スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
弱者権力が嫌い
弱者権力っていうのが、ほんっと嫌いなんです。
創価学会に傷つけられたということを盾にして、
表から裏から圧力をかけるアンチは、今や弱者権力になってる。


正面切って言う勇気がないから、
第三者にあることないこと吹聴し、
時には媚び、時には脅迫し、
人を孤立させるという手段を執る卑怯者。
まさにイジメの構図。


僕が今、確信出来ることは、
創価学会問題は、創価学会に問題があるんじゃなくて、
実はその本人の性根に問題があるということだ。
スポンサーサイト
【2005/11/23 11:31 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<ニッポン人と、創価人と、エセ国粋主義者と、エセ仏教者と | ホーム | 波乗りのテクニック>>
コメント
--これ、違うと思うよ。--
>正面切って言う勇気がないから、
第三者にあることないこと吹聴し、
時には媚び、時には脅迫し、
人を孤立させる
by:494 | URL | #-【2005/11/27 17:58】 [ 編集] | page top↑
--これ、本当だと思うよ!!--
 日本に住んでいる生粋の日本人は(無意識のうちで)、とやかく目立たない様に穏やかにとか、問題や提議を起こさない様に、という文化が有ると思います。正面切っては言わないし、本人に直接言うと、やりずらくなる、いずらくなる、と言う理由で、当事者には言えず、第三者に言うだとか、自分の責任逃れの発言が多いです。まるでいじめ社会のお手本で、ちっぽけな生き物だと思いますね。
by:子供大好き | URL | #-【2005/12/01 01:19】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。