スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
「仏教」の落とし穴
ネットでさも知ったかぶって「仏教」を語るものが居る。
その読書量を誇り、さもわかった風に。
しかし、その「仏教」はニセモノだ。
なぜなら、のびのびとした躍動感がないからである。
彼の語る「仏教」の中身といったら、
「傲慢になるな、反省せよ」というだけだ。
彼らの説く「平等」は、能力ある者をやっかみ
引きずりおろそうとする卑しい心から生まれる。
人の個体差は、あってはならないものと否定し、
「謙虚たれ」の枠にはめようとする。
そもそも、偏っているのである。


彼らの語る「仏教」はウソだ。
「悲」という面ばかりをピックアップしている。
その「仏教」では、身体を硬直させ、
我慢して生きなければならない。
彼らの主張する「仏教」の目指す状態は、
生きながらの死である。
この世に絶望し、死を待つだけの囚人になれ、
と言っているも同じである。


人間は生きている。
喜び、泣き、ときには傷つき、また人を傷つけ、
理不尽なことに悩み、人の優しさに触れ感動する。
その全てが、人間の活動であり、
その全部を含めて肯定する思想が仏教である。
円経というのは、そういうことだ。


悲しみに偏っている「仏教」はニセモノだと喝破せよ。
今、あなたがそうすることで、自分の殻を壊すことが出来る。
ひとつ上のステージに足を踏み入れることが出来る。
それは弁証法的止揚といってもいい。


ときには火になり、水になり、風にも、石にもなれる。
そのように自身を自由自在にコントロール出来ることが成仏と言える。
彼らは仏教を標榜するくせに、成仏の概念すらあきらめ、放棄した。
この世界で戦いつづけることから逃げたのだ。
そんなものは仏教ではない。
この生を楽しめずして、なにが仏教か!


仏教はeverythingである。
悲だけでもない、喜だけでもない。
人間の生命活動、その全てのことを肯定しているのだ。
彼らの「仏教」は、スジャータのミルクを飲む前のシャカである。
生きることは苦行であるという概念を、覆せ。
そうでなければ、本当に今生きている人生を、
つまらなく苦しいものだと信じこんでしまい、
もったいない生き方をすることになる。


目を覚ませ。
目の前の問題から逃げるな。
誰かの甘い言葉に酔って、人生を棒に振るな。
戦い続けろ。
あきらめるな。
何度だってトライすればいい。


その覚悟が出来たとき、
穢土にみえたこの世界は、
光り輝く寂光土になる。


この世界は、そして人間は、
とてもやさしいということに気づくのは、
そんな覚悟を持つことが出来たときなのである。
そしてそれを教えるのが仏教なのだ。
スポンサーサイト
【2008/09/06 12:17 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<平等主義者という悪魔 | ホーム | 創価学会を脱会したら不幸になるわけ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。