スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
創価学会を支える学会員
内部にせよ外部にせよ、
以前いわゆる学会活動をして辞めた者が、
いわゆる活動に熱心でない者を、蔑みバカにする傾向がある。
いわゆる学会活動に熱心でない学会員のことを
凹ませることを狙っているのだと思うが、
耳を貸す必要はないと思う。


いわゆる学会活動なら、僕は特に熱心ではないが、
僕は社会に出て仕事をし、社会活動している。
こんな僕のような学会員がゴマンと居る。
学会を支えているのは、実はこういう学会員だ。
萎縮する必要はない。
自信をもっていい。


社会でカネを稼ぎ、幸せをつかむ。
余裕があれば捨ててもいいと思う額だけ財務をする。
それで十分だ。
十分でないという学会員がいるなら俺が破折してやるw


財務部員は、学会の組織を資金の面から支えている。
だから、胸を張っていい。
では、いわゆる学会活動を頑張っている人に比べて、
ツライ思いをしていないかといえば、そうじゃない。
社会で戦っていくというのは、いわゆる学会活動以上にツライ。


学会の組織の内部での場合、
学会員は組織によって守られている。
いわゆる学会活動というのは訓練でしかない。
実際の社会での仕事が本番だ。


僕ら、社会で戦っている学会員が、
なぜ組織を守りたいと思うのかといえば、
そういう訓練の場所を維持したいがためだ。


今日も組織の内部の、未熟な学会員がミスを犯し、
社会においての創価学会の評判を下げる。
そしてその泥を、僕らがかぶる。
それでいい。
そんな未熟な学会員も、前を向こうとしている。
試行錯誤を繰り返し、いつか立派になれるはずだ。
それを信じて、僕らは悪口罵詈に耐える。
十分、いわゆる活動に匹敵する「行」だ。


僕らのような学会員が、創価学会を支えている。
これは疑いようのない事実であり、僕らのことが
気にくわない輩でも認めざるを得ないだろう。
いわゆる活動している者が上、
いわゆる活動していない者が下、
なんてそんなことはあり得ない。


そんな上下の感覚があったからこそ増上慢となり、
果ては、いわゆる学会活動をしていない者を、
蔑むようになってしまったのだろうな。
スポンサーサイト
【2008/01/30 19:02 】 | 未分類 | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
<<自称元活動家 | ホーム | なにかで勝て>>
コメント
----
「私は活動家でした」
自称元活動家がネットでウヨウヨしていて
気持悪い。

もっと気持悪いのは、
自称活動家の告発に躍らされている、
学会員でもないしなんだかわからん、似非キリスト教者。
なにをはしゃいでいるのだ。
そんなに学会が好きか?
だったら入ってみろ。

ふむふむ、そうですか。。。
ええっ! そんなことがあるのですか。。。
おぉ、そんなことしているのですか、創価学会。。
むっ、その情報は是非とも私の所で引用させていただけますか。。。

バカ丸出し。

リアルで学会員と対話し、
現場に顔出せバカ。
ネットで何が分かると思っているのだ。

創価学会なんか放っておいて、
自分の足下を見つめろよ。

大丈夫か? イエス・キリストは?

by:photochika | URL | #-【2008/01/31 01:51】 [ 編集] | page top↑
----
  gizmoさん、おはようございます。
活動をしている者が上・・・という考え方、色んな意味でネットで目にするような気がします。
退会した方の発言でも、です。
「活動しないからこう言われた。
活動をしないと、こう見られた、こう言われた。」等。
それを見て、「創価学会員ってこうなんだ」と思い込む方も出てくるでしょうし、余計に広がるのかもしれませんね。( ´Д`)=3
もし、「活動をしてないとだめだ」と”しか”言わない方に出会ったとしても、=創価学会員全員がそうだとは限らないと思うんですよね・・・。
それはそう発言する方の考え方だと思うし。
その言葉等に囚われ過ぎると、萎縮してしまうのかもしれませんね。

  ところで、先日テレビで、牛角という焼肉店についてやっているのを見ました。
ロムの方にも見た方がいると思いますが、そこでは、クレームを大事にしているそうです。
クレームをなくすように努力し、クレームは会社をよくするためのものだと。
社長が会社を興したばかりの頃は閑古鳥が鳴いていたお店にお客さんを呼ぶために、「クレームを言ってくれたらレジで300円値引き」をやり、今の規模にまで会社を大きくしたそうです。
会社が大きくなると、隅々までいきわたらない事も出てきます。
それでも当初の理念で続ける努力を・・・というのをやっていました。
学会にダブりました。


  photochikaさん、おはようございます。
ネットは、玉石混合ですね。
玉をちゃんと見分けて見つけないとだと、いつも感じます。
ネット=全てが嘘ではないけれど、学会員のなりすましも流行る昨今、どうなのかなこれって???と感じる事もしばしば。
  例の大会がある等についてですが、別な場所ですでに見てたので、ひさ~しぶり~にネットサーフィン(死語かしらんw)した時に、それがある事の情報の書き込みについて見ても、だから何だろな・・・と感じました。
私も末端だからかもしれないけど、上記についてはネットで見ましたが、私んとこでは、特に、「知り合いがいたらこうしてあーしてこうしましょう」とか全く言われていないし、そういうのが入ってきません。(^^;)
なんかあった時に回ってくる連絡でも、そういうのないんです・・・。
でも、↑については、情報=ネタ=その他等を欲しがる方々には、すっとばされてしまうんだろうなぁと思います☆(^^;)


by:風凛 | URL | #kVP5JqGo【2008/01/31 09:20】 [ 編集] | page top↑
----
学会活動はあくまでも“訓練”であって、その得たるところを現実社会に活かしていなければ、何の意味もありませんよね。
だから僕は、会合で見る姿よりも、家庭訪問での姿を重視しています。
会合って、結構テンション高まったりしますしね。
家庭訪問に熱心でない幹部は、信頼するに足りません。
家庭訪問よりも、会合を重視する幹部は、gizmoさんのようなメンバーを軽視するでしょうね。

放っておいたら、組織はそうなりやすいですから、心がけていきたいものです。
by:にっし~ | URL | #OF4bp5hE【2008/01/31 10:47】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。