スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
自称元活動家
コメント欄にphotochikaさんが書いたように、
インターネットでは自称元活動家がウヨウヨしてる。


あたかも体験したかのように書くけど、
ネットに転がってる情報を寄せ集めて
切り貼りしてるだけかもね。
目的のためには手段を選ばないよねえ。
平気でウソだってつくよ。


本当に活動していたのか、あやしいもんだ。
「私、活動家でした」と言えば、
それで活動家の発言とされちゃう。
インターネットってそんなもんだわ。


あ、僕はれっきとした元アンチですよ。
gizmoというハンドルで、
アンチなことを書いてましたし、
アンチな掲示板も運営してました。
過去のアンチな発言は、まだネットに残ってますw
(ブログが消えちゃったのは残念ですが…)


アンチの元気のなさ、意地汚さに、
嫌気がさしてやめました。
彼らは学会のこと学会員のことを指して
悪口を言うけれど、実は自分たちのことを
言っているんだと気づいたんですね。
学会組織の重箱の隅をつついているくせに、
その重箱の隅のやり方を引き継いでいる。
彼らこそ、マインドコントロール的手法を多用します。


創価学会を知らなくてもアンチは出来ます。
そこらへんに転がってる自称元活動家の言葉に、
適当に憶測を加えて書けばいっちょあがりです。
インターネットのアンチなんて、そんなもんです。
だまされないようにしたほうがいいよw
スポンサーサイト
【2008/01/31 09:09 】 | 未分類 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
<<人の上に立つということ | ホーム | 創価学会を支える学会員>>
コメント
--あ、これ。--
  gizmoさん、おはようございます。


>創価学会を知らなくてもアンチは出来ます。
そこらへんに転がってる自称元活動家の言葉に、適当に憶測を加えて書けばいっちょあがりです。

↑あぁ、これって分かります。
本人は特に学会絡みで何もないのに、ネットの言葉だけ見て、色々おっしゃる方実際にいますから。w

  あと、以前のブログ、エラーか何かで消えたのかな???
gizmoさんが削除したのかなぁと思って、残念でした。(・ω・)
gizmoさんが言ってる事の本質って、アンチ時代も今も変わってなくて、ぶれてないよなぁって思うんですよねー。
by:風凛 | URL | #kVP5JqGo【2008/01/31 09:49】 [ 編集] | page top↑
--はいはい--
創価思想
創価思想ww
by:gizno | URL | #-【2008/01/31 17:18】 [ 編集] | page top↑
----
創価の連中は、まず遊ぼうともちかけ、
市役所につれていかれる。
そこで期日前投票をさせようとする。

最低な人間どもだ。
by: | URL | #-【2008/02/02 02:04】 [ 編集] | page top↑
----
目に余る公明党・冬柴国交相の“大ウソ答弁” 「1874人の首長全員が道路特定財源は維持すべしと署名した」という国会答弁はウソ。道路財源で購入した公用車の数を低く見積もって公表し、新たにマッサージチェア23台の購入も発覚……。このところ、道路財源を巡り公明党・冬柴国交相が平謝りの連続だ。

 だが、「心からお詫びする」などとペコペコする姿にダマされてはダメだ。冬柴は暫定税率維持のためなら、なりふり構わず。国会で国民を欺く説明ばかりしている。

 1月31日の参院予算委員会。自民党の加納時男議員の質問に、冬柴は〈救急病院へ行く生活道路の整備〉と題したパネルを持ち出し、道路整備の必要性をとくとくと語り出した。

「(暫定税率廃止で)本当に日常生活は大変困るわけでございます。救急病院に行く道路。奈良県十津川村の例ですが……。心停止で3分、呼吸停止で10分、出血停止で30分が亡くなるかどうかの瀬戸際でございますが、こういう(命を救う)こともできなくなる」

 と言い、救急車とバスがスレ違えず、立ち往生している狭い道路の写真を提示した。この日の審議はテレビ中継も入っていて、要するに、冬柴は「道路を整備しないと、国民の命を救えない」とテレビカメラの前でぶったのである。

 国民はコロッとダマされそうだが、この理屈は子供ダマシだ。そんなに狭い道路で困るなら、すぐに拡幅すればいい。ところが、国交省がやろうとしているのは、こうした道路をバイパスや高速道路にすることだ。だったら、病院を増やせばいい。しかも、この写真は92年に撮影されたもので、今も現状は変わっていないことが分かった。年間6兆円もの予算があるのに16年間も“放って”おいて、今になって、暫定税率がないと救急車が通れないという。とんでもない詭弁だ。この問題を国会で追及した民主党の桜井充議員が言う。

「冬柴大臣は道路を造らなければダメというが、その理屈は『ウソと脅し』です。国民の命を救うために、病院より道路を優先させるなんて本末転倒も甚だしい」

 冒頭の「1874人……」答弁もTV中継中の発言だ。ムチャな理屈でしか道路整備の必要性を言えないなら、サッサと暫定税率など廃止すべきだ。
by:gizmooo | URL | #-【2008/02/11 11:16】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。