スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
アンチ教の構図
アンチ教のセンセイは、
「創価学会は現在わかりにくいカルトである。
ここに学会にまつわる諸問題の原因がある。
だから、学会はわかりやすいカルトにならなければならない。
そのために、学会に居るのは、おかしな学会員だけにしよう。
さすれば、学会はわかりやすいカルトとなり、
学会に騙される人はいなくなるのだ。
アンチの活動家は、良識的学会員を学会から引きはがせ!」
なーんて、アジるわけです。


そして、センセイの取り巻きは、
「ちょっと違うな…」と思っても、口をつぐんで黙っている。
俺はここに「羊」をみるわけですよ。
まあもしかすると、見事にマイコンされちゃって、
「そうだそうだ」と思ってるのかもしれないですけど。
アンチ教の信者さん、今日もご苦労様って感じです。


ちなみに俺は、学会はよりまともになった方がいいと思うし、
学会員であろうとなかろうと、
一人ひとりが、良くなったほうがいいと思うよ。
スポンサーサイト
【2005/11/01 09:45 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<差別主義アンチ | ホーム | 「取り囲み逆折伏」ってのがあると思うよ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。