スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
反省してないっけ?
学会員は無反省だと人は言う。
学会員は反省してないと、本気でそう思っているのかなぁ?


学会員は反省し、改善の努力をしていると思うが…。
最大の、反省から来る行動は、
原理主義的である日蓮正宗との決別であるし、
日蓮正宗を批判し続けていることだろう。


「折伏教典を否定した上で世間にお詫びしていない」と責めるけれど、
折伏教典的ともいえる宗門と別れてしまい、
もう二度と折伏教典的出版物は世に出さないことから、
創価学会の態度は明らかではないか
(二度と出せないし出す気はないと思うぞ)。
「折伏教典が云々」と責められれば学会員は沈黙するしかないが、
そんな昔のことを引っ張り出して、
しつこく打ち続けるアンチこそ厨かと。


「おまえ昔、こんな失敗をしたんだよな」と、
ことあるごとに指摘する人がいる。
アンチのやってることは、これでしょう。


学会の会館にクリスマスのイルミネーションをされてるのを見た。
この行動は完全な日蓮正宗との決別だし、
周囲と「合わせ」ようとする努力だし、
反省からくる行動ではないか。


法人も人であり、考えは変わっていく。
考えが変わるたびに、世間に謝って、
心の底から反省しまくることを求められたり、
いちいち解散を迫られたりする社会なら、
ものすごく嫌な社会だと思うよ。
スポンサーサイト
【2005/12/19 10:14 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<アインシュタインがいいこと言った | ホーム | 「お金教」の未来部>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。