スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
「中の人」では覚悟が持てないよねえ
まともな学会員が組織の中には、なかなか居ないように、
まともな日本人は日本の中には、なかなか居ないのではないか
(もちろん立派な人も、学会の組織の中にも日本の中にも居るが)。


日本という集団を飛び出し、「日本人」という精神を発揮し
世界中のどこかで活躍することではじめて
「日本」は保たれているのではないか。
日本の国の中で、ウダウダ言ってるうちは、
その人は日本人的精神を発揮できておらず、
「日本」を語る資格などないのではないか。


日本の精神というものを知ろうとするなら、
日本の中に居ても、きっと分からない。
比較するものが感じられないからだろう。
外国の空気を吸って、そこに生きる人たちの価値観を知り、
そこではじめて、日本人の価値観というものが分かる。
分かったときにはじめて、日本人的精神を発揮できるのだろう。
「自分が日本人だ」と意識出来るのは外国に居るときだけだ。


日本の国土の中に住んでいる日本人は、
その享受している福祉を感じられることが出来ず、
安穏と生きられることが当たり前だと感じ、ワガママになる。
守られることが当たり前では、虚弱体質となる。


日本の国土の外に住んでいる日本人は、
現在の日本の豊かさ、その自由さを知っている。
外からの目で日本に住む人を見ると
「そんなに恵まれた環境なのになぜ?」
と、思うことだろう。


外国で戦ってる日本人は、もっとツライ苦しみを味わってる。
日本の中で安穏と暮らしてる僕らが、
やれストレスだ、やれ精神病だ、なんて言ってられないでしょう。


まあ、僕も日本の中に住んでいる日本人であるわけだけれど。
スポンサーサイト
【2008/03/22 11:07 】 | 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
<<アンチ学会は親ダライラマ派? | ホーム | 他力本願なひとたち>>
コメント
----
創価学会員にまともな議論を
期待するだけ無駄です。
by: | URL | #-【2008/03/22 14:16】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。