗教に対してもそう。
創価学会に対してもそう。


現代のそれを嘆く人がとっても多い。
「昔の創価学会はまだ良かった」
と言う学会員も多いけれど、ホントかね。
なにごともトレードオフで、
何かを得ると同時に何かを失っている。
それを知ることが出来ることが、
客観的とも言えるのだろう。


自らを「客観的」と称する人ほど、
なんらかの思惑に支配されているように思う。
誰かのなにかの思惑に荷担していることに
気づかずに、いわゆる「良いこと」をしていると
思いこんでいる場合が大いにある。
自分は無宗教だと安心している人ほど、
なんらかの宗教に囚われているのではないか。


本当に客観的な視点を持ち、
そこで何が行われているのか、
どういう仕組みになっているのか、
見極めた上で、なにかのポジションを
採ることが出来てはじめて、
責任ある市民といえるのではないか
(というわけで、僕は学会員ですw)。


無責任で無意識の荷担ほど、たちの悪いものはない。
「早く気づいて欲しいです」などと言ってのける
訳知り顔のインテリこそ、現代における愚衆かもしれない。




あ、あと付け加えで、この記事。


http://www.1101.com/darling_column/2007-07-30.html


宗教ってものは、ここで言う「一本化」のことなんだよね。
「一本化」は使い方が大事ってのは、
僕が昔から言ってることと同じ。
宗教ってのは人生をわかりやすくするツールです。
バカと宗教は使いようってなとこですよ。
スポンサーサイト
【2007/08/23 11:13 】 | 未分類 | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
<<組織がでかいとバカも出てくる | ホーム | 創価の思想>>
コメント
--無責任だしお気楽だ。。。--
「悪くなった~」って感じるのなら、
それがイヤだとか辛いとか思うのなら、
良くする努力をするだけだと思う。
すごくシンプルな事なのに。
努力とか頑張ったりしないからなあ。
で、文句ばっかり言ってる、書いてるし。

悪いところばかりあげつらって、
よくもまあ、これだけ揚げ足取れるよなあ、って事
ばっかり。
自分は何にもしないでいばってる。
不幸自慢ばかりだし。
幸せな人だと仲間に入れないね^^。
不幸って楽なんだろうなあ、なんて
引き込まれそうになったりして^^。

偉そうに文句ばかり言ってるのって、
ホントに無責任だし、お気楽だ。
その楽さ、覚えてしまったらなかなか抜け出るの
大変なのかな。

「気付け、気づけ」って乱暴だと思う、ホント。
自分に言ってろよな。
by:photochika | URL | #-【2007/08/23 11:46】 [ 編集] | page top↑
--時間あるし書いちゃおう--
と、いうことで。

gizmoさん
>バカと宗教は使いようってなとこですよ。
同感同感。んでもって、「昔は良かった」と言う大人になりたくないと思ってたし、今でもそうかな。
ただし、「昔は違った」なら可か?(笑)。
 
photochikaさん
いろんな人がいるのでその辺はわかったうえで書くつもりですが
例えばphotochikaさんは公明党は支持しないと組織で表明し、それを組織にも受け入れてもらってる(あきらめられてるとも言うのか?)みたいですね。フラフラしてて見かけました。
仮に世に言う?バ幹部がそれを許さず、徹底的に指導として公明党支持すべきと言われ続け、また周りに理解者がいなく、なおかつ内向的な性格で「上へ上へ訴えかけていくタフネス」が持てなかったとしたら。

 
結構しんどいと思います。

確かに「気づけ・気づけ」なんて言われると僕でもムキになっちゃうと思いますが、「不幸自慢」ばかりでもないと思います。
by:犬のメメ | URL | #-【2007/08/23 19:25】 [ 編集] | page top↑
--犬のメメさん。--
メメさん、ご無沙汰してます、こんばんは。

私ね、とっても努力して戦っているんですよ。
幹部であろうが、誰とであろうが。
強くないとやっていけない。
組織でだって、仕事だって、人生だって。
強いから楽しいし、自由なんです。
私、写真を撮るということだけで、20年食べているんです。決まった給料日も有給休暇もボーナスも無し。
何の保証もない自営業で、これからももちろんずっと一生続けていきます。
写真撮るのが大好きだから。
大好きなものは頑張れる。
創価学会も大好きなんです。
大好きだから戦える。

「タフネスが無い人」はどうぞ、
嘆きながら生きていきなさい。としか言えません。
ただ、リアルで相談されれば、
そりゃもう親身になって話しを聞くし、
アドバイスもするし、解決手段を一緒に考えます。

>仮に世に言う?バ幹部がそれを許さず、徹底的に指導として公明党支持すべきと言われ続け、また周りに理解者がいなく、なおかつ内向的な性格で「上へ上へ訴えかけていくタフネス」が持てなかったとしたら。

メメさん実際にされたことあるんですか?
見たことあるんでしょうか?
徹底的な指導ってなんでしょうか?

私は誰よりも題目をたくさんあげているという
自負があります。
「私より題目たくさんあげてから、
また来てください」と大きな声で言えます。
「公明党支援はしません」とどこでも言えます。
言えるだけの事をしているし、
どんな時でも堂々としていたいと自分に課しています。

学会組織の中で強くなれない人は、
どうか家にこもって一生懸命題目をあげてください。
一日3時間、一年間続けられれば、
どんな幹部だって恐くないですよ。本当です。
御書をたくさん読んでください。
恐いものなんかなくなりますよ、本当です。
何にもしないで、嘆いていちゃダメですよ。
せっかく信仰し、ご本尊があるのなら、祈らなきゃ。
しんどいから、祈らなきゃ。
しんどいからって、嘆いていても何も変わらないです。

こんな感じです。

by:photochika | URL | #-【2007/08/23 22:41】 [ 編集] | page top↑
--お互い--
変わってないですね。
噛みあわなさも(^-^ゞ

えっと、念の為。
僕はギズモさんやフォトチカさんの生き方って好きです。強さは確かに魅力です。
でもね、そんな人ばっかじゃないと思うんですよ。
ま、こっから先もお互い相変わらずか。久々に懐かしい感じでした。ありがとう(^-^)/
by:犬のメメ | URL | #-【2007/08/24 00:33】 [ 編集] | page top↑
--あれ~?--
メメさん。。。
噛み合ってないんですか。。。?
って、分からないところがすでに噛み合ってないのか。

もちろん、みんな違いますよ。
私は他人に自分の生き方を押し付けたりしませんよ。
こういう生き方もありますという
私のメッセージを発信です。

そんな人ばっかりじゃない、なんて分かっていますよ。
分かっているから一生懸命言ってるんです。
強い人ばかりだったら、
わざわざ強い口調で言うもんですか^^。

こちらこそ、ずっとありがとうございます。
メメさんには感謝しているのですよ。


by:photochika | URL | #-【2007/08/24 00:56】 [ 編集] | page top↑
--やっぱりいるものですね--
自分の弱さを棚に上げ、強く生きている人を蔑む事を以って正論だという人。
そんな人って、結局一生愚痴と文句で終わって行くのだと思います。
でも、愚痴を言い続けるのって、そのタイプの人にとっては、とっても居心地が良いみたいなんですよね。
何でだろう?
成長を忘れた姿って、はたから見てたら滑稽でも、本人にしてみれば、愚痴る事を精一杯やっているから、やっぱり精一杯生きてます、ってなっちゃうのかしら。
あ、気にしないで、独り言です。
by:市丸 | URL | #vUwGk00A【2007/08/24 08:25】 [ 編集] | page top↑
----
フォトチカさん
噛み合ってないわけじゃないですかね。すれちがってるって感じかな。
ではでは
by:犬のメメ | URL | #-【2007/08/24 09:28】 [ 編集] | page top↑
----
>宗教ってものは、ここで言う「一本化」のことなんだよね。

まぁ、よく「二兎を追う者は一兎をも得ず」と言われてますよね。
学生部結成50周年記念指導集では、次のような池田先生の指導が紹介されています。
学生部懇談会で女子学生の「『二兎を追う者は一兎をも得ず』と言います女子部や学生部以外にも、学校の自治会の役員や、コーラスなどにも取り組んでいますが、あまりに忙しくて、どれに本腰をいれればいいか、分からなくなってしまいます」という質問に対して、池田先生曰く、

たしかに、「二兎を追う者は一兎をも得ず」と言われる。しかし、力があれば、百兎でも千兎でも追いなさい。
(中略)
皆さんも、今いる立場で、自分自身の課題に挑戦していきなさい。そして、一つ一つ、着実に乗り越えていきなさい。焦る必要はない。
ただ、一番大事なのは、“信心の一途”である。信心を貫いていけば、生活のあらゆることも、道が大きく開けてくる。
思い切って信心に取り組み、勉強にも活動にも、縦横に挑戦して、最高の青春を送っていただきたい。

それにしても、この質問した女子学生は凄いですね。
僕が現役学生のときは、勉強と学会活動でアップアップでしたし、勉強の方は2年余分にかかってますしねw
部活動もやってましたけど、学内の中心的役職についてからは、ほとんど出なくなりましたし。
by:にっし~ | URL | #OF4bp5hE【2007/08/24 12:33】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。