スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
池田名誉会長の書いたものを読もう
池田氏を師と仰ぎ、
「師弟不二」ということを心に染める者ならば、
良いか悪いかわからない幹部の言葉を信じるよりも、
池田名誉会長の書いた書物を読んで学ぶのが、
まず大切なのではないか。


池田名誉会長に触れたいと思うならば、
名誉会長の書いたものを読み、想像力を働かせながら、
メッセージをつかみとることをしないと、
ダメな幹部に翻弄されるのだろう。


聖教新聞でもよく取り上げられるが、
悪い幹部が学会の中から出たことを、
学会の自浄作用により「膿」が出て、
よりよい組織になろうとしているのだ、なんて言うけれど、
解釈によっては、今、あなたを指導している幹部が、
もしかしたら「膿」そのものかもしれないんだ。
ダメな幹部は、自分の都合で嘘をついているかもしれない。


だから、幹部の言葉を鵜呑みにするのではなく、
自分で池田名誉会長の書いたものを読み、その言説と照らし合わせて、
目の前にいる幹部の善悪を、自分で判断しないといけない。
そのために聖教新聞では悪い元幹部をこき下ろし、
幹部は威張るなと繰り返しているわけでしょう?


学会では「青年は政治を監視せよ」と言う。
創価学会には創価学会の政治がある。
民衆である末端の学会員が、
創価学会の政治を監視していかなくては組織は浄化しない。
活動を続けながら、自分の地域から
少しずつ変えていこうと努力する手法もありだろう。
ときには、活動をボイコットすることで、
自分の意志を示す手法もありだろう。


池田名誉会長の言説は多彩であり、
いろいろな側面から解釈することができる。
メッセージを「学会活動に邁進せよ」と解釈する人は、
そうすればいい。
「必ずしも学会活動だけじゃない」と解釈する人は、
そうすればいい。
少なくとも「幹部の言いなりになれ」とは言ってないはずだ。
本部職員だからといって、
必ずしも池田名誉会長の意図を正しく伝えてるわけじゃない。


なんのために池田名誉会長は膨大な書物を残そうとしているのか。
邪推を抜きにして、素直に解釈するならば、
それだけのメッセージがあるということだろう。
一人ひとりが、そのメッセージを受け取り、
咀嚼して意図をつかみ、その上でどう行動するか考えて、
自分で自分の道を選んでこその弟子なんじゃないすかね。
スポンサーサイト
【2006/01/02 05:09 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<宗教組織ではなく政治組織 | ホーム | PCの中身の整理>>
コメント
--大賛成です!--
あけましておめでとうございます!

はじめまして。
先日から記事を読ませて頂いております。
そうだ、そうだ!と頷いております♪

池田先生のことが信じられないなら、それは
もうどうにもなりませんけどね・・。

昨年の11月、12月号の大白蓮華の「三代会長の獄中闘争」を読んで学会の原点を確認しました。感動しました!

少なくとも、学会のせいで自分は不幸になった!なんてブログで発言するような人間には絶対になりたくないです。





by:Akari | URL | #-【2006/01/03 20:23】 [ 編集] | page top↑
--ありがとうございます--
Arakiさん、はじめまして。
あけましておめでとうございます^^


読んでくださって、コメントくださって、ありがとうございます。
頷いてもらってうれしいです♪
あ、そういや、まだ大白蓮華読んでないや(汗)。


>学会のせいで自分は不幸になった!なんて
>ブログで発言するような人間には絶対になりたくないです。

ホント、そうですねぇ。
by:gizmo | URL | #-【2006/01/04 06:23】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。