スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
不況は布教のチャンス(笑)
アンチさんは「もう学会は虫の息」とか言うでしょ?
でも、そうでもないと思うんだなー。


これは中の人だからそう思うんじゃなくて、
客観的にそう思うんですよ。
アンチさんは、ネットでの学会評しか知らないし、
自分に都合の悪い事実には目をふさぐもんで、
わからないと思うのだが、これから不況になると、
宗教団体のニーズがドンドン高まってくるですよ。
これからドンドン不況になると思うんだけどさ。


宗教団体というのは、要は社会での当然の価値観とは違う
斜め上の価値観をサービスするものなのです。
「世の中カネだ」ってのが、資本主義日本の
価値観だったわけで、そういう価値観で行くと、
カネを稼げる勝ち組の人と、稼げない負け組の人が
どうしても出てきちゃうわけだよ。
究極的に考えると資本主義な論理では
「負け組の人は死ね」ってなっちゃうわけ。
だけど「そうじゃないでしょ、違うでしょ」、
と言ってあげるのが宗教団体の役目。
カネ以外の違う価値観を提供してあげるんだな。


まあこれは、出来る人は、ひとりでも出来る。
自分で思索して、自分なりの価値観をゲットすればいい。
だけど、それが出来ない人が大半なわけ。
そこで宗教団体がその価値観をパッケージングして、
「はいこれどうぞ」って売るわけです。


実は、幸せってのは、人それぞれ違うからね。
「カネじゃない」って気づけば、
その人が幸せになる可能性がある。
たとえばその商品の一例としては、
組織の中で忙しく体を動かすこと、も
学会の提供する商品の中に入ってる。


自分を負け組だと責め、自己否定を繰り返し、
ネガティブな思考に取り付かれている人を、
手っ取り早く救うのは、宗教団体の役目です。
で、たぶんこれからの世の中、そういう人が
どんどん増えていくと思うのです。


創価学会はたぶん衰退しませんよ。
客観的に見れば、日本の宗教団体の中では、
ある程度の地位を持ったブランドですし、
よくできた仕組みを持ってますからね。
スポンサーサイト
【2008/11/17 11:35 】 | 未分類 | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
<<社会は悪くなってない | ホーム | 小室哲哉逮捕は仏罰なんだな>>
コメント
--思うこと--
こちらでは、はじめまして。

しばらく、貴方のコメントを拝見していましたが、貴方には自力がありません。

所詮、創価という組織があり貴方が存在しているのでしょう。

ですから、その事実をよく理解し、今後の行動を選択したら宜しいかと思います。

決して他人を創価の不幸に巻き込まないようにお願いします。

・・・


以上
by:孫悟海 | URL | #-【2008/11/19 02:17】 [ 編集] | page top↑
----
不況を利用して布教はあまり笑えない冗談ですね。
ええと……そうやって人の弱みにつけ込むのが宗教だというなら、それは言わばマルチ商法やそういったものと似た様なもの、といった気がします。
しぶとく生き残るだろう、という見通しはおいておくにせよ、人が弱るのを目ざとくみつけて誘うのはそれは宗教なのでしょうか?
たまたま目の前の人が苦しんでるから助けようというのではないのですか?不幸になるのを目ざとく待ち構えていようとするかの様なものの書き方に、疑念を覚えます。
他人の不幸を喜ぶ人は、自らの不幸を他人から喜ばれます。
そんな喜びは悲しいです。
by:あかさたな | URL | #-【2008/11/19 03:45】 [ 編集] | page top↑
----

「創価学会発表。公称信者数」 (文化庁統計)
昭和 62年 17,539,771
   63年 17,639,866
平成 1年 16,522,058
   2年 16,015,210
   3年 15,395,428
   4年 15,211,428
   5年 13,577,516
   6年 12,807,861
   7年 12,335,547
   8年 11,982,233
   9年 11,028,455
  10年 10,420,327


とうとう平成11年から公表しなくなりますた♪

元の数字が水増ししてあるから実際は もっと少ないだろう。
個人の負担は増える一方w
by:のり | URL | #-【2008/11/19 05:55】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。