スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
組織他力信仰
念仏系とかの他力信仰の人っていると思うけれど、
まあわからんわけでもないのよ。


「僕らはみんな、大いなる自然に生かされている。
だから大いなる自然に抱かれた安心感を抱きながら、
今、自分の出来ることをやろう」
って感じの運用のしかたをしてると思うんだ。
それで元気になれるんだったら、全然オッケーだと思うよ。


で、
多くの創価学会員は、教義なんてどうでもいいと思っていて、
創価学会という組織を信じてるとも言えるわけなんだけど、つまり、
「僕らはみんな、大いなる創価学会に生かされている。
バックに巨大な組織がついている安心感を抱きながら、
今、自分の出来ることをやろう」
って感じの運用をしてるわけ。
それで元気になれるなら、結果オーライなんですわ。


さて、現実を考えたときに、あてにならない大自然と、
もしかしたらあてになるかもしれない学会組織、
どっちを信じる?
って話になるわけよ。


もしかしたら頼れるかもしれないモノ、持っててもいいんじゃない?
二世三世なんて、せっかく頼れるモノがあるんだから、
わざわざ苦労してほっぽりだすこたぁないと思うよ。
誠実だろうと不誠実だろうと、自己満足でしかないし。


俺は、どうでもいいことには手を貸さないし、
積極的に活動はしないけど、
こんな俺だって学会員が困ってたら協力するよ。
題目送っちゃうよ。
いいじゃん、助け合い。


もちろん学会だって潰れるかもしれないけどさ。
潰れたらそのとき考えればいいじゃん。
箱が潰れたって、人は残るよ。
スポンサーサイト
【2005/10/30 07:33 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<南無妙法蓮華経というプロトコル | ホーム | 悩み発生装置>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。