スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
怨嫉のどす黒い炎
アンチの文章を読んでると、彼の中にある
どす黒いものが見えてきてさ。
どうにもかわいそうだなあと思うわけよ。


OK、誰か学会員さんに傷つけられたのね。
それはわかったからさ。


過去のことばっか引っ張り出して、重箱の隅つつくよりも、
今現在どうかということの方が重要なんだと思うけどな。


現在の学会員と接触しているのならまだしも、
昔、学会員と接触した過去の記憶を頼りに書くから、
なんとも的はずれな内容になっちゃうんだよね。
そもそも脱会したアンチって、今の学会を知らないわけ。
学会がどう努力して、どう変わっているか、
それ見ずに、思いこみだけで書いてるから、
今、学会と接している現役学会員からすると、
「はあ?」ってことになっちゃうわけだ。


脱会してすぐの昔は、彼の言うことにも
説得力あったのかもしれないね。
でも、今は違うよ。
読者はそのへんちゃんと見極めないと、
アンチの思惑に流されることになっちゃうぜ。


アンチな批判を書くのは、そりゃかまわないけれど、
現在の学会をちゃんとウォッチし、取材して書いて欲しいよね。
「こうに違いない」という思いこみで書かれても…ねぇw
もし、きちんと現在の学会を調べて、
その批判がもっともだったら、現役の学会員の僕も
「そりゃもっともだわ」って評価しますよ。


とりあえず、自分の怨念を晴らすためだけに、
あることないこと書くのは人としてどうかと思うよ。
スポンサーサイト
【2008/02/21 17:44 】 | 未分類 | コメント(10) | トラックバック(0) | page top↑
<<いけしゃあしゃあ | ホーム | 人の上に立つということ>>
コメント
----
>アンチな批判を書くのは、そりゃかまわないけれど、
>現在の学会をちゃんとウォッチし、取材して書いて欲しいよね。

まったく同感です。
僕の方が、もっと的確な批判できますよw

>その批判がもっともだったら、現役の学会員の僕も
>「そりゃもっともだわ」って評価しますよ。

僕もそういう批判にお目にかかりたいものです。
バリ活の方がしていた批判でしかないですね。そういうもっともなものは。

>とりあえず、自分の怨念を晴らすためだけに、
>あることないこと書くのは人としてどうかと思うよ。

まぁ、三悪道ないし四悪趣だから仕方ないかと。
人界であれば、そういうことはしないでしょうしw
by:にっし~ | URL | #OF4bp5hE【2008/02/21 23:32】 [ 編集] | page top↑
----
>にっし~さん
今のアンチさんが
学会以外の哲学を提唱するなら
それはそれで認めるけれども、
まずご自分が地獄餓鬼畜生修羅の
境涯を離れたことを書いて欲しいですねえ。
たとえば念仏なら念仏でかまわないけれど、
ぜひ念仏で幸せになって欲しいと思いますよ。
by:gizmo | URL | #-【2008/02/22 00:09】 [ 編集] | page top↑
----
内輪もめしてるよw
by: | URL | #-【2008/02/22 07:54】 [ 編集] | page top↑
----
地獄餓鬼畜生修羅?

何で創価の土俵で述べなければならない?

創価でも悲惨な奴らは五万といる

何も違わないのだよ。
by:gizmooo | URL | #-【2008/02/22 16:25】 [ 編集] | page top↑
----
にっし~涙目w
by:giznoo | URL | #-【2008/02/23 19:37】 [ 編集] | page top↑
--これ有名w--
平成17年12月19日午後9時45分頃、東京都台東区在住の法華講員・山谷一成さんが帰宅したところ、
マンションの階段でいきなり3名の創価学会員に取り囲まれた。彼らは口々に、「佐藤(※山谷さんの先輩講員)の
ところに行ったが、いなかったので、お前のところに来た」「佐藤はどこにいる!」「学会員を折伏しに回るな!」
「なめんなよ!」などと山谷さんを恫喝。
「とりあえず荷物を置いてくるから」と自室に入ろうとする山谷さんに、畳みかけるように「もし出て来なければ
カギをこじ開けて家に入ってやる!」と脅した。
“言うとおりにしなければ、今後、何をされるかわからない”彼らの恫喝に“本気”を感じ取った山谷さんは、
やむなく、荷物を置くとすぐに、彼らのところへ戻った。すると学会員らは、そこがマンションの前であることも
お構いなしに、再び山谷さんに大声で罵声を浴びせ始めたのである
“ここでは近所の迷惑になる”そう判断した山谷さんは、「近くのファミリーレストランで話をしよう」と、
彼らをレストランに誘導しようとした。
学会員らは当初、この提案に従うフリをして、山谷さんの後を付いてきたが、彼らが本性を現したのは、一行が
人通りの少ない路地にさしかかったときだった。三人は、「こっちでいいよ」などと言って、強引に山谷さんを
人通りの少ない路地に引っ張り込み、山谷さんの両腕を掴んで拘束しようとした。
by: | URL | #-【2008/02/25 03:40】 [ 編集] | page top↑
----
身の危険を感じた山谷さんは、その手をふりほどき、まだ明かりのついている商店街の方向へと逃げ出した。
が、学会員はそれをしつこく追いかけ、罵声を浴びせ、こづき回してくる。しかも、どこに待機していたのか、
学会員の人数は、十人以上にもなっているではないか。助けを呼ぼうとして携帯電話を取り出すと、それを奪おうとして
何本もの手が伸びてくる-山谷さんはもはや、なす術がなかった。
そのうち、「埋め立て地まで運べ!」「車に入れろ!」等と叫びながら、学会員らは、山谷さんの手足を掴んで
担ぎ上げ、車に運び込もうとした。“車に押し込まれたら最後だ”山谷さんの恐怖は頂点に達し、無我夢中で暴れた。
山谷さんが必死で暴れるため、運ぶことができなくなった学会員は、今度は、抱えていた山谷さんを路上に叩きつけ、
殴る蹴るの暴行を加えてきた。山谷さんは、頭といわず腰といわずわき腹といわず蹴りつけられ、鉄柱に体を
叩きつけられた。着ていたコートもスーツもボロボロにされて、顔面や頭からも出血が。
山谷さんは、学会員らの隙をついて必死に逃げ出し、近くにあった焼肉店に転がり込んで「110番してください!」
と救いを求めたが、そこにいた人々は恐怖のあまり、すぐに動けなかった。
それも無理はない。なにしろ学会員らは、山谷さんを追いかけて店の中にまで入り込み、皆の目の前で、山谷さんを
店から引きずり出したのだから。暴力団かと見まごうその行為を見せつけられれば、誰でも硬直してしまうだろう。
とはいえ、これだけの大騒ぎであるから、当然、通行人がたくさん集まってくる。さすがにまずいと思ったのか、
学会員らは、山谷さんを残し、慌ててその場を逃げ去っていったのであった。
by: | URL | #-【2008/02/25 03:40】 [ 編集] | page top↑
----
生命の危機から開放され、すっかり放心状態となった山谷さんが、その場にへたり込んでいるところへ、110番通報
によって警察官が駆けつけた。その後、警察署での、5時間以上にも及ぶ事情聴取にも、気丈に応じた山谷さんだったが、
帰宅してからも、頭や体中の痛みが引かないため、近くの病院で受診。その結果、頭部裂傷・胸部挫傷・腰椎捻挫等
により全治3週間、と診断されたのであった。 
 (中略)
山谷さんに対する誘拐未遂・集団暴行事件が発生する5日前の、昨年12月14日の日中、佐藤氏の職場に「ヤマモト」と
名乗る学会員から電話があり、山谷さんに対する中傷をさんざん浴びせてきた。
さらに、12月18日の深夜1時半、佐藤氏の家のチャイムが激しく鳴らされ、ドアが乱打されると共に、「出てこい!」との
怒号が、マンションのフロア中に響き渡った。佐藤氏が「何事か」とドアを開けると、そこには学会員が5~6人、
仁王立ちになっていた。その男たちは、なんと一斉に佐藤氏宅に押し入ろうとする。
辛(かろ)うじてこれを防ぎ、ドアを閉めた佐藤氏が、「深夜でもあり、近所迷惑だ」と退去を求めても、外の騒ぎは
いっこうに収まらない。それどころか、応援を呼んだらしく人数が増え、騒ぎはますます大きくなる始末。15分以上も
続く激しい喧騒に、佐藤氏はやむなく110番通報したのである。
by: | URL | #-【2008/02/25 03:40】 [ 編集] | page top↑
----
ところが、佐藤氏が驚いたのは、警察が駆けつけた後の学会員たちの態度。非常識な行動をたしなめる警察官に、
「人を訪ねてはいけないのか!」「もう少し早い時間ならいいんだな!」と、逆に食ってかかる始末だったのである。

こうした状況に、佐藤氏が「このままでは済まないな」と感じたその翌日、山谷さんに対する集団暴行事件が発生した
のであった。すなわち、山谷さん襲撃事件は偶発的なものではなく、起こるべくして起きた、組織ぐるみの、用意周到
なものだったのである。

                     

ttp://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-7.html

by: | URL | #-【2008/02/25 03:41】 [ 編集] | page top↑
----
今の学会?
最低じゃないですか。
平和主義の団体を謳いながら、イラク戦争には賛成、チベットの虐殺は知らん振り。
指摘されると逆ギレして、幼稚な詭弁を振り回し始める…
そんなに権力に媚びを売りたいですか?
そんなに中国から勲章が欲しいですか?ねえ、池田先生?
ガンジーやキングが、そんな事しましたか?。
by: | URL | #-【2008/03/26 12:23】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。